ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人材」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
SNSあれば憂いなし、今何に備えるべきかを調査で知ろう
地震、雷、火事、ネット炎上。不測の事態への対策から学力向上、働き方改革まで、私たちは何をどこまで備えればいいのでしょう。(2017/8/20)

Microsoft Focus:
クラウドシフトで“脱・売り切りモデル”の組織へ 大型組織変更に見るMSの覚悟(前編)
日本マイクロソフトが、セールス、マーケティング部門を“クラウドによるコンサンプション(消費)”をベースとした組織に再編した。新たな組織体制が今後の日本マイクロソフトのビジネスに与える影響とは? 2回に渡って考察する。(2017/8/19)

子供の「考える力」、プログラミング体験で 保護者は熱視線、企業も企画続々
「プログラミング」を、子供が気軽に体験したり、本格的に学んだりするための取り組みが増えている。(2017/8/18)

コーディング不要のディープラーニング開発ツール、ソニーが無償提供
コーディング不要で、ディープラーニングのプログラムを生成できるソフトウェア「Neural Network Console」を、ソニーが無償提供。(2017/8/17)

再配達49%→8%に激減、宅配ボックスは業界の救世主となるか
不在でも荷物を受け取れる「宅配ボックス」は、人材難にあえぐ宅配業界の救世主になるか。(2017/8/17)

IT活用:
経産省が語る「スマート保安」の重要性、“稼ぐ力”の後押しにも
経済産業省は2017年7月に「スマート保安セミナー」を開催した。国内ではプラントの老朽化が進む一方、ベテラン技術者の不足が懸念されている。そこでIoTなどの先進技術を活用する「スマート保安」が重要視されつつある。セミナーではスマート保安の意義やポイント、導入事例が紹介された。(2017/8/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「自分」という商品をつくれ!
あなたは誰に価値を提供していますか? と聞かれたときに答えられるだろうか。(2017/8/17)

よくわかる「標準時間」のはなし(2):
「標準時間」はなぜ必要なのか
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第2回では、そもそも「標準時間」がなぜ必要なのかについて説明する。(2017/8/17)

仕事はグローバルに、プライベートは北海道で:
PR:最先端プロジェクトでスキルを磨く、アクセンチュアHDCのエンジニアライフとは
札幌にあるアクセンチュアの「北海道デリバリーセンター」(HDC)は、クラウドなどを活用したアプリケーションの開発業務を行う、同社の先端技術拠点だ。そこで働くエンジニアたちに、札幌に根ざして開発に取り組む思いを聞いた。(2017/8/17)

「中国に技術とられたらえらいこと」日本電産・永守氏が大学経営に乗り出すワケ
日本電産の創業者、永守会長兼社長が、また“名言”をぶち上げた。いわく「(財産を)全部使って、あの世やな」。京都学園の運営に100億円以上の個人資金を投入する意向を表明したときの発言だ。(2017/8/16)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

夏目幸明の「経営者伝」:
マクロミル創業者が再び起業した理由
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち。経済ジャーナリストの夏目幸明氏がマクロミルの創業者、杉本哲哉氏の創業エピソードをお伝えする。杉本氏が再び起業し、「antenna*(アンテナ)」を立ち上げることになった背景とは。(2017/8/16)

管理職以上は1割に満たず:
企業の「女性登用」は発展途上、環境整備が普及のカギ
日本企業で、女性の登用はどの程度進んでいるのだろうか――帝国データバンク調べ。(2017/8/15)

「早生まれ」やはり不利! 運動能力「遅生まれ」が優れている 科学で裏付け
「早生まれ」は「遅生まれ」に比べ運動能力などで劣るとされてきたが、それは本当なのか……。奈良女子大の研究チームが研究成果をまとめた。(2017/8/15)

部下がついてこない上司には別の役割を ヤフーが語る「働き方改革の前にすべきこと」
今でこそ、爆速で次々と新サービスを生み出しているヤフーだが、過去には大企業病に陥り、スピード感が停滞してしまったこともある。そんな窮状から脱し、再び成長軌道に乗せるために、ヤフーはどんな改革を行ったのか。(2017/8/15)

夏目幸明の「経営者伝」:
組織を引っ張るためには「夢を語るしかない」
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち。彼らはどのように困難を乗り越え、成功を手にしたのか。前回に引き続き、経済ジャーナリストの夏目幸明氏がマクロミルの創業者、杉本哲哉氏のエピソードをお伝えする。(2017/8/15)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(6):
製造・検査設備の現場課題が、本来取り組むべき企業の差別化戦略を阻害している
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の生産設備の在り方を見直す必要がある。今回は、ハイバーテック 代表取締役社長の伊東健氏と筆者との対談を通じ、日本が目指すべきモノづくりへの取り組みについて紹介する。(2017/8/15)

Weekly Memo:
「情報通信白書」から読み解く日本のICT産業の実態
総務省が先頃、日本のICT産業における現状や課題をまとめた「平成29年度版 情報通信白書」を公表した。その中から、特に企業のICT活用について筆者が気になった点を取り上げたい。(2017/8/14)

