ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マヨネーズ」最新記事一覧

「ご存じですか、8月6日の節分」 セブン-イレブンが真夏に恵方巻きを販売
これなら毎年4回も食べられる。(2017/7/20)

PR:これはマヨネーズやってますわ 一平ちゃん「チーフマヨネーザー」の柳楽優弥さんがハイテンションすぎるダンス動画を公開
「まるで別人だ!」ってなります。(2017/7/19)

水曜インタビュー劇場(運動公演):
大手は成功していないのに、なぜ「カーブス」は大きくなったのか
女性専用のフィットネスクラブ「Curves(カーブス)」が、拡大している。2017年6月末現在で、店舗数は1801店、会員数は80万人ほど。施設の中は簡素なマシンしかないのに、なぜ多くの人が通っているのか。その秘密について、カーブスジャパンの坂本社長に聞いた。(2017/7/12)

さらなる顧客獲得目指す:
盛り上がる記念日ビジネス 7月11日は「セブンの日」
セブン‐イレブン・ジャパンが、社名にちなんで今年から7月11日を「セブン‐イレブンの日」として正式登録。公式ツイッターを活用したキャンペーンを積極的に展開している。現在、企業では、社名や商品名に関する語呂合わせをもとに記念日を制定し、SNSを活用してプロモーションに生かす流れが盛んになっている。(2017/7/10)

水曜インタビュー(算数公演):
大人になったら使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学ぶのか
社会人になって「微分・積分や二次関数」を使ったことがある人は少ないはず。いや、ひょっとしたら、小学校の低学年で学ぶ「分数の足し算」も使ったことがないのでは。大人になっても使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学んできたのか。その理由は……。(2017/7/5)

7月11日がセブン-イレブンの日に サイズ7倍キャラメルコーン・わさび7倍わさビーフなど7つのコラボ菓子発売
セブンシュー味のチロルチョコやツナマヨおにぎり味のポテトチップスなど、人気製品にちなんだ菓子も。(2017/7/4)

水曜インタビュー劇場(うんこ・ちんちん公演):
出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた。聞き慣れないこの言葉、どういう意味かというと……。(2017/6/28)

水曜インタビュー劇場(シャリシャリ公演):
だからミニストップの「ハロハロ」は売れている、知られざる“実験力”
ミニストップの「ハロハロ」が売れている。1995年に発売したロングセラー商品で、今年は7種類も投入する。同社は過去最高の売り上げを狙っているが、どのような人が購入しているのか。また、どのようにして開発しているのか。その舞台裏に迫った。(2017/6/21)

ご当地めし:
寒天大好き秋田県民オススメの「ポテトサラダ寒天」がうまい! 暑い時期にうれしいレシピを大公開
余った寒天でグレープフルーツのデザートにも挑戦。(2017/6/18)

水曜インタビュー劇場(変えない公演):
「明治 エッセルスーパーカップ」が売れている、控え目な理由
アイス市場で「明治 エッセルスーパーカップ」がよく売れている。ある調査によると、同商品はシェアトップを快走しているが、なぜ消費者に支持されているのか。その理由を、明治の担当者に聞いたところ、控え目な答えが返ってきた。(2017/6/14)

ロッテリアで「デス辛」なタンドリーチキンが食べられる! 免責同意書必須な禁断の辛さに挑戦した
辛すぎて味がわからない。(2017/6/13)

水曜インタビュー劇場(すみません公演):
サラリーマンの味方「切腹最中」は、なぜ1日に7000個も売れるのか
お詫びの手土産として、多くのサラリーマンが購入する「切腹最中(せっぷくもなか)」をご存じだろうか。1990年に発売したところ、当初は注目されていなかったが、いまでは多い日に7000個以上売れている。「切腹」という言葉が入っているのに、なぜヒット商品に成長したのか。(2017/6/7)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

フライドチキンをピザ化したケンタッキーの魔改造メニューが再び チキン×ビーフの「CHIZZAプルコギ」
出川哲朗さんが味をプレゼンする動画も(ただし英語で)。(2017/5/29)

水曜インタビュー劇場(ガシャポン公演):
殻を捨てた「ザク」が、20万個以上売れている秘密
バンダイが発売しているガシャポン「ザク」が売れている。機動戦士ガンダムシリーズに登場するザクの頭部を再現したものだが、最大の特徴はサイズ。カプセルよりも大きいこのアイテムはどのように開発したのか。担当者に聞いた。(2017/5/24)

水曜インタビュー劇場(主役公演):
ヒットの理由を説明できない、「ガチャ」の舞台裏
硬貨を入れてハンドルを回して、アイテムを手にする。子どものころに一度はガチャ(カプセルトイ)で遊んだことがあると思うが、最近はどのようなアイテムがヒットしているのか。タカラトミーアーツの担当者に聞いたところ……。(2017/5/17)

