ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「研究者」最新記事一覧

ソニー、ディープラーニングのコアライブラリをオープンソースで公開
ソニーがディープラーニングのコアライブラリを公開。開発者・研究者に利用してもらいたいとしている。(2017/6/27)

組み込み開発ニュース:
10Gbpsを超える超高速近接無線通信を国際標準規格化
TransferJetコンソーシアムは、米国の電気電子学会IEEEにおいて、10Gbpsを超える超高速近接無線通信「IEEE802.15.3e」の国際標準規格化を完了した。4K解像度やVRなどの大容量データを短時間で転送可能にする。(2017/6/23)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(3):
Googleの研究者たちはハイパースケールで、ミリ秒とナノ秒の間、マイクロ秒への最適化を考えている
長年の間、IT業界はハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境のさまざまニーズに対応できていた。しかし、ハイパースケールデータセンター環境で稼働するウェアハウス(倉庫)サイズのコンピュータの台頭に伴い、この状況は変わろうとしている。(2017/6/23)

Microsoft Edgeの報奨金プログラム、今後は期限設けず
MicrosoftはEdgeの脆弱性を発見した研究者に報奨金を支払うプログラムを無期限で継続すると発表した。発見者には500ドル〜1万5000ドルの報奨金を支払う。(2017/6/22)

モルモットの名前をディープラーニングで命名 保護施設からの依頼に研究者が二つ返事で応える
まさかの活用方法。(2017/6/19)

日本地質学会が「ブラタモリ」制作チームを表彰へ 「地質学の普及に貢献しているのは明らか」
納得の受賞です。(2017/6/16)

生後6カ月から少量の卵摂取で卵アレルギーの予防へ 日本小児アレルギー学会が医師に推奨する提言を発表
アレルギー発症前のアトピー性皮膚炎乳児に効果が認められました。(2017/6/16)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

日本発の地質時代「チバニアン」誕生なるか 国際標準地、きょう申請
茨城大などの研究グループが、千葉県の地層「千葉セクション」を、地質時代の区分を決める標準地として国際学会に申請。審査をクリアすれば、その地質時代の名前が「チバニアン」になる。(2017/6/7)

Microsoft、新たに発見されたマルウェア対策エンジンの脆弱性を修正
Google研究者によると、Microsoftはマルウェア対策エンジンに見つかった深刻な脆弱性を、5月25日付で修正した。(2017/5/30)

pixivのR-18小説を「有害な文」 学会が論文取り下げ 「検討するため」
人工知能学会で発表された立命館大学の論文にネットで批判が集まり、学会が公開を中止した。(2017/5/25)

Androidの設計問題突く攻撃手法「Cloak & Dagger」、米研究者が論文公開
この攻撃では、Androidのパーミッションを悪用し、ユーザーに気づかれないまま端末を制御できてしまうという。(2017/5/25)

日本の「サザエ」に学名なかった!? 「Turbo sazae Fukuda」と岡山大研究者が命名
事実上の新種として「Turbo sazae Fukuda, 2017」と命名(フグ田じゃないよ)。(2017/5/20)

Microsoft、マルウェア対策エンジンの重大な脆弱性を修正
MicrosoftがGoogleの研究者が「最悪」と評していたWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。同社が月例セキュリティ更新プログラム公開の前日にこうした対応を取るのは極めて異例。(2017/5/10)

Windowsに新たな未解決の脆弱性、Google研究者が「最悪」と報告
米Microsoftは5月9日(日本時間の5月10日)に月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通しだが、今回の脆弱(ぜいじゃく)性への対処は間に合わない可能性もある。(2017/5/9)

パッチ公開から7年
核施設攻撃マルウェア「Stuxnet」の脅威がいまだに消えない“深刻な理由”
セキュリティ研究者によれば、悪名高いワーム「Stuxnet」が悪用した脆弱性が、いまだに活発に利用されているという。それはなぜなのか。(2017/5/9)

激増するサイバースパイやランサムウェア、米機関も注意勧告
製造業や公共セクター、学術機関などがサイバースパイの被害に遭って調査研究内容などが流出。ランサムウェア攻撃は前年に比べて50%も増加した。(2017/5/1)

ESETがデジタル技術のリスクに関する意識調査を発表:
デジタル技術の信頼低下が「デジタルエコノミーの成長の足を引っ張る」恐れあり!?
ESETの研究者がデジタルエコノミーへの影響という観点から、デジタル技術のリスクに関する意識調査を行った。(2017/4/28)

