ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」最新記事一覧

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(19):
“技術以外”で勝負どころを見極める、デファクト・スタンダードの重要性
技術メーカーにとって、ビジネスの勝負どころが、常に「技術そのもの」とは限らない。その一例が「デファクト・スタンダード」を目指すということである。(2017/9/22)

「すき家」でアイドルたちがアルバイト!? 「アイマス ミリオンライブ」コラボキャンペーン開催決定
プロデューサーさん! すき家ですよ、すき家! ※追記(2017/9/20)

村田製作所がデモ:
金属に同化するUHF帯RFIDでコンビニを変える
村田製作所は2017年9月13〜15日に開催された展示会「自動認識総合技術展」でコンビニエンスストアの商品管理用途向けに開発するUHF帯RFIDタグのデモンストレーションを披露した。(2017/9/20)

ネスレ、ブルーボトルコーヒーを買収 独立子会社として運営へ
食品大手で「ネスカフェ」や「ネスプレッソ」を擁するNestleが、いわゆる米国の「サードウェーブコーヒー」の旗手、Blue Bottle Coffeeを買収した。Blue Bottleは独立子会社として存続する。(2017/9/15)

神保町のドン・キホーテが8カ月で閉店、早さがネットで話題に 理由について広報「テナント経営が最適と判断」
1年以内に閉店するのも、グループの経営判断としては異例ではないとも説明しました。【訂正】(2017/9/14)

自然エネルギー:
燃料は食品排水の“油脂”、バイオマス発電車でどこでも再エネ供給
ティービーエムは飲食店や食品工場の排水から分離回収した油脂を、発電用燃料に改質することに成功。さらにその燃料を利用して発電できる「バイオマス発電車」も開発した。排水油脂から再生可能エネルギーを生み出す「フード・グリーン発電システム」の確立を目指すという。(2017/9/13)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

松屋、楽天で出前サービス開始 都内6区で
「楽天デリバリー」と「楽びん!」で、牛丼チェーン「松屋」の出前サービスが始まった。東京都内6区が対象。(2017/9/11)

PR:大ヒット商品「ザクヘッド」の企画を持ち込んだバンダイ・誉田氏の行動力【前編】
20万個以上の売り上げをたたき出したバンダイのカプセルトイ商品「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」。この商品の仕掛け人である同社 ベンダー事業部 企画・開発第一チームの誉田恒之氏はいかなる人物なのか。その素顔に迫った。(2017/9/11)

おもちゃの「ハローマック」をレゴで再現……! あのころを思い出す完成度にノスタルジーがあふれ出す
「おもちゃ屋さん」といえばここでした。(2017/9/10)

アレルギー欄の誤表記で:
リンガーハット、冷凍チャーハン3万個を自主回収
リンガーハットが、冷凍食品「リンガーハットのチャーハン」3万68個を自主回収する。アレルギー物質の任意表示欄に誤表記があったため。(2017/9/6)

メチャクチャおいしそう! サポーターがチームの勝利を祈ってカツ丼を食べる「Jリーグカツ丼部」ハッシュタグ広がる
ご当地カツ丼なども満載のハッシュタグで、見ているだけでよだれが出そう。(2017/9/4)

ブランドイメージの回復へ:
新生ドムドム、「お好み焼きバーガー」18年ぶり復活
ドムドムハンバーガーが、販売休止していた「お好み焼きバーガー」「バターコーン」と新メニューの「ビッグドムバーガー」を販売開始した。(2017/9/1)

「マックスコーヒー」飲んだことある? 千葉・茨城の“ご当地缶コーヒー”
千葉・茨城県民なら誰もが知っている「MAX COFFEE」(マックスコーヒー)。練乳入りの甘さが「やみつきになる」と茨城県民と千葉県民のハートをわしづかみしている。(2017/9/1)

「播州赤どり天丼」:
天丼てんや、秋の新作は「チーズフォンデュ天」
「天丼てんや」が秋の新作を発表。「松茸かき揚げ天丼」と“チーズフォンデュ天”を乗せた「播州赤どり天丼」を期間限定販売する。(2017/8/31)

