ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲食店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!レストラン・ファミレス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でレストラン・ファミレス関連の質問をチェック
質問!カフェ・喫茶店→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でカフェ・喫茶店関連の質問をチェック
「飲食店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

入店したらネット禁止 目の前の人との時間を大切にできる「つながらないレストラン」、イモトのWiFiが限定オープン
この店だけでは、SNSじゃなくて大事な人を見よう。(2018/12/12)

iOS版「Googleマップ」アプリにもAI採用「おすすめ」タブ追加
GoogleがiOS版「Googleマップ」に「おすすめ」タブを追加した。Android版には6月から使えている機能だ。位置情報と履歴を有効にしておくと、おすすめのレストランやカフェの情報を表示する。(2018/12/11)

近所の豆腐屋のように:
関西育ちの国産チーズ インスタ映え抜群、人気も徐々に「熟成中」
温めたチーズの溶けたところを削り、ジャガイモなどにからめて食べるラクレットをはじめ、チーズフォンデュやチーズダッカルビなど、チーズが“目立つ”食品や飲食店が増えた。とろける様子や美しく盛られたさまはインスタ映えも抜群で、百貨店やスーパーにはチーズコーナーや専門店が増えている。チーズ人気の高まりを受けて、日本でも本格的なチーズ工房が増えている。(木村郁子)(2018/12/5)

レストランやトイレの混雑状況、スマホでチェック 国内百貨店初、大丸札幌店に導入
大丸札幌店のレストランやトイレなどの空き状況を、店内のデジタルサイネージやスマートフォンで確認できるサービスが始まった。国内百貨店では初の試みという。(2018/12/4)

ネット上の「立地」も大事:
松屋と吉野家でこれだけ違う 「もうかる立地」の方程式とは?
「あの飲食店は立地が悪い」とよく言われるが、そもそも「良い立地」と「悪い立地」は何が違うのだろうか。知ってるようで意外と知らない飲食店の立地戦略を読み解いてみよう。(2018/12/4)

大丸札幌店、“IoT×AI”で飲食店、トイレ、授乳室などの混雑状況をリアルタイム表示――NTT東日本とバカンが技術提供
大丸松坂屋百貨店の札幌店(大丸札幌店)は、IoTとAIを活用して、レストランやカフェ、トイレ、授乳室、駐車場などの館内施設の利用状況をサイネージやスマホアプリにリアルタイムで表示するシステムを導入した。バカンの空席情報サービス「VACAN」などを活用する。(2018/11/30)

発祥は関西:
ライスだけ注文「ソーライス」 阪急百貨店“伝説の大食堂”
母親は気軽にカレーライス、祖母はあっさりとざるそば、そして子供は旗が立つお子様ランチ――。昭和の時代、いつもよりおめかしをしてデパートにやってきた家族連れが、好みの料理を楽しんだ大食堂。関西は阪急百貨店がその草分けといわれ、全国的には姿を消しつつある現在も大丸京都店に雰囲気を味わえるレストランが残る。(2018/11/22)

予約「ドタキャン」防止、AIが確認電話 NTTコム
NTTコミュニケーションズは、飲食店や宿泊施設での予約の無断キャンセルを防ぐために、人工知能(AI)が予約確認の連絡をするサービスを開始する。(2018/11/21)

12月1日から:
予約無断キャンセル防止、AIが確認電話 NTTコム
NTTコミュニケーションズは20日、飲食店や宿泊施設での予約の無断キャンセルを防ぐために、人工知能(AI)が予約確認の連絡をするサービスを12月1日から開始すると発表した。合わせて大手の飲食店の予約サイトで約3カ月間の実証実験を実施。予約確認の手間を省き、サービス業の人手不足に対応する狙いがある。(2018/11/21)

楽天とすかいらーくが「楽天ペイ」導入で合意、宅配サービスから
楽天とすかいらーくホールディングスは、宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入について基本合意書を締結。11月29日に宅配サービスで導入を開始し、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末でも利用できるようにする。(2018/11/13)

クリスマスのディズニーは「大人の食べ歩き」が最高! 食べ歩き&レストラン&カフェのオススメを全力紹介
スペシャルセットやホテルのブッフェ&コースも紹介。(2018/11/13)

