ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」最新記事一覧

レオパレス、AI活用で年間4200万円削減へ
レオパレス21が、AI技術を活用し、入居者の申し込み書類などの手書き文字を読み取り、自動入力するシステムを導入。(2017/5/26)

魚が大きくても逃げちゃダメだ!? エヴァ初号機デザインの釣りグッズが登場
釣った魚の口をつかみます。(2017/5/22)

ドムドムハンバーガー、売却後の方針発表 新規出店や人気メニュー復活、ロゴマークの変更も
日本初のハンバーガーチェーンに、大きな変革が訪れる。(2017/5/19)

復活メニューも登場か:
「ドムドム」の今後はどうなる? 買収先が方針発表
「ドムドムハンバーガ―」を買収したレンブラントホールディングスが、今後の方針を発表。(2017/5/19)

最古のハンバーガーチェーン:
ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却
ダイエー傘下のオレンジフードコートが、“日本最古のチェーン”として知られる「ドムドムハンバーガ―」をレンブラントホールディングスに売却することが分かった。(2017/5/18)

日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が事業売却へ
近年店舗数が激減していました。(2017/5/18)

来日中のヘヴィメタバンド「メガデス」のデイヴ、世界の山ちゃんの手羽先を「死ぬほどウマい!」と大絶賛
山ちゃんに置いてある小皿、買えるって知ってました?(2017/5/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
販売好調! 花月嵐の家系ラーメン「藤崎家」とは
らあめん花月嵐が3月より期間限定商品として販売している、横浜家系ラーメン「藤崎家」が好調だ。6月初旬まで売る予定だが、計画以上に売れてしまい、販売を終了している店もあるという。人気の理由とは?(2017/5/16)

Gartner Insights Pickup(19):
顧客体験、イノベーションと有名ブランドの緩やかな死
小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。(2017/5/12)

苦戦が続いていた:
日本KFC、「ピザハット」を売却 投資ファンドに
日本KFCホールディングスが5月10日、100%子会社の日本ピザハットなど2社を投資ファンドに売却すると発表した。(2017/5/10)

ポケモンGOに「プロモコード」を使ったプレゼント機能が登場
プロモコードは提携企業のキャンペーンやイベントなどで配布されるとみられる。(2017/5/4)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

おしゃれな「スタバ」で「究極にダサい写真」は撮れるのか?
スタバでダサい写真は撮れない。そんな風に考えていた時期が私にもありました。(2017/4/28)

5月から50店が短縮営業:
モスバーガー、オーナー判断で営業時間を短縮可能に
モスフードサービスは、モスバーガーの営業時間を店舗の運営状況に合わせて短縮可能にする。(2017/4/27)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

ITはみ出しコラム:
もう珍回答に笑えない? AI音声アシスタントがセキュリティ上の脅威になる予兆
面白い反応を返してくれるAI音声アシスタントに笑っていられるのも、今のうちかもしれません。(2017/4/16)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その1)
企業や組織に所属し、情報を扱うというのは、個人で宿題やレポートなどを扱うのとは訳が違う。春を迎えたので、あらためて情報セキュリティについての認識を確認しておくべきだろう。(2017/4/14)

創業者が語る:
「シェイクシャック」が味以上にこだわるのは?
日本でも人気の高い、米国発の高級ハンバーガーチェーン「シェイクシャック」。その創業者であり、レストラン業界で世界的に知られるダニー・マイヤー氏に、シェイクシャックの成功の秘けつを聞いた。(2017/4/14)

バーガーキングが「OK Google」使うテレビCM放映 Googleが数時間後に介入
米Burger Kingが「OK Google、ワッパーって何?」という音声を流すテレビCMを放映し、音声アシスタント「Google Home」がこれに反応してWikipediaの「ワッパー」の説明を読み上げていたが、数時間後には反応しなくなった。(2017/4/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIが働かないと私たちは貧しくなる
人口減少による著しい人手不足が今後も加速していく可能性が高い日本。このままでは、あらゆる業界で過労問題が発生するだろう。「AIが仕事を奪う」という心配をしている場合ではない。AIに働いてもらわなければ経済(社会)が回らなくなるという事態になりかねないのだ。(2017/4/13)

収益改善図る:
首都圏のスリーエフ、「ローソン・スリーエフ」に転換
スリーエフとローソンが、「スリーエフ」など3ブランドを「ローソン・スリーエフ」ブランドに転換すると発表。(2017/4/12)

ホタテの浜焼きならぬヒトデの浜焼き⁉ 店員さんもビックリのハプニングに衝撃
これはびっくりする。(2017/4/2)

吉野家がアーム型ロボット導入 食器洗浄作業を短縮
従業員が割れた食器でけがしたり、水や油で汚れたりするのを軽減できるという。(2017/3/31)

「金銭問題で進学を断念するという状況をなんとかしたい」 吉野家が奨学金制度導入を検討
吉野家を取材しました。(2017/3/31)

来週話題になるハナシ:
米国のファミレスが苦戦している、3つの理由
米国のファミリーレストランが苦戦している。日本と同じように“若者のファミレス離れ”が加速しているが、それだけではない。米国では3つの要因が重なって……。(2017/3/31)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

外食チェーン初:
すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。(2017/3/28)

スピン経済の歩き方:
だから「クォーターパウンダー」は撤退に追い込まれた
4月4日にマクドナルドの「クォーターパウンダー」が終了する。「マックの顔」ともいうべきブランドなのに、なぜ同社は撤退の決断を下したのか。その背景には……。(2017/3/28)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
秘密は照明のフリッカー! リアル店舗に人を呼び込むフィリップスの「インドア ポジショニングシステム」とは?
(2017/3/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(93):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(3):意外に使えるフリーツール「PictMaster」を使いこなす
「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」の第3回。今回は、前回紹介した無料の組合せテスト自動生成ツール「PictMaster」を使いこなす応用編だ。(2017/3/24)

