ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リハビリ」最新記事一覧

CAEニュース:
骨折部の創外固定器の動作確認に機構解析ソフトウェアを活用
エムエスシーソフトウェアは、静岡理工科大学の野崎准教授が、骨折部の創外固定器の開発において、人体モデルと固定器の動作確認に同社の機構解析ソフトウェア「Adams」を活用していると発表した。(2016/5/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

認知症患者の徘徊にリスクヘッジ“GPSシューズ” 「置き忘れ」なく、追跡する家族に安心感
認知症患者の徘徊が社会問題となる中、靴にGPSを搭載した高齢者向けシューズが登場し、注目を集めている。(2016/5/18)

医療技術ニュース:
海女の血管年齢が同年代の女性より10歳以上若いことを発見
産業技術総合研究所は、三重県志摩・鳥羽地区と千葉県南房総市白浜に在住する、海女121人を含む女性203人(平均年齢65歳)の血管年齢を計測し、同年代の一般女性の血管年齢より約11歳若いことを明らかにした。(2016/5/13)

演出家・蜷川幸雄さんが死去 80歳
俳優への厳しい指導で知られていました。※追記(2016/5/12)

ゴールデンボンバー鬼龍院翔さん、声帯ポリープ切除手術成功 「沈黙の引きこもり生活」へ
術後の経過も順調とのこと。(2016/5/12)

ゴールデンボンバー鬼龍院翔さん、声帯ポリープ切除手術へ
3年半前に発症した発声障害についても語っています。(2016/5/8)

医療は変わるか?:
オムロンヘルスケアが力を注ぐ「連続血圧測定」とは何か?
医療用健康機器メーカーのオムロンヘルスケアが、脳・心血管疾患の発症をゼロにする取り組みを本格化。その第一歩として、連続血圧測定技術を世界で初めて開発し、2017年を目途に製品化するという。(2016/4/26)

ロボット義手「フィンチ」は10万円:
進化する介護ロボットは、高齢化社会を支える切り札になるのか
ロボット技術を使ったリハビリ・支援機器の研究開発が活発化している。今春も続々とニューモデルが登場。介護する側、される側、障害者など誰でも低コストで利用できる社会への動きは着実に進んでいる。(2016/4/25)

40代から:
四十肩、五十肩ってマッサージで良くなるの? その対処法とは
40代から60代にかけて発症しやすいのが、四十肩・五十肩です。特に発病初期は痛みが強く、夜に目を覚ますことも。今回は、四十肩、五十肩の予防と対処法を紹介します。(2016/4/8)

NIGHTMARE、年内でバンド活動一時休止を発表
メンバーのソロ活動やサポート活動は継続。(2016/4/4)

漫画:疑似通貨で遊ぶ“介護カジノ”に潜入! パチンコ、麻雀、ブラックジャックで遊ぶ高齢者たち
高齢者がパチンコやマージャンに興じる“介護カジノ”に潜入取材。そこに広がっていた光景とは……?(2016/3/25)

進化と拡大の中でのダウンサイジング――iPhone SEと新型iPad ProにAppleの原点を見た
Apple本社の通称“キャンパス”のタウンホールで、同社の新商品発表会が開催された。このタウンホールで開催された最後のイベントで、iPhone SEと9.7型版iPad ProというAppleの原点を感じさせる製品が発表されたことに、同社の変わらぬ哲学を垣間見た気がした。(2016/3/22)

医療技術の応用:
Samsung、平衡感覚をつかさどる神経を刺激して“動き”を感じられるVRヘッドセット「Entrim 4D」発表
電極付きのヘッドセットから内耳の前庭神経を電気信号で刺激することにより、VR映像内の動きや速度を感じることができるように。(2016/3/15)

「+dで社会インフラに貢献していく」――吉澤副社長に聞く、NTTドコモの5GとIoT戦略
Mobile World Congress 2016に、日本の通信会社では唯一出展をしたNTTドコモ。スマートフォンの普及拡大期が終わりを迎える中で、同社はMWCの地で何を見たのか。NTTドコモ副社長の吉澤和弘氏に話を聞いていく。(2016/3/14)

東京下町の町工場が15年で取引先を120倍にできた理由
減少し続けている東京下町の町工場。そうした苦しい時代の中でも取引先を15年で120倍に、売上を20倍に増やし、成長し続けている町工場ある。(2016/3/8)

田代まさしが覚せい剤についてラップする「リハビリマーシー」リリース ラッパーたちにディスられて「大丈夫だぁ」を連呼
そんなラップして大丈夫か?(2016/3/4)

不死鳥レスラー「ハヤブサ」さん、くも膜下出血で逝去 偲ぶ会も後日開催
華麗なとび技を、もう一度見たかった。(2016/3/4)

