ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハッシュタグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最高の親孝行ですね」 篠田麻里子、父親が勤める海上保安庁のイメージモデルに就任で制服姿を披露
2018年にはテレビ番組で親子初共演を果たしていました。(2019/1/18)

Slack、ロゴを変更し、アプリアイコンも統一
企業向けコラボレーションツール「Slack」のロゴが変わった。配色は変わらず、ハッシュタグではない形になった。モバイルアプリのアイコンも統一された。(2019/1/17)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯、天ぷら、レモンサワー。体に溜まっていく毒と、それでもネットが大好きだという話
「私たちはネットで知らない間に“負の感情”を蓄積しており、それをどこかで発散させる機会が必要だ」――御朱印集めが好きなライター・ちぷたそさんによる、銭湯サウナエッセイ。(2019/1/16)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
ネットでつながるサウナ愛 国内初&最大のサウナポータル「サウナイキタイ」はなぜ生まれ、どうサウナ人気を支えていくのか
「サウナ」とググると一番上に表示される、国内最大のサウナポータルサイト「サウナイキタイ」。開設1年でここまで愛用されるようになったのはなぜか、運営側の立ち上げに対する思いはどのようなものか。創案者2人への1万字インタビュー。(2019/1/13)

東京ディズニーランドの35周年イベントがグランドフィナーレ! パレード&ショーの見逃したくないポイントを全力紹介
昼も夜も“ハピエスト”なグランドフィナーレ。(2019/1/12)

街中に“巨大キズナアイ”出現 「テクテクテクテク」がVTuberとコラボ
スマートフォン向け位置情報ゲーム「テクテクテクテク」に巨大キズナアイが登場。今後も有名VTuberが続々と登場する。(2019/1/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
“大炎上”を引き起こす政治家と企業の「決定的な欠陥」とは
新年早々、平沢勝栄議員の発言が炎上。近年は政治家や企業がSNSなどで炎上するケースが相次いでおり、2019年も続くだろう。自分たちの意見や表現が世間と「ずれている」と気付かないのは、ある能力が決定的に欠けているからだ。その能力とは……(2019/1/10)

「ムキムキやん」「脱いだらすごい」 TKO木下、“デブ卒業”の筋肉質ボディーでイメージを覆す
めちゃくちゃ強そうになった。(2019/1/9)

ガッチガチなのにフッサフサ! 「はんだ付け」で作られた「鳥」のメタル像がすごすぎる、「はんだ付けアートコンテスト2018」結果発表
「はんだ付け」を芸術作品に。(2019/1/9)

草刈正雄、初孫と対面でうれし泣き! 父の“大きな変化”に紅蘭「驚き隠せない」
メロメロだ。(2019/1/5)

「僧衣でも十分動けます」 お坊さんが神業ジャグリング動画投稿する「#僧衣でできるもん」が話題に
【追記】ジャグリングにフットバッグなどお坊さんがスゴ技を次々披露!(2019/1/2)

ITはみ出しコラム:
世界を席巻する「GAFA」 Google、Apple、Facebook、Amazonの2018年まとめ
昨今は「GAFA」とまとめて呼ばれることも多い、Google、Apple、Facebook、Amazon.com。世界を騒がせたこの4社の2018年を振り返ります。(2018/12/30)

紅蘭、第1子となる女児出産で“産後ハイ” 「とにかくいまは最高な気分」
3564グラムの元気な女の子が誕生しました。(2018/12/29)

溶岩と化してしまったピザトーストの悲劇 驚くほど溶岩な見た目に「大地の息吹を感じる」「逆に製法を知りたい」の声
すごいものが生成されてしまいました。(2018/12/28)

PR:Twitterトレンド大賞2018、最もツイートが盛り上がったのは「W杯(サッカー)」 特別賞に「クッパ姫」「Vtuber」なども
みんなのツイートが、トレンドになる。(2018/12/27)

自撮りも“3Dアバター”の時代に? 若者がハマる「ZEPETO」アプリとは
韓国NAVER子会社のSNOWが開発した、3Dアバターソーシャルアプリ「ZEPETO」(ゼペット)。若者の間でアバターアプリが流行する理由は。(2018/12/26)

