ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リハビリ」最新記事一覧

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開
薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。(2017/5/25)

田代まさしさんの1日、VRで“体験” NHK「A Day of 薬物依存症」公開
VR動画「A Day of薬物依存症 田代さんの一日」をNHKが公開した。(2017/5/24)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

トヨタ ウェルウォーク WW-1000:
トヨタのリハビリロボットが商用化、歩行練習の効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/5/8)

ペッパー、ロボホン……深刻な人手不足に悩む介護現場 「介護ロボット」は役に立つか
人材不足に対応するため、介護用ロボットの活用が進んでいる。東京都内で開催された介護用品の展示会の事例を紹介。(2017/5/2)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
トヨタが自動車メーカーでなくなる日
知らないうちに変貌を遂げているのかも。(2017/4/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが介護ロボット進出で描く未来
トヨタがリハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」を発表、今秋からサービスインする。同社はこうした一連の介助ロボットを「パートナーロボット」と名付け、「いいクルマづくり」と併せて力を注いでいくという。(2017/4/17)

かつて、吾妻ひでおは神だった
マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。(2017/4/15)

トヨタ、初の医療・介護ロボ商用化 9月からリハビリ支援用レンタル
トヨタが医療・介護用のロボットを実用化するのは初めて。(2017/4/13)

ロボット開発ニュース:
トヨタのパートナーロボットが初の商用化、歩行練習のリハビリの効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/4/13)

足のリハビリ支援ロボット、トヨタが開発 医療機関に貸し出し
まひした足にロボットアームを装着すると、膝の曲げ伸ばし動作を助けてくれる。(2017/4/12)

数年後に海外展開も:
トヨタ、歩行練習ロボットのレンタル9月開始
トヨタは、脳卒中などで足が不自由な患者らが歩行練習するためのリハビリテーション用ロボットのレンタルを9月から開始する。(2017/4/12)

電線で感電して羽が焦げてしまったオウム、羽の移植手術を受ける
また飛べるようになりますように。(2017/4/11)

介護・看護業界へ:
睡眠状態を可視化するシート状センサー 凸版が開発
凸版印刷が、利用者の睡眠状態を解析するシート状センサーを開発。介護・看護業界への導入を見込む。(2017/4/5)

医療機器ニュース:
サイネージ機能を追加し、動画撮影機能を強化したリハビリナビシステム新版
パナソニック エコソリューションズ社は、新たにサイネージ機能を加え、動画撮影機能を強化したリハビリナビゲーションシステム「デジタルミラー Ver.5」を出荷開始した。(2017/3/29)

未完の小説「続き」を公募 内田康夫さん休筆 「眠っている才能、後押しできれば」
脳梗塞の後遺症で執筆が難しくなったとし、作家の内田康夫さんが、浅見光彦シリーズ最新作「孤道」の続きを書いてくれる作家を公募している。(2017/3/21)

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」の完結編は一般公募へ
「僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は『これで軽井沢のセンセに、あることないこと書かれなくてすむ』と思うことでしょう」。(2017/3/21)

ソムリエ、リハビリ…… ソフトバンク「ペッパー」、AIソフト連携で活躍広げる
ソフトバンクのロボット「ペッパー」が、AIベンチャーによるソフトウエアを組み込むことで活躍の場を広げている。(2017/3/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
スペインで、柴崎岳に何があったのか
CDテネリフェの医療チームから「不安障害」の可能性を指摘されたMFの柴崎岳が、復帰する見通しとなった。「柴崎はスペインリーグに強い興味をもっていた」と言われていたのに、なぜ体調を崩したのか。(2017/2/24)

医療機器ニュース:
圧力と温度を同時検出できるフレキシブルシートセンサー
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合とともに、印刷技術によって、圧力と温度を同時に検出可能なフレキシブルシートセンサーを開発した。(2017/2/21)

