ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「独占禁止法」最新記事一覧

独禁法 独占禁止法違反 反トラスト 公正取引委員会 公取委 反競争的 反競争 独占禁止法

平成の不平等条約? 〜ついに公取委が動いたアマゾン「最恵国条項」とは何か〜
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、アマゾンジャパンに公取委が立ち入り調査した件を深掘りします。(2016/8/17)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が、大手キャリアの販売方式の問題点を指摘――キャリアが割賦販売を辞めた時、MVNOは太刀打ちできるのか
公正取引委員会が携帯電話市場の問題点を指摘する報告書を公表した。大手キャリアの販売方法がMVNOを追い込んでいるというが、これを踏まえて大手キャリアの販売方法が変われば、むしろMVNOをより追い込む結果になるかもしれない。(2016/8/12)

公取委、アマゾンに立ち入り検査 Amazon.co.jpの出品価格を拘束か
アマゾンジャパンに公取委が立ち入り検査。取引先に対して、Amazon.co.jpへの出品価格がほかの通販サイトより高くならないよう求めていた疑い。(2016/8/9)

石野純也のMobile Eye(7月25日〜8月5日):
業績好調の3キャリア――MVNOやY!mobileの台頭、公取委の指導で市場変化の可能性も
ドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ3社とも第1四半期の業績は好調だった。一方で、MVNOやY!mobileの台頭が少なからず影響を与えている。端末販売に関する公正取引委員会の指導もあり、市場環境が変化する恐れもある。(2016/8/6)

公正取引委員会、スマホ販売手法の是正を求める報告書を発表
公正取引委員会は「携帯電話市場における競争政策上の課題について」という報告書を発表。MVNOの新規参入の促進の観点を中心に独占禁止法などに触れる可能性を指摘し、販売手法の是正を求めている。(2016/8/3)

“実質ゼロ円”やSIMロックに独禁法抵触のおそれ 公取委がスマホ販売の諸問題に関する見解を示す
意向を周知し、通信事業者への改善を求めています。(2016/8/3)

公取委、大手キャリアの携帯販売に「独禁法違反のおそれ」 端末と通信のセット販売などに苦言
公取委は、大手キャリアによるスマートフォン販売の課題を整理した文書を公表。独占禁止法違反の恐れもあると警告している。(2016/8/3)

独禁法違反で:
韓国公取委、Qualcommに9億ドルの罰金勧告か
韓国の公正取引委員会が、Qualcommに対し、独占禁止法に抵触している疑いがあるとして、最大で1兆ウォン(約8億7500万米ドル)の罰金を勧告しているという。(2016/7/22)

EU、またGoogleに異議告知書送付 今度は検索結果と検索広告で
欧州委員会が、Googleに独禁法違反の疑いがあるという2通の異議告知書を送付した。4月のAndroidに関するものとは別に、検索結果と検索広告に関するものだ。Googleは数週間中に回答すると表明した。(2016/7/15)

医療機器 メルマガ 編集後記:
公取委が認めてもまだ終わらない、キヤノンの東芝メディカル買収
まだもう少しかかりそうです。(2016/7/4)

製造マネジメントニュース:
キヤノンの東芝メディカル買収、公取委が“渋々”承認
公正取引委員会(以下、公取委)は、キヤノンによる東芝メディカルシステムズの株式取得を承認したと発表した。キヤノンから計画届出書の提出を受けて審査を行ってきたが、「一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならないと認め、キヤノンに対する排除措置命令を行わない旨を通知した」(公取委)という。(2016/7/1)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革-XII
電力の取引に関しては経済産業省と公正取引委員会が共同で作成した指針があり、小売全面自由化を前に内容を改定した。小売・卸売・託送の3分野を中心に問題となる行為を挙げて、独占禁止法や電気事業法に違反する可能性を示している。特に電力会社に対する規制を数多く盛り込んだ点が特徴だ。(2016/5/23)

2016年第2四半期に完了見込み:
MicrochipのAtmel買収、独禁法をクリア
Microchip TechnologyによるAtmel買収は、2016年第2四半期に完了しそうだ。米国とドイツにおいて既に独占禁止法審査をクリアし、現在、韓国とフランスも審査を行っているさなかだという。(2016/3/15)

動き出す電力システム改革(56):
電力会社に独占禁止法の新たな規制、スイッチングの妨害などが対象に
電力の取引に関しては経済産業省と公正取引委員会が共同で作成した指針があり、小売全面自由化を前に内容を改定した。小売・卸売・託送の3分野を中心に問題となる行為を挙げて、独占禁止法や電気事業法に違反する可能性を示している。特に電力会社に対する規制を数多く盛り込んだ点が特徴だ。(2016/3/9)

富士通とNECに公取委が立ち入り検査 談合の疑い
電力保安通信用機器で談合した疑いがあるとして、公取委が富士通とNECを立ち入り検査。(2016/2/16)

EUも現在調査中:
韓国、Qualcommに独禁法違反の疑いで勧告
韓国公正取引委員会が、Qualcommに対し、独占禁止法(独禁法)違反の疑いで報告書を提出した。Qualcommは複数の国において同様の調査を受けていて、中国とはようやく折り合いが付いたばかりだ。(2015/11/24)