徳永英明さん、「もやもや病」で手術していた 活動再開は4月を予定
2月22日に左複合バイパス手術を行っていた。(2016/3/3)

医療機器ニュース:
介護予防から脱介護へ、GEヘルスケアが「歩行の見える化」で貢献
早稲田エルダリーヘルス事業団とGEヘルスケア・ジャパンは、歩行リハビリテーションの数値化と見える化を実現したシステム「AYUMI EYE(アユミ アイ)」の開発と導入展開について説明。介護度を悪化させない「介護予防」から、介護度を改善する「脱介護」が可能になるサービスを提供する。(2016/2/26)

トヨタやホンダ、ロボット実用化へ事業育成 技術力で市場優位性狙う
トヨタ自動車やホンダなど自動車大手が、人間の動きを模倣し、補うロボットの実用化に踏み出している。(2016/2/24)

京都大学/サンコール 歩行支援機器:
長下肢装具に取り付ける歩行支援ロボットを共同開発
京都大学とサンコールは共同で、歩行リハビリテーションを効果的に支援する「モジュール型wearable歩行支援機器 Attached Robotic Unit Knee-ankle-foot orthothesis」を開発した。(2016/2/23)

医療機器ニュース:
リハビリのためのモジュール型ウェアラブル歩行支援機器
京都大学は、歩行に障害を抱える人々のリハビリ向けに、長下肢装具に取り付けるだけで歩行支援ロボットとして使える「モジュール型wearable歩行支援機器」を発表した。(2016/2/22)

医療技術ニュース:
歩行とスマートフォン操作は左右の脳が別々に関与することを解明
東北大学は、「歩きスマホ」中の左右の脳活動が、スマートフォン操作と歩行への注意に別々に関与していることを明らかにした。若い人/高齢者とも、歩きスマホ中に前頭部が活性化するが、高齢者は上手な操作や安全歩行にはつながらなかった。(2016/2/19)

R25スマホ情報局:
歩きスマホで脳活性化?誤解も多数
“歩きスマホ”で脳の働きが良くなる? そんなうわさがTwitter上で拡散。実際は、高齢者の歩きスマホの危険性を示す研究結果が誤解されたものでした。(2016/2/10)

歩きスマホ中は脳が活性化 東北大研究 転倒予防・リハビリに応用
歩きスマホをする時、左右の脳が活性化し、歩行とスマホ操作を別々に処理していることを東北大学の研究グループが明らかにした。(2016/2/4)

厚生省、ロボットスーツ「HAL」に保険適用 歩行のリハビリに活用
歩行機能のリハビリ訓練に使われるロボットスーツ「HAL 医療用 下肢タイプ」が、保険適用の対象に決まった。(2016/1/29)

「介護福祉ロボットは市場成長期に」、2021年に155億円市場へ
歩行補助やリハビリに用いられる介護福祉ロボットの市場は、政府「ロボット新戦略」などの後押しもあり、2021年には155億円規模まで成長する見込み。富士経済調べ。(2016/1/25)

オムロンがデモ展示:
±5cmを検知するセンサーは何に応用できるのか
オムロンは、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催された「ウェアラブルEXPO」で、±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を検知する「絶対圧センサー」を展示した。(2016/1/22)

高齢者4〜5人に1人は貧困状態:
1億総中流の将来は「下流老人」? 現役世代が立つ絶望の入り口
高齢者の貧困を描き、大ヒットとなった『下流老人』。著者の藤田孝典さんは講演会でそう切り出した。タイトルは流行語大賞にもノミネートされた。藤田さんによれば、下流老人の入り口に立つ現役世代は少なくないという。未来には絶望しかないのだろうか。(2016/1/14)

2015 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 金星探査機「あかつき」や五輪エンブレム問題、“未来”の話題も?
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。金星探査機「あかつき」、五輪エンブレム、iPhone新機種などに加え、“未来”のニュースも話題を呼びました。(2016/1/5)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ その2:
小学生からのプログラミング――Scratchでゲーム作りを楽しんだ週末
「あそぶ!ゲーム展」で子ども向けプログラミング教室を体験。脱レトロゲー初心者を目指すテクニックも紹介しよう。(2015/12/24)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
シェアリングエコノミー型が牽引するオープンガバメント
2期8年目を迎えようとする米国オバマ政権が推進してきたオープンガバメント/オープンデータ推進策は、仕上げの段階に入ろうとしている。従来の電子政府戦略からどのように進化したのだろうか。(2015/12/24)

医療技術ニュース:
短期と長期の運動記憶の画像化に成功
東京大学は、短期と長期の運動記憶が、脳内で異なる場所に保存される様子を画像で捉えることに成功。早く学んですぐ忘れる記憶と、ゆっくり学んで長く残る記憶の違いを、脳活動計測と数理モデルを組み合わせて実証した。(2015/12/24)

