ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「企業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

通信会社だからこそのIT基盤サービス
クラウド vs. オンプレミスは古い 両者の利点を持つベアメタルサーバーとは
複雑化した仮想環境をクラウドに乗せれば全て解決というのは幻想だ。しかし、オンプレミスをそのまま続けることにも課題がある。そんな悩める企業を解決に導くサービスがある。(2019/1/18)

シチズン時計がコネクテッドウォッチのVELDTに資本参加、腕時計を基軸にするIoTプラットフォームを開発
シチズン時計は、コネクテッドウォッチを手掛けるベンチャー企業のVELDT(ヴェルト)に資本参加し、新たなIoTプラットフォーム「Riiiver」(リヴァー)を開発すると発表した。3月の「SXSW 2019」でRiiiverと対応する腕時計を披露する。(2019/1/21)

Weekly Memo:
運用を自動化できる自律型DBは、中小企業の人手不足にこそ効果――オラクルのアプローチとは
日本オラクルが中堅・中小企業向けクラウドの新営業拠点となる「Digital Hub Tokyo」を開設した。その意図は何か。一方、この会見からは、中堅・中小企業のIT活用における課題も浮き彫りになった。(2019/1/21)

今日のリサーチ:
広告の透明性に「取り組みが必要」な企業は9割超、でも過半数はガバナンスに課題――トーマツ調査
日本企業における広告・メディア取引の実態を把握するため、105社を調査した結果。(2019/1/21)

ICT活用でホワイトカラーの労働時間を月21時間削減 働き方改革との相乗効果には意識改革に課題も――情総研調べ
情報通信総合研究所によると、テレワークなどのICTを活用し、働き方改革に積極的に取り組んでいる企業では、約3割の従業員が月間約21時間の労働時間削減効果を得ていた。一方、ICT活用と働き方改革の相乗効果を得るには、制度整備に加え、意識改革なども重要だという。(2019/1/21)

社内育成を含む人材リスク軽減策が重要に:
世界的な人材不足が最大のエマージングリスクに、Gartner調査
Gartnerが最新の「Emerging Risks Survey」を公開した。人材不足が過去3カ月に深刻化し、世界の企業が直面する最大のエマージングリスクになったという。人材戦略を確立し、人材を外部から調達する以外の対応が求められる。(2019/1/21)

想定の倍以上のコストダウン:
基幹システムを「AWS化」 AGCがインフラコストを4割も削減できた理由
災害に備えたBCPの確保は、多くの日本企業にとって課題だ。そんな中、AWSの導入で可用性を確保し、インフラコストを4割カットしたというAGCは、どうやって従来のオンプレミスから移行を果たしたのか?(2019/1/21)

設備やノウハウ不足をどう扱う?
プログラミング教育に不安を抱く先生を救う、専門教材に込められた秘策とは
小学生を対象としたプログラミング教育が注目を集めている一方、教える側の設備やノウハウの不足といった課題がある。この課題を解消すべく、教育関連企業はさまざまな工夫を凝らしている。(2019/1/21)

BoxやDropbox、Microsoft OneDrive、Google Driveなど
いまさら聞けない モバイル向けファイル共有アプリで知っておきたい「3つの基礎」
企業向けファイル同期/共有アプリケーションをモバイルデバイスで利用する場合、自動同期機能の動作の違いやセキュリティリスクに注意が必要だ。(2019/1/20)

ハイブリッドクラウドではセキュリティがカギ:
企業の44%が正式な戦略なくハイブリッドクラウドを実装、アジア太平洋地域で
NTTコミュニケーションズは451 Researchの調査結果を引用し、「アジア太平洋地域の企業の44%は、正式な戦略を立てないままハイブリッドクラウドの実装を進めている」と指摘した。(2019/1/18)

あの企業の残業は「ほとんどない」:
「企画・広報・マーケティング職」の残業が少ない企業、シャープを抑えて1位になったのは……
「企画・広報・マーケティング職」の残業が少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが調査結果を発表。2位はシャープで、月間平均残業時間は18.4時間だった。1位は……(2019/1/18)

Facebook、世界でフェイク情報を拡散させている500件のロシア関連アカウントやページを削除
Facebookが東欧やアジアでフェイクニュースを拡散させている500件以上のアカウントやページを削除したと発表した。いずれもロシアのメディアSputnikやプロパガンダ企業IRAに関連していたとしている。(2019/1/18)

好きな日時に流れ星を――「人工流れ星」ビジネス始動 イプシロンで衛星打ち上げ
ご希望の日時にお望みの場所で流れ星を――こんな風変わりなビジネスに花を咲かせようと、ベンチャー企業が開発した「人工流れ星衛星」が18日、小型ロケット「イプシロン」で打ち上げられる。人工の流れ星を降らせる世界初の試みで、来年春に国内で観察イベントを開催する計画だ。(2019/1/18)

