ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戦略コンサルタントの視点」最新記事一覧

戦略コンサルタントの視点:
経営者はエージェントを持つべき時代
経営者は、大規模かつ多数のプロジェクト群を立ち上げ、企業の変革を強力に推進するべく、強力なエージェントを持つ時代が来たと言えます。(2010/8/24)

戦略コンサルタントの視点:
進まぬ変革、いら立つ経営者、結局は陣頭指揮しかないのか
「想いと現場の取り組みが一体化していない」という問題に直面する経営者にとっての解決方法として「経営者の分身をいかに創り出すか」という考え方が挙げられます。(2010/8/10)

戦略コンサルタントの視点:
「和風グローバル商材」の開発は日本ベンダー成長の源
IT大手4社の業績は、売上高が横ばいの富士通、NTTデータ、売上減少の日立製作所、NECと差が出ています。今回は将来的な業績も左右する大手システムベンダーのグローバル戦略について考察します。(2010/7/21)

戦略コンサルタントの視点:
大相撲中継の中止から、お客様の「ご意見」とネットの限界、超克への期待を思う
NHKが大相撲名古屋場所の生中継をしないと発表しました。視聴者の意見が中止決定の理由として報道されています。今回はこの「視聴者から寄せられたご意見」から、企業にとってのお客様の声について考えてみることにします。(2010/7/13)

戦略コンサルタントの視点:
自虐的なメタファー「ガラパゴス化」を考える
ガラパゴス化とは日本企業の製品やサービスが特殊な発展を遂げたがゆえに、海外では通用していないという考え方です。今回はガラパゴス化について検討した上で、日本のIT産業発展へのヒントを考えてみることにします。(2010/7/6)

戦略コンサルタントの視点:
日航、IBMの提携解消に思う
「日航、IBMとの提携を解消 システム開発事業競争入札でコスト削減」という動きから、今回はアウトソーシングについて考えてみることにします。(2010/6/29)

戦略コンサルタントの視点:
「しばらく様子見」は失敗の元――買収後の事業統合におけるゴールデンルール
日本のIT業界では、買収直後にすぐには組織統合に踏み込まないケースが数多く見受けられました。しかし、「現状維持で大きな摩擦や混乱を避けよう」といった考えが逆効果になることが非常に多いのです。(2010/6/22)

戦略コンサルタントの視点:
買ってはいけないベンダーを買わないために――安直なシナジーを信じてはいけない
企業が買収検討に合意すると、買い手は売り手の事業の価値・リスクを精査するためにデュー・デリジェンス(DD)と呼ばれるプロセスに入ります。今回はその中のビジネスデュー・デリジェンスについて、論じます。(2010/6/15)

戦略コンサルタントの視点:
IT業界、戦略の甘い買収はそろそろやめる時
国内のIT市場には大きな成長が見込めない中で、合併による成長を目指し、手段として企業買収を視野に入れる経営者が急激に増えてくることになります。(2010/6/8)

戦略コンサルタントの視点:
システム構築の予算超過と戦う
「なぜシステムは当初承認した予算内で収まらないのだろうか」という思いをお持ちの経営層の方は多いのではないかと思います。(2010/6/1)

戦略コンサルタントの視点:
価値ベースの提案を――システムベンダーの営業スタイルを変えるために
システムベンダーの営業力についてはさまざまな手法が提言されましたが、「価値ベースの提案」はあまり機能していないようだ。(2010/5/25)

戦略コンサルタントの視点:
IT業界に構造変化 「第2の繊維産業化」のおそれも
前回、5年から10年で国内IT産業の雇用の約3割が消失するという仮説について述べました。今回は、ベンダーの特徴別に、このことの影響と対応の方向性について考えることにします。(2010/5/18)

戦略コンサルタントの視点:
IT業界に構造変化 大手ベンダーの戦略転換と大量雇用減の可能性
IT業界の特徴を一言で表現すると「ゼネコン構造」といえます。情報システムのパラダイムが大きく変化していく中、この5年で日本国内でのエンジニア需要は2、3割程度が消失する可能性が高いと考えています。(2010/5/11)

戦略コンサルタントの視点:
情報システム子会社――再生か売却か
情報システム子会社が「低コストオペレーションの限界」という課題を抱えながら存在意義を失いつつある。今回は人材に焦点を当て、この問題について考えてみたい。(2010/4/27)

戦略コンサルタントの視点:
企業のSEを戦略コンサルタントに変える方法
情報システム部門員にコンサルタントのような役割を期待している情報システム部門は多い。戦略コンサルタントの視点からの回答を求めた。(2010/4/20)

戦略コンサルタントの視点:
情報システム子会社――経営の頼もしい味方か、お荷物か
今情報システム子会社の存在意義が問われ始めている。クラウドコンピューティングが進展すると見込まれる中で、長期的な戦略の中に強い「情報システム子会社」を位置づける必要がある。(2010/4/13)

戦略コンサルタントの視点:
Twitterは企業のマーケティングを変えるか
いまやIT関係者に限らず話題にするようになってきたTwitterだが、実際に企業のマーケティング活動をどんな影響があるのか。戦略系コンサルティングファームであるローランド・ベルガーに話してもらう。(2010/4/6)

戦略コンサルタントの視点:
無料化するクラウドの世界、その理由と注意点
戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに、情報システムの新たな姿について寄稿してもらう。クラウドコンピューティングをテーマにした3回目は、クラウドにおけるユーザーへの課金について解説する。(2010/3/30)

戦略コンサルタントの視点:
無料化するクラウド、潜む落とし穴〜後編
企業のシステム構築においてクラウドを利用する際の注意点として、ベンダーへのロックインについて考えてみます。(2010/3/23)

戦略コンサルタントの視点:
無料化するクラウド、潜む落とし穴
戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに、情報システムの新たな姿について寄稿してもらう。4回目は、クラウドコンピューティングの落とし穴について解説する。(2010/3/16)

戦略コンサルタントの視点:
CIOは本当に必要か? 〜後編
企業は情報システムをどのような考え方で運営していくべきか。戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに連載してもらう。3回目は、CIOの存在意義をテーマにした後編。(2010/3/9)

戦略コンサルタントの視点:
CIOは本当に必要か
企業は情報システムをどのような考え方で運営していくべきか。戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに話してもらう。2回目のテーマは、CIOの存在意義についてだ。(2010/2/23)

戦略コンサルタントの視点:
エンタープライズITの新たな潮流
企業が活用するITの在り方に変化が起きつつある。企業は情報システムをどのような考え方で運営していくべきか。戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに連載してもらう。(2010/2/22)

戦略コンサルタントの視点:
変化する情報システムのパラダイム
ERP導入という「お作法」の変化を経て、企業はこの15年間にさまざまな経験を積んできた。今後、企業はITをどのような考え方で活用していくのか。戦略コンサルティングファーム独ローランド・ベルガーに寄稿してもらう。(2010/2/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。