製造マネジメントニュース:
グローバル研究チームを発足、顧客協創を推進してビジネス創出支援へ
日立製作所は、IoTプラットフォーム「Lumada」のソリューション開発を促すため、グローバル研究チーム「Insights Laboratory」を発足。社会イノベーション協創センタやテクノロジーイノベーションセンタの研究者などで構成するチームとなる。(2017/4/24)

数十人を殺した「ツァボの人食いライオン」が人を食べたのはなぜ? 米大学が研究
歯の疾患を抱えていたため、人間の方が狩りやすかったのではないかと研究者は述べています。(2017/4/20)

“見た目”で判断:
Facebookの広告投稿も見破る「Perceptual Ad Blocker」登場
Facebookと「AdBlock Plus」の広告ブロックをめぐるいたちごっこが続く中、プリンストン大学の研究者がマークアップではなく、人間向けの表示を“知覚”して広告を判断するブロッカーのコンセプト実証用Chrome拡張機能を公開した。(2017/4/17)

新しい価値を提案:
マヨネーズで食卓を彩る キユーピー研究者の工夫
ロングセラー商品「キユーピーマヨネーズ」。研究開発を担当する若見俊介さんは、マヨネーズの新商品や新しい使い方の開発に取り組んでいる。マヨネーズにかける思いや研究開発の工夫を聞いた。(2017/4/17)

「インチキ水素水」ブログ、「中傷だ」と日本トリムが研究者提訴
ブログに「インチキ水素水」と書かれ、自社製品の信用を傷つけられたとして、日本トリムが研究者を提訴した。(2017/4/14)

増井俊之さんのTwitterアカウントなど乗っ取られる パスワード使い回しで
パスワードに代わる認証システムについても言及してきたUI研究者の増井俊之さんのTwitterアカウントが乗っ取られた。(2017/4/12)

「馬がシマウマに」「夏の写真が冬に」 “ペア画像なし”で機械学習するアルゴリズム「CycleGAN」がGitHubに公開
米バークレーAIリサーチラボラトリーと米カリフォルニア大学バークレー校の研究者が公開したアルゴリズムは、画像ペアのトレーニングデータがなくても学習・変換を可能にする。(2017/4/12)

シーメンスPLMソフトウェア:
ワールドワイドのSTEMイベントで「Solid Edge」を無償提供
シーメンスPLMソフトウェアは、アメリカ機械学会(ASME)が世界中で開催するSTEM(科学/技術/工学/数学)イベント「E-Fests」のスポンサーに就任したと発表した。(2017/4/11)

CiNii、論文データの提供を再開 「利用者の利便性を考慮」
「CiNiiから論文が読めなくなった」と学生や研究者が混乱していた問題で、NIIは10日、論文のダウンロード提供を再開した。(2017/4/10)

学術情報検索サービス「CiNii」で電子化論文公開終了……頼りにしていた学生困惑
J-STAGEへの移行途中で論文の提供が終了したため、混乱を招いているもよう。(2017/4/5)

J-STAGE一本化の影響で:
「CiNiiで論文が見られない」電子図書館終了に困惑の声
論文などの学術情報検索サービス「CiNii(サイニィ)」から、電子化(PDF化)された論文や書籍などの一部の情報が閲覧できない状態に。研究機関や学生などから困惑の声が上がり、Twitterのトレンドにも入った。(2017/4/5)

「CiNiiから論文が消えた」 研究者に困惑広がる
「CiNii」に掲載されていた論文のPDFファイルの多くが非公開になり、研究者や学生の間に困惑が広がっている。(2017/4/5)

世界最大となる1.7メートルもの恐竜の足跡が発見される オーストラリア北西部に生息していた竜脚類
研究者は「オーストラリアのジュラシックパーク」と調査場所を表現。(2017/3/29)

CADニュース:
エンジニア志望の学生向けイベントでCADソフトを無償提供
シーメンスは、アメリカ機械学会が開催するイベント「E-Fests」のスポンサーに就任した。同イベントで、エンジニアリング専攻の学生に同社のCADソフト「Solid Edge」を無償提供し、次世代の人材育成に貢献する。(2017/3/27)

Intelも脆弱性情報に賞金贈呈、バグバウンティ開始 最大3万ドル
Intelのソフトウェアとファームウェア、ハードウェアの脆弱性を発見して報告を寄せた研究者に対し、悪用の難易度に応じて500ドル〜3万ドルの賞金を贈呈する。(2017/3/17)

