ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GT-R」最新記事一覧

日産、究極のリモコン車「GT-R /C」公開 ヘリからPS4コントローラーで操作、最高211キロでサーキットを疾走
もう1つのゲームと現実世界の融合。(2017/10/11)

米国日産、一部車種の「Nissan Connect」でAmazonの「Alexa」対応
日産が米国で販売しているGT-RやMuranoなどで、遠隔からAlexaでドアロック、エンジン始動、点灯などを命令できるようになる。(2017/10/6)

MONOist編集部が語る:
製造業の今までの10年、これからの10年(後編)
2017年8月1日に10周年を迎えたMONOist。それを記念して編集部員が製造業とMONOistのこの10年と将来について語った。笑いあり、涙ありの熱いトークバトルの後編をお届けする。(2017/9/6)

モータースポーツ:
SUPER GT勝率5割のニスモ柿元氏、「結果が全ての覚悟」と「天“知”人」
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の柿元邦彦氏が、過去のカーレースの出来事を紹介しながら、最高のパフォーマンスを発揮して過酷な戦いを勝ち抜くための「天“知”人」や、人材育成について語った。(2017/8/10)

クルマの未来はIoT:
クルマ1台のモデリングに6カ月 サーキット風景も徹底再現する「グランツーリスモ」の“やりすぎる”こだわり 山内社長に聞く
そこには、開発陣がこだわる“やりすぎ”なものづくりがあった。「業務用グランツーリスモ」構想も。(2017/7/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
WRX STI スポーツモデルの未来
スバルの新たなキーワードは「安心と愉しさ」だ。同社は元々、スポーツにおけるブランディングを図ってきたが、今ではスポーツの解釈を「速さ」から「愉しさ」にシフトしたのではないか。筆者が新型WRX STIに乗って確かめたいのは、スバルが「スポーツ」をどう消化し、どこへ進もうとしているのかと言う点だ。(2017/7/18)

実用的:
「RB26」直6タンブラーも スカイライン60周年グッズ発売
日本郵便は、日産自動車と共同制作した「スカイライン」60周年記念グッズを販売する。(2017/6/8)

世界最速「時速407キロ」パトカー マクラーレンやGT-Rも……ドバイ警察「スーパーカー部隊」
最高時速407キロのパトカーがアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察にはあるという。(2017/5/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
歴代ロードスターに乗って考える30年の変化
3月上旬のある日、マツダの初代ロードスターの開発に携わった旧知の人と再会した際、彼は厳しい表情で、最新世代のNDロードスターを指して「あれはダメだ」とハッキリ言った。果たしてそうなのだろうか……?(2017/5/1)

現在は国内5車種:
日産、「NISMOロードカー」事業を拡大 車種拡充へ
日産がスポーツブランド「NISMOロードカー」事業を拡大する。(2017/4/25)

日産「スカイライン」誕生60周年 歴代モデルそろうイベント、東京・六本木で開催
日産「スカイライン」が、まもなく誕生60周年を迎える。(2017/4/20)

ハコスカ、ケンメリ、GT-R:
日産「スカイライン」60周年 歴代モデルそろうイベント
日産自動車の「スカイライン」が4月24日に誕生60周年を迎える。(2017/4/20)

PR:Instagramの最新手法「シネスタグラム」がかっこいい 日産公式アカウントに秀逸な投稿多数
1投稿でスポーツカーのスピード感を演出。(2017/4/12)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
有機ELテレビにみるソニーとパナソニックの大きな違い――CESリポート(前編)
今年のCESは、「OLEDショー」だったと語る麻倉怜士氏。パナソニックとソニーが日本市場も見据えた新製品を披露したことが最大のトピックだ。パネル供給元は同じはずの両者だが、麻倉氏によるとアプローチは大きく異なるという。一体、どういうことなのだろうか?(2017/1/24)

32万人が来場:
多彩なカスタムカーを写真で振り返る 東京オートサロン
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」(1月13〜15日)を写真で振り返る。(2017/1/16)

「首都高バトル」最新作はスマホゲーム 1月下旬に公開
レースゲーム「首都高バトル」がスマホ向けゲームに。「首都高バトルXTREME」と題して1月下旬に公開する。(2017/1/6)

モータースポーツの魅力発信:
東京オートサロンでカスタマイズ提案 車メーカー
2017年1月13〜15日に千葉市の幕張メッセで開催されるカスタムカーの展示会「東京オートサロン2017」の出展概要を大手メーカー各社が発表。(2016/12/16)

専用装備を充実:
日産、ノートe-POWERに「NISMO」追加
日産自動車は、小型車「ノートe-POWER」にスポーツ仕様の「NISMO」モデルを追加すると発表。12月12日に発売する。(2016/12/8)

