ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飲食店」最新記事一覧

質問!レストラン・ファミレス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でレストラン・ファミレス関連の質問をチェック
質問!カフェ・喫茶店→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でカフェ・喫茶店関連の質問をチェック
「飲食店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

飲食業界の働き方改革:
ウソの求人情報を出すブラック飲食店の言い訳
人手不足に悩む飲食業界。人材が定着しないことが大きな原因の1つだ。抜本的な改善策は従業員の待遇改善だが、だましだまし求人活動を行う飲食店も少なくない。(2018/3/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
ウーバーの無店舗型飲食店支援が持つ破壊力
配車サービス大手のウーバーが、無店舗型飲食店の支援に乗り出す。既に飲食店の宅配サービス支援「ウーバーイーツ」を提供しているが、今後は店舗を持たない飲食店の増加が予想されることから、その事業を支援することで供給力を高めたい考えだ。(2018/3/29)

不法就労のリスクを減らす:
ぐるなび、外国人バイトの紹介ビジネスに参入
ぐるなびが飲食店に対して外国人のアルバイトを紹介するサービスを始めた。事前にVISAなどを確認し、外国人の雇用に関わるリスクを低減するのが肝だ。(2018/3/27)

タイムアウト東京のオススメ:
話題のレストランはハシゴする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/3/27)

「シモキタコイン」設立:
下北沢に電子地域通貨 飲食店やイベントで支払いに活用
パイプドHD子会社で電子地域通貨プラットフォームを手掛けるエルコインは3月26日、子会社「シモキタコイン」を設立した。東京・下北沢で行われるイベントや商業施設、飲食店などで利用できる電子地域通貨を発行する(2018/3/26)

コスト、拡張性で「Amazon Redshift」と比較
リクルートの「Airメイト」に「BigQuery」と「Dataflow」が不可欠だった理由
リクルートは飲食店の経営状態を分析する「Airメイト」に、GCPの「BigQuery」と「Cloud Dataflow」を採用した。大量データ処理に強いGoogleクラウドのメリットを最大限に生かした事例として参考になりそうだ。(2018/3/26)

TechFactory通信 編集後記:
GINZA SIXからクボタの生産拠点へ
レストランなどにある、店員を呼ぶベル。そのベルを導入して成果を上げている生産現場があります。現場の効率を上げる「ちょっとした気付き」はどこにあるか分からないというお話です。(2018/3/24)

Google、ニューヨークの観光名所チェルシーマーケットをオフィスとして24億ドルで購入
Googleが、ニューヨークオフィス拡張のため、現在のオフィスから徒歩6分のチェルシーマーケットのビルを24億ドルで購入した。1階の観光名所でもある飲食店街は現状のままにする計画。(2018/3/21)

全国展開も視野:
東急、スマホでカードレスのクレジット決済「.pay」
東京急行電鉄(東急電鉄)とNTTデータは、クレジット決済機能を企業や飲食店などがスマートフォンアプリに組み込めるソリューション「.pay」(ドットペイ)を4月から提供する。まず東急沿線で展開し、日本全国に拡大したい考えで、ぐるなびが採用を決めている。(2018/3/14)

サービス領域の絞り込みが鍵:
過剰な「お客様のため」を見直せば生産性は上がる
人手不足に苦しむ飲食業界や小売業界では生産性向上はすぐに取り組むべき課題だ。そのためには、「お客様のため」という名のもとにはびこる不要な業務を削減することが必要だ。(2018/3/12)

認証だけがひとり歩き:
インバウンドに黄色信号も ムスリムの信頼揺らぐ日本の「ハラル認証」の実態 反応
ムスリム(イスラム教徒)の訪日客が急増する中、イスラム教の戒律に従ったハラル食を提供する飲食店がこぞって取得を目指した「ハラル認証」の信頼性が揺らいでいる。(2018/3/7)

レストラン予約サービスの社員が競合サービスから数百のニセ予約、解雇に
レストラン予約サービスOpenTableが謝罪しています。(2018/3/6)

iOS版Googleアプリ、「メッセージ」内での検索ボタンや「Safari」連携などの新機能
iOS版Googleアプリに3つの新機能が追加された。「メッセージ」内でレストランやGIFを検索して結果を投稿できる。Safariでも「共有」で関連記事を表示でき、iPadではドラッグ&ドロップで検索結果をメールなどにペーストできる。(2018/3/6)

Google、レストランガイド「Zagat」を売却
Googleが、2011年にGoogle+強化の目的で買収した老舗レストランガイドのZagatを、レストランガイドサービスのThe Infatuationに売却した。Zagatはブランドを維持する。(2018/3/6)

PR:リクルートのモバイル決済サービスが人気の理由 残業減+売上増に貢献する新サービスも
リクルートライフスタイルのPOSレジアプリと決済サービスが大きな支持を集めている。同社が1月30日に開催した「Airレジ カンファレンス 2018」でその理由を探るとともに、カンファレンスで披露された、飲食店向けの新しい業務支援サービスを紹介する。(2018/2/28)

