ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「法規制」最新記事一覧

関連キーワード

情報セキュリティ製品市場、2019年まで年率4.9%で拡大
2016年以降は法規制によるセキュリティ対策の推進や個人情報保護対策へのニーズが高まるとIDCでは予測する。(2016/1/20)

和田憲一郎の電動化新時代!(16):
ドイツ自動車メーカーがプラグインハイブリッド車を大量投入し始めた4つの理由
ドイツの自動車メーカーが、ここにきて一気にプラグインハイブリッド車(PHEV)の展開に力を入れ、大量投入を計画している。これまでダウンサイジング、ハイブリッド(ディーゼル含む)、PHEV、電気自動車なども検討してきたが、ここまで一気呵成の投入は驚きだ。各国法規制をその理由に挙げる報道もあるが、果たしてそれだけなのだろうか。(2015/9/18)

製造ITニュース:
組み込みソフトの開発プロセス管理や医療機器の米国規制にも対応したPLMを発売
NECは、製品技術情報を一元管理するPLMソフト「Obbligato III」をバージョンアップした新製品「Obbligato III R3.1」を発売した。組み込みソフト開発プロセスの管理や利用機器の米国法規制に対応したことが特徴。(2015/5/26)

医療機器ニュース:
ヘルスソフトウェアの業界ガイドラインを制定する協議会が発足へ
電子情報技術産業協会(JEITA)は2014年4月11日、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)、日本画像医療システム工業(JIRA)と共同で、法規制対象外の医療用ソフトウェアに関するガイドラインの策定など目指してヘルスソフトウェア推進協議会(仮称)の設立する方向で検討を開始したと発表した。(2014/4/11)

PLMニュース:
「Windchill 10.2」は法規制対応機能を強化――米のUDI規則や紛争鉱物法など
PTCは、PLMソリューション「PTC Windchill」の最新版となる「10.2」を発表。製造業の生産性向上や新たな法規制へ対応する機能を追加している。(2013/10/2)

小沢一郎代表の記者会見をライブ配信 陸山会事件で無罪確定
「国民の生活が第一」の小沢一郎代表による記者会見をライブ配信する。小沢代表は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴され、一審とニ審で無罪を言い渡されており、指定弁護士が10月19日なって最高裁への上告を断念したため無罪が確定した。配信は11月19日18時30分〜。(2012/11/19)

窪田順生の時事日想:
何が必要なのか? ストーカー殺人を繰り返さないために
神奈川県逗子市の女性が、元交際相手につきまとわれて、刺殺されてしまった。ストーカー規正法が施行されてからもう何年も経つが、なぜ同じような悲劇が繰り返されるのだろうか。(2012/11/13)

電子ブックレット:
偽造チップを見逃すな! サプライチェーンからの締め出しに本腰
その部品は果たして本物なのか? どうすれば判別できるだろう?まずはそのチップをじっくりと観察することが第一歩だ。しかしそれだけでは十分ではない。半導体チップのサプライチェーンに流れ込む偽造品を見つけ出すには、高度なエンジニアリングツールと、法規制当局による監視、強気の外交が必要である。(2012/5/22)

小沢一郎裁判の判決結果は ニコニコニュースが東京地裁前からライブ配信
政治資金規正法違反で強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する判決が4月26日に東京地裁で言い渡される。これに合わせて、ニコニコニュースが東京地裁前からライブ配信。判決結果などを伝える。配信は4月26日8時0分〜。(2012/4/25)

「小沢一郎裁判とは何だったのか」 江川紹子さん、丸山和也さん、郷原信郎さんが議論
政治資金規正法違反で強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する判決が4月26日に東京地裁で言い渡されるのを受け、「小沢一郎裁判とは何だったのか!」をテーマに議論する。出演者は江川紹子さん、丸山和也参議院議員、郷原信郎さん(Skypeでの出演)。配信は4月26日20時30分〜。(2012/4/24)