キャリアニュース:
3人に1人は現職にとどまるべき人――転職コンサルタントの44%が回答
ミドル層専用の転職求人サイト「ミドルの転職」が「現職にとどまるべき人材・転職すべき人材」についてのアンケート調査結果を発表。転職コンサルタントの約半数が、面談したうちの3人に1人は、転職せずに現職にとどまるべき人材だと回答した。(2017/8/14)

求人情報約250万件から平均値を集計:
2017年プログラミング言語別平均年収ランキング、1位は「Scala」 平均626万円
ビズリーチは、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表した。第1位はScalaで平均年収は626万円、第2位はPythonで601万円、第3位はKotlinで577万円だった。SwiftやRuby、Javaなどもランクインした。(2017/8/14)

製造マネジメントニュース:
人と機械は真のパートナーシップ構築へ、デルが調査
米Dell Technologiesは、「人とマシンの協調関係が切り拓く人類の未来」に関する調査レポートを発表した。先進テクノロジーによる人とマシンの新しい関係に向け、どのような準備ができるのかについて知見を示している。(2017/8/14)

Microsoft CEOが戦略発表
デジタルトランスフォーメーション成功の鍵は? ITの巨人が支援を語る
“デジタルトランスフォーメーション”はMicrosoftでマジックワードのように唱えられている言葉だ。同社から企業のCIOは何を期待できるだろうか?(2017/8/14)

モジュールと標準を採用
IoT開発の面倒事を一掃する「プラットフォーム」の底力
複雑なIoT関連のシステム開発を容易にして、かつ安全性も担保しやすくする。そんな理想的な開発手段となり得るのが「プラットフォーム」を利用した開発だ。(2017/8/14)

夏目幸明の「経営者伝」:
マクロミルをつくった“妄想家”の軌跡
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち。彼らはどのように困難を乗り越え、成功を手にしたのか。経済ジャーナリストの夏目幸明氏がその軌跡を追いかける。第1回はマクロミルの創業者、杉本哲哉氏の創業エピソードをお伝えする。(2017/8/14)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「チーム編成の極意」
難しいプロジェクトをやりきる、抵抗に強いチームをつくるにはどうすればいいか? 理想的なチーム構成のコツとメンバーの集め方を解説します。抵抗勢力候補を巻き込んでしまうのも1つの手です。(2017/8/16)

「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた
「プロゲーマーってモテるの?」など、いろいろな話を聞いてみました。【訂正】(2017/8/13)

長時間労働や賃金未払いなど:
「外国人技能実習生」受け入れ企業、7割で労基法違反
外国人技能実習生の労働環境はどうなっているのか?――厚労省調べ。(2017/8/10)

プログラミング言語別の平均年収ランキング、1位は「Scala」
国内のプログラミング言語別の平均年収ランキングを、ビズリーチが発表。1位は「Scala」の626万円だった。(2017/8/10)

AI研究の権威が創設:
地球規模の問題解決を目指すシンギュラリティ大学とは?
自然災害や資源不足など、世界には数十億人規模に影響を及ぼす問題が多数ある。そうした社会問題をテクノロジーなどの力で解決しようとするのが米シンギュラリティ大学だ。(2017/8/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ソラコムとIQPの買収、PFNへの大型投資に見る、日本発ベンチャーの新時代
IoTのおかげでいい感じに育ってると思います。(2017/8/10)

モータースポーツ:
SUPER GT勝率5割のニスモ柿元氏、「結果が全ての覚悟」と「天“知”人」
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の柿元邦彦氏が、過去のカーレースの出来事を紹介しながら、最高のパフォーマンスを発揮して過酷な戦いを勝ち抜くための「天“知”人」や、人材育成について語った。(2017/8/10)

カルソニックカンセイ 新会社「WHITE MOTION」:
未パッチでも「停止」はできるように――過渡期ならではの「車のセキュリティ」を模索
カルソニックカンセイはフランスのサイバーセキュリティ企業であるQuarksLabとの合弁で、「車のセキュリティ」に取り組む新会社「WHITE MOTION」を設立した。サイバーセキュリティとセーフティの両立を目指すという。(2017/8/10)

最新技術よりも基本に目を向けるべし
セキュリティ“ずぶの素人”でも安全な「Windows 10」環境が手に入る“4つの基礎”
多くの企業のIT部門には、高度なサイバーセキュリティスキルを持つ優秀な人材が不足している。だがセキュリティ対策の基本を着実に実践すれば、「Windows 10」を安全に保つことが可能だ。(2017/8/10)

富士ゼロックス 紙帳票による保全可視化ソリューション:
手書き文字認識技術を活用し、紙帳票による効率的な設備保全を実現
富士ゼロックスは、同社独自の手書き文字認識技術による帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1stのBIツールを組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供開始を発表した。(2017/8/10)