人工知能学会、倫理指針を策定 「人類への貢献」「安全性」など全9条で研究者の職業倫理をあらためて表明
「当たり前のことをきちんと表明することこそが重要」とのコメントも。(2017/3/8)

ぬいぐるみから80万人のユーザー情報が流出、つながる玩具に警鐘
「ほかにも多数のつながる玩具に深刻な脆弱性が存在しているのは間違いない。メーカーや保護者の知らないうちに不正アクセスされ、データが盗まれているかもしれない」と研究者は警鐘を鳴らしている。(2017/3/2)

「バグだああ」「トラップ発動!! OSの自動更新!!」 情報系技術者のあるあるを描いたLINEスタンプ、情報処理学会から発売
「この分野は素人なのですが」の破壊力。(2017/3/1)

ねっと部:
「この分野は素人なのですが」に震える人続出──情報処理学会、“技術者あるある”をLINEスタンプ化
情報処理学会が公式スタンプをリリース。“それ新規性あります?”(2017/3/1)

Microsoftの更新プログラム公開延期で相次ぐ未解決の脆弱性、今度はEdgeとIEにも
米Googleの研究者が、EdgeとIEの未解決の脆弱性を突くコンセプト実証コードを公開した。(2017/2/27)

Windowsに未解決の脆弱性、Google研究者が情報公開
この問題は、公開が延期された2月の月例セキュリティ更新プログラムで対応される予定だったのではないかとGoogle研究者は推測している。(2017/2/21)

フジ「嫌われる勇気」に日本アドラー心理学会が抗議 放映中止・脚本見直しを要求
ドラマ内におけるアドラー心理学の理解が「一般的な理解とはかなり異なっている」としています。(2017/2/12)

死海文書が置かれていたであろう12個目の洞窟 ヘブライ大学の研究者が発見
巻物を保存する壺などが見つかった。(2017/2/10)

レイシスソフトウエアーサービス VoiceCapture:
検査完了で所見入力が完了する、音声認識所見入力システム
レイシスソフトウエアーサービスが、音声認識による医療機関向け所見入力システム「VoiceCapture」を販売開始した。日本消化器内視鏡学会のJEDに準拠、他の電子カルテやファイリングシステムとも連動する。(2017/2/10)

東大、無料のオンライン英語講座公開 英語が苦手な研究者向け
英語に苦手意識を持つ研究者向けのオンライン英語講座「English Academia」を東大が無料公開した。(2017/2/9)

ISSCC 2017でIntelが発表:
2.5Dパッケージング技術を適用したFPGA
現在、米国で行われている国際学会「ISSCC 2017」で、Intelが、2.5Dパッケージング技術を使ったFPGAについて論文を発表した。(2017/2/9)

10年以上かけて星を飲み込むブラックホール 米研究者が発見
18億光年の彼方で、長いお別れ。(2017/2/7)

研究開発のダークサイド(1):
研究開発コミュニティーが置かれた危うい状況
研究開発コミュニティーは「常に」危機に曝されてきた。研究開発に関わるエンジニアであれば、「研究不正」「偽論文誌・偽学会」「疑似科学」といった、研究開発コミュニティーを取り巻くダークサイドを知っておくにこしたことはない。本連載では、こうしたダークサイドを紹介するとともに、その背景にあるものを検討していく。(2017/2/7)

遠藤雅伸に聞く:ゲームデザイナーとなるには、ゲームの面白さを知るには、どんな本を読めばいいのか?
ゲームデザイナー&研究者・遠藤雅伸インタビュー。(2017/2/2)

低価格な衛星測位の実力は?:
PR:自動車・低空・農地で「誤差数センチ」、小型GNSS受信モジュールの性能が分かった
人工衛星を利用した高精度測位が変わろうとしている。低コストのモジュールを利用して、従来と同等の位置精度「数cm」を確保できそうだからだ。民生市場に広く役立つ見込みがある。研究者が発表した同モジュールの評価・検証結果を紹介する。(2017/1/26)

人工知能:
AIは開いた世界で力を失う、弱点を補う人間の存在
2017年1月18〜20日に開催された「AIカンファレンス2017」の基調講演に日本のAI研究の第一人者といわれる国立情報学研究所の山田誠二氏(人工知能学会会長)が登壇。人とAIの望ましい関係性について語った。(2017/1/24)

「フェアリーサークル」生み出すのはどんな仕組み?
直径数十メートルに及ぶアフリカ南部の謎のサークル。その原因を多くの研究者が探ってきたが、あまりロマンティックではない新説が発表された。(2017/1/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。