ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「寿司」に関する情報が集まったページです。

モバイル決済おトク情報(iD編):ドラッグストアや寿司店で使うと抽選で2000〜3000円をキャッシュバック!
モバイル決済のキャンペーンをまとめる短期集中連載。今回はNTTドコモの決済プラットフォーム「iD(アイディー)」に関するキャンペーンをまとめた。(2018/12/14)

熟成肉に続け:
川崎の産官学がブランド確立目指す「熟成魚」 ブームなるか
川崎市の中央卸売市場「北部市場」をはじめとする市内の産官学事業体が、魚を熟成させた新商品「発酵熟成熟鮮魚」を開発し、市場に打って出た。狙いは熟成肉に続く、新たなブームの巻き起こしだ。11月中旬の商品発表から時間がたつにつれて、試食会や実際に取り扱いを始めたすし店で高い評価を得るなど、好調な滑り出しを見せている。新商品が川崎市発の新ブランドとなるか、関係者が注目している。(2018/12/13)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
“ロボットで自動化”に潜むリスク 全店舗でPepper導入の「はま寿司」が乗り越えた苦労とは?
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。前例のない新規プロジェクトを実現できた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/12)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
前例ない“Pepperの接客” はま寿司のキーマンは「新規プロジェクト」で社長をどう説得したか
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。来店客の案内をロボットに任せることに決めた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/11)

スシローは“きのこ派”だったんです? 「きのこの山」盛り盛りのキャラメルパフェがスシローに登場
たけのこへの恨み晴らさでおくべきか……(2018/12/5)

驚異の需要予測システム:
回転すしの廃棄率は? くら寿司が「3%」に抑えられるワケ
大手回転すしチェーンではたくさんのすしがレーン上を回転している。くら寿司では「廃棄率3%」を達成している。廃棄を減らす鍵である需要予想システムとは?(2018/12/5)

スシローカフェ部と大学サークル「ochas」がコラボ スシロー初となるカップケーキは見た目も重視
スシローカフェ部の新作は、ふわふわ滑らかーなカップケーキ。(2018/12/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ライバルと明暗 栄華を誇った「小僧寿し」だけが大きく苦戦した理由
かつて2300店超を誇った「小僧寿し」だが、近年は回転すしや持ち帰りすしチェーンの猛追で苦戦していた。同じ持ち帰りのチェーンが踏みとどまってるのになぜ小僧寿しだけ苦戦しているのか。(2018/12/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り
高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

こんなかわいい飯テロ見たことない 羊毛フェルトで作った“おすし”が「かわいい&おいしそう」と話題に
食べちゃいたいぐらいかわいい。(2018/11/10)

寿司専門チャットbot「寿司職人AIガリオ」、カヤックが公開
カヤックが「寿司を極めた」というAI(人工知能)チャットbot「寿司職人AIガリオ<Gario>」を公開した。LINEでガリオと「友だち」になると会話できる。(2018/11/9)

PR:回転寿司の弱点はまさかの「回ること」だった! 「回転しない寿司」を始めた5大回転寿司チェーンの元気寿司を君は知っているか
「回転しないけど回転寿司より便利」という未来。(2018/11/9)

競争激化か:
バンコクの日本食レストランが頭打ち ジェトロ
日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によると、タイの日本食レストラン店舗数は3004店舗と前年から230店舗増加した。新規出店が891店舗に対し、閉店数は661店舗。種類別では、すし店が454店舗と201店舗増加。料亭・総合和食・定食などを含む日本食店も749店舗と27店舗増えた。一方、居酒屋は246店舗と44店舗減少し、競争が激しいとみている。(2018/11/8)

物流ルート変更が……:
鮮魚「水揚げ当日到着」、実は翌日 チムニーに措置命令
刺身と寿司に使う魚が水揚げ当日か翌日に到着したものだとうたっていたのに、実際には水揚げの翌日か翌々日に到着していたものだったとして、消費者庁がチムニーに措置命令。(2018/11/7)

スシローの秋スイーツは「ハロウィーン」! アイスプリンパフェとカタラーナでかぼちゃを満喫
回転すしでもハロウィーンを感じられる!(2018/10/25)

