ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」最新記事一覧

批判高まり:
米スタバ、8000店舗で一時閉店し社員教育へ 黒人男性逮捕受け
米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、5月29日午後に米国内の直営店8000店舗を一時閉店する。(2018/4/18)

串カツ田中、6月1日からほぼ全店禁煙へ 居酒屋チェーンとしては初
加熱式たばこも対象。(2018/4/12)

ごはんも増量:
すき家がカレー刷新に込めた「本当の狙い」
すき家が4月18日から定番の「ポークカレー」を刷新する。スパイシーさをより際立たせ、こはんも15%増量するという。一見すると何の変哲もないリニューアルのようだが、別の狙いもあるという。(2018/4/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「食べ放題」を強化する牛角の“出遅れ感”
「焼肉デート」という言葉を生んだ牛角は、落ち着いて飲み食いができる「居酒屋焼肉」の業態で国内最大手に上り詰めた。しかし、ライバルが食べ放題の業態に次々参戦。キャッチアップはできるのだろうか?(2018/4/10)

利用者情報700万件、米ベーカリーチェーンのサイトから平文で流出
米Panera BreadのWebサイトから商品を注文するためアカウントを登録していた利用客が被害に遭った。流出した件数は3700万件以上に上るとの推定もある。(2018/4/4)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド
ニアショアITサービス事業者選定時の注意点
デジタルトランスフォーメーションを支える中堅ニアショアITサービス事業者の利用について、メリットとデメリットを検証する。(2018/4/3)

吉野家は後悔?:
松屋とすき家に「牛丼並盛」の値上げをためらわせた「吉野家の悪夢」
松屋とすき家は相次いで値上げを行っている。原因は原材料費と人件費の高騰だが、主力の牛丼並盛の値上げは両社とも見送っている。背景にあるのは「吉野家の悪夢」かもしれない。(2018/4/2)

新規出店にも遅れ:
コンビニ「ポプラ」、最終赤字に転落へ 寒波で来店者減少
ポプラが連結業績予想を下方修正すると発表。これまで1億7800万円の黒字としてきた今期最終が一転、7000万円の赤字に転落する見通し。寒波による来店者の減少などが原因としている。(2018/3/30)

健康志向のチェーン目指す:
モスバーガー、全店舗を「禁煙」に 20年までに店舗改装
モスフードサービスが、2020年3月末までに同チェーンの全店舗を全面禁煙化する方針を決めたと明らかにした。顧客とスタッフの健康面に配慮したためという。現時点では約700店舗で喫煙が可能だが、順次改装し禁煙席のみとする。(2018/3/30)

来週話題になるハナシ:
トイザらスを破滅に追いやったのは誰か、得するのは誰か
米国の玩具小売大手トイザらスが、米国事業を清算すると発表した。ECサイトの台頭で経営難に陥った……と思われたかもしれないが、本当にそうなのか。真相はちょっと違うようで……。(2018/3/30)

“日本が知らない”海外のIT:
「薬より食べ物」の東南アジア 苦戦する医薬品業界、スマホアプリ活用へ
医薬品小売ネットワークが断絶している東南アジア。シンガポールに拠点を置く「mClinica」はスマートフォンアプリで収集した薬の販売データを政府や製薬会社に提供することで、市民の健康を守ろうとしている。(2018/3/30)

飲食業界の働き方改革:
ウソの求人情報を出すブラック飲食店の言い訳
人手不足に悩む飲食業界。人材が定着しないことが大きな原因の1つだ。抜本的な改善策は従業員の待遇改善だが、だましだまし求人活動を行う飲食店も少なくない。(2018/3/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
ウーバーの無店舗型飲食店支援が持つ破壊力
配車サービス大手のウーバーが、無店舗型飲食店の支援に乗り出す。既に飲食店の宅配サービス支援「ウーバーイーツ」を提供しているが、今後は店舗を持たない飲食店の増加が予想されることから、その事業を支援することで供給力を高めたい考えだ。(2018/3/29)

仮想通過だけでないブロックチェーンの活用法
ブロックチェーンは効果的? 「文書改ざん防止システム」の作り方
世間を騒がせている文書改ざんへの対策として、ブロックチェーン技術を活用できる可能性がある。ブロックチェーン技術を活用したさまざまな実証実験や、「文書改ざん防止システム」の作り方を紹介する。(2018/3/29)

北海道の店舗から“働き方改革”:
セブン-イレブン、検品に電子タグ導入 作業時間を1日100分短縮
セブン-イレブン・ジャパンが、一部店舗での検品作業に電子タグを導入。作業の効率化とスタッフの負担軽減が主な狙い。1日の作業時間を170分から70分に短縮できるという。(2018/3/27)

