ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フォント」最新記事一覧

まるで明治の活版印刷なフリーフォント「ORADANO明朝」が10年半ぶりにアップデート 第2弾もリリース
4月27日に第2弾アップデート(追記修正しました)。(2016/4/24)

iPhoneの文字入力を超快適にする小技まとめ(iOS 9.3版)
フォントサイズや仕様が変わったiOS 9.3版。今回はより快適に操作するための小技やオススメのキーボード設定などを紹介しよう。(2016/4/12)

3Dプリンタで作る「立体看板」 オリジナルロゴやフォントを“現物化”
3Dプリンタを使って巨大文字を印刷するサービスが始まった。(2016/4/7)

オリジナルフォントを30秒で作成「Drop&Type」 商用利用、無料配布もOK
最大280文字の試作フォントを手軽に作成できるソフト「Drop&Type」をタイププロジェクトが公開した。(2016/4/4)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第2回 Apache Cordovaでリソースやライブラリを活用しよう
今回はCordovaアプリでの画像ファイルやフォント、jQuery/jQuery UIの使い方の基本を説明し、最後にIonicフレームワークを紹介する。(2016/3/29)

地球上にちりばめられたフォントを使いたい?
衛星写真に写った建物の形をアルファベットに見立てて、フォントにしてしまう技術が登場した。(2016/3/11)

「この美しい字をフォントに」――ラストエンペラーの弟、溥傑の書体がフォントで復活
清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑の毛筆が今春にも、フォント「相依為命体(そうい・いめいたい)」としてよみがえる。(2016/3/8)

漢字の成り立ち表す古代文字フォント「春秋-tsu」無料公開 商用利用も可
漢字の成り立ちを表す古代文字のフォント「春秋-tsu」が無料公開された。(2016/2/23)

VBA/マクロ便利Tips:
何でもExcelで済ませてしまう人がいる――Selection.Text/FontプロパティでExcelの文章をWordに貼り付けるには
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Excelのセルに入力された「文章」を、Wordに貼り付ける方法を紹介する。指定した選択範囲の文字列のフォントを設定するSelection.Fontの使い方も分かるだろう。(2016/2/18)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が登場 クラウドファンディングで出資募集中
2017年6月の販売に向けて開発進行中。(2016/1/13)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」、クラウドファンディングで資金募る 文字を使ったオリジナルグッズも
横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が開発資金をクラウドファンディングで募っている。(2016/1/12)

リスト形式で予定を確認――縦スクロール型の「ジョルテアジェンダ」
ジョルテは、Android向けの縦スクロール型カレンダービューア「ジョルテアジェンダ」をリリースした。各種予定をリスト形式で管理でき、配色や文字フォントのカスタマイズも可能だ。(2015/12/21)

あの「日本人にだけ読めないフォント」がまさかの検定に クイズアプリ「あの日見たフォントを僕達はまだ読めない。」登場
やっぱり読めないいいいいい!(2015/12/9)

アプリ内埋め込みOKライセンス始めました:
アプリ・ゲーム開発向けのフォントライセンスが登場
フォントワークスは、スマートフォンのゲームやアプリで利用するフォントに関するライセンス「オプション アプリ・ゲームLETS拡張ライセンス」の提供を開始する。(2015/12/2)

“フォント”に分かって使えてる?:
モリサワフォントが追加されたTypekitのライセンス・価格まとめ
アドビシステムズが提供するフォントライブラリサービス「Typekit」でモリサワフォントの一部書体が使えるようになったが、そもそもTypekitのライセンスや価格はどうなっているのか。モリサワフォントを使う上で問題点はないのだろうか。あらためて確認してみる。(2015/12/2)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
勢いを増すWindows 10、初の大型アップデートやMobile端末も発売
Windows 10 November Updateが配信され、日本語版「Cortana」やフォントの改善など、多数の新機能が追加された。さらに11月末には、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンも続々登場し、年末に向けてWindows 10の勢いが加速してきた。(2015/12/1)

