ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「寿司」に関する情報が集まったページです。

この手があったか:
「量を減らしたら売れた」 くら寿司の好業績を支えた意外な商品
くら寿司を運営するくらコーポレーションの業績が好調だ。好業績を支えたのは新規投入したイタリアンメニューや糖質オフの商品だが、意外にも量を減らしたことで売り上げを伸ばしたものがあるという。(2018/6/7)

「築地にベッカム様が」 デビッド・ベッカムが突然の来日、すしまっしぐらでファンを熱狂させる
「神戸にイニエスタ 鳥栖にフェルナンドトーレス 築地にベッカム。Jの時代遂にきたな」などの声。(2018/5/24)

わさびしょうゆ&すしの写真を投稿 → 人の顔に見える → 破壊力に満ちたキャラ「わさび醤油くん」爆誕
屈強な体から繰り出される圧倒的な量のしょうゆ。(2018/5/24)

「すし以外」の商品充実:
サイドメニューに本気のスシロー、「とんこつラーメン」「チーズケーキ」発売
スシローが、「濃厚とんこつラーメン」「ごろっと桃のチーズケーキ」を期間限定販売する。同社が豚骨ラーメンを展開するのは初。チーズケーキは「スシローカフェ部」の新商品として販売する。(2018/5/14)

「食べ放題」攻勢も:
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。(2018/4/27)

新体制では「スピード感」強化:
かっぱ寿司、「かっぱのハンバーグ」全国展開へ 新たなファン増やす
「かっぱ寿司」が4月27日から、「かっぱのハンバーグ」の全国展開を始める。一部店舗で実施していたテスト販売で好評を博したためという。洋食メニュー「白いスープカレーラーメン」も発売する。(2018/4/26)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

誰が思い付いたんですか 「明星 一平ちゃん夜店の焼うどん いなり寿司味」が誕生してしまう
行楽シーズンだからいなり寿司にしよう→分かる。いなり寿司味の焼うどん作ったよ→?(2018/4/24)

「かっぱ寿司」「くら寿司」に続き:
スシロー、「肉すし」期間限定発売 初のフェアも実施
スシローが4月25日に「肉すし」を期間限定発売。初めてのフェアも実施する。(2018/4/23)

「赤シャリ」にも初挑戦:
スシロー、好調の「カフェ部」に新作 BAKEコラボの「チーズアイス」
回転すしチェーンのスシローがスイーツに力を入れている。「スシローカフェ部」の新作はBAKEとコラボした「チーズアイス」。スイーツの取り組みでアイドルタイム活用や新規層の獲得に期待を寄せる。(2018/4/11)

「回転すしとは一線を画したチャレンジ」:
スシローグループが新業態に再挑戦 すし居酒屋「杉玉」
スシローグループが新業態に再挑戦する。大衆すし居酒屋「杉玉」の旗艦店を東京・神楽坂にオープン。5年後には100店舗を目指して出店を進める。(2018/3/29)

松平健「さっきも目合いましたね?」 “強圧”3段落ち回転ポップにツボる人続出 スシローに狙いを聞いた
マツケンさん「ご注文いただくまで回り続けます」。(2018/3/29)

回らないスシロー、フードコートにオープン
初のフードコート店舗となります。(2018/3/20)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

前社長はスピード辞任:
かっぱ寿司、次期社長はアトム現社長・小澤氏に 6月就任予定
カッパ・クリエイトが、アトム現社長の小澤俊治氏が次期社長に就任すると発表。6月の定時株主総会終了後の取締役会で正式決定する予定。大野健一前社長は就任後11カ月という異例の速さで退任していた。(2018/3/19)

「寿司を食わないと殺される」 謎すぎる“殺人寿司ゲーム”映画「ゲームマスター」DVD化プロジェクトが見事目標達成
監督は「ウルトラマンギンガS」の石井良和さん(2018/3/19)

3月20日に横浜オープン:
スシロー、回らない新業態「スシローコノミ」 初のフードコートモデル
スシローがフードコート向けの新業態「スシローコノミ」を横浜市にオープンする。フードコートでも好きなすしを選べることを売りにする。(2018/3/19)

