ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「名言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名言」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」、東京と大阪で開催 大型描き下ろし原画12枚などグレートな展示が続々
東京は国立新美術館にて8月24日から10月1日まで、大阪は大阪文化館・天保山にて11月25日から2019年1月14日まで。(2018/6/21)

もしかして黒澤部長ですか? 田中圭の新ドラマ、公式インスタで“はるたん愛”を叫ぶ
天空不動産から関テレに転職したのかな。(2018/6/21)

ディルバート(559):
名言か迷言か
アシュックのように、信奉する著名人の名言を取り入れてみると、なんだか自分の発言がカッコよく聞こえる……ような、聞こえないような……。(2018/6/21)

モテたいのに「理想のガンマン」演じて今日も彼女なし 『保安官エヴァンスの嘘』が笑えると同時に耳痛い
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第93回。たてまえはクール、本音はスケベ。保安官のダンディズムが空回りするコメディ漫画を紹介。(2018/6/17)

新聞から殺虫スプレーが飛び出す、折ると「G」になる……KINCHOのユニークな新聞広告 制作の裏側は
たびたびSNSで話題になるKINCHOの新聞広告。宣伝担当者に心がけていることを取材しました。(2018/6/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(22):
官能の人工知能 〜深層学習を最も分かりやすく説明するパラダイム
深層学習を正しく理解するのは困難を極めます。ですが、あるパラダイムで考えると、大変に分かりやすくなるのです。そのパラダイムとは、これまであらゆるテクノロジーの進化と発展をけん引してきたと言っても過言ではない、最も偉大なるコンテンツ――そう、「エロ」です。【追記あり】(2018/6/4)

銀河英雄伝説からビジネスリーダーは何を学ぶべきか?:
ヤン・ウェンリーが込めた思い 組織のためではなく、自分のために働け
SF小説「銀河英雄伝説」は組織の戦略や戦術などが深く学べるとあって、バイブルにしているビジネスパーソンも多い。本連載では、作品に登場するさまざまな名言を題材に、現代のビジネスシーンや企業組織にどう落とし込んでいくのかを考えていく。(2018/6/1)

LINEのスマートスピーカー「Clova」にドラえもんモデル登場 「ばかだねえ。じつにばかだね」など名言も収録
新たな小型機「Clova Friends mini」のラインアップとして。おなじみの「ブラウン」と「サリー」のモデルもあります。(2018/5/31)

「これがバーチャルYouTuberなんだよなぁ」 月ノ美兎、樋口楓、静凛ら「にじさんじ」一期生がLINEスタンプに
起立!気を付け!エルフの森を燃やせ!(2018/5/24)

ぴょこぴょこがのったドリンクがかわいい! キズナアイ初のコラボカフェがアニメイトカフェショップ新宿で開催
「スナック愛」のドリンクも飲める……?(2018/5/23)

どちゃケモかわいいVRキャラ「モクリ」爆誕 「メイドインアビス」つくしあきひとがデザイン
制作メンバーがドリームチームすぎる。(2018/5/17)

「まるでおれが主役のよう」 “水曜どうでしょう”藤村D、出演映画の北海道限定ポスターに登場してしまう
藤村さんは、サビ猫の擬人化役で出演。(2018/4/25)

水曜インタビュー劇場(初公演):
50年経っても、なぜ霞が関ビルは存在しているのか
日本で初めて高さ100メートルを超えた高層ビル「霞が関ビルディング」が、完成して半世紀を迎えた。古くなった建物は壊すケースが多いのに、なぜ霞が関ビルは一度も建て替えてこなかったのか。三井不動産の担当者にその理由を聞いたところ……。(2018/4/25)

寺沢先生の完全監修カルタ「コブラ・パーティ」が発売 絵札を取って命令する王様ゲーム的要素も
「まじめになっちゃダメだ その方がうまくいくんだ」(2018/4/23)

正当なアプリが不正なコマンドを実行
検知できない「ファイルレスマルウェア」対策の第一歩
PowerShellやWMIなど、OSに組み込まれた「OSに信頼されている」プログラムに不正なコマンドを実行させるファイルレスマルウェアが注目されている。「ファイルレス」故に生じる問題とは?(2018/4/20)