U.F.O.史上最大量のわさびマヨネーズがついた「日清焼そば わさマヨ地獄」が誕生 25.9(じごく)グラムのわさマヨ入り
「ツンとくる」どころじゃないはず。(2017/5/15)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

水曜インタビュー劇場(独自予想公演):
日経が撤退しても、『四季報』が存続しているワケ
会社情報誌『日経会社情報』が休刊し、今後は有料デジタルサービスに移行する。気になるのは最後の砦ともいえる『会社四季報』だ。ネットを使えば会社の決算情報は簡単に見ることができるのに、なぜ『四季報』は売れ続けているのか。(2017/4/26)

水曜インタビュー劇場(点の集まり公演):
えっ、自動運転車用の「地図」があるの? 開発担当者に聞いてきた
自動車メーカーや地図会社などがタッグを組んで、自動運転車用の「地図」を開発している。カーナビの地図とどのような違いがあるのか。また、どのようにしてつくっているのか。開発を手掛けているダイナミックマップ基盤企画の担当者に話を聞いた。(2017/4/19)

新しい価値を提案:
マヨネーズで食卓を彩る キユーピー研究者の工夫
ロングセラー商品「キユーピーマヨネーズ」。研究開発を担当する若見俊介さんは、マヨネーズの新商品や新しい使い方の開発に取り組んでいる。マヨネーズにかける思いや研究開発の工夫を聞いた。(2017/4/17)

ITはみ出しコラム:
もう珍回答に笑えない? AI音声アシスタントがセキュリティ上の脅威になる予兆
面白い反応を返してくれるAI音声アシスタントに笑っていられるのも、今のうちかもしれません。(2017/4/16)

バーガーキングが「OK Google」使うテレビCM放映 Googleが数時間後に介入
米Burger Kingが「OK Google、ワッパーって何?」という音声を流すテレビCMを放映し、音声アシスタント「Google Home」がこれに反応してWikipediaの「ワッパー」の説明を読み上げていたが、数時間後には反応しなくなった。(2017/4/13)

水曜インタビュー劇場(応援される公演):
なぜリーダーは「自分の経験」を伝えなければいけないのか
「リーダーは自分の経験を伝えなければいけない」――。オリンピックで4つのメダルを手にした、水泳の松田丈志さんの言葉である。競泳チームのキャプテンを務めた松田さんは、チームをどのようにまとめたのか。話を聞いたところ、ビジネスパーソンにも役立つ情報が多く……。(2017/4/12)

水曜インタビュー劇場(応援される公演):
スポーツ界で“オレ様”が減っている、なるほどな理由
結果を出す人と、出せない人にどのような違いがあるのか。オリンピック4大会に出場し、4つのメダルを獲得した、水泳の松田丈志さんに話を聞いたところ「周囲から応援される人は結果を出しやすい」という。どういう意味か。話を聞いたところ……。(2017/4/5)

水曜インタビュー劇場(変わらない公演):
売り場を減らしたのに、なぜ崎陽軒のシウマイはバカ売れしているのか
東京や新横浜で新幹線に乗ると、車内でビールを飲みながら「シウマイ」を食べているサラリーマンをよく目にする。崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。駅弁市場は縮小しているのに、なぜシウマイ弁当は売れているのか。その理由を、同社の担当者に聞いたところ……。(2017/3/29)

真っ青な生地でたこ焼き焼いたら地球そっくりに!? 果敢な挑戦者に「創造主」の呼び声
地球は青かった。たこ焼きも青かった。(2017/3/28)

水曜インタビュー劇場(ステーキ公演):
どん底に落ちた「ペッパーランチ」が、快進撃を続けているワケ
ペッパーフードサービスの業績が好調である。「『いきなり!ステーキ』の売り上げが伸びているからでしょ」と思われたかもしれないが、それだけではない。同じステーキチェーンの「ペッパーランチ」が絶好調なのだ。2007年の「強盗強姦事件」、2009年の「O157事故」で業績が悪化したはずなのに、なぜ復活したのか。(2017/3/22)

松本人志も絶賛、幻の「マヨら〜めん」はいかにして生まれたのか インスタントラーメン専門店「やかん亭」のラーメン愛がすごい
ラーメン大好き小池さんも大歓喜。(2017/3/21)

水曜インタビュー劇場(ピョーちゃん公演):
なぜ研修にチカラを入れている会社は、パッとしないのか
上司から「研修があるから受けてきてね」と言われたことがある人もいるはず。ビジネスシーンでよくある光景だが、グーグルで人材開発を担当してきたピョートルさんに言わせると、こうした会社は「イケていない可能性がある」という。なぜかというと……。(2017/3/8)