東京から寿司を“テレポーテーション” 味をデータ化、“ピクセル寿司”に
東京から寿司のデータを転送し、米国のイベント会場で出力する――そんなプロジェクト「SUSHI TELEPORTATION」を、電通や山形大学などが計画。(2018/3/16)

外国人YouTuberが寿司レーンにGoPro載せ店内撮影 スシロー「法的措置含め検討」
「スシロー」店舗で、外国人YouTuberが「GoPro」を回転レーンに載せて店内を撮影した動画がYouTubeで公開されていたことについて、あきんどスシローは、「法的措置を含めた厳格な対応を検討する」とのコメントを出した。(2018/3/16)

許可なく「GoPro」で店内撮影:
スシロー、外国人YouTuberの“迷惑動画”に声明文 「法的措置を検討」
あきんどスシローが、外国人YouTuberが無断で店内を撮影し、YouTubeに動画をアップした問題について声明文を発表。「当社が撮影ならびに撮影許可したものではございません」という。現在警察に相談しており、法的措置も辞さないという。(2018/3/15)

特殊なプリンターが作る「ドットずし」 料理をデータ化・転送してどこででも再現する壮大な計画
実現すれば、ベテラン職人が握ったすしのデータを、どこでも受信して味わえる。(2018/3/14)

生魚苦手な人も店に来て:
くら寿司、ハンバーグなど「洋食」発売 ファミレス客の取り込み目指す
くら寿司が3月16日から洋食メニューを発売する。「カルボナーラ スパらッティ」「イタリアンチーズハンバーグ」「チョコとマスカルポーネのパフェ」の3商品。さらなるリピート率の向上と新規顧客の獲得が狙い。(2018/3/13)

「銀行振り込み」からサービス変更:
7時間でサービス停止の「Osushi」再出発 商品との交換に変更
リリース後およそ7時間でサービスを停止した「Osushi」が再出発する。「お寿司」を他ユーザーに送る核はそのままに、銀行振り込み制から商品との交換に変更した。(2018/3/7)

投げ銭サービス「Osushi」が再始動 お寿司の“現金化”は不可能に
代わりに「全国共通すし券」などの商品と交換できるサービスに。(2018/3/7)

次期社長はアトム小澤氏が内定:
「かっぱ寿司」前社長、スピード辞任の理由は「過去のコンプラ違反」
関係者が、カッパ・クリエイト前社長がスピード辞任した理由を明かした。カッパ以前に在籍していた企業でコンプライアンス違反があったためという。後任には、アトムの小澤俊治社長が就くことが内定しているという。(2018/3/2)

「急な申し出あった」:
かっぱ寿司、大野社長が「一身上の都合」で退任 就任11カ月で
カッパ・クリエイトが、大野健一社長が2月28日付で退任すると発表。理由は「一身上の都合」。以前から計画があったわけではなく、同日急な申し出があったという。(2018/2/28)

海鮮以外の“肉丼”も充実:
かっぱ寿司が「丼もの」を始める理由
「かっぱ寿司」が丼メニュー「かっぱのごち丼」の提供を一部店舗で始めた。海鮮丼だけでなく、ローストビーフやハンバーグなどを用いた“肉丼”が充実している点が特徴だ。運営元のカッパ・クリエイトに、「丼」を始めた理由を聞いた。(2018/2/27)

ポール・スミスがマグロ寿司を振る舞うイベントを開催 六本木の店頭にお寿司カウンターを設置
ファッションの世界は味わい深い……。(2018/2/3)

なぜくら寿司はバレンタインに挑戦し続けるのか? 「ティラミスシ」発売直前、直接聞いてみた
聞いてみました。(2018/2/4)

くら寿司のバレンタインはティラミス×寿司で「ティラミスシ」 チョコプリンを海苔とシャリで巻くという荒業に
やばいものが生まれてしまった。(2018/1/24)

鬼の金棒を食べる節分 スシローの恵方巻にインパクト大の「鬼に金棒えびカツ巻」登場
今年の節分は南南東に向かって食べましょう。(2018/1/15)

スター・ウォーズのフィギュアコント レイ「日本の回転寿司屋ってのは最初にそこで手を洗うのよ」カイロ・レン「熱ゥッッ」
ほのぼの。(2017/12/20)