インスタ投稿で「タダ寿司」ゲット ミラノで
Instagramへの投稿で、無料で寿司を食べられる店がミラノにある。ただし、10万フォロワー以上が必須だ。(2018/10/17)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
銀座のすし屋のようなIoTサービスは使いたくても使えない
価格を気にしなくていいなら使うんですけどねー。(2018/10/16)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
居酒屋で「かっぱ巻き」頼んだら「河童が入ったかっぱ巻き」が出てきた! 「これが本当のカッパ寿司」と話題に
長野県の居酒屋さんが出してくれた、遊び心が光るメニュー。(2018/10/15)

徹底的な効率化を推進:
回転すしの厨房はどうなっている? くら寿司で働く若きリーダーに見せてもらった
大手回転すしチェーンは安くてうまいすしを迅速に提供することで成長を続けてきたが、そのビジネスを支える厨房はどのようになっているのだろうか。くら寿司の新店オープンを次々と手掛ける若きリーダーに話を聞いた。(2018/10/11)

2つの無敵が融合 パンダ型の寿司を作ってパンダの周りで回せる「超パンダおうちでコロコロ回転寿し」発売
かわいい界とおいしい界の雄が合わさってしまった……それがパンダ寿司。(2018/10/3)

『幼稚園』11月号、ピザーラとコラボの「ピザづくりパズル」を付録する暴挙 9月号はくら寿司とコラボして話題に
なんてリアルな「よくばりクォーター」……!(2018/10/2)

“おすしスタイル”で味わうモンブランって何!? 代々木公園「モンブランスタイル」の圧倒的“栗感”に衝撃
今まで食べていたモンブランとは異次元のモンブランがそこにある。(2018/10/5)

“食のどこでもドア”は実現するか 寿司をテレポーテーション、開発の舞台裏
東京から寿司のデータを転送し、米国のイベント会場で再構築する――そんなデモンストレーションが「SXSW 2018」で注目を集めた。開発者が、突き詰める中で見つけた課題は。(2018/9/28)

「築地コラボ」でさらなる飛躍へ:
スシロー幹部が熱弁「価格改定は新たなチャレンジだ」
スシローが9月14日からすしの価格帯を改定する。同日から、築地市場の名店と組んだフェアも始める。高品質の商品をそろえることでさらなる飛躍を目指すという。(2018/9/13)

「1皿100円」も奏功:
くら寿司の好業績を支えた「高級かき氷機」と「価格維持宣言」
2017年11月〜18年7月期決算(連結)が好調だったくら寿司だが、業績のけん引役となったのはこだわりのかき氷だった。専門店で使われている高級かき氷機を投入したことで、差別化に成功した。さらに、「低価格化宣言」の効果も出始めたという。(2018/9/7)

現在は100円、180円、280円:
スシロー、すしの価格帯を「100円・150円・300円」に変更
スシローが、9月14日からすしの価格帯を変更。100円、150円、300円とする。中価格帯のすしを手に取りやすく、高価格帯のすしの品質を高めるためという。(2018/9/4)

「このお寿司は渡さにゃいのだ……!」 リアルなお寿司クッションに夢中な猫ちゃんがかわいい
食べたいわけではにゃいのだよ。(2018/8/30)

幼稚園9月号のふろくに、くら寿司コラボの「回転寿司」登場 クルクル回る完成度の高さに大人も感嘆
あの看板など、くら寿司的な要素も再現されています。(2018/8/18)

お皿に集合する「ユキンコ」の破壊力よ……! FF14のモンスターをモデルにしたファンアートいなり寿司がかわいい
かわいすぎて食べられない!(2018/8/12)

上半期だけで6社が倒産:
「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発
スシローGHDが、通期業績を上方修正すると発表。主力のすしのほか、スイーツ類が好調という。一方、地方では、大手の寡占や原価高騰の影響で倒産する企業が増えている(2018/8/8)

本格展開も視野:
すしを売らない「スイーツ専門店」開業 スシローの新たな挑戦の狙いは
あきんどスシローが、7月20〜29日の期間限定で東京・表参道にスイーツ専門店をオープンする。ノウハウを習得し、本格展開する計画もあるという。会見で上層部が狙いを話した。(2018/7/19)

「ネギトロのすしケーキを食べてみたい」 息子のムチャぶりにホールケーキサイズをドーン! ベストを尽くした母がすごいと話題に
母「ほんとアンタすきなもんシブいわよねー」。(2018/7/14)

