ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニコニコ学会β」最新記事一覧

人の心理を利用して妄想を具現化 “リアル”なバーチャルアイドルとの温泉旅行「ゆかり温泉」の仕掛け人に聞いた
「AR(拡張現実)やVR(仮想現実)には頼らずに、バーチャルアイドルを召喚」――その仕掛けについて聞きました。(2015/8/15)

ニコニコ超会議2015:
「NHKだけ映らないアンテナ」で受信料支払い不要に? 「公正で有益なNHKのあり方を議論するきっかけに」
筑波大学視覚メディア研究室が「NHKだけ映らないアンテナ」を出展。実際に受信料免除となるかは今後司法の判断を仰ぐという。(2015/4/27)

ニコニコ超会議2015:
pixivのイラスト閲覧数と「タグ」との関係性をまとめた研究が分からないけどめっちゃ分かる
一番効果が高いのは「残念な美人」!(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
前から後ろから上から下から360°怖い「360°ホラームービー」がめっちゃ怖かった
心拍数が表示される羞恥プレイ。(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
「研究してみたマッドネス〜架空の科学者を超えてゆけ〜」に変人研究者が大集合していた件
「NHKだけ映らないアンテナの開発」「偶然短歌bot」などの開発者が登壇。(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
戦艦長門だって作れちゃうニコニコ動画の「コメントアート」が消滅の危機? その意外な理由は……
ニコニコ独自のアートが消えかかっています。(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
女の子にがんばれがんばれしてもらいながら腹筋ができる夢のシステムが登場
これならいくらでも腹筋ができる?(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
「女の子の匂いの香水」をクンカクンカスーハースーハーしてきた
女の子の体臭をクンカしたいあなたに。(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
男性向けは「女性キャラを見たい。男の性器は顔」、女性向けは「BLは心も体もつなげる愛の物語」エロ漫画の法則が爆誕
エロ漫画雑誌掲載の522作品、「艦これ」エロ同人誌200冊、BL単行本86冊545エピソードを目視で集計し、統計をまとめました。(2015/4/25)

活動終了まで残り1年 「ニコニコ学会β」が示した楽しいアカデミズム、そして後に残すもの
ユーザー参加型研究の場を目指して発足した「ニコニコ学会β」の活動終了まで残り1年となった。独特の発表形式やコミュニティー運営のノウハウなど、シンポジウムを重ねる中で培ったものをどう残していくか、これから考えていくという。(2015/4/24)

VRちゃぶ台返し、VR大人の人形遊び、メーヴェ的なアレほか 超会議でVR体験25種超のコーナーがアツい
VRFes JAPANほかVR系展示多数。(2015/4/11)

キャラ弁がもっと身近に、捗るミライ ふりかけでご飯に絵を描くプリンター「LunchBot」がお弁当作りの救世主かもしれない
「第8回ニコニコ学会β」の「研究してみたマッドネス」に応募された研究。(2015/4/1)

「NHKだけ映らないアンテナ」 筑波大視覚メディア研究室が開発
「NHKだけ映らないアンテナ」を筑波大学視覚メディア研究室が開発。「ニコニコ学会β」の「研究してみたマッドネス」に応募した。(2015/3/30)

筑波大学視覚メディア研究室、NHKだけ映らないテレビアンテナ線フィルターを開発 関東広域で使用可能
「第8回ニコニコ学会βシンポジウム」の企画「研究してみたマッドネス」に応募された研究。アンテナ線フィルターを使って、NHK系列の放送をすべて見られないようにしています。(2015/3/30)

神奈川工科大学で「運動会ハッカソン」!? なんじゃそりゃ!
よく分からないけど楽しそう!!(2014/6/23)

IT用語解説系マンガ:食べ超(48):
ブレインストーミングは、人より磁場が命
脳によい幻覚を及ぼす磁場を生み出す人のことを、ファシリテーターと呼びます。(2014/4/30)

ニコニコ超会議3は「Oculus Rift」祭りでした――護衛艦「しまかぜ」からミクさんと添い寝まで総ざらい!
超会議ではあちこちで、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」で仮想現実の世界を体験できました。(2014/4/27)

ニコニコ超会議3:
ゆきりんが視線を合わせてくれるなんて最高じゃないか! 柏木由紀さん激似ロボがウェディングドレスで登場
まさか超会議でゆきりんに会えるとは思わなかったぜ。開発者の愛を感じるな。(2014/4/26)

