ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘルスメーター」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だからいまも「現役」! 49歳のカズが教えてくれた人生のヒント
サッカーJ2横浜FCのFW三浦知良が、自身の持つJ2最年長ゴール記録を49歳3カ月24日に更新した。「スゴすぎる」という言葉しか浮かんでこないが、私たちの知らない世界でカズはどのような努力をしているのだろうか。彼の姿から何か学べることがあるのかもしれない。(2016/6/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル競争に向けまったなし――サイバーセキュリティー強化が日本のIoTビジネス成功の鍵
IoT時代の到来で高まるサイバーセキュリティーのリスクをどう管理すべきか。セキュリティーを品質の1つとして定義し、競争優位に生かす新たな取り組みについて議論する。(2016/6/22)

気になるアレの販売ランキング:
高機能な製品の人気は? 体組成計の売れ筋を知る
ヘルスケアにまつわるいろいろな製品の売れ筋を、販売ランキングでひもときます。欲しいものがあるけれど、どの製品を買ったらいいか分からない、というときに参考にしてみてください。(2016/6/8)

人に寄り添い「活きる力を起動する」――2016年夏、AQUOSスマホの新しい船出
2015年冬モデルで「人に寄り添うパートナー」としてAQUOSスマホをリブランドすることを宣言したシャープ。2016年夏モデルは、リブランドのテーマをより体現した仕上がりとなっている。(2016/6/2)

貴様、図ったな? タニタが本社受付にあるトラップを公開しネット民が戦慄する
これはヤバイ。(2016/5/20)

活動量計を生かす体重管理サービス「Polar Balance」提供開始 専用体重計も発売
ポラール・エレクトロ・ジャパンが、活動量計やGPSウォッチを活用して体重を管理する新サービス「Polar Balance」を発表しました。専用の体重計「Polar Balance 体重計」も販売します。(2016/5/19)

「AQUOS ZETA SH-04H」のメタルボディーをチェック! 2260万画素カメラには「花火」モードを新搭載
「AQUOS ZETA SH-04H」は、約5.3型フルHD表示「ハイスピードIGZO」液晶と約2260万画素カメラを搭載したハイエンドモデル。狭額縁「EDGEIST」スタイルを一新するスリムデザインを採用した。(2016/5/16)

医療機器 メルマガ 編集後記:
医療ITとの連携なしに医療機器の進化は語れない
やっぱりセキュリティは気になりますが。(2016/5/16)

近未来の健康ガジェット:
ボディーラインの変化まで記録する体組成計「Naked 3D Fitness Tracker」
高性能な体重体組成計では、筋肉量や内臓脂肪の量など、体の中の細かなデータが取れますが、この「Naked 3D Fitness Tracker」は、それらに加えて、外見の変化をデータとして記録してくれる興味深い製品です。(2016/5/1)

Wi-Fi体重計などのデジタルヘルス機器を手がける仏Withings、Nokia傘下に
今や通信インフラ企業のNokiaが、フランスのデジタルヘルス機器メーカー、Withingsを買収すると発表しました。(2016/4/27)

R25スマホ情報局:
タニタ(公式)「部署異動でいよいよ本気出す」
自由でゆるい芸風が人気のタニタ公式アカウント。SNS上でのつながりから、さらなる発展に結びつけたいと意気込む。(2016/4/19)

個別に効果的な食事と運動を提案 肥満遺伝子検査は実質無料 FiNC「パーソナルカラダサポート」
ヘルスケアベンチャーのFiNCとソフトバンクは、共同開発した「パーソナルカラダサポート」の提供開始を発表した。キャンペーン中に加入すると月額無料、さらに肥満遺伝子検査が実質0円に。(2016/4/7)

公式Twitter擬人化漫画「シャープさんとタニタくん@」書籍化記念 Amazonでシャープ・タニタの商品まとめ買いで割引キャンペーン
Twitterアカウントが擬人化されてコミックになり、割引キャンペーンに発展する事態に。(2016/4/5)