競争激化か:
バンコクの日本食レストランが頭打ち ジェトロ
日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によると、タイの日本食レストラン店舗数は3004店舗と前年から230店舗増加した。新規出店が891店舗に対し、閉店数は661店舗。種類別では、すし店が454店舗と201店舗増加。料亭・総合和食・定食などを含む日本食店も749店舗と27店舗増えた。一方、居酒屋は246店舗と44店舗減少し、競争が激しいとみている。(2018/11/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人肉レストラン」一気に拡散 フェイクニュースにだまされる大人たち
「ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚」。こんな記事が配信された。うそだったのだが、このフェイクニュースは広く拡散してしまった。すぐ身近にあるフェイクニュースにだまされないためにどうすればいいのか。米カリフォルニア州の取り組みが参考になる。(2018/11/8)

客足を回復させられるか:
「いきなり!ステーキ」がいきなりギネス達成 24時間で1734食を提供
いきなり!ステーキがギネス世界記録を達成した。チャレンジタイトルは「レストランにて24時間で販売されたビーフステーキ最多食数」で、1734食を提供した。客足を回復させるきっかけになるか(2018/11/5)

経産省・業界団体が指針発表:
飲食店「無断キャンセル」の損害額は年間2000億円 どうすれば防げる?
飲食店における無断キャンセルの被害額は年間2000億円であることが経済産業省と業界団の調査で判明。両者はこれを受けて防止策を公表した。明確な基準で算定したキャンセル料の請求、IT活用、事前決済の導入などがカギになるという。(2018/11/2)

おいしいカレーを守る:
後継者不足で廃業する飲食店に「待った」 ゴーゴーカレーが事業承継に意欲
カレー専門店チェーンを運営するゴーゴーカレーグループがM&Aに注力。2017年に金沢市の老舗インド料理店「ホットハウス」の事業を引き継いだのを皮切りに、全国の飲食店に対しても事業承継を呼び掛けていく。(2018/11/2)

後継者探しもお手伝い:
“外食大国”福岡を救え! 地元信金が人手不足対策に乗り出したワケ
福岡県を中心に地元密着型の営業を続けてきた信用金庫が飲食業支援に乗り出す。具体的には、取引先の人材不足や後継者不足に対応する。将来的には“外食大国”福岡を救うことになるかもしれない。(2018/11/1)

飲食店にもメリット:
若者に人気のレモンサワーが“第2のハイボール”になりそうな3つの理由
レモンサワーが若者を中心に受けている。メーカーや飲食店もこぞって新商品を投入しているが、単なるブームに終わらず、“第2のハイボール”としての地位を確立できるか。(2018/10/29)

Googleマップにお気に入りショップの“フォロー”ボタン
Googleマップでショップやレストランをフォローし、セールやイベントの告知を受けられるようになる。(2018/10/26)

大阪市北区で:
猫にやさしい商店街に 「野良減らす」不妊去勢手術活動 店主ら資金集め お初天神通り
大阪・キタの商店街で、飲食店主らが野良猫を捕獲し、不妊去勢手術を受けさせてから元の場所に戻す活動を進めている。糞尿被害など苦情の多い野良猫の増加を抑え、人間との共存を図るのが狙いだ。店主らは「『世界一猫にやさしい商店街』にしたい」と意気込んでいる。(北野裕子)(2018/10/26)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

庶民も通えそうな割安店も掲載:
10年連続三つ星、京都に3店 ミシュラン最新版
日本ミシュランタイヤ(東京)が発売した「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」では、京都市内の飲食店200店、ホテル・旅館59軒が掲載された。和食の名店3店が平成21年の京都・大阪版の発売以来、10年連続で最高評価の三つ星を獲得。一方、5千円以下で庶民も通えそうな割安店も掲載された。(2018/10/18)

製造業IoT:
Wi-Fiの付いた重量計がIoT機器に、消耗品の在庫管理と自動発注を実現
スマートショッピングは、消耗品をはじめさまざまな物品の重量を計測/監視し、減少した重量を基に在庫の自動発注を行える「スマートマット」を発表した。オフィスや飲食店、工場、倉庫、小売、病院などさまざまな業種向けの法人向けソリューションサービスとして展開を始める。(2018/10/17)