MONOist 2019年展望:
自律するスマート工場実現に向け、IoTプラットフォーム連携が加速へ
製造業のIoT活用はスマート工場実現に向けた取り組みが活発化している。多くの企業が「見える化」には取り組むが、その先に進むために必要なIoT基盤などではさまざまなサービスが乱立しており、迷うケースも多い。ただ、これらのプラットフォームは今後、連携が進む見込みだ。(2019/1/18)

クラウド移行の先に何があるのか
2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け
マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。(2019/1/18)

IT担当者が語る
アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は
ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。(2019/1/18)

残業するには許可が必要:
「販売系職種の残業」が少ない企業ランキング、「残業するとマイナス評価」という例も 1位は……?
販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はオンワード樫山で月7.0時間だった。1位は……(2019/1/17)

「大きくて、高くて、レガシー」を払拭へ オラクル、中堅・中小企業のクラウド活用に本腰
(2019/1/17)

大手ゼネコン、週休2日3割弱 日建連調査、自動化推進で人手不足解消ねらう
日本建設業連合会は会員企業を対象に、週休2日制に関する2018年度上半期の実態調査を実施、結果をまとめた。(2019/1/17)

東南アジア最大級のECプラットフォーム「LAZDA」を活用:
イーライフ、タイで日本企業の口コミマーケティング支援サービスを提供開始
イーライフは、タイで日本企業のデジタルマーケティングを支援する口コミプラットフォーム「LA ViDA Thailand」の提供を開始した。(2019/1/17)

Slack、ロゴを変更し、アプリアイコンも統一
企業向けコラボレーションツール「Slack」のロゴが変わった。配色は変わらず、ハッシュタグではない形になった。モバイルアプリのアイコンも統一された。(2019/1/17)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(2):
ケーススタディーから学ぶ「マインドフルネストレーニング」の実践と活用法
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2019/1/17)

Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere
RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は
複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。(2019/1/17)

3Dプリンタニュース:
2017年の3Dプリンタ世界市場の調査結果を発表、前年比18.4%増に
矢野経済研究所は、世界の3Dプリンタ市場の調査を実施し、需要分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。世界の3Dプリンタ市場規模は、2021年には48万台になると予測している。(2019/1/16)

研修制度も充実:
「技術職の残業」が少ない企業 トヨタやシャープを抑え1位になったのは……
技術職の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はシャープで月17.5時間だった。1位は……(2019/1/16)

製造業IoT:
製造業がIoTサービス企業を立ち上げるまで――アムニモの挑戦
IoTの進展などにより、製造業のサービス化が大きく注目を集めている。横河電機発の産業用IoTスタートアップ企業であるアムニモの取り組みを聞いた。(2019/1/16)

今年のCES、中国企業2割減 中国人来場者も減少
世界最大の家電技術見本市「CES2019」が、米ラスベガスで開催された。例年各国の家電、自動車、IT企業が最新技術を披露するなか、今回は米国との貿易戦争の影響で、中国の企業や来場者が大幅に減ったという。(2019/1/16)

CES2019:
日本のAGLメンバーでコックピットを共同開発、量産車向けの機能盛り込む
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、サプライヤーなど日系企業のAGLメンバーで開発したインフォテインメントシステムでデモンストレーションを行った。(2019/1/16)

根強い大企業志向:
日韓関係は緊迫化 それでも日本での就職を希望する韓国人学生が後を絶たないワケとは
いわゆる徴用工問題をめぐる韓国最高裁の判決や、韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射で、日韓関係はこれまでになく悪化している。にもかかわらず、韓国国内では日本での就職を希望する若者が後を絶たない。背景には韓国国内の就職難、そして人手不足に悩む日本企業の事情がある。(2019/1/16)

製造マネジメントニュース:
企業の先端技術活用、クラウドとロボットの利用率が高い
財務省は、企業におけるIoT、AIなどの先端技術の活用状況に関する調査結果を発表した。何らかの先端技術を既に活用している企業は全体の約65%で、「クラウド」と「ロボット」の活用率が高いことが分かった。(2019/1/16)

幸せと生産性を考える:
「省庁や大企業の生産性は低い」は本当か?
この連載の最終回では、大企業や省庁で働くビジネスパーソンが、幸福度や生産性についてどう考えているかについて見ていきます。(2019/1/16)

企業向けのトレンドを読む
AIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目
2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。(2019/1/16)

ディープラーニングツール概説(前編)
Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク
ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。(2019/1/16)

置き換え作業のクラウド移行がだめなわけ
レガシー資産がネックになるクラウド移行、理想に近づくための第一歩とは
情報システムの転換期にAWS移行を考える企業は多い。効果を最大化するためにはレガシーアプリケーションのリビルドまで見据えた検討が欠かせないが、課題は山積みだ。理想に近づくために企業ができる“第一歩”を紹介する。(2019/1/18)

最多応募人数はNECで2170人:
上場企業の希望・早期退職者募集が激減 18年は過去最少に
2018年に希望・早期退職者を募った上場企業は過去最少の12社に。東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2019/1/15)

ノルマさえクリアすれば自由:
「営業職の残業」が少ない企業、2位は日本郵便 1位は「申請しないと残業できない」……
営業職の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は日本郵便で月10.8時間だった。1位は……(2019/1/15)