コネクテッドカー関連サービスを開発:
トヨタ、マイクロソフトと合弁でToyota Connectedを設立
トヨタ自動車は2016年4月4日、コネクテッドカー関連の研究開発および商品開発を行う新会社、Toyota Connectedを設立したことを発表した。新会社にはマイクロソフトが出資、Microsoft Azureを活用し、ハイブリッドクラウド形態で活動していくという。(2016/4/5)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):
今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか
ダイエットシリーズも、いよいよ最終回です。今回は、私が、150日にわたりダイエットを行った結果として得たメリットとデメリットを紹介します。結局のところ、私たちは「ダイエットに失敗する」という運命から逃れられないのかもしれません。それでも、ダイエットに関する情報は日々氾濫し、その市場が縮小することはないように思われます。だからこそ、こう問いかけたいのです。「そのダイエットは、本当に必要ですか?」と――。(2016/3/23)

割引ではなく、生活を豊かにする“健康”を提案 KDDIがau長期利用者向け感謝イベントを開催
KDDIが、auの長期利用者を対象とした「感謝イベント」を開催。そこでは、トレーナーと一緒に皇居ランを楽しんだり、デジタル機器を活用した健康診断を受けたりできた。長期利用者とのコミュニケーションを増やしていくという狙いがあるという。(2016/3/15)

電気料金の新プラン検証シリーズ(24):
健康を意識すると電気料金が割引に、バイオマス電源も活用する老舗新電力
国内で3番目に古い上場新電力のイーレックスは2016年4月の電力小売全面自由化で、家庭向けなどの低圧電力市場に参入する。シンプルな料金プランと自社所有のバイオマス発電設備の活用、契約者への“健康”をテーマにしたユニークなサービス提供などを軸に、全国6地域で小売電力の販売を展開していく。(2016/3/2)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(27):
“バーチャル江端”3人衆、ダイエットに散る
さて、今回は、私が連載当初から掲げてきたテーゼ「人類は、ダイエットに失敗するようにできている」について考察しましょう。“バーチャル江端”を3人作成し、ファジィ推論エンジンによって、それぞれにダイエットをさせてみたのです。3人の、ダイエットにおける“生き様”をご覧ください。(2016/2/24)

IoT観測所(18):
「Lite」で普及の兆しを見せる「ECHONET」、波乱万丈の20年史と今後の課題
国内HEMSの標準プロトコルとなり電力自由化の後押しもあって、普及の兆しが見える「ECHONET Lite」だが、前身のECHONETを含めると苦難の連続といえる。その歴史を振り返り、現状の課題を確認する。(2016/2/18)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(26):
数字が暴く! “らくらくダイエット”の大ウソ
今回は、私が連載当初から掲げてきたテーゼ「人類は、ダイエットに失敗するようにできている」を、目に見える形(=シミュレーション)で示します。前半では、このシミュレーションに使うパラメータを作るべく、ダイエットの苦痛を“定量化”します。なぜ、“苦痛”がパラメータなのか? ――それは、苦痛を伴わないダイエットなど、ダイエットとはいえないからです。数字が、それをちゃんと語ってくれるのです。(2016/2/17)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(7):
実践! ご主人様とメイドがステッピングモーターを動かす
さて、今回は、前回に続きEtherCATの“2大技巧”の1つである「SyncManager」を解説したいと思います。その後、ステッピングモーターを動かすためのプログラムを作成してみましょう。(2016/1/28)

海外医療技術トレンド(8):
米国の事例に見る、マルチデバイス化する「非医療機器」のリスク管理
近年、健康増進用途の消費者向けウェアラブル端末やモバイルソフトウェアなど、医薬品医療機器等法(薬機法)の適用対象外となる「非医療機器」のマルチデバイス化が進んでいる。それに伴ってどのようなリスクが出てくるのか。米国の動向をみてみよう。(2016/1/21)

世界を「数字」で回してみよう(25) ダイエット:
ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”
ある晩、風呂に入ろうとしていた私の体を見て、娘が悲痛な叫びをあげました。鏡を見ると、びっくりするほど痩せ細った私が映っていたのです。今回は、ダイエッターにとって決してひとごとではない“ダイエットの負の連鎖”、つまり摂食障害の深刻さについて数字を分析してみましょう。(2016/1/20)

ウェアラブル端末が「街角」より「工場」で普及する理由
今後の市場拡大が期待されるウェアラブル端末。いま、その市場は一般ユーザー向けよりも、製造や建設現場といったB2Bの分野で盛り上がりを見せているという……。一体なぜか。(2016/1/15)