丼なのに糖質オフ くら寿司から「うな丼」「牛丼」など7種の糖質オフメニューが登場
人気のシリーズになりました。(2018/7/6)

若い女性がターゲット:
スシロー、表参道に「スイーツ専門店」期間限定オープン すしは販売せず
あきんどスシローが、東京・渋谷区にカフェを期間限定でオープンする。主力商品のすしは販売せず、スイーツとドリンクのみ取り扱う。若い女性が主なターゲット。(2018/6/27)

スシロー、スイーツとドリンクのみのカフェを期間限定オープン 「スシローカフェ部」らしさを盛り込んだ空間に
現時点ではすしの霊圧を感じない。(2018/6/25)

この手があったか:
「量を減らしたら売れた」 くら寿司の好業績を支えた意外な商品
くら寿司を運営するくらコーポレーションの業績が好調だ。好業績を支えたのは新規投入したイタリアンメニューや糖質オフの商品だが、意外にも量を減らしたことで売り上げを伸ばしたものがあるという。(2018/6/7)

「築地にベッカム様が」 デビッド・ベッカムが突然の来日、すしまっしぐらでファンを熱狂させる
「神戸にイニエスタ 鳥栖にフェルナンドトーレス 築地にベッカム。Jの時代遂にきたな」などの声。(2018/5/24)

わさびしょうゆ&すしの写真を投稿 → 人の顔に見える → 破壊力に満ちたキャラ「わさび醤油くん」爆誕
屈強な体から繰り出される圧倒的な量のしょうゆ。(2018/5/24)

「すし以外」の商品充実:
サイドメニューに本気のスシロー、「とんこつラーメン」「チーズケーキ」発売
スシローが、「濃厚とんこつラーメン」「ごろっと桃のチーズケーキ」を期間限定販売する。同社が豚骨ラーメンを展開するのは初。チーズケーキは「スシローカフェ部」の新商品として販売する。(2018/5/14)

「食べ放題」攻勢も:
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。(2018/4/27)

新体制では「スピード感」強化:
かっぱ寿司、「かっぱのハンバーグ」全国展開へ 新たなファン増やす
「かっぱ寿司」が4月27日から、「かっぱのハンバーグ」の全国展開を始める。一部店舗で実施していたテスト販売で好評を博したためという。洋食メニュー「白いスープカレーラーメン」も発売する。(2018/4/26)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

誰が思い付いたんですか 「明星 一平ちゃん夜店の焼うどん いなり寿司味」が誕生してしまう
行楽シーズンだからいなり寿司にしよう→分かる。いなり寿司味の焼うどん作ったよ→?(2018/4/24)

「かっぱ寿司」「くら寿司」に続き:
スシロー、「肉すし」期間限定発売 初のフェアも実施
スシローが4月25日に「肉すし」を期間限定発売。初めてのフェアも実施する。(2018/4/23)

「赤シャリ」にも初挑戦:
スシロー、好調の「カフェ部」に新作 BAKEコラボの「チーズアイス」
回転すしチェーンのスシローがスイーツに力を入れている。「スシローカフェ部」の新作はBAKEとコラボした「チーズアイス」。スイーツの取り組みでアイドルタイム活用や新規層の獲得に期待を寄せる。(2018/4/11)

「回転すしとは一線を画したチャレンジ」:
スシローグループが新業態に再挑戦 すし居酒屋「杉玉」
スシローグループが新業態に再挑戦する。大衆すし居酒屋「杉玉」の旗艦店を東京・神楽坂にオープン。5年後には100店舗を目指して出店を進める。(2018/3/29)

松平健「さっきも目合いましたね?」 “強圧”3段落ち回転ポップにツボる人続出 スシローに狙いを聞いた
マツケンさん「ご注文いただくまで回り続けます」。(2018/3/29)

回らないスシロー、フードコートにオープン
初のフードコート店舗となります。(2018/3/20)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

前社長はスピード辞任:
かっぱ寿司、次期社長はアトム現社長・小澤氏に 6月就任予定
カッパ・クリエイトが、アトム現社長の小澤俊治氏が次期社長に就任すると発表。6月の定時株主総会終了後の取締役会で正式決定する予定。大野健一前社長は就任後11カ月という異例の速さで退任していた。(2018/3/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。