ヤフー、AIでドラレコ映像を解析 ガソリン価格や駐車場の満空情報、行列のできる店をナビに反映 実証実験スタート
交通状況だけでなく、行列のできるレストランなどを認識して地域情報に反映する使い方も。(2018/10/15)

ジョルダンの「乗換案内」に地図&徒歩ナビゲーション機能が搭載
ジョルダンは、スマートフォン向け経路検索アプリ「乗換案内」に地図と「徒歩ナビゲーション」の機能を搭載。駅やバス停・飲食店などの周辺検索が可能となるほか、分かりやすい目印表示や音声ガイドでユーザーをサポートする。(2018/10/10)

LINEのトーク画面上で「LINE Pay」決済可能に まず飲食店予約から
LINEのトーク画面上でLINE Payが使えるようになった。企業公式アカウントなどとのトーク内で支払い画面が立ち上がり、そのままLINE Payで決済できる。(2018/10/9)

モバイル決済サービスの使い方:
「楽天Edy」は対応店舗の多さが魅力 ただしiPhoneで使うには工夫が必要
「楽天Edy」は老舗のモバイル決済サービス。コンビニから飲食店まで幅広い店舗で使えるのが魅力だが、iPhoneで使うには工夫が必要だ。楽天Edyの使い方や、メリット、デメリットを解説する。(2018/10/6)

LINEで料理を注文、店で受け取る「LINEテイクアウト」 来春スタート
ユーザーが飲食店にLINEで料理を注文し、店まで受け取りに行く「テイクアウト」サービスが始まる。(2018/10/3)

Instagramからレストラン予約できる機能 ぐるなびと提携して提供
(2018/10/2)

Instagramのアクションボタン機能を活用:
ぐるなびがInstagramと連携 予約が可能に
Instagramのアクションボタン機能が日本でも提供開始された。ぐるなびが本機能に対応。ぐるなび加盟の飲食店ならInstagramからそのままレストランの予約が可能になる。(2018/10/2)

Instagramから飲食店予約が可能に ぐるなびと連携
Instagramで飲食店の予約が可能になる。飲食店のプロフィールに「席を予約する」というボタンを追加し、ぐるなびの予約画面がInstagram内で立ち上がるようにする。(2018/10/2)

名古屋の「クラブ・アベレージ」:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 ホステスの給料未払いで「熟女キャバクラ」運営元が追加
厚労省が“ブラック企業リスト”を更新。飲食店運営のプレクラスニー(名古屋市)がリスト入り。「クラブ・アベレージ」と称する熟女キャバクラを経営しており、ホステスへの給料が未払いだった。(2018/10/1)

商品や飲食店のレビュー投稿でコイン付与 LINEが独自ブロックチェーンで5つの新サービス
LINEが、独自開発のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」上で展開する分散型サービス5つを順次提供すると発表した。ユーザーはレビューサービスやQ&Aサービスに投稿することで「LINK Point」というコインを入手できる。(2018/9/27)

空き家の解消も目指す:
滋賀「商店街丸ごとホテル」始動 町屋改装でシャッター街に活気再び
京の都に行く東海道五十三次の最後の宿場町として栄えた滋賀県大津市で、伝統的な町家を観光資源に生かす取り組みが本格的に動き出す。木造注文住宅を設計・施工する「木の家専門店 谷口工務店」(滋賀県竜王町)が中心市街地の空き町家を改装したホテル7棟がオープンした。近隣の飲食店や商店も巻き込んだ“商店街丸ごとホテル”として観光客を誘致、昔のにぎわいを取り戻す。空き家の解消と地元商店街の活性化につながると大津市も注目する。(2018/9/27)

1階はキッチン、2階に座席:
バス×食事の「レストランバス」はいかが? 東京でも出発進行
「移動中に食事ができる」と聞くだけで、なんだかワクワクしてしまうが、バスの中で本格的な料理を楽しむことができるサービスがスタートしている。高速バスなどを運営しているWILLERが2年前から始めていて……。(2018/9/23)

USJに「ルパン三世」のライドとレストラン 2019年のユニバーサル・クールジャパンの一環
XRライドとエンターテイメントレストランの2つのアトラクションとして登場。(2018/9/20)