車両デザイン:
「スカイライン」誕生60周年の特別仕様車、全長は初代から52センチも長くなった
日産自動車は、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別仕様車を発売する。内装の質感を高めるとともに、1999年発売の「スカイラインGT-R Vスペック R34」のボディカラー「ベイサイドブルー」を受け継いだ車体色を追加した。受注の受付は2017年9月末まで。(2016/11/8)

日産「GT-R」、発売約1カ月で858台受注 年間販売計画を早くも達成
「NISSAN GT-R」新モデルの受注が発売約1カ月で858台に。(2016/8/25)

吉田茂の愛車も登場! 名車の祭典「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」開幕(写真34枚)
名車の祭典「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」の様子を写真でお伝えする。(2016/8/6)

Weekly Access Top10:
ジブリ鈴木敏夫P「ごり押しします」
「ジブリの大博覧会」に行ってきました。(2016/7/19)

日産、“日本メーカー初”の自動運転技術を新型「セレナ」に搭載
日産自動車は自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」の新型を8月下旬に発売する。(2016/7/13)

日産「GT-R」17年モデル登場 夜間や住宅地でも騒音気にせず走行
日産がスポーツカー「NISSAN GT-R」の2017年モデルを7月27日に発売。走行時の騒音を抑える改良をほどこした。(2016/7/12)

日産「GT-R」17年モデル発表 発売以来最大規模のデザイン変更、性能向上
日産が「NISSAN GT-R」の2017年モデルを7月27日に発売。(2016/7/12)

“VRブーム”の立役者はアダルトだけじゃない!:
VR空間で手が使える衝撃――「Oculus Touch」を体験して感じたモーションコントローラーの重要性「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」
NVIDIAが、最新技術を披露する「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」をアキバで開催。多彩なイベント内容のほか、VR体験コーナーでは年内登場予定の「Oculus Touch」を体験できた。VR空間で自分の手が使えるだけで、没入感は飛躍的に向上する……!(2016/6/19)

激レア 全車種の運転が可能な“フル免許”を持つ人がレンタカー店に現れる!
13年越しのフル免許を果たした本人にインタビューしました。(2016/5/24)

日産のGT-R、最速ドリフト走行でギネス記録 時速304.96キロ達成
特別なチューニングで最高出力を1380馬力に高めたマシンで挑戦。(2016/4/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
一周して最先端、オートマにはないMT車の“超”可能性
クルマの変速機においてマニュアルトランスミッションは少数派である。フェラーリやポルシェといったクルマでさえATが主流で、MTは風前の灯火かと思われていた。ところが……。(2016/3/7)

これは胸熱……! 織田信長や豊臣秀吉がミニカーに タカラトミーから「トミカ武将コレクション」発売
車種にも注目!(2015/12/26)

週末アキバ特価リポート:
960GBで3万3980円のSSDが登場!
BUY MORE秋葉原本店が取り扱いを始めたApacerの「PANTHER AS330」シリーズが安いと評判だ。また、TSUKUMO eX.はクルーシャルのBX100シリーズ250GBモデルを8000円切りの特価としている。さすが年末。(2015/12/26)

真田幸村、織田信長など人気の武将がトミカになった! 全国の本屋で発売
タカラトミーが武将デザインのトミカを16年1月から発売する。(2015/12/25)

モータースポーツ:
日産が「ル・マン」最高峰クラスから撤退、FF方式での参戦は1年で幕
日産自動車は、2016年シーズンのFIA世界耐久選手権の最高峰クラス・LMP1への参戦を取りやめると発表した。同社は2015年シーズンから参戦していたが、1年で撤退することとなった。(2015/12/24)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

東芝はPASOPIAでMSXを:
Maker Faire Tokyo 2015で「Windows 10 IoT Core」推しだったマイクロソフト
モノづくりを思いっきり楽しんでしまえと盛り上がるイベントリポートの第2弾。Windows 10 IoT Core対応基板を即売。NVIDIAでは“山手線PC”で対決していた。(2015/8/12)

モータースポーツ:
ポルシェの「ル・マン」17年ぶり勝利を支えた「攻め」のマシン設計
ポルシェが1−2フィニッシュを飾った2015年の「ル・マン24時間耐久レース」。それまでのWECのレースで圧倒的な早さを記録しながら、耐久性に一抹の不安を残していたが、それをも拭い去る17年ぶりの勝利だった。後塵を拝したトヨタ自動車との違いは、「攻め」のマシン設計にあった。(2015/8/5)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙と自動車、加速する2つの業界のコラボとは?
Audiとドイツの宇宙ベンチャー、日産とNASAなど、自動車業界と宇宙業界の連携がこのところ急ピッチに進んでいる。その背景にあるのは――。(2015/7/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「変わらなきゃ」から20年 日産はどう変わったのか?
昔からの日産ファンにとって、近年の同社の状況は何とも物足りないと感じているのではないだろうか。なぜ日産はこのように変わってしまったのか。(2015/6/15)