「ねえ、4個目はもっとおいしいんじゃない…?」 静岡県民のソウルフード「さわやか」に行ってみたレポ漫画がなんか怖い
「げんこつハンバーグ」は2個目からが本番説……?(2018/4/20)

仲里依紗&中尾明慶、結婚5周年でもアッツアツ! 今後の目標は「国外追放だけは避けたい」
ケンカするほど仲が良いを体現する2人。(2018/4/18)

これがメタルギアサヴァイブか 「ゆるキャン△」の解説をスネークにしてもらいたい、という思いを描いた漫画
キャンプは変わった……。(2018/4/9)

スヌーピーなどの名作が表紙に:
「大人のジャポニカ学習帳」とは? 定番ノートがターゲットを広げた理由
ショウワノートは「大人のジャポニカ学習帳」を発売。「スヌーピー」「ムーミン」などを表紙にデザインした「愛されつづける名作シリーズ」を展開する。大人向けのノートとはどのようなものか? 同社に聞いた。(2018/4/5)

「桃太郎もりもり老いる」 桃太郎の物語が「ま行・た行・ら行・あ行」だけで語られる「文字制限昔話」がエグいほどキレッキレ
他にも「浦島太郎」「輝夜姫」「鶴の恩返し」などが文字制限有りで語られます。(2018/4/1)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「生まれてきてくれてありがとう」その言葉を心待ちにしていた誕生日 凍結されたTwitter画面がシュールすぎる
よりによって、なぜ今日なのか。(2018/3/23)

21日に渋谷で黄金体験イベントも:
ジョジョスマホ「JOJO L-02K」の発売日が3月23日に決定ィィィ!
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」の発売日が3月23日に決定した。1万台限定で、価格は12万5712円。3月21日には、タワーレコード渋谷店でタッチ&トライイベントも実施する。(2018/3/19)

「冨樫との付き合い方がわかった」「好きなキャラは山王の松本」 般若×R-指定×背川昇のフリースタイル漫画談義
百合ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』を世に送り出した3人が漫画とMCバトルについて語った。(2018/3/17)

ついに「カイジ」がアサヒビールと犯罪的コラボ 「瞬冷がキンキンに冷えてやがるっ……!」
豪遊……!(2018/3/13)

闘魂を燃やせ 横浜の会社が世界初の「プロレス採用」を実施、プロレス好きなら誰でもOK
迷わず応募せよ。応募すれば分かるさ。(2018/3/7)

こんな上司がいてほしい……! 情に厚い課長の漫画「今どきの若いモンは」のかっこいい名言に「かちょおおおお」の声が止まらない
部下・麦田との関係性の変化も……?(2018/3/6)

AI搭載の自走式盆栽「BonsAI」、TDKが開発 哲学的な問いにも答えるすごいやつだよ
「人生において重要なのは、生きることであって生きた結果ではない」と、ゲーテの言葉を引用。(2018/2/28)

視点:
未来構想とテクノロジーから考える「新しいイノベーション」
イノベーションを起こしやすい時代になっている。発想を豊かにするためには、一産業に限らず横断的な視座で4つの枠組みで考えていくことが有効である。(2018/2/26)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「10年後には朽ちるものを100年後に延ばす」 博物館の裏方描いた漫画が驚きの連続
『ただいま収蔵品整理中!Vol.1』『ただいま収蔵品整理中!金属保存編』をご紹介。(2018/2/18)

「世知辛いのじゃー!」 バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんの公式LINEスタンプがボイス付きで登場なのじゃ〜!
やっぱりボイス付きでないとね!(2018/2/13)

一足先に黄金体験! 写真で解説するジョジョスマホ「JOJO L-02K」
3月の発売を予定しているジョジョスマホ。実機を一足早く見せてもらったので、外観とソフトウェアの注目ポイントをお伝えする。ドコモのジョジョスマホの開発力はァァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ!(2018/2/11)

バーチャルYouTuber「輝夜月」1万字インタビュー 「それは竹www」誕生秘話、好きな食べ物は「チーズ」
「首絞めハム太郎」「動く抗うつ剤」などとも呼ばれる彼女の意外な一面が明らかに。(2018/1/30)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(3):
事例は自らが作るもの 〜事例病かどうかが分かる5つの判定基準〜
「1番じゃなくて2番でもよい」なんてなぜ言える? 事例は本当に必要か? なぜ人の後ばかり追おうとする? 後追いでディスラプターに勝てるわけがない――新しいことに取り組む際、「事例」を求め、「事例」につぶれる人や企業には5つの特徴がある。(2018/2/9)