「娘が欲しがっているおもちゃがわからない……」→ ネットに住まうサンタが知識を集結! 虫好きの女の子を笑顔にする
現代のサンタクロース。(2018/12/25)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
たった1年で若者を魅了した「TikTok」 今さら聞けない人気の理由
若者を中心に人気のショート音楽動画共有アプリ「TikTok」(ティックトック)。なぜこれほど人気が広がったのでしょうか? 投稿のハードルの低さと、簡単に編集できること、そして重要なのが……。(2018/12/23)

「主人公レンズ」がヴィレッジヴァンガードで販売開始 コミティアで完売した天才的な発想のキーホルダー
「おかえり。ずっとずっと、待ってたよ」。(2018/12/22)

Twitterに「平成」の絵文字登場 「#平成最後」で
平成最後の年末を迎え、Twitterに「平成」の絵文字が登場した。「#平成最後のカウントダウン」または「#平成最後」のハッシュタグを記入すると、「平成」の青い文字の下に「2018」と書かれた絵文字が現れる。(2018/12/21)

Twitterでハッシュタグ「なんだネコか」謎の大流行 “かわいいネコ”や“ネコっぽい何か”が大集合する事態に
結局みんなネコが好き。(2018/12/20)

今日のリサーチ:
InstagramとTwitter、女性ユーザーはハッシュタグで何を探しているのか?――コムニコとアゲハが共同調査
コムニコは、「ソーシャル・ガールズ・マーケティング」を手掛けるアゲハと共同で、「SNS利用スタイルに関する調査」を実施しました。(2018/12/20)

ゆず、緊急生放送で日本音楽史上初の弾き語りドームツアーを発表 2019年5月から
ドキドキした。(2018/12/19)

OPPO、「R17 Pro」を12月21日発売 夜景投稿で実機プレゼントのキャンペーンも
OPPO Japanは、12月21日にSIMロックフリースマートフォン「R17 Pro」を発売。約6.4型のフルHD+有機ELディスプレイを搭載したミッドハイモデルで、価格は6万9880円(税別)。発売を記念し、全国47都道府県の夜景を撮影して投稿するキャンペーン「Japan 47 NIGHT SHOT map」も開催する。(2018/12/19)

「彼女と見てました」「嬉しかったです!」 ZOZO前澤友作社長&剛力彩芽、芸人の“カップルものまね”にそろって反応
こんなに似てたら笑っちゃうだろうな。(2018/12/19)

千鳥「岡山においでんせぇ」 Sha☆in、バグベア、伊原木知事らが西日本豪雨からの復興をアピール
岡山に来てほしいんじゃあ。(2018/12/19)

指原莉乃、インスタでの卒業報告にツッコミ殺到! 「#お洒落さんと繋がりたい」とフット後藤の写真を投稿してしまう
卒業報告に「#お洒落さんと繋がりたい」のハッシュタグは笑う。(2018/12/18)

ペイントせずにはいられない!? ねこ型がカワイイ「いろねこ食パン」誕生の秘密を担当者に聞いてみた
大阪新阪急ホテル、吉祥寺第一ホテルのカフェ2店舗で販売。(2018/12/21)

プラダのキャラクターに「黒人差別」と指摘 → ディスプレイから撤去へ
プラダによる「プラダマリア」の一部の外見が黒人差別だと批判の声が上がっています。(2018/12/17)

Instagram約700万アカウントをプロファイリング:
スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプロファイリングデータを活用したフォロワー獲得サービス「AI-PROFILE」を提供開始した。(2018/12/17)

市川猿之助、包帯ぐるぐる巻きの痛々しい姿もおどけた笑顔で「無事に手術終わりました」 ファンから温かい声援
全てのプレート無事除去できますように!(2018/12/12)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

思わず息をのむ美しさ! 海や空をそのまま閉じ込めたようなレジン(透明樹脂)アートがステキ
これは欲しくなる……!(2018/12/11)

KubernetesでGPUをどう活用できるのか?:
PR:AI/機械学習にコンテナは必要か?――4人のスペシャリストが語るGPUコンテナの未来
2018年11月8日に行われた「Red Hat Forum 2018 Tokyo」で、パネルディスカッション「AI/マシンラーニング開発基盤を支える技術 〜Kubernetesが創るGPUコンテナの未来〜」が開催された。4人のスペシャリストが語った、AI/機械学習とコンテナの現状、課題、展望とは。(2018/12/28)

