ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラタス」最新記事一覧

「インサイトエコノミーの時代」そこにデータを資産とする思想はあるか?:
PR:企業価値向上につながるインサイトをIT技術者はどう提供していけるか
クラウドインフラの活用や企業活動データの蓄積が当たり前となったいま、データをどう使い、どう生かすかが問われる時代になった。企業価値向上につながるインサイト(洞察)を提供するプラットフォームは、データに対する思想抜きに選択することはできない。(2015/9/28)

「クラタス」に日米ロボット対決挑むMegaBots、ロボ強化資金をクラウドファンディングで募集
日米ロボット対決で戦う「Mk.II」の装甲や火力をパワーアップするため、50万ドルの支援を募集しています。(2015/8/21)

日米“巨大ロボ対決”実現へ クラタス、米からの「決闘」申し込み承諾 格闘戦で「ぶん殴って倒して勝つ」
「やりますよ、絶対」――人が搭乗して操縦する巨大ロボ「クラタス」を開発した水道橋重工が、米国から申し込まれた“ロボット決闘”を受けて立つ。(2015/7/6)

クラタス、米ロボットからの挑戦を受けて立つ 「ぶん殴って、倒して勝つ!」
銃つけりゃいいってもんじゃねーぞ! 格闘戦やろうぜ!(2015/7/6)

クラタス:
クラタス、受けて立つ――米巨大ロボの挑戦に「格闘戦」を提案
「巨大ロボは日本文化」――水道橋重工の巨大ロボ、クラタスが格闘戦で米巨大ロボの挑戦を受けて立つ。(2015/7/6)

クラタス、出てこいやぁ! 米国の巨大ロボ「MegaBot2」が水道橋重工に「決闘」を申し込む
リアルロボット大戦だー!(2015/7/1)

V-Sido OS:
「V-Sido OS」搭載完全変形ロボット、タカラトミーが市販検討
ロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を搭載した、ヒト/クルマの完全変形ロボットをタカラトミーが東京おもちゃショーに展示。商品化も検討する。(2015/6/19)

東京おもちゃショー2015:
4メートル超の巨大ロボ「レッドクラタス」が「東京おもちゃショー2015」に登場
デカい! 強そう! かっこいい!(2015/6/18)

「クラタス」コラボモデルも:
赤外線で縦横無尽に動き回る! タカラトミー、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を6月20日に発売
タカラトミーは、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を発売する。赤外線で移動・攻撃が可能で、旋回もできる。(2015/5/27)

やっぱりロボットは自由自在に操縦したいよね! 男心くすぐる銃撃バトルロボット「ガガンガン」登場
高速滑走にガンシューティング、燃えるぞ。(2015/5/27)

Amazon.co.jp最高額商品「クラタススターターキット」 現在、在庫あり!(追記あり)
お年玉で買おう、1億2千万円。(2015/1/6)

ロボット開発の分業化・効率化を目指す:
ソフトバンクのロボット事業、本命は「Pepper」ではなく「V-Sido OS」か!?
先日のソフトバンクの発表に続き、同グループ会社のアスラテックが「新規ロボット事業」に関する記者説明会を開催。ロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を主軸とする同社の戦略・展望を、当日の発表内容とチーフロボットクリエーターである吉崎航氏のコメントを交えて紹介する。(2014/6/12)

「人間の思い通りに動かせる」 ロボット制御ソフト「V-Sido OS」事業化、ソフトバンク子会社が展開
「最低限の命令で、ロボットを人間の思い通りに動かせる」という制御システム「V-Sido OS」の本格展開を、ソフトバンク子会社がスタートした。(2014/6/11)

おすすめイベント情報:
“予定ゼロ”でもこれで勝つる!――「ロボットと過ごすGW」はいかが?
MONOistからゴールデンウイーク(GW)後半戦のご提案。まだなんの予定もない読者諸君のために、“MONOist流”のGWの楽しみ方を紹介しよう!(2014/5/2)

再検証「ロボット大国・日本」(14):
ホビーロボから巨大ロボまで――ロボットの簡単制御を実現する「V-Sido CONNECT」
水道橋重工が手掛ける搭乗型巨大ロボット「クラタス」の制御ソフトウェアに採用され、大きな話題となった「V-Sido(ブシドー)」。開発者の吉崎航氏は、さらなる使い勝手を追求し、間もなく、シリアルサーボモーターをつなぐだけで簡単にロボットが作れるハードウェア基板「V-Sido CONNECT」を世に送り出そうとしている。(2014/4/10)

『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の舞台裏:
これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた
日本テレビ系列で2013年12月13日に放送された『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の収録現場に密着。勝つか負けるかの真剣勝負に挑む、個性あふれる等身大リアルロボットたちの熱き戦いを“舞台裏”からリポートする。(2014/2/18)