データビジネスも視野:
東京ディズニーリゾート、アプリで「待ち時間」解消へ
オリエンタルランドが、待ち時間解消に向けたアプリを開発している。チケットやグッズの購入、ホテル・レストランの予約、ショーの抽選などの機能を設ける予定。ゲストの行動データに基づいたデータビジネスの展開も検討中。(2018/2/21)

リクルートライフスタイルが2018年春に開始:
BigQueryを採用、「Airメイト」は数十万店舗のデータを瞬時にさばけるBIサービス
飲食店向けに経営ダッシュボードを自動生成する「Airメイト」を、リクルートライフスタイルでは4人の開発チームで3カ月のうちに開発したという。このサービスがどのように作られているのかを、同社のサービス責任者が説明した。(2018/2/21)

「申し込み殺到でサーバがパンク状態」 飲食店“ドタキャン”防止システム 19日からスタート
飲食店が、客の直前キャンセル歴を確認できるサービスが19日からスタートする。申し込みが殺到しているという。(2018/2/16)

エスキュービズム「ねがブロ」:
飲食店から「すみませーん」を減らすIoTベル 満足度と生産性向上に効果アリ
飲食業界の働き方改革や生産性向上が注目されている中、飲食店の「すみません」を減らす製品が生まれている。エスキュービズムの「ねがブロ by noodoe(ヌードー)」だ。顧客満足度と従業員の生産性向上に効果があるという。(2018/2/6)

Amazonギフト券も当たる:
「選べるレストランチケット」など当たる!「ITmedia ビジネスオンライン通信」新規登録キャンペーン
メールマガジン「ITmedia ビジネスオンライン通信」の新規登録キャンペーンを実施します。抽選で「選べる体験ギフト(2万500円相当)」(1人)、「選べるレストランチケット(2万500円相当)」(1人)、「Amaozonギフト券 3000円分」(10人)をプレゼント。(2018/2/2)

待ち時間ゼロ&スマホで支払いできる「Putmenu」、ハウステンボスのレストランで導入
ボクシーズは、ハウステンボスの一部レストランにオーダーシステム「Putmenu」を導入。テーブルや部屋をIoT化し、来店前に料理の選択と支払いをすれば待ち時間ゼロで注文を確定することができる。キャリア決済にも対応。(2018/1/31)

JASRAC、“生演奏”の飲食店を提訴 「違法に利用」
JASRACが、音楽著作物を利用許諾許可なく生演奏で使っているとして、都内の飲食店を提訴。管理著作物の使用禁止(差し止め)と損害賠償を求めている。(2018/1/26)

「TOHOシネマズ日比谷」誕生に合わせ:
日比谷を“日本のブロードウェイ”に 「シャンテ」に芸術特化の書店など誕生
東宝が、「日比谷シャンテ」にエンターテインメント施設やレストランなどを新設する。日々谷を「“日本のブロードウェイ”に進化させる」という。映画スターの手形は地下通路に移設する。(2018/1/24)

6年ぶりに増加:
飲食店の倒産件数、過去最多 理由は?
2017年の飲食店の倒産件数は707件で過去最多だった。「大手企業が客単価の低い業態を積極的に出店しているため、価格競争についていけない個人経営の飲食店が倒産している」という。(2018/1/18)

1台で1人分の人件費を削減:
「飲食店の人手不足を解決する」配膳ロボット登場
ロボットなどが一堂に集結する展示会「ロボデックス」で、飲食店向けの配膳ロボット「BUDDY」が披露された。配膳と同時に注文を受け付けたり、空いたお皿やグラスなどの回収にも利用できるので「人手不足対策に有効」だという。(2018/1/17)

「席を譲るとソフトクリーム無料」 IKEAレストランの混雑対策、なぜ生まれたのか聞いた
「いいアイデア」と注目が集まりました。(2018/1/14)

飲食店悩ます「無断キャンセル」 若い世代に多発のワケ
予約をしておきながら、当日に連絡なしで来店しない「無断キャンセル」が相次いでいる。若い世代の幹事に多いとみられ、連絡しても「じゃあキャンセルで」などと反省の意思がないケースも多いという。(2018/1/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
厚生労働省が受動喫煙防止法案を骨抜きにする代替案の検討を開始するなど、同法案が事実上の廃案となる可能性が出てきた。飲食店の経営を守るというのが建前だが、一連の動きは、別な形で外食産業に影響を与える可能性がある。それはデリバリービジネスの急拡大である。(2017/12/28)

屋台の焼き芋もスマホ決済 中国で「キャッシュレス社会」の光と影
中国では、レストランやシェア自転車のみならず、屋台までキャッシュレス化されている。スマホに支払額を入力して、パスワードか指紋で認証すれば決済完了。便利な半面、“支払い難民”が発生するなど問題も。(2017/12/27)

八王子のレストラン、クリスマスにカップルお断り 「当店スタッフが思わぬダメージを受けるので」
入店したお客さんには「賢者の覚醒カード」のクリスマスプレゼントも。(2017/12/23)