1棟を「変なホテル」に:
HIS、台湾ホテル大手を子会社化 中国語圏に事業拡大
エイチ・アイ・エスの連結子会社、H.I.S.ホテルホールディングスが、台湾の大手ホテルチェーンGreen World Hotels(GWH)を子会社化する。中国語圏での事業拡大が主な狙いだという。(2017/3/22)

水曜インタビュー劇場(ステーキ公演):
どん底に落ちた「ペッパーランチ」が、快進撃を続けているワケ
ペッパーフードサービスの業績が好調である。「『いきなり!ステーキ』の売り上げが伸びているからでしょ」と思われたかもしれないが、それだけではない。同じステーキチェーンの「ペッパーランチ」が絶好調なのだ。2007年の「強盗強姦事件」、2009年の「O157事故」で業績が悪化したはずなのに、なぜ復活したのか。(2017/3/22)

「変なホテル」海外進出へ H.I.S.が台湾ホテル大手を子会社化
台湾企業の子会社化をきっかけに、中国語圏への進出を本格化するという。(2017/3/21)

1食当たり347円:
“介護食”のヨシギュウを食べてみた!
牛丼チェーン「吉野家」は高齢者向け「吉野家のやさしいごはん」を開発した。東京ビッグサイトで開かれた介護用品などの展示会「CareTEX 2017」での試食会で、早速、記者も食べてみた。(2017/3/17)

「はなまるうどん」が「天ぷら定期券」を限定販売 300円で毎日うどん1杯に天ぷら1品を無料でトッピング
あの安いかけうどんがすべて無料で天ぷらうどんにグレードアップ。(2017/3/16)

減り続けるバーガー店「ドムドム」 全国を“ドムさんぽ”した「ドムドム連合協会」が語る、今ならではの魅力
ピーク時400店から約50店舗にまで減った、日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。ファンが今もハマる魅力とは。(2017/3/14)

パナソニック産機システムズ エスクーボシーズ:
IoTやAIを活用した食品小売業向けの冷蔵/冷凍設備運用サービス
パナソニック産機システムズは、食品小売企業の効率的な店舗開発やエネルギーマネジメント、保全業務を支援する「食品小売業向け冷蔵/冷凍設備運用サービス“エスクーボシーズ”」を2017年4月1日に提供開始すると発表した。(2017/3/10)

Couchbase導入事例
NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由
配送サービス業を営むDoddleは、データ接続性が不安定な店舗や約600人のサービスマンが持つモバイル端末とデータを送受信する必要があった。同社がMicrosoft SQL ServerからCouchbaseに移行した理由とは?(2017/3/10)

米国のハンバーガーチェーン、AI搭載ロボをキッチンに導入 野菜のカット、盛り付けも学習できるすごいやつだよ!
2019年末までに世界各地の店舗に導入する予定。(2017/3/9)

スピン経済の歩き方:
地方の焼酎が、10年後に世界一になったワケ
熊本県で「世界一の焼酎」が売られていることをご存じだろうか。「川辺」という銘柄だ。創業115年の酒造がつくったものだが、なぜ世界一になることができたのか。背景を調べてみると、その老舗は以前から世界の常識・日本の非常識に取り組んでいて……。(2017/2/28)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

製造業IoT:
IoT、AIを活用した食品小売業向け冷蔵/冷凍設備運用サービスを提供
パナソニック産機システムズは、食品小売企業の効率的な店舗開発やエネルギーマネジメント、保全業務を支援する「食品小売業向け冷蔵/冷凍設備運用サービス“エスクーボシーズ”」の提供を2017年4月1日に開始する。(2017/2/27)

群馬県民の衝撃:
セーブオンの「焼きまんじゅう」はどうなる?
前橋市に本社を置くコンビニ「セーブオン」の店舗が、2018年末までに「ローソン」に転換する。長く県民に親しまれた名前が消えるだけでなく、「特徴ある商品」の行方はどうなるのか。(2017/2/22)

万引犯の写真公開は許されるか 「人権侵害」の声に小売業界は反論……「きれいごとでは被害防げない」
万引被害を防ぐため、犯人とみられる画像を公開することは許されるのか。専門家は人権侵害に当たると指摘する一方、小売り業界の「苦肉の策」として心情的に理解できる側面もある。(2017/2/21)

群馬県民に衝撃「セーブオン」全店「ローソン」に 消える看板、どうなる「焼きまんじゅう」?
群馬のコンビニチェーン「セーブオン」が全店「ローソン」に変わる。長く県民に親しまれた名前が消えるだけでなく、その「特徴ある商品」の行方にも関心が集まっている。(2017/2/21)

Samsung、米企業評判ランキングで7位から49位に転落
「Harris Poll」として知られる米調査会社による米国での企業評判ランキングで、2016年に7位だったSamsung Electronicsが49位に転落した。(2017/2/21)

ファミリーマートで「ユーリ!!! on ICE」キャンペーンが15日から開始 イベントペアチケットなどが当たる
15日7時から27日まで開催。(2017/2/11)

「換金できない」「請求が止まらない」 相次ぐ「ポイントサイト」トラブルについて国民生活センターに聞いた
国民生活センターを取材。(2017/2/8)

うらやましい! タダでもらえるビッグマック自動販売機
3時間限定のキャンペーンとして米ボストンにビッグマックの自販機が登場しました。(2017/2/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。