医療機器ニュース:
リハビリセンターでウェア型生体センサーの実証実験を開始
藤田保健衛生大学は、東レ、NTT、NTTドコモとともに、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。(2017/2/20)

部屋から波が打ち寄せてくる……! リアルすぎる仮想現実の海に「なんだこれ」「ドラえもんの道具みたい」の声集まる
名古屋造形大学の卒業制作展にて展示され、作品を撮影した動画がTwitterで話題になっています。(2017/2/18)

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業:
残業削減、育児両立――中小企業が取り組む働き方改革
2016年度「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」が発表。企業の経営課題であり、強みにもなる「働き方改革」だが、中小企業にとってモデルケースとなる取り組みにはどのようなものがあるだろうか?(2017/2/9)

「hitoe」活用:
“着るセンサー”で治療の質向上へ ドコモなど実証実験
東レ、NTT、NTTドコモが、医療型ウェアラブルセンサーの実証実験をリハビリ施設で行う。患者の生体情報を取得し、治療の質の向上につなげる。(2017/2/6)

医療機器ニュース:
ラット学習実験モデルで動作アシスト機器の効果を検証
産業技術総合研究所は、感覚運動の学習において動作アシスト機器の効果を実証した。ラット用実験装置で学習に介入し、その影響を調べたところ、「正しい動きを手取り足取り動かして教えることが学習に有効」という、従来の仮説を覆す結果が出た。(2017/1/31)

命のリレーで救われた「ジャックウサギ」の赤ちゃん、リハビリで無事元気を取り戻す
大自然の厳しさとカワイさ。(2017/1/22)

豊橋技術科学大学が開発:
医療・介護施設の巡回をロボットで 人手不足解消狙い
豊橋技術科学大学は医療・介護支援ロボット「Lucia」(ルチア)を披露した。介護施設や病院での夜間巡回や、歩行訓練(リハビリ)を支援する。(2017/1/20)

高齢者は過去最の3461万人:
異業種参入相次ぐ介護ビジネス AIも戦力
介護事業への異業種参入が相次いでいる。人工知能(AI)技術や情報通信技術(ICT)などの進展を背景に、電機メーカーや警備会社など、異業種ならではの新しい視点が課題解決の糸口になるかもしれない。(2016/12/14)

難病を告白した民進党・原口議員へ安倍総理からメッセージ 党を超えた激励に「本当にありがたい」
原口議員は感激し、首相からのメッセージを病室に貼っています。(2016/12/13)

太田智美がなんかやる:
脳梗塞で倒れた古川享さんの頭の中はどうなっていたのか MRI画像をもとにVR映像を作成 脳内散歩してきた
脳みその中に……入る?(2016/12/9)

帝人ファーマ 上肢用ロボット型運動訓練装置ReoGo-J:
上肢まひのリハビリロボット、3次元の動きで上肢訓練
帝人ファーマは、脳卒中などによる上肢まひのリハビリを目的とした、「上肢用ロボット型運動訓練装置 ReoGo-J」を発売した。まひしている上肢の関節癒着や拘縮を予防し、関節可動域の改善などに貢献する。(2016/12/9)

ASKA容疑者「恐ろしい覚醒剤を止めたい」から一転 かつての法廷発言から透ける“虚と実”
薬物の誘惑に「NO」とは言えなかったのか。「SAY YES」など数多くのヒット曲を手掛けた歌手、ASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)=覚せい剤取締法違反容疑で逮捕=の2度目の逮捕に衝撃が広がっている。(2016/12/5)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
IoTしろと言われても?
元気ですか?(2016/11/29)

医療機器ニュース:
上肢まひのリハビリロボットを発売
帝人ファーマは、脳卒中などによる上肢まひのリハビリを目的とした、「上肢用ロボット型運動訓練装置ReoGo-J」を発売した。まひしている上肢の関節癒着や拘縮を予防し、関節可動域の改善などに貢献する。(2016/11/25)