「判決前夜! 小沢一郎裁判の争点とは」――江川紹子さんらが議論
政治資金規正法違反で強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する判決が4月26日に東京地裁で言い渡されるのを前に、裁判の争点を話し合う番組をニコニコ生放送がライブ配信する。出演者は青木理さん、江川紹子さん。配信は4月25日20時30分〜。(2012/4/23)

小沢裁判は本当に「どこかが狂っている」のか!? 現役弁護士が徹底討論
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、民主党小沢一郎元代表が政治資金規正法違反罪(虚偽記載)で強制起訴されたことを受け、「小沢氏初公判は“どこかが狂っている”」と主張する元検事の郷原信郎弁護士。それに対し「どうにも決めつけが過ぎる」と批判する元自民党衆議院議員の早川忠孝弁護士。この両者が検察の捜査のあり方と、今回の裁判所の判断の是非を徹底討論する番組。司会はニコニコニュースの亀松太郎編集長。配信は10月19日18時0分〜。(2011/10/18)

グローバルビジネスを支えるIT部門とパートナーの役割とは? IT系メディアが議論
企業のグローバルビジネスを支えるITの基盤をどう実現すべきか。国や地域で異なるネットワーク環境や法規制などが壁として立ちはだかるケースも多い。IT部門が自社のグローバルビジネスを成功に導くために果たすべき役割や、それをサポートするパートナーの意義について、IT系メディアによる討論が行われた。(2011/10/17)

「田原総一朗オフレコ! スペシャル」 テーマは「初公判 小沢裁判」
文化放送の番組「田原総一朗オフレコ! スペシャル」をニコニコ生放送で同時配信。資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪(虚偽記載)で有罪判決を受けた小沢一郎衆議院議員の元秘書らや、検察と東京地検特操部、民主党への影響についてを語る。ゲストはジャーナリストの江川紹子さん。配信は10月10日19時0分〜。(2011/10/7)

「小沢一郎初公判をどう見るか」 江川紹子さんらが議論
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、民主党小沢一郎元代表が政治資金規正法違反罪(虚偽記載)で強制起訴されたことを受け、ジャーナリストの江川紹子さんらが「今回の起訴は適法だったのか」「資金報告書に虚偽の記載はあったのか」「小沢氏と秘書らに共謀はあったのか」「いったい何が裁かれようとしているのか」といった点を話しあう。このほかの出演者は弁護士の郷原信郎さん、落合洋司さん。配信は10月7日17時0分〜。(2011/10/6)

小沢一郎衆議院議員の記者会見をライブ配信
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐって、政治資金規正法違反罪(虚偽記載)に問われた、小沢一郎衆議院議員が記者会見。その模様をライブ配信する。会見は10月6日に行われた初公判についてコメントするとみられる。配信は10月6日17時30分〜。(2011/10/6)

陸山会事件、判決後の心境は? 元秘書・石川議員の記者会見をライブ配信
小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐって政治資金規正法違反罪(虚偽記載)に問われた、元秘書・石川知裕衆議院議員が記者会見。その模様をライブ配信する。会見は東京地裁の第1審判決を受けたもので、主催は自由報道協会。配信は9月26日19時0分〜。(2011/9/26)

緊急ニコ生 徹底討論!民主党小沢氏強制起訴を問う
小沢一郎氏の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、検察審査会が小沢氏を起訴すべきだとする「起訴議決」を行った件について、弁護士の郷原信郎さんや、政治家を迎えて討論する。司会はジャーナリストの角谷浩一さん。(2010/10/5)

日本オラクルとプロティビティジャパン、製造業向け環境法対応ソリューションで協業
プロティビティジャパンの法規制情報データベースを、日本オラクルの「Agile PLM」に実装する。(2010/5/19)

ホワイトペーパー:
そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?
各種法規制によるコンプライアンス・内部統制強化ニーズでメールアーカイブシステムの導入が進んでいる。しかし、そのシステムは5年分のメール保管に耐えられるだろうか? (提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)(2010/4/23)

