ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Node.js」最新記事一覧

Synopsys Coverity:
車載ソフトウェア開発支援機能を強化――静的コード解析ツール新版
シノプシスは、静的コード解析ツール「Coverity」の最新バージョン「Coverity 8.5」の提供開始を発表した。(2016/7/20)

スマホで便利な環境構築手順書:
Node.jsをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Node.jsとは何か、Node.jsのインストールとアンインストールについて解説。Node.jsプログラミングを始める参考にしてほしい。(2016/7/14)

モバイル/車載アプリ向け解析機能も強化:
静的コード解析ツール「Coverity」の最新版、シノプシスが提供開始
米シノプシスは、ソースコード解析ツールの最新版「Coverity 8.5」の提供を開始した。セキュリティ解析機能やモバイル対応機能などを強化した。(2016/7/13)

MISRA C 2012サポートなど、静的コード解析ツール「Coverity」に新バージョン
日本シノプシスが静的コード解析ツール「Coverity」の最新バージョン「Coverity 8.5」を発表した。「MISRA C 2012」を完全サポート、セキュリティ解析機能も強化した。(2016/7/12)

IBM、「IBM MobileFirst Foundation」最新版を発売
IBMはモバイルアプリケーションの開発・運用支援プラットフォーム「IBM MobileFirst Foundation 8.0」の提供を開始した。(2016/7/5)

Socket.IOで始めるWebSocket超入門(終):
Socket.IO開発時に役立つツール4選とroom、namespaceライブラリの使い方
本連載では、WebSocketを扱えるNode.jsのライブラリ「Socket.IO」の使い方について解説します。今回は、チャットアプリ開発を進めながら、「room」「namespace」ライブラリの使い方について説明し、最後に開発時に役立つツールを4つ紹介します。(2016/7/4)

「Node.js」「Apache Spark」「Docker」で攻めのITを実践
迅速な経営判断はリアルタイムなデータ分析から――ビジネスにOSSをどう活用する?
日々発生するデータをリアルタイムで分析しビジネスの意思決定につなげるためには、大量データを高速処理できる分析や開発の基盤が欠かせない。実現の鍵は、オープンソースソフトウェア(OSS)が提供する先進技術だ。(2016/6/29)

Dev Basics/Keyword:
Electron(デスクトップアプリ開発用フレームワーク)
Electronは、Web標準技術(HTML/JavaScript/CSS)を使って「クロスプラットフォームなデスクトップアプリ」を開発するためのフレームワークだ。(2016/6/24)

IoT/コグニティブアプリケーションの開発環境を充実:
IBM、クラウドベースのプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」に2つの機能を追加
米IBMは2016年6月21日、同社が提供するプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」に、「Node.js」のパッケージ管理システム「NPMモジュール」と、オープンソースのフローエディタ「Node-RED」を新たに追加したことを発表した。(2016/6/23)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeのおすすめ拡張機能
Visual Studio Codeの拡張機能の中から「ちょっとオススメ」「ちょっと面白い」というものを紹介していこう。(2016/6/22)

Computer Weekly製品ガイド
ソフトウェアアーキテクチャの分裂と征服
個別に導入できるモジュールで構成されたアプリケーションには、柔軟性の高いソリューション開発の未来がある。(2016/6/20)

Dev Basics/Keyword:
npm(パッケージ管理ツール)
npmはJavaScript開発者向けのパッケージマネジャーであり、Node.jsベースのさまざまなパッケージの管理を手軽に行える。(2016/6/17)

Samsung、クラウド企業のJoyentを買収
Samsung Electronicsは6月15日、クラウド企業の米Joyentを買収することで合意したと発表した。(2016/6/16)

ACCESS NetFront Agent:
Web技術でIoTゲートウェイ機器をインテリジェント化
ACCESSは、IoTゲートウェイ機器にインテリジェント機能を付加する、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジン「NetFront Agent」を開発し、提供を開始する。(2016/6/16)

Windows、Mac、Linuxのバイナリーを用意:
マイクロソフト、「Azure Storage Explorer」の操作性を向上
マイクロソフトは、Azureストレージ上のデータを管理できるスタンドアロン型無料ツール「Azure Storage Explorer」のプレビュー版をアップデートした。(2016/6/13)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

ESEC2016特別企画:
PR:IoTデバイスのビジネスチャンスを生み出す「Microsoft Azure Certified for IoT」
マイクロソフトの「Microsoft Azure Certified for IoT」は、OSやデバイスの種類を問わずクラウドへつながることを無料で認証するプログラムだが、単純な認証にとどまらず、さまざまな角度から「IoTビジネス」を推進するプログラムでもある。ESEC2016の会場で垣間見えたその魅力を紹介する。(2016/6/1)

Electron 1.0でデスクトップアプリ開発超入門――動作の仕組み、基本的な使い方、セキュリティの懸念点
クロスプラットフォーム向けのデスクトップアプリを開発できるElectronについて、動作の仕組み、基本的な使い方、アプリの作り方、セキュリティの懸念点などを解説します。(2016/5/18)