購買履歴から行動履歴へ:
「スマホシフト」に挑むケンタッキー、膨大な顧客データをどう統合するのか?
日本でも有数のファストフードチェーン「ケンタッキーフライドチキン」。同社はこれまで、店頭での購買履歴を中心に顧客管理を行ってきたが、デジタルでの行動履歴を含めた顧客管理にシフトしようと、大規模なデータ統合を行っている。(2017/8/30)

業界全体に「ブラック」イメージも:
飲食業界「ホワイト企業」ランキング 1位は……
飲食業界で「ホワイト」な会社は?――Vorkers調べ。(2017/8/29)

“独自進化”続ける中国ネットサービス 物乞いも売り子もスマホ決済
中国でスマートフォンを使ったインターネットサービスの利用が急拡大。7億人超のユーザーを抱えた「巨大なガラパゴス」のような独自進化を続けている。(2017/8/28)

Weekly Memo:
オムニチャネル時代のPOSに欠かせない3つの要素
日本HPがおしゃれな店舗にフィットするPOSの新製品を発表した。確かにおしゃれなPOSは今までなかった。実はそこに小売業の構造変化が映し出されているのではないだろうか。(2017/8/28)

スマホアプリで乗り捨てられるレンタサイクル「Mobike」が日本上陸! セイコーマートなどと連携
ついにきた。(2017/8/23)

愛知からコミケに「チャリで来た」 ママチャリで箱根を越え往復700キロ走破のコスプレイヤーに話を聞いた
行って帰ってきたら肌は真っ黒に。(2017/8/23)

現場の「便利」に磨きを掛けるセブン&アイ
大切なことは、現地・現物、そして現場。(2017/8/22)

スタッフには人気、生き残れるか:
フレッシュネス「スパムバーガー」、売上低迷なら終売へ
フレッシュネスバーガーが、売り上げ個数が最も低い「スパムバーガー」の存続を決める企画「スパムバーガー生き残りキャンペーン」を実施すると発表。(2017/8/21)

なぜ拘置所は特定の商店だけを“差し入れ屋”に指定するのか 法務省と拘置所の見解、そして差し入れ代行業者が語る「利用者の実態」(後編)
差し入れ代行業者「差し入れはしたいけど、自分の名前は出したくない人は一定数いる」(2017/8/18)

セブンの「抹茶練乳氷」と「わらび餅&白玉ぜんざい」を盛り付けるだけで簡単パフェに! 436円で最高の幸せ
コンビニかけあわせグルメブーム来るぞ、これ。(2017/8/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「目隠しレストラン」が人気なのか
目隠しをして、肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら熟成肉を楽しむ「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めているという。(2017/8/9)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
時給650円のバイトが教えてくれた「働きがい」のある職場の条件
社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。(2017/8/8)

無線LANの枠に収まらないソリューションで情シスの夢が膨らむ:
PR:クラウド管理で運用が劇的に楽になる無線LANソリューションをアイティメディア情シス担当者が試してみた
インターネットアクセスを提供できる「無線LAN」は、企業やB2Cのネットワーク敷設要件として定着したが、限られた帯域を共有しながら最適な利用環境を維持する難しさなど課題も多い。課題を解消し、さらにはビジネス戦略へ一歩踏み込んだ活用が可能なのが「Cisco Meraki」だ。そんなCisco Merakiを、アイティメディアの情報システム部門リーダーが実際に触り、機能や性能を検証する。(2017/7/31)

「恐ろしい店が建てられてる……」 衝撃の店名で話題になった「とんかつは飲み物。」を一足先に味わってきた
ふざけてると思われた店名には深い意味が込められていました。【訂正】(2017/7/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

大手居酒屋チェーン店店長の過労死を遺族が漫画で公開 激務の人は「生きろ。逃げろ」
多くの人に知ってほしい。(2017/7/24)

ドムドムハンバーガーの歴代ハンバーガーがまた食べられる! 復活投票イベント実施中
初のSNS開設を記念して。(2017/7/24)

ロカボパンなど40〜50種類:
フレッシュネス、新業態「ベーカリー」スタート
フレッシュネスが新業態「フレッシュネスベーカリー」をスタート。低糖質のロカボパンやデニッシュパンなど、素材にこだわったパンを常時40〜50種類販売する。今後はハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」を生かした取り組みも検討。(2017/7/21)