ロシア政府、Googleに独禁法違反是正命令 Androidアプリのプリインストールで
GoogleがAndroid端末メーカーに複数の自社製アプリのインストールを要請していることは独禁法に抵触するとして、ロシア政府当局が同社にメーカーとの契約の是正を命じた。この問題については欧州と米国の当局も調査中だ。(2015/10/6)

Google、米当局もAndroid関連で独禁法違反容疑の調査開始──Bloomberg報道
GoogleがAndroid端末メーカーに純正アプリのプリインストールを要請することが独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会(FTC)が調査を開始したとBloombergが報じた。この件については欧州連合が4月から正式調査を進めている。(2015/9/26)

一部に「買いたたき」や「著作権の無償譲渡」 公取委、テレビ局と番組制作会社の取引に関する調査結果を公開
テレビ局と番組制作会社の取引において、一部で「採算確保が困難な取引(買いたたき)」など法的に問題となり得る行為が見られた。(2015/7/30)

ベースバンドチップの提供に関して:
EUがQualcommの調査へ、独禁法違反の疑いで
EU(欧州連合)が、Qualcommを独占禁止法違反の疑いで調査に乗り出す。モバイル機器に搭載するベースバンドチップについて不正行為がなかったかどうかが、調査の焦点となる。(2015/7/17)

「Apple Music」、米州政府が独禁法違反の調査開始──米報道
Apple Musicをめぐり、かつてのiBookstore立ち上げの際と同様に、Appleがコンテンツ企業(今回は音楽レーベル)に圧力を掛けたり共謀したりしていないかどうかの独禁法調査を米州政府が開始した。(2015/6/11)

米CATV市場4位のCharterが2位TWCの買収を発表 首位Comcastに迫る規模に
米CATV市場で4位のCharter Communicationsが、首位Comcastが4月末に買収を断念した業界2位のTime Warner Cableを買収すると発表した。独禁法当局はこの買収を認めるとみられている。(2015/5/27)

富士通・NECなどに公取委立ち入り検査 東電との取引で談合の疑い
東電との取引の際に談合の疑いがあるとして、公取委が富士通やNECなど5社を立ち入り検査した。(2015/5/19)

最高裁、放送事業者との包括契約めぐりJASRACおよび公取委の上告を棄却
JASRAC側は「私的独占に該当するものではない」ことを引き続き主張していく構え。(2015/4/29)

JASRAC「包括利用許諾契約」は新規参入を妨害 最高裁判断
JASRACが放送局などと結ぶ「包括利用許諾契約」について、最高裁は同業他社の新規参入を妨害していると判断。公取委で審判手続きをやり直すことになった。(2015/4/28)

EU、Googleに検索事業に関する異議告知書送付 Androidの調査も開始
EUが、Googleに対し、検索事業における独禁法違反容疑で異議告知書を送り、これとは別にAndroidを巡っても独禁法違反の疑いがあるとして正式調査を開始した。Googleは異議告知書については「見当違い」と反論し、Androidについても「開発者には自由がある」と説明した。(2015/4/16)

ビジネスニュース 企業動向:
中国がQualcommに独禁法違反判決、特許使用料はどうなる?
中国がQualcommに対し、独占禁止法に違反したとして罰金の支払いを命じた。同時に、Qualcommの特許使用料率も引き下げている。(2015/2/16)

知財コンサルタントが教える業界事情(18):
アップルを訴えた島野製作所、争点となった特許とは
巨人アップルにかみついた――。米国アップルに対し、そのサプライヤーだった島野製作所が、独禁法違反と特許侵害で訴訟を提起したことが注目を集めている。係争のポイントとなった特許は何だったのか。知財の専門家である筆者が「特許関連情報」と「公開情報」を中心に訴訟の争点を解説する。(2014/12/25)

公取委、東映アニメに是正勧告 委託先アニメーターに報酬の消費増税分支払わず
東映アニメが委託先アニメーターへの報酬に消費税増税分を上乗せしていなかったのは「買い叩き」に当たるとし、公取委が是正勧告を行った。(2014/12/18)

東映アニメーションに対し公取委が勧告 下請け業者への「買いたたき」発覚で
消費税増税分の委託料を支払っていなかった。(2014/12/17)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年8月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。お盆を挟んだ8月第3週は、出版協が公取委に電子書籍の再販適用を求めたことなどが話題になりました。(2014/8/18)

ビジネスニュース 企業動向:
欧州裁判所、14億米ドルの制裁金を不服とするIntelの訴えを棄却
独占禁止法に違反したとして、2009年に欧州委員会から14億3000万米ドルの制裁金を科せられたIntel。これを不服として控訴していたが、欧州裁判所は同社の訴えを退けた。(2014/6/17)

欧州委員会、Googleの改善案を受け、独禁法違反調査を終了へ
欧州委員会は、Googleが検索結果を自社に有利になるよう操作したという競合の申し立てを受けて2010年から行ってきた独禁法調査の終了に踏み出した。(2014/2/6)