WordPress、Slack、Yeoman、Visual Studio Code、Atomなどで活用:
HTML、CSS、JavaScriptでデスクトップアプリを開発できるElectron 1.0、Devtron 1.0、Spectron 3.0が提供開始
Web技術を利用したクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron 1.0」がリリースされた。APIデモアプリ、検証・デバッグ用ツール、テストフレームワークも同時に公開されている。(2016/5/11)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第41回 「何とかなる」ではなく「何とかする」――思わず口にした「辞めます」の先にあったもの
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/4/28)

Socket.IOで始めるWebSocket超入門(2):
チャットアプリ開発に見る、Socket.IOの基本ライブラリの使い方
本連載では、WebSocketを扱えるNode.jsのライブラリ「Socket.IO」の使い方について解説します。今回は、チャットアプリ開発を例に、双方向通信、ブロードキャスト送信、個別送信などを実装する際のSocket.IOの使い方について。(2016/4/28)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
Slackでボットと対話してみよう
Microsoft Bot Frameworkを使用して作成したボットをAzureにデプロイ、Bot Connectorに登録し、最終的にSlackで対話を行う。(2016/4/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが仕掛ける「会話Bot」の仕組みとは?
Microsoftを筆頭に、FacebookやLINEからも続々と「会話Bot」の開発環境が発表され、今後の盛り上がりを予感させる。Microsoftが発表したBot開発の仕組みを見ていこう。(2016/4/25)

開発環境も「所有」から「消費」へ
IBMのクラウド戦略、開発リソースのエコシステムでSIパートナーの“窮地”を救えるか
IBMは「SoftLayer」「Bluemix」「Bluemix API」の提供でクラウド市場での存在感を強く打ち出している。これらのサービスは、パートナー企業の提案力の強化にどのように貢献するのか?(2016/4/19)

Microsoft、「Visual Studio Code」のバージョン1.0安定版を公開
Microsoftが、オープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」のWindows、Mac、Linux版バージョン1.0を公開した。プレビュー版は累計200万本インストールされ、1000以上の拡張機能が構築された。(2016/4/15)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
Microsoft Bot Frameworkでボットを作成してみよう
マイクロソフトが突如として発表したBot Framework。これを使ってボットを作成するための基本を見てみよう。(2016/4/15)

AppleとIBMの提携で実現したクラウド開発環境
Appleの開発言語「Swift」は「素晴らしい!」、IBM担当者が感動した理由は
IBMとAppleの提携により、クラウド開発プラットフォーム「Bluemix」でAppleのプログラミング言語「Swift」を利用できるようになった。提携の経緯や「Watson」との連係などを紹介する。(2016/4/15)

プロジェクトでは既知の問題として把握済み:
「npm」に自己複製型のワームプログラムが動作可能な脆弱性が報告される
npmにワームプログラムが動作可能な脆弱(ぜいじゃく)性が報告されている。npmプロジェクトでは、改めてユーザーに注意を促している。(2016/3/30)

Node.jsのパッケージマネジャー「npm」にワーム増殖の脆弱性
Node.jsのデフォルトのパッケージマネジャー「npm」に、パッケージのインストールを通じて自己増殖するワームを作成できてしまう脆弱性が発覚した。(2016/3/29)

GCPは今後もNode.js開発者支援を強化:
Google App EngineでNode.jsがベータ提供開始
グーグルは2016年3月21日(米国時間)、同社PaaSの「Google App Engine(GAE)」で、Node.jsのベータ提供開始を発表した。Python、Java、PHP、Goに次ぐ対応となる。(2016/3/23)

ペンディングペインアイテムや新APIを提供:
“Nyan Cat”を見ながらコーディングできるAtomエディタ 1.6
GitHubは、カスタマイズ性が高いオープンソースのテキストエディタの最新安定板「Atom 1.6」を公開した。(2016/3/18)

Socket.IOで始めるWebSocket超入門(1):
いまさら聞けないWebSocketとSocket.IOの基礎知識&インストール
本連載では、WebSocketを扱えるNode.jsのライブラリ「Socket.IO」の使い方について解説します。初回は、WebSocketやSocket.IOの基礎知識、インストール方法やサンプルの実行確認などについてです。(2016/3/14)

特集:C#×JavaScript:
ECMAScriptの最新情報を得るには
ECMAScriptの仕様策定の過程と、最新情報を追いかけるのに役立つWebサイトを幾つか紹介していこう。(2016/3/11)

開発者の要望に応える姿勢もアピール:
マイクロソフトが「R Tools for Visual Studio」のプレビュー版を公開。Eclipse Foundationにも参加へ
マイクロソフトは、オープンソースの統計解析言語「R」を「Visual Studio」で利用可能にするための無料プラグインを発表、プレビューを公開した。(2016/3/10)

Edgeの対応も予告、Webアプリ開発がはかどる:
「Visual Studio Code」がChromeデバッグプロトコルに対応
マイクロソフトはオープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」で、Chromeのデバッグプロトコルに対応する拡張機能をオープンソースソフトウェアとしてリリースした。(2016/2/29)

