ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SH-02A」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SH-02A」に関する情報が集まったページです。

「SH-01A」「SH-02A」「SH-03A」「SH-04A」のブラウザやアドレス帳に不具合
ドコモのシャープ製4機種に不具合があることが判明。ドコモは5月15日にソフトウェア更新を開始する。(2009/5/15)

ドコモ「P-03A」「SH-02A」「L-01A」、バリューコース新規一括は5万円前後から
ドコモの「P-03A」「SH-02A」「L-01A」が昨年末に発売された。都内量販店では、バリューコースの新規一括でP-03Aが4万8510円、SH-02Aが5万190円、L-01Aが4万9140円と案内されていた。L-01AはPRIMEシリーズの中では安めの価格となっている。(2009/1/24)

PR:5.2MピクセルAFカメラ、フルワイドVGA液晶、絵文字プラス──ここまで使える「SH-02A」
5.2MのAFカメラに3インチのフルワイドVGA液晶と、ハイエンドモデルに匹敵するカメラ&液晶を搭載するシャープ製の折りたたみ端末が「SH-02A」だ。絵文字プラスにフォントダウンロードとユニークな機能も備えるこの機種の、各種機能をそれぞれ紹介する。(2009/1/19)

PR:8色のカラバリを用意したコンパクトボディ──毎日を彩る機能満載の「SH-02A」
スリムかつコンパクトなボディで、ドコモケータイ最多となる8色のカラーバリエーションを実現したシャープ製の折りたたみ型端末「SH-02A」。使い勝手のよさを追求し、MAPキーをはじめとする新機能を盛り込んだ“コンパクトリッチケータイ”の魅力に迫る。(2009/1/13)

タッチパネル搭載「L-01A」と8つのカラバリを用意した「SH-02A」、12月26日発売
NTTドコモは12月26日から、LGエレクトロニクス製のタッチパネル搭載スライドケータイ「L-01A」と8色のカラーバリエーションを用意したシャープ製の「SH-02A」を販売する。(2008/12/19)

2008年冬モデル、続々JATE通過──931SH、P-02A、WX330Jなど
先日、各キャリアから発表された2008年冬モデルが今回も多数JATEを通過。ドコモ向け「P-02A」「P-03A」「SH-02A」「F-02A」、ソフトバンクモバイル向け「930SH」「931SH」などが認定を受けた。(2008/11/25)

写真で解説する「SH-02A」
ドコモケータイとしては最多の8色をそろえたシャープ製の「SH-02A」は、2008年冬モデルの中ではミドルクラスに位置付けられる。スリムで小型のボディに必要十分な機能を備えており、万人にお勧めできるモデルだ。(2008/11/10)

STYLEシリーズ:
5.2MカメラにGPS、AXISフォントを搭載、カラバリは8色展開──「SH-02A」
シャープが開発した2008年冬のドコモ向け端末第2弾は、STYLEシリーズに属する「SH-02A」。ドコモ向け端末としては最多の8色のカラーバリエーションを用意したほか、画面の文字をAXISフォントやダウンロードしたフォントに変更できる機能なども備える。(2008/11/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。