ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オブジェ」最新記事一覧

質問!彫刻・オブジェ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で彫刻・オブジェ関連の質問をチェック

食材と対話する? ミーレが開発した“ダイアログ・オーブン”とは
日本でもファンが多いドイツの高級家電メーカー、Miele(ミーレ)。そのミーレが画期的な「ダイアログ・オーブン」を発表した。(2017/9/25)

「美香さん、アソコに行きたいの…」 叶恭子、初降臨の東京ゲームショウで女神から子どもに戻る
恭子さんにゲーム布教の大チャンスだ!(2017/9/23)

制作期間11カ月、全長約2.5mの大迫力! 段ボールとボンドで作った「戦艦大和」が超絶クオリティー
制作費はまさかの250円。(2017/9/23)

TGS 2017:
東京ゲームショウでお出迎えしてくれたコンパニオンさんたち! お姉さんとメカと世紀末救世主フレンズが勢ぞろい
今年もやってきたぞー!(2017/9/21)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

「池袋ウエストゲートパーク」の舞台・池袋西口公園、2019年に野外劇場へ大改修 ドラマの印象一新する狙いも
日常の憩いの場でありつつ、オーケストラコンサートなどさまざまな芸術を発信する場にも。(2017/9/7)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ここから音声が……? 灯籠のような不思議な物体「ラジオ塔」をまとめた同人誌が興味深い
近所の公園にもあるかも?(2017/9/3)

バリヤード、みなとみらいに見参! 「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかに
8月9日〜15日に横浜・みなとみらい地区で開催される「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかとなった。期間中、ヨーロッパ限定の「バリヤード」を始めとするレアポケモンが会場内に出現する。(2017/8/4)

バリヤードも出現! 「ポケモンGO」公式イベント「ポケモンGO PARK」みなとみらい一帯で開催
ポケモン図鑑完成を目指すならGO。(2017/8/4)

「カクレクマノミを放流しないで」 和歌山・串本海中公園が生き物の放流に注意喚起
飼育するなら最後まで責任をもって。(2017/8/2)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2017年夏のスマホカメラ四天王「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」徹底比較(風景、料理、夜景編)
2017年夏のスマホカメラ最強を決めるレビュー。今回ノミネートしたのは「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」。今回は風景、料理、夜景の画質チェックしていく。(2017/7/27)

たけのこ完全敗北か!? 都庁&東京タワーが「きのこの山」だらけになるイベント、山の日に開催 東京都とのコラボ
圧倒的だな、「きのこの山」は。(2017/7/24)

タイムアウト東京のオススメ:
最高の1本に出会う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/7/20)

RPGのマップを手描き風に作れる「Dungeon Builder」 コマの移動とダイス機能でテーブルトークのゲーム盤代わりに
床や壁、オブジェなどを選んで配置するだけで、クオータービューの2Dダンジョンを作成できます。(2017/7/17)

誰がそこまでやれと言った 工芸の授業で作った「箱」にまさかの仕掛け 「なにこれすごい」「職人かよ」
箱だと気づかない秘密のデザインもかっこいい!(2017/6/8)

なつかしい……! 「プレイステーション」を忠実に再現したマグカップ
あまりにも四角すぎて、使いにくそうではある。(2017/5/22)

FAニュース:
ボーイングや三菱重工も協力する東大生産技術研究所、新拠点で再スタート
東京大学 生産技術研究所は移転した附属千葉研究所を関係者や記者向けに公開した。航空機向けの加工技術の開発をはじめ、市街地を模した道路や線路でのモビリティの実験などを加速させる。(2017/5/16)

「正解するカド」に登場した立体折り紙が再現できる!? アニメに資料を提供した大学教授が製法公開
※若干のネタバレを含みます。(2017/5/9)

リアル「銀河鉄道の夜」!? 宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップが美しすぎる
宮沢賢治が思い描いた理想郷「イーハトーブ」ってきっとこんな感じ。(2017/5/8)

太田智美がなんかやる:
ライゾマティクス、120台のiPadで創立10周年を演出 HMDを用いた空間演出も
HMDを装着し指定の席に着席すると、会場のオブジェが伸び縮みする。(2017/4/28)

三和交通、「ロボットのタクシー」一般公開 夜にはライトアップも
三和交通は、本当に作ってしまっていた。今にも動き出しそうな姿で設置されている。(2017/4/18)

美術館で話題の“猫と警備員の攻防”、トートバックになる 浮世絵風の化け猫に変身
「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」開催中の尾道市立美術館に侵入しようとした黒猫。とうとうトートバックになりました。(2017/4/18)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 未来を占う世界最大規模の“フェス”
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポートします。インタラクティブ部門では、AIやVR、ロボティクスなど、旬のテクノロジーが花盛り!(2017/4/15)

メジャーリーグの試合に突然のネコ乱入 試合中断も「ラリーキャット」と名付けられ人気に
ホームチームに勝利を運んだ猫ちゃんでした。(2017/4/13)

「ここに仲間の気配がするニャ……」 尾道市“猫まみれ展”に黒猫が侵入を試みる事案が発生
3日前に偵察を仕向ける計画的な犯行だったもよう。(2017/3/22)

CP+ 2017:
「これ、いつ出るんですか?」 ニコンが100周年記念モデルを初披露
(2017/2/23)

