ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Webアプリケーション」最新記事一覧

「安全なオープンソース」を疑う
「オープンソース安全神話」信奉者が見なかったことにしたい“つらい現実”
オープンソースだから安全だと容易に判断してはならない。脅威が数多く見つかっている、オープンソースWebアプリケーションの注意点を説明しよう。(2016/6/13)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

システムインテグレーションとセキュリティ(3):
「イントラWebアプリケーションのセキュリティ」、大丈夫ですか?
“SI視点”でセキュリティのポイントを解説する本連載。第3回は、「アプリケーション開発」の観点から、特に見逃されがちな「イントラ環境のWebアプリケーションのセキュリティ」について注意すべきポイントを紹介します。(2016/4/21)

いいとこ取りのハイブリッドアプリも
「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」、モバイルアプリはどれが使いやすい?
企業のIT部門がどのタイプのアプリケーションを開発するか選ぶ際は、デバイスへの対応性やアクセス方法が焦点になる。(2016/4/21)

Google Play MusicでPodcast配信開始 まず北米から
Googleのオンライン音楽サービス「Google Play Music」でのPodcast配信をスタートした。まずは米国とカナダのWebアプリおよびAndroidアプリで提供を開始した。音楽同様にユーザーの好みに合うプレイリストを紹介してくれる。(2016/4/19)

SkypeのWebアプリ(プレビュー)、Edgeでプラグインなしで動画通話可能
Microsoftが、Windows 10のEdgeブラウザでSkype.comにアクセスするだけでグループ動画通話もできる「Skype for Web」(プレビュー版)を発表した。(2016/4/18)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(9):
AngularJSの「サービス」で理解するDI(Dependency Injection:依存性注入)の基本
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ビジネスロジックを実行するAngularJSの「サービス」の概要と種類、使い方に加え、DI機能の概要と設定方法を紹介する。(2016/4/7)

TweetDeckのWindowsアプリ版、4月15日に提供終了へ
Twitterがパワーユーザー向けクライアントと位置付けるアプリ「TweetDeck」のWindows版の提供を4月15日に終了する。今後はWebアプリ(tweetdeck.com)を利用するよう勧めている。(2016/3/18)

Webアプリで音楽を楽しく学べる「Chrome Music Lab」
Googleが、Chromeブラウザで遊べる音楽関連のWebアプリ集「Chrome Music Lab」を公開した。ごくシンプルな打ち込みアプリやアルペジオやコードについて学べるアプリなどがあり、すべてのソースコードがGitHubで公開されている。(2016/3/11)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるWAF
「SQLインジェクション」などの攻撃からWebサイト(Webアプリケーション)を守るWAF(Web Application Firewall)について、5分で解説します。(2016/3/7)

クラウド基盤のセキュリティを大幅に強化
AWSになくてAzureにはある、コンテナとセキュリティに関する2つの新機能
「Microsoft Azure」に2つの新しい機能が導入された。これらの機能によって企業のクラウドセキュリティはどのように強化されるのだろうか。Webアプリケーションセキュリティの専門家がその全容を解説する。(2016/2/22)

Dev Basics/Keyword:
SPA(シングルページアプリ)
SPAは単一ページで構成されるWebアプリであり、応答性がよく表現力の高いアプリをクロスプラットフォームでユーザーに提供できるのが利点だ。(2016/2/19)

Webアプリ vs. ネイティブアプリ
ユーザーと開発者の双方に自由をもたらすWebアプリの“検討すべき代償”
Webアプリは大量のユーザーを相手にする場合や、私物端末のストレージ容量が少ない従業員には最適だ。だがWebアプリでは、デバイスに備わっている機能をほとんど利用できない。(2016/2/17)

Dev Basics/Keyword:
Angular 2
Angular 2はHTML5/JavaScript/CSSの組み合わせで、モバイルアプリ/Webアプリを開発するためのフレームワークだ。(2016/2/16)