関係者は口を閉ざす:
電気代も支払えず 米大手マイニング企業Giga Wattがついに事業停止か
2018年11月に破産を申し立てていた米大手マイニング企業Giga Wattがついに全ての事業を停止するという。CCNが報じた。(2019/1/15)

MONOist IoT Forum 東京2018(後編):
未来は予測できる、GAFAの隙間技術で勝負することが日本企業の生きる道
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2018年12月18日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。後編ではVALUENEX 代表取締役社長の中村達生氏によるランチセッション「大量の情報を俯瞰して未来を拓く」とその他の講演内容について紹介する。(2019/1/15)

Google従業員、IT企業にハラスメント対策を求めるキャンペーン展開
昨年11月にセクハラ抗議デモ#GoogleWalkoutを実施したGoogleの従業員有志らが、社内ハラスメントにつながる雇用契約での強制仲裁条項削除を求め、1月15日にソーシャルキャンペーン「End Forced Arbitration」を展開する。(2019/1/15)

Apple、CloudKitのベース「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化
Appleが2015年に買収したデータベース企業FoundationDBは、同社のJava API「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化した。「Record LayerはAppleのCloudKitのバックボーンを形成している」としている。(2019/1/15)

Weekly Memo:
中小企業のデジタル変革に向けて複写機が“大変身”――リコーの新戦略とは
中小企業のデジタル変革は、“複写機の進化形”から始まる――。リコーがそんなコンセプトの新製品を発表した。複写機を軸にしたデジタル変革とはどのようなものなのか。その背景にある同社の思惑とは――。(2019/1/15)

CES 2019:
CES 家電から技術へ「主役」様変わり 
CES 2019は、5GやAIがとりわけ注目された。かつては家電が中心だったが、本来の主役の枠を超えて、部品メーカーなどが積極的に出展。企業向けのビジネス「BtoB」拡大を狙う機会となった。(2019/1/15)

4事業を本社直轄運営に切り替え:
新生・東芝が始動、企業スポーツは存続
東芝の中期経営計画の達成に向けた準備が着々と進んでいる。中計が始まる平成31年4月から傘下の事業会社が手がけていた電池事業をはじめ、エレベーター、照明、空調事業というビルソリューション関連を東芝本体に吸収することが判明した。4事業を本社直轄運営に切り替える。東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)のもとで、新生・東芝がいよいよスタートする。(2019/1/15)

深層学習で日中翻訳:
プロ翻訳者並みの精度を達成した日中機械翻訳エンジン、みらい翻訳とNICTが共同開発
みらい翻訳は情報通信研究機構(NICT)と共同で、日中機械翻訳エンジンの精度を向上させた。プロの翻訳者と同等の翻訳精度を備えるという。企業向けに提供している機械翻訳クラウドサービスのエンジンに採用する。(2019/1/15)

ビジネスに役立つフレームワークを知る:
注目の「カスタマージャーニーマップ」でユニクロを分析 “顧客視点の想像力”を鍛えよう!
顧客の価値体験プロセスを可視化する手法「カスタマージャーニーマップ」が注目されています。実際に作成してうまく活用するには、どうしたらいいのでしょうか。大手企業を分析しながら解説します。(2019/1/15)

日本企業も活発に活動:
FacebookやGoogleも参加するOSSコンプライアンスのプロジェクト、「OpenChain」とは
2018年12月、「OpenChain」というOSS関連プロジェクトにFacebook、Google、Uberという著名企業3社が同時に加入し、一部で話題を呼んだ。同プロジェクトはユニークなやり方で、ユーザー企業におけるOSSコンプライアンスの課題に応えようとしている。(2019/1/15)

PR:世界のものづくり企業を支える「ミスミ」の挑戦
メカニカル部品や金型部品を確実短納期で提供し、世界の製造業を支えているミスミは、メーカーであり、最先端のテクノロジーを活用し、製造現場で使われる商品の流通を担う商社機能を持つ企業でもある。(2019/1/15)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
インシデントの芽をつぶせ 脆弱性診断のプロが語る、企業セキュリティの“よくある盲点”とは
さまざまな企業の脆弱性診断を重ね、現在はさくらインターネットのCSIRTも運営するゲヒルン。創業者の石森氏が、インシデントの被害抑止に役立つ企業セキュリティの“盲点”をどう見つけてきたかを語った。(2019/1/15)

企業のデジタル化の要はIT部門
頼りにされるが扱いは軽い 時代遅れのCIOからどう脱却する?
最高情報責任者(CIO)の過半数は、社内のITの事務管理を中心にする「頼りになるオペレーター」状態から抜け出せていない。企業のデジタル化を進めるには、CIOが自身の役割を変えなければならない。(2019/1/15)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(33):
“自分ごと”として「ランサムウェア」についてもう一度考えてみよう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、企業組織や工場などを狙うランサムウェア攻撃の最新動向と、代替機によるバックアップ&リストアを行う際の注意点を紹介する。(2019/1/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。