モバイル決済の裏側を聞く:
ロイヤルHDが“完全キャッシュレス”の店舗をオープンした理由
ロイヤルホールディングスの新しい飲食店「GATHERING TABLE PANTRY」は、現金を使えない完全キャッシュレス化を導入。同社の吉田弘美氏は「キャッシュレスを広げたいわけではない」と話す。どういうことか?(2017/12/20)

怒鳴られたあげく包丁で刺された超絶“ブラックバイト” 若者に残るトラウマ
「働くのが怖い」。4カ月連続休みなしで働かされ、脅され包丁で刺されたという飲食店での超絶“ブラックバイト”を経験した大学4年生の男性(22)はこう語った。(2017/12/14)

「懲戒免職にする」と脅迫:
怒鳴られたあげく包丁で刺された超絶“ブラックバイト”
「働くのが怖い」。4カ月連続休みなしで働かされ、脅され包丁で刺されたという飲食店での超絶“ブラックバイト”を経験した大学4年生の男性(22)はこう語った。(2017/12/14)

古き街並み残る内子町:
愛媛の小さな町に野外レストランは何をもたらすか?
愛媛には古き良き街並みが残る小さな町がある。松山市内から南に40キロほど行った場所にある内子町だ。ここで2晩だけのイベントが開かれた。“幻の野外レストラン”と呼ばれるDINING OUTである。(2017/12/6)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
驚異の継続利用率「99%」、飲食店向け「予約台帳サービス」のトレタ 赤字5億円も攻め時
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/29)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

765プロのアイドルが見事なパンケーキアートに ハッシュタグ「ホットケーキ裏返しチャレンジ」にプロ降臨
イタリア料理店「レストラン ラ・リチェッタ」の店長が本気出したぞーっ!(2017/11/16)

Googleマップ、目的によって表示が変わるスッキリしたデザイン変更
Googleマップで、例えばカーナビモードでは地下鉄の駅を表示しないなど、目的別に表示する情報が変わるようになる。また、飲食店はオレンジ、医療関連はピンクなど、スポットのアイコンの配色がカテゴリ別になる。(2017/11/16)

経済制裁するとレストランが増える? 北朝鮮の「外貨獲得」のカラクリ
なぜ外貨獲得に力を入れるのか。(2017/11/18)

現金支払い不可のレストラン、ロイヤルHDが東京にオープン
ロイヤルホールディングスが、クレジットカードか電子マネーでのみ支払いできる実験店舗を東京にオープンする。従業員の業務を効率化できるかを検証する狙いだ。(2017/11/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「フーターズ」の集客力はスゴいのか
奇抜なコンセプトで一時的にブームになるエンターテインメントレストランは珍しくないが、継続するのは困難だ。今回はフーターズが手堅く集客力をアップさせている理由を考察していきたい。(2017/10/24)

Facebook、フードデリバリー(出前)サービス開始
Facebookの「発見」タブの「Food Order」をタップすると最寄りのレストランや出前サービスの一覧が表示され、タップしていくとそのまま注文できるサービスが、まずは米国でスタートした。(2017/10/16)

あるバーベキューチェーンの挑戦
「Alexa」でBIダッシュボードを強化、音声アシスタントが職場を変える
Amazon の音声アシスタント「Alexa」を調理場で活用する米バーベキューレストランチェーン Dickey’s Barbecue Pitの事例を見ていこう。(2017/10/6)

Amazonのレストラン出前サービス、200店擁するOloとの提携で強化
Amazon.comが米英で展開するレストラン出前サービス「Amazon Restaurant」で、出前サービス企業Oloと契約するレストランに直接注文できるようになる。Oloは全米200以上のレストランと提携している。(2017/9/25)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

自然エネルギー:
燃料は食品排水の“油脂”、バイオマス発電車でどこでも再エネ供給
ティービーエムが飲食店や食品工場の排水から分離回収した油脂を、発電用燃料に改質することに成功。さらにその燃料を利用して発電できる「バイオマス発電車」も開発した。排水油脂から再生可能エネルギーを生み出す「フード・グリーン発電システム」の確立を目指すという。(2017/9/13)

どの都道府県にいてもCOCO'Sに行ける時代! ついに鹿児島県に1号店オープン
全国に約600店舗あるのに、なぜか鹿児島だけ進出していなかったファミリーレストラン。(2017/9/11)

都が「受動喫煙」防止条例の基本方針発表 屋内は居酒屋含め全面的に禁煙 開始は2019年秋までに
食堂や居酒屋など「飲食店」は、喫煙専用室ならOKという「原則禁煙」に分類。(2017/9/8)

業界全体に「ブラック」イメージも:
飲食業界「ホワイト企業」ランキング 1位は……
飲食業界で「ホワイト」な会社は?――Vorkers調べ。(2017/8/29)

ダイナース、有名飲食店のドタキャン席を買取・再販する「ごひいき予約」を開始 カード会員向けにLINEで通知
急に空いた席に座れるかもしれません。(2017/8/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。