ランタイム対応やKituraを発表:
米IBM、米アップルとSwiftによるエンド・ツー・エンドのアプリ開発を推進
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、サーバサイドでのSwift実行環境を強化する発表を行った。オープンソースの軽量WebフレームワークKitura、Swift Package Catalogのベータ版提供開始、Bluemix上でのSwiftビルドパックサポート、イベントドリブンプログラミングサービスOpenWhiskにおけるSwiftランタイムのサポートを発表した。(2016/2/23)

ランタイムとしてSwiftもサポート:
米IBMがAWS Lambda的なサービスOpenWhiskを発表、オープンソース提供も
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、AWS Lambdaに似たイベントドリブンなプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」を発表した。同時にこれを、Apache 2.0ライセンスに基づくオープンソースコードとして公開。同社は特徴として、オープン性とエコシステムの展開を強調している。(2016/2/23)

Dev Basics/Keyword:
package.json
package.jsonファイルは、Node.js+JavaScriptでのアプリ開発時に、そこで使用するパッケージやプロジェクト全体を管理するのに使われる。(2016/2/23)

Dev Basics/Keyword:
SPA(シングルページアプリ)
SPAは単一ページで構成されるWebアプリであり、応答性がよく表現力の高いアプリをクロスプラットフォームでユーザーに提供できるのが利点だ。(2016/2/19)

Dev Basics/Keyword:
ChakraCore
マイクロソフトがオープンソースとして公開したJavaScriptエンジン「ChakraCore」とはどんなものだろうか。(2016/2/2)

米ウォルマート発、どのクラウドでも単一のオペレーションを実現:
クロスクラウド対応の”PaaS 2.0”「OneOps」がOSSで公開される
米ウォルマートが、AWS、Azure、OpenStackなどクロスクラウド対応の新しいPaaS「OneOps」を公開しました。継続的デリバリ、オートスケール、自動復旧などを実現します。(2016/1/28)

モダンなハイブリッドクラウド環境への移行を支援:
Linux専用メインフレーム「LinuxONE」を強化
米IBMが、同社のLinux専用メインフレーム「LinuxONE」の機能強化を発表。ハイブリッドクラウドへの対応や、現代的なアプリケーション開発環境の整備も進められている。(2016/1/28)

週末チャレンジ 「こいつ、動くぞ」:
ブラウザのみで動くJavaScriptなOS「OS.js」をインストールしてみた
ブラウザのみで動くJavaScriptなOS「OS.js」が登場し、「何か面白いぞ」と話題になっています。Windows環境へインストールして、ちょっと遊んでみました。(2016/1/22)

Microsoft、JavaScriptエンジン「ChakraCore」をGitHubで公開
Microsoftが予告通り、Webブラウザ「Edge」で採用するJavaScriptエンジン「Chakra」のオープンソース版「ChakraCore」をGitHubで、MIT Licenseの下で公開した。(2016/1/14)

Tech Basics/Keyword:
Node.js
JavaやPHPなどと肩を並べるサーバアプリケーションの構築プラットフォームとなった「Node.js」を簡潔に解説。(2016/1/8)

特集:C#×JavaScript:
C#開発者のための最新JavaScript事情(Promise編)
ECMAScript 2015では非同期処理を行うためにPromiseオブジェクトが導入された。今回はこの基本的な使い方を見ていこう。(2015/12/25)

MAは開発者のM-1になったのか:
マッシュアップもIoTへ――「下手な芸人より面白い」「狂気を感じる」「絶句した」な12作品が集まった #MA11 決勝戦まとめ
全国の開発者が、自らの技術力と、世の中に公開されているさまざまなAPI、ハードウエア、センサーなどを「マッシュアップ」して、新たな作品を作り出すコンテスト「Mashup Awards」(MA)が今年も開催。同コンテストの最優秀作を決定する最終プレゼンテーション「ファイナルステージ」と、各賞の発表が、11月18日に東京の渋谷ヒカリエで行われた。(2015/12/25)

山市良のうぃんどうず日記(55:年末年始特別編):
2015年、私的Windows&マイクロソフト10大ニュース
本連載の2015年の締めくくりとして、2015年のWindowsおよびマイクロソフトに関連する10個の重大ニュースをピックアップしてみました。あくまでも筆者個人の見解です。(2015/12/28)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(Grunt編)
Webアプリ開発における日々の煩雑な作業を自動化してくれるツールである「Grunt」の基本を今回は見ていこう。(2015/12/24)

開発/検証環境にクラウドを活用する3つのポイントとは?:
PR:Oracle Cloud Platformを使うべき理由──他と何がどう違うのか
システム構築プロジェクトで使う開発/検証環境を、パブリッククラウドで調達する企業が増えている。オンプレミス製品と同じアーキテクチャで提供されるOracle Cloud Platformは、開発/検証環境として利用した場合も、オラクルユーザーに極めて多くのメリットをもたらす。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2015/12/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。