「第6回ニコニコ学会βシンポジウム」(2日目) 魔術師たちの楽園へようこそ
「ニコニコ超会議3」より「第6回ニコニコ学会βシンポジウム」をライブ配信する。今回のテーマは「魔術師たちの楽園」。配信は4月27日10時0分〜。(2014/4/21)

「第6回ニコニコ学会βシンポジウム」(1日目) 魔術師たちの楽園へようこそ
「ニコニコ超会議3」より「第6回ニコニコ学会βシンポジウム」をライブ配信する。今回のテーマは「魔術師たちの楽園」。配信は4月26日10時0分〜。(2014/4/21)

サムライたちの集い「第3回 サムライモノフェスティバル」(3):
モノフェスで見た、面白アイデアの事業化事例
2月15日開催の第3回 サムライモノフェスティバル」では、「誰でもブランドを立ち上げられるサービス」「ボタンを押すと拍手するおもちゃ」「匂いが出るガジェット」など、面白アイデアを実際に事業化した事例が多数展示されていた。(2014/3/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

錯覚とインターフェースの可能性(3):
人間の仕組みを理解して作るインターフェース――コンピュータで人間はラジコン化できる
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」。本稿では第5回シンポジウムのハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/28)

錯覚とインターフェースの可能性(2):
視覚はどこまで他の感覚器官をだませるか―― 「おいしそう」の科学
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/21)

錯覚とインターフェースの可能性(1):
目をだます方法――触覚と認知の広がりを考える
 ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める。2013年12月21日ニコファーレで行われた「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/14)

野生の研究者、出てこいやー!:
メカ彼女に遠隔操作ロボ ニコニコ学会β「研究してみたマッドネス」が激アツだった
「SIREN」の視界ジャック、隠れ萌えオタをあぶり出す方法……野生の研究者が繰り出す斜め上の研究に会場は大盛り上がりでした。(2013/12/24)

Maker Faire Tokyo 2013レポート:
ジオングが! マリオが! ミクさんが! さまざまで楽しいモノづくりの形
テクノロジーを自由な発想で楽しむメイカーズの祭典が、日本科学未来館で開かれた。チームラボの高須氏が、会場で気になった展示を紹介!(2013/12/13)

UXレポート  IVRC 2013:
Oculus Rift、Unity、Openframeworks...感覚器官フル稼働の仮想空間を実現する
学生のアイデアを具現化するツールの進化・普及と、感覚器官をフルに使う人工現実感。表現とインターフェースについての学生の挑戦から「思い付き」を実現する環境のいまを知ろう。(2013/12/9)

Fab9実行委員長 田中浩也氏インタビュー:
未来は予測できないから、何でも作れるようにする! FabLab流の教育とビジネス観
未来は完全に予測できない。「流行に乗る」「先を見越して無駄なく行動する」のではなく、不確かな未来に備え、モノを作る力を磨くこと。それがFabLabの考えだ。(2013/10/11)

世界Fablab代表者会議Fab9レポ【後編】:
これがFablabスタイル! 世界中の人たちによるワイガヤモノづくりキャンプ「Fab9」
2013年8月21〜27日の7日間、世界のFablab運営者(Fablabマスター)が集まる「第9回 Fablab代表者会議(Fab9)」が、横浜で開催された。今回は、「会議」というか「キャンプ」といった雰囲気の同イベントの内容をお伝えする。(2013/9/18)

D89クリップ(64):
Yamaguchi Mini Maker Faireに西日本のMakerが集結!
山口県山口市で、西日本初のMaker Faireが開かれ、日本全国から100組を超えるMakerたちが集まった。(2013/9/17)

世界Fablab代表者会議Fab9レポ【前編】:
Fablabが目指すモノづくりの究極マシン「ファブリケータ」とは?
2013年8月21〜27日の7日間、世界のFablab運営者(Fablabマスター)が集まる「第9回 Fablab代表者会議(Fab9)」が、横浜で開催された。前編は、2013年8月26日に開催された「国際シンポジウム」の内容を中心に紹介する。(2013/9/13)

D89クリップ(63):
「Makeすることで世界は変わる」〜「Make」編集長が語るMakerムーブメント
Makerムーブメントの旗振り役であるマーク・フラウエンフェルダー氏に、「Make誌が目指すもの」「Makerムーブメントが世の中に及ぼす影響」について聞いた。果たして、Makerムーブメントは世界をどのように変えていくのだろうか。(2013/6/27)

