ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」最新記事一覧

ホテル予約システムから利用客情報が流出、Hard RockやLoewsで被害
米Sabreの予約システムが何者かに不正アクセスされ、暗号化されていないクレジットカード情報や個人情報が流出した。(2017/7/11)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

丸亀製麺、200円追加で麺2倍・具材1.5倍増える「得」サイズ登場 7月10日から全国で
具材も増えるのがありがたや。(2017/7/10)

うどん・すし・ステーキも人気:
吉野家HDの1Q、営業益が前年比約5倍に拡大 牛丼が躍進
吉野家ホールディングスが、2018年2月期 第1四半期の連結決算を発表。「吉野家」「はなまるうどん」の好調などにより増収増益だった。(2017/7/7)

バーガーキングが単品価格でMセットを食べられるクーポンを配布中 なんと350円引き
新商品をお得に食べられるチャンス。(2017/7/7)

「モス」「テリヤキ」のソースも改良:
モスバーガー、10年ぶりバンズ変更 全粒粉で健康志向
モスバーガーが、7月11日からバーガー商品で使用するバンズを変更する。通常の小麦粉よりも栄養を多く含む「全粒粉」を生地に使用し、顧客の健康志向に対応する。(2017/7/5)

5大疑問をESETが解説:
「ソーシャルメディアセキュリティ」とは何か あらためて基本を振り返る
ソーシャルメディアの活用は、何が企業セキュリティのリスクになるのか。米メディアが提唱した「ソーシャルメディアデー」にちなみ、ESETがソーシャルメディアセキュリティ対策の基礎と基本をあらためて解説した。(2017/7/4)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

吉野家、野菜たっぷりの「ベジ丼」を発展させた夏季メニュー「ベジ定食」登場 激辛ソースが使える「沖縄タコライス」も
「ベジ定食」は1食だけで、半日分の野菜を摂取可能。(2017/7/4)

スタバ「FeliCaキーホルダー」販売で混乱 高額転売横行……2万個増産、1年かけ発送へ
スタバの限定キーホルダーををめぐり、混乱が起きている。都内の一部スタバ店舗で発売予定だったが、前日深夜になって急きょ中止。事前の抽選販売で手に入れた一部の人による高額転売も横行している。(2017/7/3)

モバイル決済の最先端:
「アリペイ」が中国社会に与えたインパクト
モバイル決済の普及が進んでいない日本。一方で中国は「アリペイ」を中心に、モバイル決済やフィンテックサービスが爆発的に普及している。モバイル決済の最先端の社会では、どのようなことが起こっているのだろうか。(2017/7/3)

味はいつもの吉野家と同じ 血糖値の上昇がゆるやかな新メニュー「サラシア牛丼」登場
糖質制限ダイエットに使えるかも。(2017/6/30)

牛丼大手チェーン、糖質カット新メニュー投入 「ロカボ」関心高まり
大手牛丼チェーンが、健康志向の高まりを受け、食後の血糖値の上昇をおだやかにしたり、糖質を抑えたりした新メニューを相次ぎ投入している。(2017/6/30)

がつがつと食べられる:
「ザ★チャーハン」が男性の胃袋をつかんだ理由
味の素冷凍食品の「ザ★チャーハン」が、冷凍チャーハン市場拡大に貢献している。中華料理店のチャーハンのような味や香り、独自性のあるパッケージはどうやって生まれたのか。担当した、マーケティング本部の田中宏樹さんに聞いた。(2017/6/30)

アフタヌーンティーの跡地に:
シェイクシャック、国内4店舗目を新宿にオープン
高級ハンバーガーチェーン「シェイクシャック(Shake Shack)」がJR新宿駅前に新店舗をオープンする。国内4店舗目。(2017/6/29)

マルチ決済導入企業相次ぐ ニッポンペイ、仮想通貨でも業務提携
決済サービスを手がけるNIPPON PAYが展開するマルチ決済サービスを導入する企業が続々と誕生している。(2017/6/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

太陽光:
スーパーの屋根に太陽光発電、シャープがタイで16カ所に
シャープはタイのスーパーマーケットの店舗や倉庫の屋根に、太陽光発電設備設置する事業を開始する。「二国間クレジット制度」を利用するもので、合計16カ所に16MW分の太陽光発電設備を設置する計画だ。(2017/6/26)

券売機前であわわわとおさらば 松屋がQRコードをかざして注文できるシステムを導入
後ろからのプレッシャーに弱い人に。(2017/6/23)

IoTで成功するために:
PR:IoTでビジネス変革を起こす4つのコツ
IoT(モノのインターネット)でビジネス変革を起こしたい――。製造業や流通業、農業、医療、教育など産業を問わず、IoTを活用したビジネス変革を目指す動きが加速しているが、変革に至るまでの道のりは険しい。IoTでビジネス変革を成し遂げるための“4つのコツ”を紹介する。(2017/6/22)

モスバーガーが肉で肉と肉を挟んだ「にくにくにくバーガー」新発売 白ご飯欲しくなりそう
ジュルリ。(2017/6/21)

糖質制限を意識:
モスバーガー、肉を肉で挟む「にくにくにくバーガー」販売
モスバーガーが「にくにくにくバーガー」を期間限定販売。「モスライスバーガー焼肉」のライス部分をパティに変え、チキンとレタスを挟んだ“肉尽くし”のメニュー。(2017/6/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