Dev Basics/Keyword:
AngularJS
AngularJSはJavaScript用のMVWフレームワークであり、「テンプレート」「データバインディング」などの機能を利用して、Webアプリを簡潔に記述できる。(2016/2/12)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のかゆいところに手が届く機能を見てみよう
今回はForguncy 2で追加された新機能のうち、リストビューの条件付き書式、ウィザードによるWebアプリの自動生成などの機能を見ていく。(2016/2/9)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のグラフ機能を使ってみる
ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール「Forguncy」の最新バージョンにはどんな機能が追加されたのかを見てみよう。(2016/2/5)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(8):
Web開発者が覚えておきたい、よく使うAngularJSのビルトインディレクティブ12選まとめ
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、AngularJSにデフォルトで用意されている便利なディレクティブの使い方をサンプルコードと共に紹介する。(2016/2/1)

Dev Basics/Keyword:
HTML5
2014年10月に勧告されたHTML5は、Webアプリ開発を念頭に置いて策定が進められた新世代のHTML仕様だ。本稿ではその概要をまとめる。(2016/1/28)

Excelライクの帳票作成ツールがバージョンアップ、40以上の機能を強化
Excel方眼紙のような感覚でWebアプリを開発できる「Forguncy」の新バージョンではグラフ作成やデータ連携がより簡単になった。(2016/1/21)

Windows 10、Edgeブラウザにも対応、40以上の新機能も:
「Forguncy」の新バージョンが発売
グレープシティは、Excelと同じ操作感覚でWebアプリケーションを開発できる開発ツールの新バージョン「Forguncy 2」を、2016年1月27日に発売する。(2016/1/21)

Twitterの実況アプリ「Periscope」、タイムラインでの直接視聴が可能に
Twitterの実況動画アプリ「Periscope」のライブ動画を、PeriscopeをインストールしていなくてもiOS版Twitterアプリ内で視聴できるようになった。AndroidおよびWebアプリでも対応する見込みだ。(2016/1/13)

Twitter共同創業者、ビズ・ストーン氏の人力Q&Aサービス「Jelly」が再出発
Twitter共同総合社のビズ・ストーン氏が、2014年にリリースした画像利用の人力検索サービス「Jelly」を刷新し、ログイン不要で専門家に質問できるQ&Aサービスとして再リリースする。Webアプリとしても提供する計画だ。(2016/1/8)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(Grunt編)
Webアプリ開発における日々の煩雑な作業を自動化してくれるツールである「Grunt」の基本を今回は見ていこう。(2015/12/24)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(gulp編)
Webアプリ開発における日々の煩雑な作業を自動化してくれるツールである「gulp」の基本を今回は見ていこう。(2015/12/18)

インフラではなく「顧客のWebサービス」を守る:
PR:無料でWAFを提供――「さくらの専用サーバ」が導入したセキュリティ強化施策とは?
「クラウドの使い勝手」と「物理サーバーの性能」の両立をうたう「さくらの専用サーバ」がリニューアルされた。エンタープライズのニーズに応えるべく、専用サーバーサービスとしては珍しいSLAを導入した他、ジェイピー・セキュアのWebアプリケーションファイアウオールを追加コストなしで導入できるようにし、「性能」「安定性」「セキュリティ」「コストパフォーマンス」などを同時に満たすサービス提供を目指す。(2015/12/7)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(7):
AngularJSの理解で欠かせないコントローラーとas記法、データバインディングの基本的な使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、AngularJSのコントローラーやas記法の使い方に加え、さまざまなデータバインディングの行い方などについて解説する。(2015/11/6)

Facebookメッセンジャーアプリで友達以外にメッセージを送れる「Message Request」機能が追加へ
Facebookメッセンジャーアプリで、Facebookでの名前が分かる相手であれば誰にでもメッセージを送れるようになる。この機能追加に合わせ、Webアプリで友達以外から受信したメッセージが振り分けられている「その他」フォルダがなくなる。(2015/10/28)