巨大人型ロボット「クラタス」Amazonで取り扱い開始 クリスマスプレゼントに1台いかが?
「パパーこれ買って〜」「どれどれ……ファッ!?」(2013/12/12)

カオスな熱狂:
ネットにヤんだ人集まる「インターネットヤミ市」探訪 クラウドカレーにあえぎ声おみくじも
インターネットに「ヤミ」気味な人々が売買するリアルマーケット。そこで売られていたモノは?(2013/7/9)

「Perfume」「クラタス」も受賞 第16回文化庁メディア芸術祭の作品展に一足早く潜入してきた!
受賞作品を楽しめるマンガライブラリー、上映会もすべて無料!(2013/2/13)

【組み込み開発 EXPO 2013】連動特集:
搭乗型巨大ロボット「KURATAS」を安全に動かすソフトウェアのヒミツ
「KURATAS(クラタス)」の開発者の1人である吉崎航氏。彼が手掛ける人型ロボットのための演技指導ソフトウェア「V-Sido(ブシドー)」とは、一体どんなものなのか? “転倒しないロボット”を実現するための仕組みとは? その魅力に迫る。また、クラタスをあんな角度やこんな角度から撮影した多数のフォトにも注目してほしい!(2013/1/23)

「勝手に入るゴミ箱」やKURATASが見られる 文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が2月開催
「火要鎮」「おおかみこどもの雨と雪」など受賞アニメーション作品・映像作品の上映会も。(2013/1/16)

「組み込み開発」年間ランキング 2012:
ニッポンのテレビ事業に未来はあるか/何の役にも立たないロボット
2012年、MONOist「組み込み開発」フォーラムでたくさん読まれた記事は? 今年公開した記事の1年間分のデータを集計し、上位記事と編集担当である筆者が注目したトピックを紹介する。(2012/12/28)

UXClip(14):
Maker達のお祭りがやってきた! Maker Faire Tokyo 2012
Maker Faire Tokyo 2012は、テクノロジーを自由な発想で楽しむ「Maker」のお祭りだ。約240組が出展し、大いに盛り上がったMaker Faireをレポートする。(2012/12/17)

文化庁メディア芸術祭、Perfumeのプロジェクトや「勝手に入るゴミ箱」「クラタス」が受賞
アニメーション部門には「おおかみこどもの雨と雪」も。(2012/12/13)

Maker Fair Tokyo 2012:
生クラタスに動くゴミ箱――「Maker Faire Tokyo」はやっぱり“才能の無駄遣い”だらけだった
「Make Tokyo Meeting」あらため「Maker Faire Tokyo」が開催された。世界最大の「ものづくりの祭典」開場から、溢れる“才能の無駄遣い”をリポートする。(2012/12/3)

制作者はたった1人:
11年かけて完成させたカブトムシ型“超”巨大ロボットが熱い!
本業をこなしながら約11年の歳月をかけ、たった1人で完成させたのは、何と超巨大な“カブトムシ型ロボット”だった。その名も「カブトム RX-03(KABUTOM RX-03)」!(2012/11/13)

こいつ……買えるぞ! 夢の4脚ロボット「クラタス」オーダーは1億600万円から
全ロボットファン、いや、全人類の夢がついに現実に!(2012/7/30)

ワンダーフェスティバル2012[夏]:
搭乗可能なロボット登場 萌えもコスプレもない漢のワンフェス
「ワンダーフェスティバル2012[夏]」リポートは、1/1のやら乗車可能やらでロボ成分多め。第二次世界大戦車両と、飛ばないけどすごい紙飛行機も紹介。(2012/7/30)

こいつ、動くぞ!:
乗れちゃう4メートルロボット「クラタス」、ワンフェス会場に立つ
幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル 2012[夏]」に、実際に乗って動かせるロボット「クラタス」が登場。武器(空砲)を手にデモを行う。(2012/7/26)

こいつ、動くぞ!:
乗れちゃう4mロボット「クラタス」がワンフェス会場に立つ!! 〜100万ドルで購入も〜
幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル 2012[夏]」に、実際に乗って動かせる4mロボット「クラタス」が登場し、武器(空砲)を手にデモを行う! 実際に購入することもできるため、パイロットを希望する諸君は必見だ!!(2012/7/25)

ニコニコ超会議:
“ご家庭に配備できるロボット”も――ロボットクリエイターが作る「燃える男の未来の乗り物」
ロボット製作チームが一堂に会したニコニコ学会β「燃える男の未来の乗り物」では、陸戦型トイロボットや2足歩行型バイクなど“漢”な乗り物が披露された。(2012/5/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。