ヒツジの皮をかぶったオオカミ:
全100号で“ハコスカ”を完成させる週刊「NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を試してみた
全100回で日産の伝説的車「ハコスカ」を組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を買ってみた。(2015/6/11)

日産、京商も全面協力:
週刊「NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」先行予約販売開始――全100号で“ハコスカ”を完成
伝説の「ハコスカ」、KPGC10型GT-Rの精巧な1/8スケールモデルを組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」が5月27日創刊する。創刊号は277円(税別)。(2015/4/27)

モータースポーツ:
「GT-R LM NISMO」はV6ツインターボのガソリンFF、ル・マン最高峰クラスに挑む
日産自動車は、米国のアメリカンフットボール・NFLの年間王者決定戦「スーパーボウル」のテレビCMで、2015年シーズンの「ル・マン24時間レース」参戦車両である「NISSAN GT-R LM NISMO」を発表。V型6気筒の排気量3l(リットル)ガソリンツインターボエンジンとエネルギー回生システムを搭載したフロントエンジン・前輪駆動車となっている。(2015/2/2)

東京オートサロン2015 フォトギャラリー:
低燃費? そんなことよりかっこいいクルマだッ!――東京オートサロン2015
過去最高の来場者数を記録したカスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」。展示された数々のクルマの中から、筆者が気になったものをフォトギャラリー形式で紹介する。(2015/1/16)

JIMTOF2014 特別講演リポート:
CFRP製自動車部品の採用拡大に必要なことは「工場の自動化」
「第27回日本国際工作機械見本市」の特別講演に三菱レイヨン 炭素繊維・複合材料技術統括室 担当部長の小川繁樹氏が登壇。同社独自の炭素繊維強化樹脂(CFRP)の生産技術や今後の展開について語った。(2014/11/10)

その名も「Q-eyes」:
新型「チョロQ」は障害物を避けて自動運転、10秒チャージで1分走行
「チョロQ」の新製品となる「Q-eyes(キューアイズ)」は、センサーで障害物を検知してぶつからないように方向転換したり停止したりすることにより、走行コースに合わせた自動運転が可能。付属の充電器に約10秒間セットすれば約1分間走行させられる。(2014/9/25)

チョロQは35周年:
お先に実用化しちゃいます――自動走行チョロQこと「Q-eyes」は9月末発売
タカラトミーは、東京おもちゃショーでお披露目した自走走行チョロQこと「Q-eyes」を正式に発表した。4車種を9月末に発売する。(2014/9/24)

車を擬人化したスマホゲーム「車なごコレクション」誕生 フィットもアクセラもみーんな美少女に
メーカー公認!(2014/9/11)

さらばツインクラッチSST:
「ランエボX」は販売を継続、DCT搭載車のみ2015年3月末に生産終了
三菱自動車は、スポーツセダン「ランサーエボリューションX(ランエボX)」をマイナーチェンジする。デュアルクラッチトランスミッション(DCT)である6速ツインクラッチSST搭載モデルについては、2015年3月末に生産を終了する計画だ。(2014/7/10)

トヨタ「86」に続き:
「グランツーリスモ6」で実サーキット走行データを分析、「GT-R NISMO」が対応
日産自動車は、ゲーム機「PlayStation 3」の専用ソフトウェア「グランツーリスモ6」上で実際のサーキット走行データを再現できるサービス「NissanConnect NISMO Plus」を、2014年夏から開始すると発表した。(2014/6/27)

東京おもちゃショー2014:
障害物をひらりと避ける、自動走行機能を備えたチョロQが登場
ゼンマイを動力にどこまでもまっすぐ走る……。チョロQと言えばそんなイメージを持っている方も多いと思う。しかしチョロQは確実に進化している。ついに自動運転機能を備えたチョロQが登場した。(2014/6/12)

逃がしませんわよ:
最高速度325km/h「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4」、警察パトカーに
イタリア国家警察に、0─100km/h加速3.2秒のランボ新モデル「ウラカン LP610-4ポリツィア」が納車された。前世代の“ガヤルドパトカー”に続き、より高性能となったモデルで事故や違反の大きな抑止力に結び付ける。(2014/5/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。