レスポンス待ちの時間をカイゼン:
Redmineのガントチャートプラグインがメジャーバージョンアップ
OSSプロジェクト管理ツールの定番「Redmine」の人気プラグインがメジャーバージョンアップ。より使いやすいWebアプリケーションになった。(2015/10/26)

アプリケーションレイヤーへの高度なサイバー攻撃を防御:
東京エレクトロン デバイスがWAFのマネージドサービスを発表
東京エレクトロン デバイスは、Webアプリケーションファイアウオールを利用したセキュリィサービスの提供を開始すると発表した。F5ネットワークスジャパンのBIG-IP ASMとNRIセキュアテクノロジーズの運用サービスを組み合わせて、アプリケーションへの攻撃を検知・防御する。(2015/10/22)

業務アプリ開発はWindowsタブレットも視野に
時代はハイブリッドアプリ開発へ 専門家が伝授する開発方法のベストな選択とは?
業務で利用するデバイスが多様化するにつれ、ネイティブアプリとWebアプリの長所を生かしたハイブリッド開発のニーズが増している。ハイブリッド開発の専門家が自らの実績を基に最適なソリューション選びを伝授する。(2015/10/20)

キヤノンITS、HTML5対応のWebアプリ自動生成ツールを発売
HTML5やCSS3を利用してGUIのデザインや操作性のカスタマイズが可能になった。(2015/10/1)

OSSを活用したロードバランサ専用機、商用ミドルウェアからの脱却
アクセス急増に立ち向かう 大規模Webアプリケーションサーバの新たなアプローチ
ネットが社会に根付き、モバイル機器の利用が広まるに伴い、アクセスの急増によるWebサーバへの負荷が増し、対応のための追加コストや手間に悩む企業は多い。この現状を抜本的に解決する新たな対応策が登場した。(2015/9/30)

Gmail、特定メアドの(スパム報告抜きの)ブロックが可能に
GmailのWebアプリに、特定のメールアドレスをブロックし、以後受信するメールを迷惑メールフォルダにフィルタリングする機能が追加された。Androidアプリにも追加される予定。また、Androidアプリにはメーリングリストへの登録を削除する機能も追加される。(2015/9/23)

80個以上のアプリケーションやサービスと連係可能
これはチーム作業がはかどる――チャットツール「Slack」が絶賛される理由
Webアプリケーションのチャットツール「Slack」。ドキュメントやチャットを検索できたり、多くのアプリケーションやサービスと連系可能だ。そのSlackの機能について詳しく説明する。(2015/9/12)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(6):
いまさら聞けないAngularJSの基礎知識と5つの主な特徴、インストール、簡単な使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、JavaScriptのMVWフレームワークAngularJSの概要、セットアップ方法、基本的な使い方、AngularJS 2.0での変更点などを解説する。(2015/9/3)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(3):
PR:「Visual Studio 2015」で旧世代のWebアプリケーションを新環境へ移行しよう
Windows 10では新世代の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeの利用が推奨されているが、レガシーサポートとしてInternet Explorer 11も備えており、既存のWebアプリケーションを継続利用できるよう配慮されている。「Visual Studio 2015」は、既存アプリケーションを新環境に対応させる動作テストの効率化に有用だ。(2015/8/31)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(24):
「Webアプリケーションプロキシ」はマルチデバイス環境におけるリモートアクセスの“要”
Windows Server 2012 R2で初めて登場したサーバーの役割「Webアプリケーションプロキシ」。第二世代となるWindows Server 2016では、さらなる改善と強化が行われる予定です。(2015/8/25)

Dropbox、URLのドラッグ&ドロップで“あとで読む”が可能に
DropboxのデスクトップおよびWebアプリに、あとで読みたいURLをドラッグ&ドロップで保存する機能が追加された。保存したURLはモバイルアプリで1タップで開ける。(2015/8/20)

