ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フォント」最新記事一覧

「フォントかるた」Amazonで発売 文面は同じ、フォントで見分けるかるた
フォント名を読み上げ、そのフォントの札を取る――フォントマニア向けかるた「フォントかるた」がAmazon.co.jpで発売。(2017/6/23)

認識系API活用入門(5):
画像/動画認識のComputer Vision APIをOCRとして使うには? フォントごとの精度は?
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Computer Vision APIの概要と使い方を解説し、OCR機能について、日本語/英語、フォントごとの精度の違いを検証する。(2017/6/15)

Microsoftの「Cortana」、画像認識でリマインダー提言(Build 16215)
Microsoftが、「Fall Creators Update」で追加する多数の新機能を搭載するプレビュー版「Build 16215」を公開した。AIアシスタントのCortanaが画像内の日付を検出してリマインダー作成を提言する機能や、日本語フォントとして「UDデジタル教科書体」が追加された。(2017/6/13)

文中の「5000兆円欲しい!」を例のフォントに変換する神拡張機能がChromeに登場 ああ今日も5000兆円欲しい!
5000兆円欲しい。(2017/6/2)

なぜWordのデフォルトフォントサイズは「10.5」なのか?
「ルビ」の謎についても解説。(2017/5/29)

映画「メッセージ」のポスターに「『セ』だけフォントが違う」と指摘 ミス? それともわざと? 配給会社に聞いた
よく気付いたな。(2017/5/17)

「源界明朝」登場 限界ギリギリ読める「源ノ明朝」派生フリーフォント
読める限界ギリギリにデザインされたフリーフォント「源界明朝」が登場した。(2017/5/11)

「マツコの知らない世界」で「フォントの世界」特集 3000種を見分ける“絶対フォント感”の持ち主登場
フォントクラスタ「うおおおおおおお!」(2017/5/3)

人工知能ニュース:
深層学習によりOCR機能を強化した画像処理ツールを発売
リンクスは、プログラミングなしで画像処理システムを構築できるツールの最新版「MERLIC3」を発表した。ディープラーニングにより光学文字認識機能を強化したほか、フォント認識精度が向上し、ゆがみの強い画像にも対応可能になった。(2017/4/18)

任天堂っぽいロゴが自由に作れるフォントが登場 ゲーム会社になった気分が味わえる
俺自身が任天堂になることだ。(2017/4/12)

リンクス MERLIC:
深層学習により多様なフォントを高精度に認識、画像処理ツールの最新版
リンクスは、オールインワンの画像処理ツール「MERLIC」の最新バージョン「MERLIC3」の販売を2017年4月3日から開始した。(2017/4/12)

“エヴァフォント”のフォントワークス、HelveticaのMonotypeと提携 定額制サービス開始
フォントワークスはMonotypeとの業務提携を発表、Monotypeのフォントを収録した年間定額サービス「Monotype LETS」の提供を開始した。(2017/4/11)

まるで武将? Adobeのフォント「源ノ明朝」名前の由来は
Adobeは「念のため、そんな名前の武将が実在したか確認した」という。(2017/4/6)

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応
めちゃくちゃ使えそう。(2017/4/4)

Adobe、新フォント「源ノ明朝」オープンソースで公開
7つのウェイトと6万5535の字形を収録した。(2017/4/4)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年1月版:
「セキュリティフォント」が一世を風靡した1月
2017年年明けのサイバーセキュリティ界隈(かいわい)では、「マイナポータル」や「アパホテルへのDDoS攻撃」が話題に上る一方、「セキュリティフォント」が大注目を集めたのでした。(2017/2/13)

Tech TIPS:
Windows 10のシステムフォントを変更する
Windows 10でシステムフォントを変更する方法を紹介する。標準ではシステムフォントの変更はできないので、フリーソフトウェアを活用しよう。ツールの使い方などの解説を追加して記事を更新した。(2017/3/17)

組み込み開発ニュース:
組み込み機器に適したビットマップフォントの定額ライセンスサービス
ダイナコムウェアは、組み込み機器に適したビットマップフォントを定額で使用できる年間ライセンスサービス「DigiType BMP」の販売を開始する。定額のライセンス費用で、ビットマップフォントを無制限に使用できる。(2017/1/26)

ダイナコムウェア DigiType BMP:
組み込み用ビットマップフォント、定額制の提供プラン
ダイナコムウェアが組み込み機器などに適したビットマップフォントを定額で利用できるライセンス「DigiType BMP」の提供を開始すると発表した。(2017/1/20)

アニメキャラの声をフォント化する特集、「月刊MdN」2月号で 「ユーリ!!!」「同級生」など
キャラの声を、日本語書体と文字組みを使って視覚的に再現しようとする企画。(2017/1/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
フォントを手で書くための同人誌 「ズボラ手書き明朝体講座」が手書きの楽しさを教えてくれそう
手書きフォントならぬ、フォントの手書き。(2016/12/11)

現代の漢字を甲骨文字などに変換・表示 「白川フォント」の検索システムで古代感を味わおう
教材制作のほか、デザインや創作にも。(2016/12/10)

立命館大、古代文字フォント4400字を無料公開 研究・教育向けに
甲骨文や金文など古代文字の4400字の「白川フォント」を、立命館大が研究者など向けに無料で公開した。(2016/12/9)

活版印刷の“にじみ”再現「にじみフォント」、DNPが開発 画像処理で揺らぎ演出
活版印刷の文字の“にじみ”を再現した「秀英にじみ明朝L」を大日本印刷が開発。Webフォントサービス「FONTPLUS」利用者向けに提供する。(2016/11/21)