JASRAC、独禁法めぐる訴訟で高裁の判決に上告
“無罪”を覆した高裁の判断に異議を唱え、「最高裁判所の判断を求める必要がある」として上告した。(2013/11/14)

公取委とJASRAC、包括契約めぐる訴訟で上告 審決取り消しに不服
JASRACと放送局と結ぶ、楽曲の「包括利用許諾」契約が独占禁止法違反に当たるかどうかが争われた訴訟で、公取委員会とJASRACは、独禁法違反には当たらないとする公取委の審決を取り消した東京高裁判決を不服として最高裁に上告した。(2013/11/13)

JASRACは「他社を排除」と東京高裁 JASRAC「到底承服することができない」
JASRACを“無罪”とした公取委の審決を、東京高裁が取り消した。(2013/11/1)

電子書籍エージェンシーモデル訴訟、米連邦地裁「Appleは有罪」
米連邦地裁は、Appleが電子書籍の価格をつり上げるために出版大手5社と共謀したと認定、独禁法違反であると判決を下した。(2013/7/11)

EU、Microsoftに5億6100万ユーロの制裁金──独禁法対策不履行で
欧州委員会が、Microsoftが2009年に約束した独禁法違反対策を一時期履行していなかったとして、約684億円の制裁金を科すと発表した。(2013/3/7)

Microsoft、GoogleとFTCの和解は「説得力がなく、異常だ」と苦言
米連邦取引委員会がGoogleを提訴せずに独禁法調査を終了したことについて、Microsoftは落胆したと公式ブログで懸念を表明したが、寄せられたコメントのほとんどはMicrosoftに批判的だ。(2013/1/7)

GoogleとFTCが和解 アルゴリズム変更は不要、標準特許での販売差し止めは禁止
GoogleとFTCが、“検索不平等”問題とMotorolaの標準特許問題で合意に達し、FTCはGoogleに対する独禁法調査を終了する。(2013/1/4)

EU、Samsungに「Apple提訴は独禁法違反」の異議表明書を送付
Samsungには欧州委員会と話し合う機会が与えられるが、独禁法違反が認められた場合、Samsungには年間売上高の10%までの罰金が科されることになる。(2012/12/25)

EU、Samsungを提訴へ Appleとの特許紛争が独禁法違反に
欧州連合(EU)がSamsung Electronicsを近く競争法(独占禁止法)違反で提訴する見込みになった。(2012/12/21)

Amazonの利用者、電子書籍関連訴訟の和解により払い戻しを受ける
電子書籍のエージェンシーモデル販売について独禁法違反の疑いが掛けられていたAppleや大手出版社。和解条件の一部として、この動きに直接関与していないAmazonの利用者も該当書籍の払戻金を受けられる。(2012/10/16)

法制度・規制:
電力市場の改革に公取委が動く、発送電分離など7項目を提言
電力会社による閉鎖的な市場に競争原理を導入するため、「電力市場における競争の在り方について」と題する報告書を公正取引委員会が発表した。電力会社の発電・送配電・小売部門の分離を含む7つの競争政策を提言し、独占禁止法の運用も明確化することを宣言した。(2012/9/24)

Microsoftは「技術的エラー」と弁明:
欧州委員会、Microsoftを独禁法違反対策不履行の疑いで再調査
MicrosoftがWindows 7 SP1に「Webブラウザ選択画面」表示機能を組み込んでいないとして欧州委員会が調査を開始した。Microsoftは非表示は技術的エラーだとし、迅速に対処して謝罪すると発表した。(2012/7/18)

ビジネスニュース 企業動向:
Intelが欧州裁判所に控訴、13億ドルの制裁金支払いに異議を表明
独占禁止法に違反したとして2009年に制裁金の支払いを命じられたIntelは、この判決に不服を申し立て、欧州連合司法裁判所に控訴した。(2012/7/5)

Microsoftの独禁法違反の罰金をめぐる裁判、欧州委員会が勝訴
2008年に独禁法違反で欧州委員会がMicrosoftに科した罰金をめぐる裁判で、欧州裁判所はMicrosoftが8億6000万ユーロを支払うという判決を下した。(2012/6/28)

米司法省 vs. Appleの電子書籍「エージェンシーモデル」裁判、来年6月に開廷決定
米司法省が電子書籍のエージェンシーモデル販売について独禁法違反の疑いで米Appleなどを提訴している件、正式な裁判が来年6月3日からスタートする。(2012/6/25)

公取委に「危惧の念抱かざるを得ない」 JASRAC“無罪”審決で弁護団が批判
JASRACが同業他社の新規参入を妨害しているとして公取委が出した排除命令措置に対し、命令取り消しの審決が下された。JASRAC側の弁護団は審決内容について「公取委の仕事の仕方を審判官がこれほど批判することには危惧の念を抱かざるを得ない」と批判。(2012/6/18)

JASRACに“無罪”審決 公取委、包括契約めぐる排除措置命令取り消し
JASRACが放送局と結ぶ、楽曲の「包括利用許諾」契約が独禁法違反に問われた事件で、JASRACに対する排除措置命令を取り消す審決。“無罪判決”となる。(2012/6/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。