不法就労のリスクを減らす:
ぐるなび、外国人バイトの紹介ビジネスに参入
ぐるなびが飲食店に対して外国人のアルバイトを紹介するサービスを始めた。事前にVISAなどを確認し、外国人の雇用に関わるリスクを低減するのが肝だ。(2018/3/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
3万円で買えるデュアルカメラ! 「HUAWEI nova lite 2」「gooのスマホ g08」で撮りまくる
「HUAWEI nova lite 2」と「gooのスマホ g08」は、3万円あればお釣りが来る価格で購入できるデュアルカメラスマホ。前者はアウトカメラ、後者はインカメラという構成なのだが、とりあえず撮ってみるのである。(2018/3/27)

昭和すごかった “やり過ぎ”上等「スーパーカー自転車」はいかに少年の心をつかんだのか
昭和少年を熱狂させたゴテゴテフル装備とダブルフロントライト。スーパーカー自転車ブームを支えた「レジェンド開発者」に聞きました。(画像80枚)(2018/3/27)

Mobile Weekly Top10:
Y!mobileの満足度が低いのはなぜ?/ビックカメラがビットコイン決済を導入した理由
MMD研究所が「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」を公表しました。この調査で注目すべきは、Y!mobileの満足度が意外と低いことです。なぜなのでしょうか。(2018/3/26)

苦節5年で黒字化:
新聞購読が減っているのに凸版印刷がチラシで稼いでいる理由
新聞が読まれなくなり折り込みチラシの量は減っているのに、チラシの事業で凸版印刷が稼いでいる。本格的なビジネスモデルを確立してから黒字化するまでの道のりとは?(2018/3/22)

小売・流通アナリストの視点:
地方ドラッグストアの戦略がマス広告を遺物にする?
地方のドラッグストアチェーンがベンチャー企業と始めた、ある取り組みに注目している。これは従来のマス広告や広告業界に大きな影響を与える可能性を秘めているのではなかろうか。(2018/3/22)

PR:ITの人が鯖カレーならぬ「サーバーカレー」を作ったら絶対おいしいんじゃない?
ウソみたいだろ……PR記事なんだぜ、これ。(2018/3/22)

松屋が4月3日から値段改定 多くの商品が10円以上の値上げ、通常の牛めしも対象
それでも安いプレミアムじゃない方の牛めし。(2018/3/20)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

車種を登録して探せる:
パーツ取り付けもOK アマゾンがカー用品に注力するワケ
Amazonが自分の車に合ったパーツに絞り込んで検索できる新機能「Auto Parts Finder」の提供を開始した。アマゾンがカー用品に力を入れる理由と、それを可能にした背景とは。(2018/3/16)

誰が飲んでいるのか?:
ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」が増えている理由
ちょい飲み客を獲得するために外食各社は知恵を絞っているが、ついにハンバーガーチェーンでも同様の動きが出てきた。その背景にあるのは?(2018/3/16)

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

「People Driven Marketing」をさらに強化:
電通、ロケーションベースマーケティングのGroundTruthと資本業務提携
電通は、位置情報マーケティングのGroundTruthと資本業務提携したと発表した。(2018/3/15)

3年連続で最終赤字:
行列はもういらない――苦境「クリスピー・クリーム」、新社長の改革
2006年に日本市場参入後、一大ブームを巻き起こした「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。だが、当初の勢いを継続できず、業績は最終赤字が続いている。若月貴子社長が取材に応じ、苦戦の要因と今後の巻き返し戦略を語った。(2018/3/14)

「インスタ映え」意識のフラッペも:
ファミマ、客が自分で作る「バーガー」テスト販売 具材は「ファミチキ」など3種
ファミリーマートが、2018年度上半期に発売する一部商品を発表。バンズにホットスナックをサンドした「ファミバーガー」を5月からテスト販売する。「インスタ映え」を意識した若者向けのフラッペや健康志向の商品も展開する。(2018/3/13)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
なぜいま日本で「QRコード決済」が注目を集めているのか?
LINEや楽天に加え、ドコモも参入することが決まった「QRコード決済」。国内3大メガバンクがQRコード決済で規格を統一するという報道もある。なぜ今、QRコード決済が注目を集めているのか。(2018/3/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
後発の「ゆで太郎」がそば業界首位になった理由
「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のそばを提供して急激に店舗数を増やしているのがゆで太郎だ。今回は、後発ながら富士そばや小諸そばを追い抜く原動力となった同社のこだわりと戦略を紹介する。(2018/3/13)