大日本印刷、活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発 デジタルの線に丸みや揺らぎを加えて表現力をプラス
なつかしい感覚。(2016/11/21)

LINE BLOGが一般開放スタート LINE絵文字や30種のフォントで豊かな表現が可能
著名人向けだったブログサービスが全LINEユーザーへ。(2016/11/14)

“エヴァ明朝”こと「マティスEB」発売 同人誌などに利用可能
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇中に使われる「エヴァ明朝」こと「マティスEB」をフォントワークスが発売。(2016/11/7)

動画キャプション、プレゼンデータ、個人サイト向け:
フォントワークス、エヴァ明朝こと「マティスEB TrueType版」を発売
フォントワークスが、エヴァ明朝こと「エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB TrueType版」を動画キャプションやプレゼンデータなどの個人利用向けに販売する。(2016/11/7)

「新世紀エヴァンゲリオン」各話タイトルなどに使われたフォント「マティスEB」発売 同人活動で利用可能
TVシリーズ版、新劇場版で使用された2種のフォントデータを収録。(2016/11/4)

多言語での情報発信を後押し:
モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」にタイ文字60書体と中国簡体字4書体を追加
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」にタイ文字60書体と中国語簡体字4書体を追加することを発表した。(2016/11/2)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:プラットフォームに応じたフォントサイズを指定するには?
Xamarin.FormsではNamedSize列挙型やGetNamedSizeメソッドを使用することで、プラットフォームごとに画面表示に使われるフォントのサイズを変更できる。(2016/8/24)

見出しなどを引き締まった印象に:
モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中のWebフォントが文字詰めに対応したことを発表した。(2016/8/24)

Googleマップ、道路の輪郭廃除などのデザイン変更でより見やすく 配色も変更
GoogleマップのAndroid/iOS/Webアプリのデザインが更新された。道路の縁取りがなくなり、フォントも変わった。これにより、スポットが集中する都会でも比較的見やすくなった。(2016/7/26)

「あれなんてフォント?」が瞬時に分かる 文字を読み取るとフォント名を判別するツール「Spector」
色をデータで判別する機能も搭載。(2016/7/8)

モリサワのWebフォント30種が「さくらのレンタルサーバ」で無料で使えるようになったぞぉぉぉ!
モリサワとさくらインターネットが提携。(2016/6/30)

月間2万5000PVまで利用可能:
モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供
モリサワとさくらインターネットが協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モリサワのWebフォントの提供を開始したと発表した。(2016/6/29)

さくらインターネット、モリサワのWebフォントをレンタルサーバ利用者に無償提供
さくらインターネットが提供する「さくらレンタルサーバ」利用者が、モリサワのWebフォント30書体を無償で使えるようになった。(2016/6/29)

まるで明治の活版印刷なフリーフォント「ORADANO明朝」が10年半ぶりにアップデート 第2弾もリリース
4月27日に第2弾アップデート(追記修正しました)。(2016/4/24)

iPhoneの文字入力を超快適にする小技まとめ(iOS 9.3版)
フォントサイズや仕様が変わったiOS 9.3版。今回はより快適に操作するための小技やオススメのキーボード設定などを紹介しよう。(2016/4/12)

3Dプリンタで作る「立体看板」 オリジナルロゴやフォントを“現物化”
3Dプリンタを使って巨大文字を印刷するサービスが始まった。(2016/4/7)

オリジナルフォントを30秒で作成「Drop&Type」 商用利用、無料配布もOK
最大280文字の試作フォントを手軽に作成できるソフト「Drop&Type」をタイププロジェクトが公開した。(2016/4/4)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第2回 Apache Cordovaでリソースやライブラリを活用しよう
今回はCordovaアプリでの画像ファイルやフォント、jQuery/jQuery UIの使い方の基本を説明し、最後にIonicフレームワークを紹介する。(2016/3/29)

地球上にちりばめられたフォントを使いたい?
衛星写真に写った建物の形をアルファベットに見立てて、フォントにしてしまう技術が登場した。(2016/3/11)

漢字の成り立ち表す古代文字フォント「春秋-tsu」無料公開 商用利用も可
漢字の成り立ちを表す古代文字のフォント「春秋-tsu」が無料公開された。(2016/2/23)

VBA/マクロ便利Tips:
何でもExcelで済ませてしまう人がいる――Selection.Text/FontプロパティでExcelの文章をWordに貼り付けるには
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Excelのセルに入力された「文章」を、Wordに貼り付ける方法を紹介する。指定した選択範囲の文字列のフォントを設定するSelection.Fontの使い方も分かるだろう。(2016/2/18)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が登場 クラウドファンディングで出資募集中
2017年6月の販売に向けて開発進行中。(2016/1/13)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」、クラウドファンディングで資金募る 文字を使ったオリジナルグッズも
横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が開発資金をクラウドファンディングで募っている。(2016/1/12)

リスト形式で予定を確認――縦スクロール型の「ジョルテアジェンダ」
ジョルテは、Android向けの縦スクロール型カレンダービューア「ジョルテアジェンダ」をリリースした。各種予定をリスト形式で管理でき、配色や文字フォントのカスタマイズも可能だ。(2015/12/21)

あの「日本人にだけ読めないフォント」がまさかの検定に クイズアプリ「あの日見たフォントを僕達はまだ読めない。」登場
やっぱり読めないいいいいい!(2015/12/9)

アプリ内埋め込みOKライセンス始めました:
アプリ・ゲーム開発向けのフォントライセンスが登場
フォントワークスは、スマートフォンのゲームやアプリで利用するフォントに関するライセンス「オプション アプリ・ゲームLETS拡張ライセンス」の提供を開始する。(2015/12/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。