人名・地名などの異字体問題の解消に向けて:
6万種の漢字異体字を扱えるフォントを公開
文字情報技術促進協議会が「IPAmjPUPフォントVersion 001.01」を公開。IPAが整備した約6万種の漢字の異体字を外字を使わずに扱える。(2015/11/17)

「おそ松さん」のタイトルロゴを再現 「六つ子フォント」でコラ画像がはかどりまくる
お好きな「何松さん」を作ろう。(2015/11/5)

なんじゃこりゃあああ! 「日本人にだけ読めないフォント」が話題に
よ、読めない……。(2015/10/18)

集まれフォント好き 文字にまつわる雑貨を売る「文字フリマ」(もじフリマ)開催
文字に関する物品を販売する「文字フリマ」が10月25日に東京の渋谷区総合庁舎で開催される。(2015/10/16)

機械学習で画像処理はここまで変わる:
顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成――デザイナー/クリエイターが茫然自失で拍手喝采な最先端技術動画11連発
アドビ システムズは、2015年10月6日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2015 Sneak Peeks」で、11の新技術を披露。顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成naなど、今回もデザイナー/クリエイターのみならず、日常的にデジカメやスマホで写真を撮る人でも欲しくなるような機能が多数見られた。(2015/10/16)

モリサワと協力、追加費用なし:
アドビ、フォントライブラリサービス「Typekit」にモリサワフォントの一部書体を追加
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、フォントライブラリサービス「Adobe Typekit」にモリサワ書体とTypeBank書体の一部を追加したと発表。20書体が追加費用なしで日本でも利用できるようになっている。(2015/10/6)

Adobe、iOS向け無料「Photoshop Fix」他、多数の新製品を発表
Adobeが「MAX 2015」を開催し、モバイル向け新アプリ「Photoshop Fix」や3Dモデリングツール「Adobe Fuse」など、多数の新製品や既存製品のアップデート、Typekitへのモリサワフォントの追加などを発表した。(2015/10/6)

アドビ、「Adobe Typekit」に独自開発でない初の日本語フォント導入 「モリサワ書体」など20書体
10月6日より提供。(2015/10/6)

カレーメシっぽい画像が作れる! 日清カレーメシ2のサイトに「カレーメシフォント」と「カレーメシロゴジェネレーター」が登場!
サイトの世界観がえげつない(いい意味で)。(2015/9/13)

タイププロジェクト、フィットフォントに「AXIS Font」を追加
フィットフォントは書体のウエイト(縦画)とコントラスト(横画)に幅広いバリエーションを持たせたもの。価格は1フォント2万9500円で、ダウンロード版のみ。(2015/9/3)

Googleが2年ぶりにロゴ刷新 マルチスクリーン対応目的で
Googleが企業ロゴを刷新した。従来の4色の配色はそのままに、飾りを排したサンセリフ系のフォントになり、ウェアラブル端末や車のダッシュボードなどでも見やすくなる。入力中や発音中を示すアニメーションも4色ドットに変わる。(2015/9/2)

タイププロジェクト、街区表示用フォント「東京シティフォント」を発表
都市情報にまとまりと分かりやすさを。(2015/9/1)

「Firefox 40.0.3」公開、深刻な脆弱性に対処
最新版の「Firefox 40.0.3」では2件の脆弱性に対処したほか、日本語フォント使用に関する不具合などが修正された。(2015/8/28)

コラがはかどるじゃなイカ 本物そっくりな「スプラトゥーン」風フォントが登場
イカにもゲーム中で使われているフォントっぽい(2015/7/30)

機械で彫ったような機能美「機械彫刻用標準書体フォント」β版を無償公開
公共物の注意書きなどでよく見る「機械彫刻用標準書体」のデジタルフォントのβ版が無償公開されている。(2015/7/27)

丸っこくてかわいいあのフォント 機械が書く独特なフォント「機械彫刻用標準書体」がデジタル化
街の案内板などで見かけるあのフォント。(2015/7/27)

読めそうで読めないパラレルワールド風「かいめつフォント」がじんわり怖い
同人誌、二次創作、TRPGなど使い方さまざま。(2015/7/20)