あのキャラに花束を:
話題の「バーチャルYouTuber」はなぜ突然ブレークしたのか? 今、このバーチャルYouTuberを見逃すな!
バラバラに出たのに、みんなで1つに見える不思議。(2018/1/7)

選ばれたのは、“けもフレ”でした niconicoにて「ネットユーザーが本気で選ぶ!2017年アニメ大賞」が発表 そして流行語大賞はあのキャラが……!
すっごーい!(2017/12/29)

日本のアニメ抗争を刑事ドラマにした海外動画がCrazy 「人質は抱きまくら」「地下遊戯王カードで死ぬ」
タバコ代わりにポッキーをくわえる世界。(2017/12/26)

「哲学の先生と人生の話をしよう」:
仕事・恋愛に悩む現代人を救う、「哲学者」の愛のムチ
仕事、恋愛、家族関係の相談に対して、気鋭の哲学者・國分功一郎氏がさまざまな哲学の理論を紹介しながらズバズバ回答している書籍が「哲学の先生と人生の話をしよう」だ。(2017/12/18)

ドコモ「ジョジョスマホ」、1万台限定で発売 12万円
漫画『ジョジョの奇妙な冒険』30周年を記念したスマートフォン「JOJO L-02K」が2018年3月(予定)に1万台限定で販売される。(2017/12/15)

マストドンつまみ食い日記:
ニコフレユーザーならずとも読むべきnico.friends Advent Calendar 2017の投稿
投稿されてから少し時間が経ってしまったが、それでも紹介しておきたい記事がある。(2017/12/13)

名作RPG「ロマンシング サガ2」リマスター版がNintendo Switch、PS4など最新機種への移植決定
「流し斬りが完全にはいったのに……」で知られるあのゲーム。(2017/12/8)

悩める君に贈るガツンとくる言葉:
「会社に行きたくない」「異性に振られた」――そんな社会人を“ガツンと”助ける名言集
仕事でもプライベートでも、ビジネスパーソンの苦悩は尽きない。コラムニストの石原壮一郎さんは、著書「悩める君に贈る ガツンとくる言葉」の中で、著名人の名言を交えつつ、読者の相談に丁寧に答えている。(2017/12/11)

「そんなんじゃどこ行っても同じだぞ」は絶対NG 転職の決定打を語り合う「転職を心に決めたきっかけ」が流行 
「そんなんじゃどこ行っても同じだぞ」→「じゃあ辞めます」。(2017/12/4)

全国7拠点、現場や営業も全員参加
実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した。(2017/11/28)

「ナナナナー、ナナナナー」のジョイマン高木、ツイートの言葉選びが詩的だと再評価の声
文学の道もいけるな。(2017/11/22)

JRAと『北斗の拳 イチゴ味』のコラボがカオス ケンやラオウとタイピングバトル、うさ晴らし用の「ひでぶ!!」ボタンも
オリジナルの描き下ろし漫画や、「おまえはもう当たっている」馬券風ふせんプレゼントなど盛りだくさん。(2017/11/22)

「Fate/Grand Order」LINEスタンプ新作が登場! 「溶けちゃうぅ!」「ガチャは悪い文明」などネタ満載
240円を払えば40種類のスタンプが無料で使える(錯乱)。(2017/11/21)

文豪、作家たちの〆切との壮絶な闘い! 言い訳が連なり3万部ヒットの「〆切本」関連グッズがヴィレヴァンに登場
「今夜、やる。今夜こそやる。」にきっと勇気をもらえる(2017/11/19)

この一冊に一片の悔いなし!? 世紀末覇者・拳王を徹底解析する『ラオウ×ぴあ』11月20日発売
“ザコからのメッセージ”なども掲載。(2017/11/18)

Twitterの文字数制限緩和にドイツの官僚らが喜びの声
Rindfleischetikettierungsueberwachungsaufgabenuebertragungsgesetzという長ったらしい法律でもツイートしやすくなるという。(2017/11/9)

シン・ゴジラ第2形態「蒲田くん」がLINEスタンプに登場 キモかわいくて使いやすい!?
映画のシーンが思い出されます。(2017/11/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。