ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「産業用カメラ」最新記事一覧

PALTEK/フリアーシステムズ:
高度道路交通システム市場向け赤外線センサー製品
PALTEKは、米フリアーシステムズの高度道路交通システム(ITS)市場向け赤外線センサー製品の販売開始を発表した。(2016/4/28)

ハーティング PushPull:
防水・防じん仕様の小型ワンタッチ式20ピンコネクター発売
ハーティングは、防水・防じんの小型ワンタッチ式コネクター「PushPull」の20ピンバージョンを2016年4月1日に発売する。(2016/4/1)

FAニュース:
防水防じん小型ワンタッチ式コネクタの20ピンバージョンを発売
ハーティングは、防水防じんの小型ワンタッチ式コネクタ「PushPull」の20ピンバージョンを2016年4月1日に発売する。1つのコネクタで、用途に合わせて小電力の電源とデータ信号を自由に組み合わせることができる。(2016/3/30)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノンが“ばら積みピッキング”の次に狙うのは“ロボットアームの目”
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、2014年に新規参入したマシンビジョンの新たな技術展示などを行った。(2015/11/5)

FAニュース:
産業機器に新たな進化をもたらすか、キヤノンが2億5000万画素のCMOSセンサー開発
キヤノンは35mmフルサイズ以下のセンサーサイズにおいて「世界最高画素数」(同社調べ)となる約2億5000万画素のAPS-HサイズのCMOSセンサーを開発した。超高精細計測機器・産業機器への応用を検討していくという。(2015/9/7)

産業用ロボット:
製造現場で働くロボット倍増へ、生産ラインの“穴”を埋める支援開始
NEDOは、ロボットの活用・普及の促進に向けて、ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術の開発を行う。ロボット新戦略で掲げた「製造現場での産業用ロボットの導入2倍」とした目標に向け用途を明確化した支援を進めていく。(2015/8/14)

産業用カメラ:
キヤノンがマシンビジョンを拡充――小型部品対応で電機・精密への普及拡大へ
キヤノンは、3Dマシンビジョンシステムの新製品として、小型部品の3次元認識が可能な2機種を発売した。(2015/7/17)

FAニュース:
産業用ロボット拡大の波に乗り“目”としての役割を広げるコグネックス
コグネックスは好調を続けるバーコードリーダ製品に加え、産業用ロボットの導入拡大に合わせマシンビジョンの成長に取り組む方針だ。画像処理技術の導入を加速させることでFA市場における自動化領域の拡大を促進する。(2015/5/13)

FAニュース:
FAレンズに焦点距離25mm/35mmを追加、1型9メガピクセルまで対応
リコーインダストリアルソリューションズは、画像処理用手動絞りレンズに焦点距離25mm/35mmの2機種を追加した。画角が広いため、精密加工品から容器全体の外観・異物検査などに対応する。(2015/3/31)

FA メルマガ 編集後記:
3Dマシンビジョン参入企業増加の理由
“目”は口ほどにモノを言います。(2015/3/20)

FAニュース:
リコーがマシンビジョンに参入! 30fpsで3次元データを取得するステレオカメラ
リコーは、新たにマシンビジョン市場に参入する。以前からマシンビジョン用のレンズは提供していたが、マシンビジョンそのものの投入は初めて。年間300台の販売を目指すという。(2015/3/19)

製造マネジメントニュース:
キヤノンがネットワークカメラ世界最大手を買収――監視カメラ事業を拡大へ
キヤノンは、ネットワークカメラで世界最大手となるスウェーデンのアクシスを買収する方針を固めた。約3337億円の買収資金により、発行済みの全株式を対象とした公開買付け(TOB)を行う。(2015/2/11)

FAニュース:
リコーインダストリアル、画像処理用手動絞りレンズ2機種を発売
画素ピッチ3.69μmの1型、9メガピクセルまでの産業用カメラに対応。外径はφ42mmと小型設計で、画像計測/認識で問題となるディストーション(歪曲収差)を低減させた。(2014/12/8)

産業用画像技術:
キヤノンが狙う“産業の目”、カメラや事務機で培った技術力を製造ラインへ
キヤノンは2014年4月に参入した3Dマシンビジョンシステムの動向について記者説明会を開催した。2017年までに年間300台の販売台数を目指す。(2014/11/6)

FAニュース:
コグネックス、毎秒200回の画像取り込みが可能な超高速用画像処理システム発表
「In-sight Micro」シリーズの最高速モデルで、毎秒200回の高性能画像取り込み機能と、パルス幅わずか1ミリ秒の超高速出力機能を搭載している。(2014/9/9)

FAニュース:
安川電機、バラ積み部品のピッキング作業を自動化する3Dビジョンパッケージ発売
3Dビジョンセンサーの障壁となっていた油の付着した金属ワークや複雑形状のワークの認識が可能になった。(2014/4/23)