「回らない寿司屋さんになっとるやんけ!」 回転寿司へエビを食べにいったらまさかの無回転 → 宇宙の神秘を感じてしまった漫画が話題に
どうしてこうなった。(2017/12/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

キットカットの屋台が期間限定でオープン 寿司折り風のお土産も買えちゃう
終電時間まで営業するから忘年会のあとにも寄れる。(2017/12/6)

FAニュース:
その名も「スシセンサー」、横河電機がLoRaWAN対応のIIoT用センサーを発売
横河電機は通信機能とセンサー機能が一体となった小型無線センサー「Sushi Sensor」を発売する。プラント設備の振動と表面温度をオンライン監視することで保全に貢献する。(2017/11/17)

売上高1700億円目指し:
絶好調スシロー、「国産天然魚」「スイーツ」への挑戦
回転すしチェーン「スシロー」が好調だ。「地元の旬の天然もの スシロー×羽田市場」と「スシローカフェ部」の取り組みで、メニューのさらなる充実を図る。(2017/11/13)

ゆうこす「SNSで夢を叶える」:
「SNS映え」がよく分からないビジネスパーソンの特効薬
「無添くら寿司」のような大衆的な外食店ですらも「インスタ映え」を意識するご時世。「ビジネスに生かせと言っても、SNS映えなんてよくわからないんだよな……」――そんな悩みを抱いている人の“特効薬”になるのが、ゆうこす「SNSで夢を叶える」だ。(2017/11/2)

回転すし業界に「かぐや姫」降臨?:
くら寿司、回転すしでも「インスタ映え」
無添くら寿司が「インスタ映え」を意識した新商品を発売。竹型の容器に入れた「思わず写真に撮りたくなる」すし。(2017/11/1)

かっぱ寿司、食べ放題を全店に拡大 「一皿50円」の試験提供も
11月1日から22日まで全店舗「食べホー」実施。(2017/10/26)

「やる、しかない。」:
かっぱ寿司、「食べ放題」全店へ拡大 反撃の「3本の柱」
かっぱ寿司が食べ放題キャンペーンを全店へ拡大。「1皿50円」「ハッピー平日」などの新プロジェクトも開始し、認知度やブランドイメージの向上を目指す。(2017/10/26)

売上高1800億円規模に:
スシローGHDと元気寿司、経営統合の協議を開始へ
元気寿司と親会社の神明、スシローグローバルホールディングスは、資本・業務提携を正式発表した。(2017/9/29)

かっぱ寿司の食べ放題が帰ってきた 36店舗でWebとアプリ予約限定の「新・食べ放題」が激戦の予感
実施店舗が大きく入れ替わっているので要チェック。(2017/9/18)

「ミルキーロール」9月8日から:
スシロー、「ペコちゃん」コラボデザート 期間限定で
デザートに力を入れる回転すしチェーン「スシロー」が不二家の「ペコちゃん」とコラボ。「ミルキーロール」を9月8日から期間限定販売する。(2017/9/6)

シャリの代わりに野菜を使ったお寿司、くら寿司から 麺抜き野菜ラーメンなど「糖質オフ」メニュー続々登場
シャリが半分サイズのお寿司もあります。(2017/8/29)

「この女子会やば」「豪華すぎる」 お寿司を囲む佐々木希&本田翼&大政絢の写真に大反響
はあ、好き……。(2017/8/14)

通年実施目指す:
かっぱ寿司、好評で再び「食べ放題」 ネット予約制に
「かっぱ寿司」の食べ放題第2弾は8月28日から9月8日まで、全国36店舗で実施。(2017/8/10)

見た目も完璧ニャ! 手作りの「ねこ用寿司」とキャットフード、愛猫が選んだのはどっち?
自分が猫なら、この飼い主さんに飼われたい。(2017/8/2)

組織力を高めるマネジメント論:
「銀のさら」の社長が“怒る”のをやめた理由
宅配すし「銀のさら」などフードデリバリー事業に強みを持つライドオン・エクスプレス。同社の江見社長は「“怒らない経営方針”が事業の飛躍をもたらしている」と語る。どういうことか。(2017/7/27)

ピザやお寿司にカレーまで LINEアプリから出前注文できるサービス「LINEデリマ」が公開
トークからのメニュー検索もできます。(2017/7/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。