47都道府県で初:
福島県から「サークルK・サンクス」消滅 ファミマに転換完了
福島県内で運営していた「サンクス」全店舗のファミリーマートブランドへの転換が完了。同県内にはサークルKブランドは存在しないため、県内からサークルK・サンクスの店舗が消滅。都道府県単位での転換完了は初めて。(2018/3/12)

サービス領域の絞り込みが鍵:
過剰な「お客様のため」を見直せば生産性は上がる
人手不足に苦しむ飲食業界や小売業界では生産性向上はすぐに取り組むべき課題だ。そのためには、「お客様のため」という名のもとにはびこる不要な業務を削減することが必要だ。(2018/3/12)

4月1日から:
シェイクシャック、一部値上げ 原材料費の高騰で
高級ハンバーガーのシェイクシャックが4月1日から値上げする。対象は「シャックバーガー(シングル)」などで、値上げ幅は10〜30円。原材料費・人件費などの高騰が理由。(2018/3/12)

「何者なのか分からないものが面白い」 たばこのふりをしてトランプを売る「うそのたばこ店」潜入レポート
スカイツリーの足元に、うそと本当のあわいの店あり。名を「うそのたばこ店」という。(2018/3/9)

成功企業の導入事例に学ぶ:
PR:カインズ、メガネスーパー、日本能率協会マネジメントセンターの「サイト内検索」活用術
Webサイトは今や、企業活動の成否を担う。サイト内の検索機能を強化すると、どのようなことが起こるのか。成功企業の事例に学ぶ。(2018/3/14)

「別冊」での連載は継続:
小学館、「コロコロ」3月号を販売中止に 「書店の混乱避ける」
小学館が、「コロコロコミック」3月号の販売を中止すると発表。読み切り作品にチンギス・ハーンに対する不適切な描写があり、批判が殺到していた。小学館は「書店の混乱を避けるため」と説明している。(2018/3/6)

モバイル決済の裏側を聞く:
iDやdカードを抱えるドコモがなぜ「d払い」を提供するのか?
日本にも「アプリ決済」の波が到来しつつある中で、ドコモが動いた。同社は2018年4月にQRコードやバーコードで支払う「d払い」を開始する。ドコモは既にさまざまな決済サービスを展開しているが、d払いを提供する狙いはどこにあるのか?(2018/3/6)

炭水化物・オン・ザ・炭水化物……! 「たこ焼おにぎり」「お好み焼おにぎり」ローソンストア100に登場
おにぎりに粉ものだと……!?(2018/3/6)

CM楽曲が偶然一致したマックとモス、Twitterで掛け合い発生 「両社が組んだらバーガー界に敵はいない」
最強コンビ。(2018/3/2)

3社が販売中止を決定:
モンゴル大使館抗議の「コロコロコミック」、大手書店チェーンにも余波
大手書店チェーン3社が「コロコロコミック」3月号の販売を中止。同誌掲載の「やりすぎ!!! イタズラくん」において、チンギス・ハーンに対する不適切な表現があったとして、モンゴル大使館が抗議していた。(2018/2/28)

海鮮以外の“肉丼”も充実:
かっぱ寿司が「丼もの」を始める理由
「かっぱ寿司」が丼メニュー「かっぱのごち丼」の提供を一部店舗で始めた。海鮮丼だけでなく、ローストビーフやハンバーグなどを用いた“肉丼”が充実している点が特徴だ。運営元のカッパ・クリエイトに、「丼」を始めた理由を聞いた。(2018/2/27)

「ユーチューバーチップス」登場 人気YouTuberのカード付き
人気YouTuberのオリジナルカードが付いたポテトチップ「ユーチューバーチップス」(税別171円)が登場。HIKAKINやはじめしゃちょーなどのカードが付く。(2018/2/26)

人工知能ニュース:
パナソニックの顔認証技術、複数の深層学習構造を組み合わせて精度を向上
パナソニックは、ディープラーニング(深層学習)技術を用いた顔認証システム「FacePRO」の中核を成す「顔認証サーバーソフトウェア」を発表した。従来技術では難しかった、顔向きが正面から左右45度や上下30度にずれている場合や、サングラスなどで顔の一部が隠れている場合でも顔認証が可能になるという。(2018/2/21)

リンガーハットが新ブランド「EVERY BOWL」立ち上げ オリジナルヌードルをワンボウルでフォトジェニックに
なじみ深い長崎ちゃんぽんとは対象的なオシャレ感。(2018/2/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?
韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。(2018/2/20)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

“日本が知らない”海外のIT:
“食品ロス”どう減らす? 「食糧難」解決する世界のスタートアップたちの今
世界的に食糧難に対する不安が広がる中、世界のスタートアップたちは食料廃棄の削減を目指して活動をしているという。(2018/2/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。