D89クリップ(62):
みんな笑顔のお祭り〜Maker Faire: Taipei 2013
ハイテクノロジの国、台湾でもMaker Faireはもちろん大人気。台湾で初開催のMaker Faireでは、100組以上の出展者が集まる盛り上がりになった。(2013/6/19)

D89クリップ(61):
生物学からMakerムーブメントまで、ニコニコ学会βの範囲がさらに広がる!
インターフェイス系の研究が多かったニコニコ学会βが、生物学・データ分析などのセッションを加え、ますます広がった。10万人を集めた第4回シンポジウムをレポートする。(2013/6/5)

ニコニコ超会議2:
【ニコニコ学会】あなたはどこの住人? 「ニコ地図2013」がだいたいあってる
最後に覇権を握るのはどの大陸か……。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2:
「男の娘の偽乳は本物のおっぱいなのか?」 ニコニコ学会で男の娘が脱いで証明
そして現れるスクール水着。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2:
【ニコニコ学会】エロマンガの法則「男性キャラは物語中盤以降、顔と性器の出番が逆転する」!!
あくまでまじめな研究です。(2013/4/27)

「彼女が後ろから抱きついてくれる感覚を得られる画期的なデバイス」が発明されて日本は今日も平和
「ッゴメンね、待った? ぎゅ〜〜〜」…………ありがとう、ありがとう。(2013/4/5)

D89クリップ(60):
人とコンピュータの未来 インタラクション2013レポート
さまざまな分野の研究者が、人と人、人と機械との間のインタラクションを研究しあうために集まる学会「インタラクション」をレポートする。(2013/3/19)

D89クリップ(58):
誰もが研究者の時代? ニコニコ学会βレポート
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集めるニコニコ学会β。6時間の長丁場の模様をレポートする。(2013/2/4)

「第3回ニコニコ学会βシンポジウム」ライブ配信 「冨田勲、初音ミクに出会う」も
「第3回ニコニコ学会βシンポジウム」をライブ配信する。作曲家・冨田勲さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長によるセッション「冨田勲、初音ミクに出会う」、東浩紀さんらによるセッション「『福島第一原発観光地化計画』を考える」など。配信は12月22日13時0分〜。(2012/12/17)

UXClip(14):
Maker達のお祭りがやってきた! Maker Faire Tokyo 2012
Maker Faire Tokyo 2012は、テクノロジーを自由な発想で楽しむ「Maker」のお祭りだ。約240組が出展し、大いに盛り上がったMaker Faireをレポートする。(2012/12/17)

UXClip(12):
ロボットも日本の国技に! 25年目の高専ロボコン
今年のテーマは「ベスト・ペット」。高専生の自由なアイデアが爆発した。ついに25年目を迎えた、日本のものづくりセンスが溢れた大会をレポート(2012/12/10)

「目標は収支トントン」 「ニコニコ超会議2」は任天堂が特別協賛、経産省後援
来年4月に開く「ニコニコ超会議2」のスポンサーが発表。任天堂が特別協賛し、岩田社長が発表会に登場した。(2012/12/6)

「第3回ニコニコ学会β」直前! 見どころを紹介
12月22日に開催される「第3回ニコニコ学会β」の見どころを各セッションの座長が紹介する番組。配信は12月1日20時0分〜。(2012/11/30)

D89クリップ(56):
世界に誇る日本の学生のバーチャルリアリティ力
世界に誇る日本の国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト「IVRC2012」。グランプリの「腕の上に巨大な鳥が止まった感触」とは?(2012/11/30)

きっかけは「攻殻機動隊」 “透明プリウス”の稲見教授が語るアニメと科学の関係
藤子・F・不二夫先生の「21エモン」などは科学者を目指す人にぜひ読んでほしい――マンガ「攻殻機動隊」をきっかけに「光学迷彩」を開発した慶応義塾大学の稲見教授が、マンガやアニメが研究者にもたらす影響について語った。(2012/11/2)

UXClip(7):
プログラムを「どや!」と発表し合う、明治大学アブノーマルプログラミング
「人を驚かせ、笑わせ、楽しませる」というコンセプトに基づき、アブノーマルなプログラミングを発表し合うイベントABProをレポートする。(2012/10/30)

「ニコニコ学会βは何を変えようとしているのか」
「ニコニコ学会βは何を変えようとしているのか」をテーマにした番組。ニコニコ学会βを推進してきた江渡浩一郎氏、稲見昌彦氏、宮下芳明氏、高須正和氏の各委員が順に研究10連発(計40連発)を発表する。配信は10月27日11時15分〜。(2012/10/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。