医療機器ニュース:
シルク電極の開発と、それを基にした大学発医療系ベンチャーの設立
東北大学は、シルクを基材とした肌に優しい電極の開発に成功したと発表した。また、これを応用した医療機器を開発することで地域の活性化と発展を目指すベンチャー企業を新たに設立した。(2015/12/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダが構想する老化と戦うクルマ
今後ますます増加する高齢者の運転を助ける1つの解として「自動運転」が注目を集めている。しかしながら、マツダは自動運転が高齢者を幸せにするとは考えていないようだ。どういうことだろうか?(2015/12/21)

「火垂るの墓」作者の野坂昭如さん亡くなる
作家のほか、歌手やタレント、政治家としても活躍していました。(2015/12/10)

2015 国際ロボット展:
まもなく“パワードスーツ元年”か 人工筋肉・モーター活用で、荷役作業を軽減
イノフィスの「マッスルスーツ」、アクティブリンクの「アシストスーツAWN-03」など、重い荷物を持っても、負担がかからないスーツが「2015 国際ロボット展」に登場。(2015/12/2)

キーワードはIoTやセキュリティだけじゃない
2016年市場予測、スマートフォンは「コンパニオン」になる?
5人の業界専門家は予想する。モノのインターネット(IoT)、モバイルアプリのセキュリティ、そして、そこそこ便利で快適な「黒子のようなコンピューティング」が2016年のコンピュータ業界のキーワードになる、と。(2015/11/27)

医療IT最新トピック
「健康長寿社会」実現にケーブルテレビを活用、広島県三原市で実証実験始まる
生活習慣病発症予防に向け、広島県三原市では同市で普及しているケーブルテレビを中心にITを利用したサービスを提供する実証実験を開始。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/10/27)

医療技術ニュース:
「やる気や頑張り」がリハビリの効果に影響することを証明
自然科学研究機構生理学研究所は、脊髄損傷後のサルの運動機能回復において、やる気や頑張りをつかさどる「側坐核」が、運動機能をつかさどる「大脳皮質運動野」の活動を活性化し、運動機能の回復を支えることを明らかにした。(2015/10/23)

写真展:
根本 タケシ 写真展「能登 空と海と」
(2015/10/21)

医療機器ニュース:
医療・福祉分野向けの小型関節駆動ユニットを開発
安川電機は、減速機構とモーターが一体化した、小型関節駆動ユニットを開発した。同社製のACサーボドライブを搭載して汎用性を高めたほか、樹脂材料を適用し、構造を簡素化することで、小型・軽量化した。(2015/10/20)

医療機器 メルマガ 編集後記:
ロボット技術を医療分野に生かすもう1つの方法
逆転の発想です。(2015/10/19)

ISO 13482:
ASIMOの技術を用いた「Honda 歩行アシスト」、ISO 13482の認証取得
ホンダの歩行訓練機器「Honda 歩行アシスト」が、生活支援ロボットの国際安全規格である「ISO 13482」の認証を取得した。(2015/10/15)

センサー付き眼鏡「JINS MEME」11月5日発売 リアルタイムに疲れや眠気を可視化 スポーツ・医療でも活用
目や体の動きをリアルタイムにトラッキングし、疲労度や眠気を示すセンサー付き眼鏡「JINS MEME」が11月に発売される。研究者、開発者とも広く連携し、活用を進める。(2015/10/14)

横綱・白鵬がTwitterを開始、リハビリの様子を投稿 モンゴル語も併記して母国でも楽しめるように
Twitter部屋に横綱が土俵入り。(2015/10/11)

国際福祉機器展 2015:
ぶら下がりながら歩行リハビリ可能、体重負荷を30%軽減する介助リフト
モリトーは「国際福祉機器展 2015」において、つり下げ式の歩行練習リフト「SS-1000」を展示した。転倒時の事故を減らし、補助員の作業負担を軽減する効果があるという。(2015/10/9)

ウェアラブル端末はヘルスケア業界での活用が主流に フロスト&サリバンが予測
リサーチ&コンサルティング企業のフロスト&サリバンが、ウェアラブル端末はヘルスケア業界での活用が主流になると予想。(2015/10/8)

医療機器ニュース:
介護予防向け、運動機能の状態を簡単に確認できる計測機器の試作モデル
タニタは、脚の筋力やバランス能力といった運動機能の状態を誰でも簡単に確認できる計測機器「BM-220」の試作モデルを発表した。骨折・転倒や関節疾患の兆候を早期に確認し、介護予防に役立てる。商品化に向けてモニター募集も実施している。(2015/10/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。