製造マネジメントニュース:
トヨタがPFNに105億円を追加出資、モビリティ向けAI技術の研究開発を加速
トヨタ自動車とPreferred Networks(PFN)は、自動運転技術をはじめモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発の加速を目的に、トヨタ自動車がPFNに約105億円を追加出資することで合意した。(2017/8/9)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
優秀な人材確保には、メンタルダウンしにくい職場づくりから
1つの大きなストレス要因がきっかけの場合もあるが、多くはさまざまなストレス要因が絡み合ってメンタルダウンにつながっている。(2017/8/9)

製造マネジメントニュース:
初の「日本式ものづくり学校」をインドで開校
ヤマハ発動機は、インドのチェンナイ工場内に日本式ものづくり学校「ヤマハNTTFトレーニングセンター」を開校した。日本式ものづくり学校は日本式の技能や規律をインドに定着させる技能移転推進プログラムの1つで、同センターが1校目となる。(2017/8/9)

リアル店舗も視野に:
スマホで買って後払い「atone」 開発の狙いとは
後払い決済サービスのネットプロテクションズが、カードレス決済の新サービス「atone(アトネ)」の提供を始めた。開発の狙いや今後の展望などを柴田紳社長に聞いた。(2017/8/8)

インキュベーション施設探訪(2):
誰でも起業を、“フランスのジョブズ”の哲学
パリに設立された巨大なインキュベーション施設「Station F」。ここには、“フランスのスティーブ・ジョブズ”と呼ばれる億万長者Xavier Niel氏の「誰でも優れた起業家になり得る」という考えが反映されている。(2017/8/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタとマツダが模索する新時代
トヨタとマツダが8月4日夜に緊急会見を開いた。その内容は両社が極めて深い領域での資本業務提携を行うもので、正直なところ筆者の予想を上回るものだった。(2017/8/7)

世界電子政府進捗度ランキング、日本は5位から4位へ
今年で13回目の「世界電子政府進捗度ランキング調査2017」の結果は、1位シンガポール、2位デンマーク、3位は米国。(2017/8/7)

“日本が知らない”海外のIT:
ドイツ発の“AI人事”は何が違う? 企業成長にAIが役立つ理由
会社の人事をAI(人工知能)が行う時代。ドイツ発のスタートアップ「Bunch」は、企業の「カルチャー」を分析する。(2017/8/7)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
創業63年、箱根の老舗ホテルが人工知能を導入した理由
公式Webページに機械学習を使ったFAQシステムを導入した、箱根の老舗ホテル「ホテルおかだ」。こうした最新ITを導入する裏には、旅行業界における大きなビジネスモデルの変化があった。(2017/8/7)

PR:挑み続けるリクルート ── そのサービスを支える、柔軟、セキュアで持続可能なアプリケーション基盤
企業が生き残るためにはデジタル化とグローバル化が欠かせない。ネットへと主戦場を移してきたリクルートのビジネスでは、アプリケーションをどれだけ安全かつ安定的に配備できるかが成否のカギを握る。(2017/8/7)

バスケ部作ったよー バスケットボールで遊ぶ大阪・海遊館のカマイルカ 上手過ぎてプロバスケ選手も注目
今日も自主練するよー。(2017/8/6)

会見内容を詳報:
“車を愛する同志” トヨタ・マツダが提携で目指す未来
トヨタ自動車とマツダが、業務資本提携を行うことを正式発表した。米国に合弁会社を設立するほか、電気自動車の共同技術開発にも取り組むという。両社は8月4日開催した記者会見で、今後の具体的な方針を発表した。(2017/8/5)

センスあれば最終面接へ:
建築会社が「インスタ選考」 投稿のおしゃれさ評価
建築事業やインテリア事業を展開する大熊工業が、「Instagram」の投稿内容をもとに合否を判断する「インスタ書類面接」を実施すると発表。「センスを判断するため」という。(2017/8/4)

慶大、次世代交通システム構築へ意欲 超高速鉄道のライバル「ハイパーループ」
リニア中央新幹線に代表される、超高速鉄道のライバルとなる可能性がある「ハイパーループ」。(2017/8/4)

人工知能ニュース:
インフラ老朽化の点検作業時間をAIで10分の1に短縮、無料公開で評価へ
NEDOは、表面に汚れや傷がある状態でも、幅0.2mm以上のコンクリートのひび割れを80%以上の高精度で検出するシステムを開発した。橋梁やトンネルなどの点検に関わる作業時間を現在の約300分から10分の1の30分に短縮できるという。Webサービスとして同システムを無料公開し、検出精度や作業効率などの有効性を検証する。(2017/8/4)

可視化し、優先順位付けを行う、RSAが提唱する「リスクベースのアプローチ」の真意:
「いきなり100件ものアラートが飛んできた!」 パニックになる前にすべきこととは
これからのセキュリティ対策は、「自社のビジネス」にとって何が最も重要で、何が最も大きなリスクなのかを把握し、優先順位を付けた上で取り組むことが重要だとされている。このRSAが提唱する「リスクベース」のアプローチの真意に迫る。(2017/8/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。