SCSK Designers Forum 基調講演レポート:
PR:クルマのデザインだけではない、マツダのデザイナーの役割とは
自動車をはじめとする量産品において、初期のデザインの意図を製品づくりに関わる全ての人に理解してもらい、最終製品に反映させることは難しい。その難題を克服しているのがマツダだ。同社の「魂動デザイン」のクルマはなぜ高い評価を得られているのか。「第十三回 SCSK Designers Forum」における、マツダ デザイン本部 辻和洋氏の講演レポートをお届けする。(2017/2/13)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニー初のロボットプログラミング教材「KOOV」で学んでみた
ソニー・グローバルエデュケーションからロボットプログラミングの学習ツール「KOOV」(クーブ)が発売された。今回は開発者インタビューと、タッチ&トライの両方でKOOVの魅力に迫る。はたしておっさんはブロックアーティストになれるのか?(2017/2/19)

スポンジ上に古城やクレムリンを建造 建築家兼パティシエが描くアートケーキの世界
リンゴでバラを表現したり、ダースベイダーをかたどったり、モチーフも技法も変幻自在。(2017/2/18)

DAIGO、北川景子との結婚1周年記念として2ショット写真を投稿 ファンから祝福の声多数
グリコからは結婚記念日の1月11日にちなみ、111箱のプリッツが。(2017/1/12)

冬コミに「ユーリ」の基地局車&人間Wi-Fiが登場! スマホを模したディスプレイにはアニメでおなじみの画面が
基地局車は6台出動し、「東新展示棟(東7・8ホール)」エリアまでしっかりカバーしています。(2016/12/16)

まるで泳いでいるような姿が美しい スープに浮く「白鳥型おたま」がクラウドファンディングで登場
インテリアとしても優秀なルックス。(2016/12/10)

猫の舞踏会に人間が参加できる? 「CAT面舞踏会」に潜入してきた!
ドレスコードは猫の仮面、語尾にはニャーをつけてしゃべる猫集会イベント。(2016/12/5)

宮地真緒「ウチの妹が可愛すぎる件」 妹との京都旅行の写真を公開し、シスコンっぷりを見せつける
そっくり仲良し美人姉妹。(2016/11/28)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
光で絵が描けるスマートLEDライト「Tittle Light」で遊んでみた
「Tittle Light」は、お部屋を鮮やかに彩るインテリア系スマート家電だ。スマートフォンと連携し、絵文字やビジュアライザーといったユニークなライティングを楽しめる。体当たりレポートをお届けしよう。(2016/11/21)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
あの懐かしい「テトリス」をもう一度? 積んだら光るLEDブロックライト
今回紹介するのは、上海問屋が発売したLED内蔵のブロックライト。あの「テトリス」のブロックに似た形で、形を合わせて組み合わせて設置できるLEDライトで、ちょっと変わったライトを置きたいという人にはぜひおすすめだ。(2016/11/17)

超絶格好良いスチームパンク腕時計を製作した猛者が登場 なお重量は10キロ
ロマン>>>>機能性。(2016/11/9)

シー? ランド? それともディズニーホテル? クリスマスのディズニーリゾートをフルコースで楽しんできた
極上なクリスマスはここにあります。(2016/11/7)

きゃりー「とっくに死んでいた」「私は既に死んでいた」 仮装のテーマが何やら不穏
「Kyary Pamyu Pamyu 1993-2010」って。(2016/11/2)

散乱するマリオの死体、狂乱のルイージ……「スーパーマリオ」の“下の世界”を描く動画が完全にホラー
ごめんよマリオ、ぼくがヘタなせいで怖い目に……。(2016/11/1)

「きのこの山」や「スーパーカップ」をデザインの視点から解剖! 「デザインの解剖展」で身近なデザインの見え方が変わった
デザインって本当に楽しい。(2016/10/28)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(5):
段ボールの設計も3次元化が進んでるんですって!
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回紹介するのは、梱包製品や紙器を製造する中信紙工だ。同社は段ボールを使ったユニークな製品も販売している。(2016/10/26)

栄地下街の待ち合わせシンボル「クリスタルオブジェ」明日で見納め ネットでは「さみしい」の声多数
開業50周年関連事業に伴う工事です。(2016/10/25)

「うたプリ」LOVEが1000%! 「うたプリ」ファンの夫婦が挙げた結婚式に 「うらやましい」「憧れる!」の声
披露宴ではポケモンの姿も。(2016/10/23)

お部屋を紙の動物がライトアップします 折り紙にインスパイアされたランプがEtsyで販売中
洋室にぴったりの行灯といった感じ。(2016/10/8)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像技術の底力を見せつけたパナソニックとソニー、麻倉怜士のIFAリポート2016(前編)
近年低調気味だったパナソニックとソニーだが、今年のIFAではそれぞれキラリと光る技術を公開した。現地を取材したAV評論家の麻倉怜士氏が、会場の様子を2回にわたって大いに語る。(2016/10/3)

子どもが見たら泣くレベル 庭に置く「小人妖精のオブジェ」が怖すぎる
ファンタジーなホラー世界……!(2016/10/1)

試してみよう:
Mac使いのNAS初心者に何の説明もなくNASキットを送りつけた結果(アプリ編)
案の定ハマりました。「逆ギレやめてください」(編集部)(2016/9/29)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
料理アシスタントロボットからディスプレイ付き冷蔵庫まで――欧州スマート家電の最新事情
「IFA2016」で見つけたスマート家電の数々をご紹介。シーメンスが展示したキッチンのアシスタントロボット「マイキー」くんは、一見すると大阪万博のあの方のようなルックスだが、実はHome Connectプラットフォームのコントロールセンターになる、予定。(2016/9/13)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
内山信二「椅子がつぶれちゃう!」渋谷の“段ボール会議室”に驚き
渋谷にある“海賊”をモチーフにしたオフィスに訪問。社内に海賊船が停泊?飲み放題の社内Barに段ボールやロープで出来た会議室まで…驚きの連続です!(2016/9/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。