マヨも裸もないぞ! 実写「銀魂」、“真選組”から近藤勲、土方十四郎、沖田総悟のビジュアル解禁
ついに全員そろった!(2017/3/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
男は「見た目」! スリムボディと清潔感を「サラダごはん」で手に入れる
会議やデスクワークも多く、さらに続く会食で食事の管理も難しい。忙しい日々を過ごしているうちに残念な体になっている自分にふと気づく……。そんな方にお勧め。(2017/3/2)

フルーツビネガー投入:
キユーピーが「酢」で提案する野菜生活とは
キユーピーが果実酢を使ったサラダ用調味料を市場投入。酢をメインにした理由とは……。(2017/2/17)

あの「だしの自販機」の実力を徹底検証! だし料理を作って、食べて、食べて、食べまくる!
想像以上においしかった。(2017/2/15)

キワモノ?:
変わり種カップめん続々、失敗した例も
抹茶、チョコレート、ショートケーキ。これまでにない味のカップめんが、各メーカーから次々と発売されている。挑戦と言うよりも“冒険”に近い商品ばかり。業界では、やり過ぎて失敗した例も……。(2017/2/10)

カップ麺に「抹茶」や「チョコ」味……“キワモノ”商品続々、その狙いは
抹茶、チョコレート、ショートケーキ――これまでにない味のカップ麺が、各メーカーから次々と発売されている。業界ではやり過ぎで失敗した例も……。(2017/2/9)

水曜インタビュー劇場(編集公演):
大正14年の時刻表に、何が書かれていたのか
「紙の時刻表? 昔はよく使っていたけれど、最近は見なくなった」という人も多いのでは。ネットを使えば手軽に分かるようになったが、紙の時刻表はこれまでどのようなピンチがあったのか。『JTB時刻表』の大内編集長に聞いたところ……。(2017/2/1)

モンスターかよ ズワイ蟹を丸ごと使用した恵方巻きが襲ってきそうなビジュアル
エホウズワイが現れた。(2017/1/26)

どーん! 肉どーん! 「肉テロ」と話題の肉バンズバーガーを食べに行って幸せな気分に浸ってきた
どう見てもSNSに載せたくなるおいしいハンバーガーでした。(2017/1/20)

今度は中華か! くら寿司が「胡麻香る担々麺」など中華メニューを3種類スタート
もう何屋だか分からないよ。(2017/1/19)

糖質制限ダイエット中でも食べていい! 意外なコッテリ食べ物4つ
糖質オフダイエット中は、糖質の少ないタンパク質や野菜、乳製品がメインの食事に。中でも、「これ食べていいの?」と驚く意外な食べ物を医師に聞きました。(2017/1/9)

先生「どういう動きか教えて」生徒「プログラムに書いてあるからそれ見て」――大阪の小学校で「たこ焼き型ロボット」を使った実証実験
この授業を見てちょっとしたジェラシーを感じたのはここだけの秘密である。(2016/12/26)

住めば都? コンビニ暮らし!:
セブンイレブンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/18)

太陽光:
キユーピー、マヨネーズ工場に太陽光発電を導入
マヨネーズやドレッシングなどで知られるキユーピーは、再生可能エネルギーの活用を進めている。今回新たに2カ所の生産設備に太陽光発電システムを導入。生産に利用する電力の約2%を再生可能エネルギーで賄う計算になる。(2016/12/12)

住めば都? コンビニ暮らし!:
ローソンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/4)

ねっと部:
ソースとマヨはバニラ風味 “ショートケーキ味”焼きそば「一平ちゃん」登場
ソースとマヨネーズがバニラ風味の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」が登場。トッピングは甘酸っぱいイチゴだ。(2016/11/22)

なぜ「ローソンストア100」ではマウントレーニアが100円なのか? 「100円の商品だけで豪華ディナーを作るイベント」が胸熱だった
東京カルチャーカルチャーで行われた「秋の大収穫祭100円商品100種類食べつくし!!」に行ってきました。(2016/10/25)

ただの健康食ではない!? アスリートの納豆への情熱がすごい
納豆は一般的に、健康食として愛されていますが、アスリートたちには、強い体づくりの食品としても活用されています。そんな納豆を特にこよなく愛するアスリートを3人取り上げます。(2016/9/21)

謎のゆでたまご好きYouTuber「B.E.(Boiled Egg)」がどう見ても板東英二だと話題に
圧倒的ゆでたまご推し。(2016/9/12)

謎のメニュー「セルフポテサラ」 注文してみると……「なるほど、そういうことか!」
店主に「セルフポテサラ」誕生の経緯を聞きました。(2016/9/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。