ポケモンGO生みの親も祝福 Ingressで引きこもりから脱出し、うつ病を克服した人の話
うつ病になり、半年間1歩も外にでられなかった日々。立ち直るきっかけとなったのは、位置情報ゲーム「Ingress」でした。(2016/11/6)

オリジン RE-Gait:
足首アシストで歩行リハビリ、わずか1キロの装着型ロボット
介護医療施設運営などを手掛けるオリジンが、約1kgと軽量な装着型歩行補助装置「RE-Gait」を販売開始する。(2016/10/13)

トヨタのロボットが3万9800円で登場 「KIROBO mini」個人向けに発売
トヨタが小型ロボット「KIROBO mini」を発売。個人向けロボットという「トヨタが全く経験したことがない」新製品だ。(2016/10/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローも悲しむ若手右腕の事故死 「悲劇」で語った大物たちの言葉とは
悲しくショッキングなニュースが野球界に入ってきてしまった。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデス投手がボート事故で突然の死去――。メジャーリーグを代表する投手の死に、全米中が深い悲しみに包まれた。(2016/9/28)

骨折で入院中の道端アンジェリカ、リハビリ写真が話題 「病院なのにランウェイみたい」
ギプスがルーズソックスっぽい。(2016/9/28)

テニスプレイヤーの伊達公子が離婚 「16年間共に過ごしてきた中で、2人の人生に変化が出てきた」
今後もサポートし合う仲であることには変わりないそうです。(2016/9/27)

医療技術ニュース:
バーチャルリアリティーシステムを使った幻肢痛の治療法を開発
東京大学は、感覚を失ったはずの手足で感じる難治性の痛み(幻肢痛)が、バーチャルリアリティーシステムを用いることで和らぐことを明らかにした。(2016/9/22)

東京ゲームショウ2016:
「VRはゲーム業界“だけ”のものではない」開発者が語る課題と未来
今年の東京ゲームショウで最も注目を集めた「VR(仮想現実)」。コンテンツメーカー、プラットフォーマ―から見た「VRの課題と可能性」とは? 基調講演のレポートをお届け。(2016/9/21)

セラピー犬たちと触れ合える「人と犬との憩いの場所」はモフモフ天国! 最高に癒されてきた
人を癒すお仕事をする「セラピー犬」。そんなセラピー犬と触れ合える「人と犬との憩いの場所」を訪ねました。とっても癒やされます!(2016/9/16)

米コロラド州、フクロウが有刺鉄線に引っ掛かる 保安官が救助
救助後一安心した様子のフクロウに和みます。(2016/9/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
暴走! マイコラス投手を不問にした巨人の“罪”
巨人のマイルズ・マイコラス投手が“大暴れ”した。8月28日に登板した試合で、相当な不機嫌モード。バットをへし折ったほか、キャッチャーと口論する場面も。チームワークを明らかに乱した言動に対しても、首脳陣は不問。このままでは……。(2016/9/1)

脳卒中後のリハビリロボ、北極の氷床下を移動するROV:
NIがアカデミック関連のプロジェクトを紹介
National Instruments(ナショナルインスツルメンツ、以下NI)は、2016年8月2日〜4日に年次テクニカルカンファレンス「NIWeek 2016」を開催した。本稿ではNIのアカデミック分野や教育関連の取り組みについて紹介する。(2016/8/9)

VRでトレーニングする「電動車いす」 “公共の場”を再現した練習も可能に
(2016/8/2)

GM/NASA/Bioservo Technologies:
宇宙ロボット技術を製造現場向けパワーアシストグローブに応用――GMが自社工場で試験
GMは、NASAと共同開発した国際宇宙ステーション用のロボットグローブ技術「Robo-Glove」のライセンス契約を、スウェーデンのBioservo Technologiesと締結したことを発表。今後、Bioservo Technologiesは製造業やヘルスケア分野向けに同技術を応用したパワーアシストグローブを展開していく。(2016/7/29)

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる
IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由
医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。(2016/7/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。