タイムアウト東京のオススメ:
ビール以外も合わせる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/6/20)

エヴァの釣り具・第2弾 釣りの道具入れ・バッカンとレジャーに便利なトランクカーゴが登場
トランクカーゴは釣り以外にも使えそう。(2017/6/19)

Amazon、自然食小売りのホールフーズを137億ドルで買収
「Amazonフレッシュ」を展開するAmazon.comが、米自然食スーパーマーケットチェーンのWhole Foods Marketを約137億ドル(約1兆5200億円)の現金で買収すると発表した。(2017/6/17)

麺類についてる「ほぐし水」って何? メーカーとコンビニに聞いてみた
謎の水と呼ばれた「ほぐし水」の正体が明らかに。(2017/6/16)

誘致合戦も活発に?:
AKB48選抜総選挙、沖縄開催の“本当”の理由
今週末に沖縄で「AKB48選抜総選挙」が開催される。同イベントは毎年大きな経済効果を生み出していて、今や地方の企業や自治体にとっても喉から手が出るほどのものになった。これまでは姉妹グループがある都市で開かれていたが、現状その条件に該当しない沖縄は“異例”。その舞台裏に迫った。(2017/6/14)

一部店舗からの宅配が可能に:
マクドナルド、UberEATSで宅配サービス 「テストの一環」
マクドナルドが一部店舗でフードデリバリーサービス「UberEATS」での宅配サービスを開始。広報担当者によると「テストの一環」という。(2017/6/7)

吉野家のデリバリーサービスがスタート! 出前館から注文すると指定時間に合わせて調理
ありたがや〜。(2017/6/7)

レジで待たせず安心・快適に 「キャッシュレス決済」で訪日外国人取り込み
クレジットカードや電子マネーによる支払いが多い訪日外国人を取り込むため、現金を使わないキャッシュレス決済を導入する商業施設・店舗が増えている。(2017/6/5)

株主との関係強化が目的:
リミックスポイント、株主にビットコイン配布 400万円相当
システム開発や電力事業を手掛けるリミックスポイントが、株主に総額400万円の仮想通貨「ビットコイン」を配布すると発表。(2017/6/2)

小売・流通アナリストの視点:
ゼンショーが小売スーパーを買収する理由
牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスが小売事業を強化している。昨秋には群馬県の食品スーパー、フジタコーポレーションの買収を発表し、小売事業の売上高は900億円に迫る勢いだ。ゼンショーの狙いとは何か?(2017/6/2)

知られているのは「公共料金支払い」:
意外と知らないコンビニ店頭サービス、1位は?
便利なコンビニ店頭サービス、まだ知られていないものは?――マイボイスコム調べ。(2017/5/29)

レオパレス、AI活用で年間4200万円削減へ
レオパレス21が、AI技術を活用し、入居者の申し込み書類などの手書き文字を読み取り、自動入力するシステムを導入。(2017/5/26)

魚が大きくても逃げちゃダメだ!? エヴァ初号機デザインの釣りグッズが登場
釣った魚の口をつかみます。(2017/5/22)

ドムドムハンバーガー、売却後の方針発表 新規出店や人気メニュー復活、ロゴマークの変更も
日本初のハンバーガーチェーンに、大きな変革が訪れる。(2017/5/19)

復活メニューも登場か:
「ドムドム」の今後はどうなる? 買収先が方針発表
「ドムドムハンバーガ―」を買収したレンブラントホールディングスが、今後の方針を発表。(2017/5/19)

最古のハンバーガーチェーン:
ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却
ダイエー傘下のオレンジフードコートが、“日本最古のチェーン”として知られる「ドムドムハンバーガ―」をレンブラントホールディングスに売却することが分かった。(2017/5/18)

日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が事業売却へ
近年店舗数が激減していました。(2017/5/18)

来日中のヘヴィメタバンド「メガデス」のデイヴ、世界の山ちゃんの手羽先を「死ぬほどウマい!」と大絶賛
山ちゃんに置いてある小皿、買えるって知ってました?(2017/5/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
販売好調! 花月嵐の家系ラーメン「藤崎家」とは
らあめん花月嵐が3月より期間限定商品として販売している、横浜家系ラーメン「藤崎家」が好調だ。6月初旬まで売る予定だが、計画以上に売れてしまい、販売を終了している店もあるという。人気の理由とは?(2017/5/16)

Gartner Insights Pickup(19):
顧客体験、イノベーションと有名ブランドの緩やかな死
小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。(2017/5/12)

苦戦が続いていた:
日本KFC、「ピザハット」を売却 投資ファンドに
日本KFCホールディングスが5月10日、100%子会社の日本ピザハットなど2社を投資ファンドに売却すると発表した。(2017/5/10)

ポケモンGOに「プロモコード」を使ったプレゼント機能が登場
プロモコードは提携企業のキャンペーンやイベントなどで配布されるとみられる。(2017/5/4)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

おしゃれな「スタバ」で「究極にダサい写真」は撮れるのか?
スタバでダサい写真は撮れない。そんな風に考えていた時期が私にもありました。(2017/4/28)

5月から50店が短縮営業:
モスバーガー、オーナー判断で営業時間を短縮可能に
モスフードサービスは、モスバーガーの営業時間を店舗の運営状況に合わせて短縮可能にする。(2017/4/27)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。