タニタがバルスと「滅びの呪文」対決 負けたら社名を1日「バルス」に
あなたは「バルス!」? それとも「タニタ!」?(2016/1/14)

だめんず好きな私がロボット掃除機マオを愛するまで
ちょっと動いたと思ったらピーピー音を発してストップ。思えば私とロボット掃除機マオとの出会いはサイアクだった。でも、やがて気持ちに変化が現れて……?(2016/1/2)

ネットワーク屋とハードウエア屋の距離を縮める?:
聖夜にお披露目された「さくらのIoT Platform」、2016年春めどにβテスト予定
さくらインターネットは2015年12月24日に開催したイベント「さくらの聖夜」において、現在開発を進めている「さくらのIoT Platform」の構想を紹介した。(2015/12/25)

世界を「数字」で回してみよう(24) ダイエット:
ダイエットを“過渡現象”で説明できるか
前編に続き、今度は、ダイエットにおける体重の増減をエンジニア視点で分析してみたいと思います。そして、ひと月に及ぶ壮絶な体重シミュレーションを繰り返した私は、ある結論にたどりついたのです……。(2015/12/25)

世界を「数字」で回してみよう(23) ダイエット:
安心してください、リバウンドは錯覚ですよ
さて、今回は、多くのダイエッターが恐れおののく「恐怖のリバウンド」について検証したいと思います。そこで、私が開発した「超シンプル体重シミュレータ」を使い、極端に体重を増減させるシミュレーションに挑んでみました。(2015/12/24)

気になるアレの販売ランキング:
ダイエットの必需品 体組成計の売れ筋を知る
ヘルスケアにまつわるいろいろな製品の売れ筋を、販売ランキングでひもときます。欲しいけど何を買ったらいいか分からない、というときに参考にしてみてください。(2015/12/22)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター小林編):
「SIMフリー×モバイルSuica」と「ガラホ」に期待しつつも、ウェアラブルの“盛り下がり”が心配に
2015年、筆者が注目したのは、「SIMフリー端末のモバイルSuica対応」「Android搭載フィーチャーフォン・ガラホの広がり」「ウェアラブル端末の盛り下がり」の3点だ。(2015/12/18)

世界を「数字」で回してみよう(22) ダイエット:
万年ダイエッターにささげる、“停滞期の正体”
ダイエッターの心を蝕む最も大きな要素の1つに、「停滞期」があります。実際、停滞期から抜け出せずに挫折してしまったという方もいるのではないでしょうか。今回は、私たちダイエッターを悩ます“停滞期の正体”を、「超シンプル体重シミュレーション」という、エンジニア的な視点で探ってみましょう。(2015/11/30)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
Bluetoothでスマホと連携する体温計を使ってみた
そろそろインフルエンザなども気になり始める季節。専用アプリをインストールしたiPhoneやAndroidスマートフォンと連携して、データを記録・管理することができる電子体温計を購入したので紹介しよう。(2015/11/12)

サンワサプライ、スマホと連携するBluetooth内蔵の体重計を発売
サンワサプライは専用アプリで体重を記録でき、自動でグラフ化するBluetooth内蔵の体重計「Bluetooth対応体重計(Androidスマホ対応ヘルスメーター・Bluetooth接続・自動グラフ化) 400-HLS004」を発売する。(2015/11/10)

Amazon.co.jpが過去15年の本の年代別トップランキングを発表 一番多く1位に輝いたのは……
各年の流行を思い出して懐かしい気持ちに。(2015/11/6)

IFA 2015リポート:
デジタルヘルスケアの新潮流「睡眠トラッカー」の価値
歩数計などの機能を持つリストバンド型ウェアラブル端末「アクティビティトラッカー」は、主に肥満対策などのデジタルヘルスケアの用途で注目され、数多くの製品が販売されるようになった。そのデジタルヘルスケアの新たな潮流となっているのが、「IFA 2015」で数多くの製品が展示された「睡眠トラッカー」だ。(2015/10/15)

通信は実効速度を重視:
ソフトバンクが「Nexus 6P」を“独占”販売、Y!mobileとの2ブランド戦略でAndroidを展開
インフラは実効速度重視で整備。買い物、ポイント、健康、病院と、ライフスタイルを変える4分野の新サービスも開始する。(2015/10/13)