“検察の正義”に委ねていいのか? 元検事、元司法記者が語る、小沢捜査の裏側
民主党の小沢一郎幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件で、検察は小沢氏の秘書ら3人を起訴し、小沢氏自身は不起訴とする方針を固めた。なぜ小沢氏への捜査が行われ、なぜ不起訴という結論に至ったのか。元司法記者の魚住昭氏と元検事の郷原信郎氏がその背景を語った。(2010/3/11)

ERMへ向かう企業経営:
金融業界にみる法規制強化の波とIT活用
金融機関が抱える経営リスクの1つに、犯罪組織のマネーロンダリングへの関与がある。国際的な法規制化が強まる中で関与防止策にITツールを利用する機関が増えているという。(2009/2/16)

オルタナブログ通信:
イアースは言いにくい?――クラウドが広がるために必要なこと
170組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週は、その中から、クラウド、ネット配信、ケータイ、オンライン、法規制などを紹介しよう。(2008/10/31)

「Googleストリートビュー」町田市議会が国に法規制の検討求める意見書
東京都町田市議会は、「Googleマップ」の「ストリートビュー」など、地図情報と写真を組み合わせたサービスについて、現状把握や事業者に対する指導、法整備の検討を求める意見書を採択した。(2008/10/10)

新世紀情報社会の春秋:
「ネット法規制」と惨劇の間で――情報社会における人間形成
インターネットを舞台に発生しているといわれる問題の本質は、インターネットそのものにあるのではなく、それを使う現代の人間や社会にある。(2008/6/19)

楽天、「青少年ネット規制法案」与野党合意案に懸念表明
「青少年ネット規制法案」の与野党合意案に対し、楽天が懸念を表明。「法規制ありきということは適切ではない」としている(2008/6/3)

メールの管理は個人単位から企業単位へ:
PR:もう惑わされない! 内部統制に必要なメールシステムのあり方とは
急増するスパムメールやメールの管理、そして日本版SOX法をはじめとする法規制への対応……企業を取り巻くこうした課題に対応するには、メールシステムの見直しが不可欠だ。(2007/2/13)

「メールはトラブル時の大きな証拠」、ミラポイントがアーカイブアプライアンス
ミラポイントジャパンは、法規制遵守を支援する電子メールアーカイブ専用アプライアンス「Mirapoint ComplianceVault」を発表した。(2006/10/16)

“見える化”によるグループウェア再生術(2):
Notesが穴? 「見える化」で対処する日本版SOX法
個人情報保護法、日本版SOX法など各種法規制により、企業内データの整備・保護が義務化されつつある。Notes DB内に重要文書を保存・共有している企業では、「Notesが穴」になっていないだろうか?(2006/6/30)

エンタープライズコンテンツ管理のすすめ:
衝撃をもたらすのはOracleとMS? ECMベンダーへ転身急ぐコンテンツ管理ソフトベンダー
法規制への対応や情報共有などコンテンツ管理におけるニーズの拡大を受けて、コンテンツ管理ソフトベンダーはECMベンダーへ転身しようとしている。事業拡大を続けるECMベンダーの動向を読み解く。(2006/2/28)

コンプライアンスの第一歩は「ログ収集機能のオンから」と米SenSage
東京エレクトロンが開催した「Solution Forum 2005」で、米SenSageの社長兼CEO、ジム・フラギング氏が、法規制へのコンプライアンスという観点から求められるログの収集について語った。(2005/11/11)

Microsoft、700万ドルで「スパム王」と和解
Microsoftは訴えていたスパム王ことスコット・リヒター氏と和解した。今後スパム規正法を遵守することを条件に、スパム業者リストから同氏の名が抹消されている。(2005/8/10)

バックアップ、基礎の基礎を知る
第4回 法規制上避けられない大容量データの保管を支えるILM
デジタルデータを長期間、真正性を確保しながら保管することは、単にシステム運用をスムーズに行うためだけでなく、企業統治上の要請ともなっている。それを支援するのがILMだ。(2004/10/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。