「怖すぎるよ」 有吉や竹山、ノブコブ吉村……丸山桂里奈の差し入れに芸人たちの震えが止まらない
丸山さんの真心が裏目。(2018/12/6)

「家族集合って本当に素敵!」 城田優、母を祝うバースデー家族ショットが美形のオンパレード
家族みんな美形ってすごいな。(2018/12/5)

水川あさみ&永野芽郁の2ショットに“隠れ春菜”? 水川「春菜も居たけど、春菜はいいや」
はしっこになにか見える。(2018/12/5)

平成最後の顔! Twitterで2018年最も使われたアカウント&ハッシュタグが「おっさんずラブ」「新しい地図」に染まる
強い。(2018/12/5)

世界中で最もツイートが盛り上がった日は「平昌五輪閉会式」 Twitter公式が振り返る2018年
最も話題を呼んだ個人のツイートとして、渋谷のハロウィーン騒動や「ボン・ジョヴィで盆踊り」などがとりあげられています。(2018/12/5)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
たった1年で若者を魅了した「TikTok」 今さら聞けない基本のキ
若者を中心に人気のショート音楽動画共有アプリ「TikTok」(ティックトック)。なぜこれほど人気が広がったのか、そもそもどうやって楽しむのか? 今さら聞けないTikTokの基本のキを学びましょう。(2018/12/5)

最もツイートが多かったのは「和牛」! 「M-1グランプリ」のツイートを分析してみた
3年連続2位はダテじゃない。(2018/12/6)

流行語大賞、2018年大賞は「そだねー」 トップテンには「eスポーツ」「#MeToo」など
そだねー。(2018/12/3)

禁スマホして勉強に集中したい受験生へ カロリーメイトによる勉強応援コンテンツ「禁スマホメイト」公開
禁スマホした時間に応じてオリジナル勉強応援グッズがもらえるキャンペーンも。(2018/12/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・自動車メーカーの下請けいじめ
「大手自動車メーカーは悪」「中小企業の下請けは正義」みたいな決めつけを止めないと、この国の経済は良くならない。サプライヤーがしかるべき原価低減も行わず、新技術の開発もせずに現状を維持していたら、それでこの国が幸せになれるのかをちゃんと考えてみた方が良い。(2018/12/3)

テラbps級のトラフィックに挑んだ「72時間ホンネテレビ」の裏側:
総視聴数7400万でも障害ゼロ、AbemaTVが72時間のライブ配信に成功した理由
AbemaTV社が開催した「AbemaTV Developer Conference 2018」で、サイバーエージェント 技術本部 インフラエンジニアの柿島大貴氏は、2017年11月に配信した「72時間ホンネテレビ」を障害なく実現するため、開発本部が取り組んだ施策について説明した。(2018/12/5)

「そっくりでビックリ!」 小林麻耶さん、超ラブラブな“似たもの夫婦”ショットにファン驚き
本当に幸せそう。(2018/12/2)

「もうホラーの域」「怖いよ……」 横澤夏子、“顔面大増殖”ショットでファンを恐怖に誘う
どういう発想?(2018/11/30)

どんなロックアイドルが爆誕するんだ ザ・ブルーハーツの楽曲をカバーするアイドルオーディションがTikTok初コラボで開催
いろんなアイドルがいるな。(2018/11/30)

小林麻耶さん、ハワイのビーチで初めての“夫婦ショット”公開 ラブラブな手つなぎにファン「とっても、幸せそう」
2人ともえくぼがかわいらしい。(2018/11/29)

goo Simseller、「HUAWEI Mate 20 Pro」と中古「iPhone X」を10セット限定で販売 約10万円
NTTレゾナントは、11月28日に通販サイト「goo Simseller」で、ファーウェイ製「HUAWEI Mate 20 Pro」と「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」を8万4800円(税別)でセット販売開始。さらに中古の「iPhone X」を加えたセットを9万9800円(税別)で限定抽選販売するほか、公式Twitterアカウントでは端末プレゼントキャンペーンも行う。(2018/11/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。