地図やOfficeの使い勝手は?:
Windows Phoneの「中華フォント」問題に改善の兆し――Win10にも期待の「MADOSMA」
無事に発売されたMADOSMAだが、Windows Phoneでは「中華フォント」を目にする機会が多い。レビュー第3回では、この中華フォント問題を始め、WebブラウザーやOffice、地図やIMEなど、Windows Phoneのアプリを中心に解説する。(2015/7/1)

憧れの「絶対フォント感」を身につけよう! 「月刊MdN」7月号で特集
付録は「絶対フォント感を身につけるためのフォント見本帳」。(2015/6/4)

Google、AndroidやChromeのシステムフォント「Roboto」をオープンソースに
GoogleがAndroid 4.0から採用しているシステムフォント「Roboto」をオープンソースプロジェクトとし、フォント作成ツールを含むデータをGitHubで公開した。(2015/5/27)

フォントオタ歓喜! 「実例付きフォント字典」発売 使用イメージが分かる実例作品付きフォント見本帳
デザインに生かすのもよし、うっとり眺めるのもよし!(2015/5/26)

Apple、全システムフォントをWatchのフォントに統一か──9TO5Mac報道
Appleが、次期OS「iOS 9」および「OS X 10.11」のシステムフォントを「Helvetica Neue」からApple Watchの「San Francisco」に変更する可能性があると9TO5Macが報じた。(2015/5/21)

作風が変わってしまうな…… ハッシュタグ「絶対に創英角ポップ体しか使ってはいけないゲーム業界」で全身の力が抜けていく
やっぱりフォントの力って偉大だ。(2015/5/13)

タイププロジェクト、1071フォントを持つ「TP明朝フィットフォント」を発表
コーポレートフォントとしての利用促進を狙う。(2015/4/23)

無料漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」でフォントワークス製フォントの無償利用が可能に 商用利用OK
無料の漫画制作ソフト「Cloud Alpaca」で、フォントワークスの有料フォント10書体の無償提供がスタートした。商用利用も可能だ。(2015/3/20)

あなたは「絶対フォント感」を持っていますか?
新聞の文字を見ただけでどの新聞か分かる。(2015/3/15)

フォントの話をしよう モリサワ、「TypeSquare ブログ」開設
フォントの活用法や開発の裏話などを紹介。現在は、フォント「すずむし」のレビューやCSSサンプルの紹介記事などが掲載されている。(2015/3/4)

DNP、秀英体12書体をWebフォントサービス「FONTPLUS」に提供
「秀英明朝 L」「秀英明朝 M」「秀英明朝 B」など。(2015/2/19)

Weekly Access Top10:
「なんとなく好き」の一歩先 フォントの話は楽しいです
「TP明朝」の開発ストーリー、反響が大きくてうれしいです。自分が楽しく取材したことが伝わってたらいいなぁと思います。(2015/2/16)

アニメ「聖剣使いの禁呪詠唱」の詠唱呪文フォントを公式が無料配布 誰でも“綴る!”が可能に
古代文字っぽいアレを自由に使えるぞ!(2015/2/13)

電子書籍対応フォント「凸版文久」に本文用ゴシック体 「文字の形をそろえすぎない」デザイン
凸版の電子書籍対応フォント「凸版文久体」に、本文用ゴシック体「凸版文久ゴシック」が追加された。「文字の形をそろえすぎない」デザインという。(2015/1/20)

「東方project」キャラクターを“フォント化”!? キャラのイメージを書体で表現する「TOHO FONT PROJECT」が逆転の発想
擬人化があふれる世の中で、あえての書体化!(2015/1/13)

全7章にわたって書体攻め アニメやラノベのタイトルロゴ、約200個を徹底的に調査した書体研究本登場
フォント好きにはたまらない!(2014/12/20)

デジタル化、小型化の次は? 時代に求められる文字を提案する 「AXIS Font」、15年目の挑戦
デジタル化やデバイスの小型化を見据えて開発され、発売から10年以上経っても愛され続ける「AXIS Font」。次の50年を見据える今、フォント制作に対する思いを聞いた。(2014/12/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。