営業部 AI課:
AI企業を買収したホテルチェーンから見る「ホテルビジネス」のいま
宿泊施設の競争が激化する中、積極的に改革に乗り出している興味深いホテルチェーンがある。世界第6位の規模を誇るアコーホテルズだ。同ホテルはAI企業を買収したが、どんな試みを行っているのだろうか。(2017/7/21)

ドローンから医療機器まで:
可能性が広がる無線給電、その課題とは
ワイヤレス給電技術は、その用途が広がりつつある。送電デバイスと給電デバイスの距離やずれ、効率などについては、まだまだ向上する余地があるものの、多くの分野で応用を期待できそうな気配が高まりつつある。(2017/7/20)

ホテル予約システムから利用客情報が流出、Hard RockやLoewsで被害
米Sabreの予約システムが何者かに不正アクセスされ、暗号化されていないクレジットカード情報や個人情報が流出した。(2017/7/11)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

丸亀製麺、200円追加で麺2倍・具材1.5倍増える「得」サイズ登場 7月10日から全国で
具材も増えるのがありがたや。(2017/7/10)

うどん・すし・ステーキも人気:
吉野家HDの1Q、営業益が前年比約5倍に拡大 牛丼が躍進
吉野家ホールディングスが、2018年2月期 第1四半期の連結決算を発表。「吉野家」「はなまるうどん」の好調などにより増収増益だった。(2017/7/7)

バーガーキングが単品価格でMセットを食べられるクーポンを配布中 なんと350円引き
新商品をお得に食べられるチャンス。(2017/7/7)

「モス」「テリヤキ」のソースも改良:
モスバーガー、10年ぶりバンズ変更 全粒粉で健康志向
モスバーガーが、7月11日からバーガー商品で使用するバンズを変更する。通常の小麦粉よりも栄養を多く含む「全粒粉」を生地に使用し、顧客の健康志向に対応する。(2017/7/5)

5大疑問をESETが解説:
「ソーシャルメディアセキュリティ」とは何か あらためて基本を振り返る
ソーシャルメディアの活用は、何が企業セキュリティのリスクになるのか。米メディアが提唱した「ソーシャルメディアデー」にちなみ、ESETがソーシャルメディアセキュリティ対策の基礎と基本をあらためて解説した。(2017/7/4)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

吉野家、野菜たっぷりの「ベジ丼」を発展させた夏季メニュー「ベジ定食」登場 激辛ソースが使える「沖縄タコライス」も
「ベジ定食」は1食だけで、半日分の野菜を摂取可能。(2017/7/4)

スタバ「FeliCaキーホルダー」販売で混乱 高額転売横行……2万個増産、1年かけ発送へ
スタバの限定キーホルダーををめぐり、混乱が起きている。都内の一部スタバ店舗で発売予定だったが、前日深夜になって急きょ中止。事前の抽選販売で手に入れた一部の人による高額転売も横行している。(2017/7/3)

モバイル決済の最先端:
「アリペイ」が中国社会に与えたインパクト
モバイル決済の普及が進んでいない日本。一方で中国は「アリペイ」を中心に、モバイル決済やフィンテックサービスが爆発的に普及している。モバイル決済の最先端の社会では、どのようなことが起こっているのだろうか。(2017/7/3)

味はいつもの吉野家と同じ 血糖値の上昇がゆるやかな新メニュー「サラシア牛丼」登場
糖質制限ダイエットに使えるかも。(2017/6/30)

牛丼大手チェーン、糖質カット新メニュー投入 「ロカボ」関心高まり
大手牛丼チェーンが、健康志向の高まりを受け、食後の血糖値の上昇をおだやかにしたり、糖質を抑えたりした新メニューを相次ぎ投入している。(2017/6/30)

がつがつと食べられる:
「ザ★チャーハン」が男性の胃袋をつかんだ理由
味の素冷凍食品の「ザ★チャーハン」が、冷凍チャーハン市場拡大に貢献している。中華料理店のチャーハンのような味や香り、独自性のあるパッケージはどうやって生まれたのか。担当した、マーケティング本部の田中宏樹さんに聞いた。(2017/6/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。