Alpacaや琉球大が連携:
到着遅い、電話つながらない…… 運転代行の課題を産学連携で解決
沖縄のベンチャー企業、Alpaca.Labが運転代行サービスの向上を目指した産学連携プロジェクトを進めている。代行業者の到着時間の遅れや手配する飲食店の手間など、運転代行を巡るさまざまな課題を解決しようとする。(2018/9/19)

サブスクリプション化する飲食業で成功するには:
トレタがデータから導き出した「繁盛店」の作り方
1980年代からほぼ進化が止まっていた飲食業界に変革を起こせるか。飲食店向け予約管理システムを提供するトレタの挑戦を紹介する。(2018/9/19)

レストランも:
USJに「ルパン三世」のアトラクション初登場 XRライド形式、19年1〜5月限定
USJに「ルパン三世」のアトラクションが登場。2019年1月18日〜5月26日の期間限定でオープンする。「XRライド」形式のアトラクションと、レストランの2種類が設けられる。(2018/9/18)

お、押すなよー! すてきなレストランのお庭に潜んでいたあるモノにビビりまくるワンコ
かわいい。(2018/9/16)

飲食店や美容院もAmazonアプリでお支払い――「Amazon Pay」がQRコード決済に参入
アマゾンジャパンがECサイト向け決済サービスとして展開していた「Amazon Pay」を、実店舗でのスマホ決済に対応させた。Amazonショッピングアプリに表示されるQRコードを使って、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でキャッシュレス決済ができるようになる。(2018/8/30)

ZOZO前澤社長、「専属の食アシスタント」募集 美味しい店の紹介が仕事
「全国の美味しいレストランを一緒に回りましょう」――スタートトゥデイの前澤友作社長が、専属の「食のプライベートアシスタント」を募集している。(2018/8/17)

三度の飯より飯が好きな人求む:
ZOZO 前澤社長、「食の専属アシスタント」募集 仕事は「一緒に食べ歩き」
スタートトゥデイの前澤社長が、「食のプライベートアシスタント」を募集開始。全国のおいしいレストランを実際に食べ歩き、味がよかった店舗に前澤社長を連れていく業務を担う。(2018/8/16)

海外でお母さんを思い出して泣きそうに……日本食レストランのラーメンは「おふくろの味」?
日本ではお金を出すからこそ食べられないんですよね……。(2018/8/13)

その背景は?:
「やってみなはれ」成否は? サントリー自販機で弁当注文OKの新サービス
自販機で弁当を注文できる上、オフィスに配達までしてもらえるという驚愕の新サービスが登場。手がけるのはサントリー食品インターナショナルと、飲食店情報サイトを運営するぐるなびの異色コンビだ。(2018/8/10)

水曜インタビュー劇場(収入源公演):
飲食店の課題を解決するかもしれない、この“仕組み”が面白い
「ReDINE(リダイン)」というサービスをご存じだろうか。飲食店のマーケティング支援などを手掛けているfavyが2018年3月に展開したところ、飲食店を中心にジワジワ広がりを見せている。飲食店の課題を解決するかもしれないこのサービス、どういった特徴があるのかというと……。(2018/8/1)

お客だけでなく、応募者も“神様”:
「応募があったら5分以内に返信」 過熱する飲食業界の人材獲得競争
飲食業界の人材獲得競争が激化している。他社に先んじて優秀な人材を採用するためには、「選ぶ」のではなく「選んでもらう」姿勢が重要だという。現場では一体、何が起きているのか。(2018/7/31)

VR体験ができるレストラン「VR Game&Cafe Bar VREX」が小中学生向けのVR無料体験キャンペーン
フタバ図書は、VR体験ができるレストラン「VR Game&Cafe Bar VREX」で小中学生向けのVR無料体験キャンペーンを実施する。(2018/7/19)

モスバーガーで通訳デバイス「POCKETALK」の実証実験 店舗への本格導入を検討
ソースネクストは、音声翻訳デバイス「POCKETALK」を使った実証実験を、「モスバーガー」などの飲食店4店舗で開始した。モスフードサービスは実験を通じて通訳デバイスの実用性や有効性を検証し、店舗への本格導入を検討する。(2018/7/12)

飲食業以外にも広がる:
米航空会社もプラ製ストロー廃止 JAL「検討はしている」
プラスチック製ストロー廃止の動きが飲食業界以外にも広がっている。(2018/7/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。