20分走らないと脂肪は燃えないはウソ!? バスクリンのお風呂博士が教える、脂肪燃焼と疲労の真実(前編)
ガンバらなくてもダイエットできる? お風呂と脂肪燃焼にまつわる気になる話をお風呂博士に伺いました。(2015/10/9)

ソフトバンクとFiNC、月額100円のスマホ向けヘルスケアサービス「パーソナルカラダサポート」を共同開発
ソフトバンクとFiNCが、顧客に最適な生活習慣改善メニューを提供するスマートフォン向けサービスを共同開発。(2015/10/8)

医療機器ニュース:
介護予防向け、運動機能の状態を簡単に確認できる計測機器の試作モデル
タニタは、脚の筋力やバランス能力といった運動機能の状態を誰でも簡単に確認できる計測機器「BM-220」の試作モデルを発表した。骨折・転倒や関節疾患の兆候を早期に確認し、介護予防に役立てる。商品化に向けてモニター募集も実施している。(2015/10/6)

オレンジページくらし予報、敬老の日の贈り物に活動量計を推奨
オレンジページくらし予報が、敬老の日の贈り物として、活動量計を推奨するアンケート調査を公開。(2015/9/18)

生活改善ポイントで沖縄旅行も:
スマホで内臓脂肪を測定、京セラの生活習慣改善サービス
京セラがウェラブル端末ととスマートフォンアプリを活用した生活習慣支援サービスの提供を発表した。スマートフォンで内臓脂肪面積を推定できるほか、活動に応じたポイントで商品が購入できるなど、「楽しく継続」を突き詰めたサービスだ。(2015/9/17)

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。(2015/9/9)

2015年夏、活動量計を選ぶならこれ
自分は毎日どれくらいカロリーを消費しているのか。運動の量はどの程度なのか。ちゃんと質のいい睡眠が取れているのか。活動量計を活用すると、こうした自分の体の様子が数値データとして可視化できます。おすすめの5モデルをピックアップしました。(2015/8/12)

adidasグループ、フィットネスアプリベンチャーのruntasticを買収
世界的なスポーツ用品メーカーadidasグループが、多くの会員を集めるフィットネスアプリ開発のベンチャー、runtasticを約299億円で買収すると発表しました。(2015/8/6)

「毎日体重を測ると痩せる」のは本当! どのくらい体重が減るのか
「毎日体重を測って記録する」というダイエット方法を聞いたことがある人も多いのでは。米国デューク大学を含む研究グループは、毎日体重を測ると、実際どのくらい痩せることができるのかについての調査結果を報告しました。(2015/7/23)

世界を「数字」で回してみよう(17) ダイエット:
「ダイエットで美しくなれる」は、本当か?
今回は、ダイエットの価値を、「美しさ」という観点から考えます。「ダイエットをすれば美しくなれる」というのは、“常識”になっている感があります。では、それを数字で検証してみましょう。国民的アイドルの身長や体重(推定値)の値をちょっと拝借することにします。そう、あの国民的アイドルですよ、皆さん。(2015/7/16)

国際モダンホスピタルショウ2015:
医療機器はシャープの新たな柱になるか、「健康コックピット」などずらり
シャープは、「国際モダンホスピタルショウ2015」において、同社が新規事業として期待を掛ける、「健康コックピット」などの医療関連機器をまとめて披露した。(2015/7/16)

きっかけは「自分で調べて」が最多:
切り替えの決め手は「インターネット機能」「画面の大きさ」――シニア世代スマートフォン利用動向調査
MMD研究所が「2015年シニア世代のスマートフォン利用動向調査」を実施。フィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えの決め手は「インターネット機能」「画面の大きさ」が半数以上となった。(2015/7/6)

Xiaomi 社長 Bin Lin氏 インタビュー:
堅調なシャオミ、スマホ戦略のその先は?
設立からわずか4年で世界第3位のスマートフォンメーカーとなったXiaomi(シャオミ)。だが、競争が激しい同市場だけにいつまでも頼っているわけにはいかないだろう。それを見越してなのか、Xiaomiはさまざまな企業に投資し、大規模なエコシステムを構築している。(2015/6/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。