FAニュース:
キヤノンがマシンビジョン市場に新規参入――産業用分野への取り組みを加速
キヤノンは、高速・高精度な3次元認識を実現する3Dマシンビジョンシステムを発売し、マシンビジョン市場へ新規参入することを発表した。同社は産業用カメラ市場への参入も発表したばかりで、デジタルイメージング分野の技術応用を加速させている。(2014/4/21)

FAニュース:
アルゴ、4K解像度のHDMI/SDI信号の延長ができる小型エクステンダーを発売
1コアの光ケーブルで4K画像を、画質の劣化なく長距離延長可能。(2014/3/31)

FAニュース:
キヤノンが産業用カメラ市場に参入――デジタル一眼レフのCMOSセンサーを応用
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラでも使用している独自のCMOSセンサー技術を応用した検査装置用の静止画像入力カメラを発売。新製品により検査工程向けの産業用カメラ市場に参入する。(2014/3/20)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(6):
製造現場における画像処理【後編】
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第6回では、前回から引き続き「製造現場における画像処理」をテーマに、画像処理の製造現場での活用事例を紹介します。(2014/2/6)

FAニュース:
NECエンジニアリング、縮小光学系スキャナ技術採用のマシンビジョン向けラインカメラを発売
被写体と密着していなくてもピントが合いやすい縮小光学系スキャナ技術を採用しカメラ、レンズ、光源を一体化。高さ約50?までの立体物を読み取り可能で、導入・保守費用を低減した。(2013/12/18)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(5):
製造現場における画像処理【前編】
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第5回のテーマは「製造現場における画像処理」についてです。具体的に画像処理が製造現場で効果的に利用されている実例を紹介します。(2013/10/21)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(4):
画像処理製品の導入ポイント
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第4回のテーマは「画像処理製品の導入」についてです。カメラと画像処理ソフトウェアを例に、生産現場で失敗しないための製品選定のポイントを解説します。(2013/9/20)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(3):
画像処理の流れ
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第3回のテーマは「画像処理の流れ」です。画像処理に関わる代表的な要素を紹介し、実際の流れを解説します。(2013/9/6)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(2):
画像処理でできること
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第2回のテーマは「画像処理でできること」です。画像処理の利用が最も盛んな工場での製造工程を例に、「GIGI」というキーワードに沿って解説していきます。(2013/8/23)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(1):
画像処理とは?
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第1回のテーマは「画像処理とは?」です。画像処理を製造現場で用いることのメリットを学びましょう。(2013/8/9)

製造ITニュース DMS2013:
省エネすれば、品質が上がる!?――オムロンと三菱電機がエコ工場技術を提案
「工場の省エネはやり尽くした」との声もあるが、現場のプロセス全体を見たとき、まだまだ“見えない無駄”は残されている。DMS2013では、オムロンと三菱電機が管理技術による工場の“見える化”を進めて省エネを図る、エコファクトリ―技術を出展し、省エネと、工場の性能向上を両立する技術として注目を集めた。(2013/6/24)

テスト/計測:
防爆仕様にも対応可能な多目的スマートカメラ
関電エネルギーソリューションとオリエントブレインが共同開発したスマートカメラを用いることで、安全監視や画像検査が必要な現場で生じるさまざまな課題に対して、柔軟に対応することが可能となる。(2012/9/28)

製造ITニュース:
コグネックス、三菱電機FA製品と連携する高精度OCR付き工業用カメラを発表
コグネックスは、三菱電機製シーケンサに対応した工業用カメラおよび画像認識ソフトウェアの新製品を発表した。海外も視野に、三菱電機と共同でFAソリューション販売を展開する。(2012/4/24)

NEWS:
コグネックス、三菱電機FA製品と連携する高精度OCR付き工業用カメラを発表
コグネックスは、三菱電機製シーケンサに対応した工業用カメラおよび画像認識ソフトウェアの新製品を発表した。海外も視野に、三菱電機と共同でFAソリューション販売を展開する。(2012/4/24)

高速シリアルインターフェイス技術 USB3.0:
TEDがUSB3.0対応の拡張ボードを開発、TIのPHYチップとインベンチュアのIPを採用
東京エレクトロンデバイス(TED)は、インベンチュアと共同で、USB3.0規格に準拠したFPGA搭載インターフェイスボード「TB-FMCH-USB30」を開発し、2011年4月に販売を開始する。(2011/2/22)

その意義、各種方式の特徴、使いどころを探る:
インターフェースIC活用のススメ
ロジックICの電源電圧の低下に伴い、インターフェースICの重要性が増してきた。現在では、単なる負荷駆動の手段ではなく、より効率が良く、より安全な信号伝送の手段としてその価値は高まってきている。本稿では、まずインターフェース回路の基本を再確認した上で、各種インターフェースICの果たす役割や最新の製品動向を紹介する。(2007/11/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。