Google、ハングアウトもGoogle+から完全独立 単体Webアプリ登場
Facebookがメッセンジャーの単体Webアプリを4月に公開したのを追うように、Googleもハングアウトの単体Webアプリを公開した。ようやくPCでGoogle+やGmailを起動せずにハングアウトを使えるようになった。(2015/8/19)

DDoS攻撃が増加傾向、執拗なShellshock攻撃も
Akamaiによると、4〜6月期に発生したDDoS攻撃は前年同期比132%増、前期比では7%増。「DDoS攻撃やWebアプリケーション攻撃が投げかける脅威は四半期ごとに増大し続けている」という。(2015/8/19)

LINE、Chromeから利用できるWebアプリ公開――独自の「メモ」機能も搭載
LINEは、Chrome向けのWebアプリを公開。一度インストールすれば複数デバイスで利用でき、テキスト・画像を整理して保存できる「メモ」機能も搭載している。(2015/7/30)

Webスクレイピングで始める業務システムのモバイル化(終):
既存Webシステムをリニューアルすることまで見据えたモバイル化に必要なフレームワーク/ツールと進め方
既存Webシステムをモバイル化するに当たっての課題を明確にし、それらを解決するためには何が必要なのかを考えていく本連載。最終回は、モバイルWebアプリ開発フレームワーク/ソリューションをいくつか紹介し、段階的なモバイル化の進め方を説明する。(2015/7/23)

Twitter、アカウント乗っ取りを早期発見できる「Twitterデータ」を追加
TwitterのWebアプリに、自分のアカウントでログインした端末やアプリの一覧を確認できる「Twitterデータ」ダッシュボードが追加された。身に覚えがない履歴を見つけたらパスワード変更などで対処したい。(2015/7/16)

15周年記念特別企画:
JavaScriptを中心としたWebアプリ開発の栄枯盛衰まとめ――LiveScriptからAngularJS/React.jsまで
@ITが誕生した2000年頃はJavaScriptが不遇だった時代。そこから現在のような人気のプログラミング言語になるまでには、どのような歴史があったのか。15周年を迎えた@ITの豊富なWeb開発関連記事とともに振り返る。(2015/7/15)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(5):
いまさら聞けないMongoDBの基礎知識とインストール、CRUD操作の基本、モデリングツールMongooseの使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ドキュメント指向データベース「MongoDB」の概要とセットアップの仕方、コマンドで基本的なCRUD操作をする方法、MongoDB用モデリングツール「Mongoose」の使い方と、Node.jsからMongooseモジュールでMongoDBを操作する方法などについて。(2015/7/14)

Facebook、ニュースフィードで優先表示する相手を自分で指定する機能を追加
Facebookが、アルゴリズムに関係なく常に優先表示させたい相手をユーザーが自分で指定するための機能を、まずはiOSアプリに追加した。AndroidアプリおよびWebアプリにも追加される見込みだ。(2015/7/10)

Web版Gmailに多数のテーマと絵文字が追加 テーマは編集可能に
Webアプリ版のGmailの背景画像として、数百点の高精細画像が追加され、ぼかしや周辺減光などの編集ができるようになった。また、メッセージで使える絵文字が増えた。(2015/7/1)

LINEアカウントでほかのサービスにログインできる「LINE Login Platform」公開
LINEアカウントでログインする機能を、LINE以外のスマートフォンアプリやWebアプリに組み込める「LINE Login Platform」が法人向けに公開された。(2015/6/30)

Twitter、タイムライン上の動画を自動再生に(無効化可能)
TwitterがWebアプリとiOSアプリで、動画やGIFアニメ、Vineを無音で自動再生するようにした。Androidアプリにも間もなく適用される。タップすると音の再生も始まる。初期設定で有効だが、無効にすることも可能だ。(2015/6/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。