ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フォント」最新記事一覧

超難度絶対フォント感が試される「フォントの日」
4月10日「フォントの日」を記念するイベントが開かれた。(2018/4/11)

打ち込んだテキストが街になる「君の街フォント」のセンスと発想に絶賛の声 「すてき!」「実際に使ってみたい」
絵本に出て来そうな街並み。(2018/3/14)

「目でも指でも読める文字」が画期的 点字に線を足してフォントとしてデザイン
Twitterで受けた指摘を取り入れつつ、実用化を目指しています。(2018/3/13)

「銀魂」「キルラキル」……アニメで見る文字だ! 同人誌制作向け36書体が年額3600円で使えるフォントサービス登場
「エヴァ」公式フォントが使える、期間・数量限定セットも。(2018/3/1)

「週刊少年ジャンプ」の書体も 計36書体のフォントサービス「mojimo」提供開始
フォントワークスはフォントサービス「mojimo」の提供を開始した。(2018/3/1)

mojimo-manga:
フォントワークス、「同人誌制作を応援する」年間定額制サービス 年額3600円 
フォントワークスが年間定額制フォントサービス「mojimo-manga」をスタート。「同人誌制作を応援する」という。(2018/3/1)

モリサワフォントを使った「フォントドレス」、Adobeイベント会場に 約1カ月かけて制作
アドビシステムズ主催のクリエイター向けイベント「Adobe MAX Japan 2017」の展示ブースに、「フォントドレス」が登場した。(2017/12/5)

「鳥獣戯画」などから着想:
アドビが新日本語フォント「貂明朝」発表 “かわいく、あやしい”
アドビが日本語向けの新フォント「貂明朝」を発表。「かわいくも妖(あや)しい」がコンセプトで、「鳥獣戯画」など日本の伝統美術の要素を取り入れたという。(2017/11/28)

アドビ、鳥獣戯画からインスパイアされた新フォント「貂明朝」発表 Typekitに追加
アドビシステムズはAdobe Typekitにアドビオリジナルの和文書体「貂明朝」(てんみんちょう)を追加した。(2017/11/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の「Microsoftストア」はフォント追加もSurface購入も可能に
「Windowsストア」という名称だったWindows 10のアプリストアは、「Microsoftストア」となり、より幅広く新機能を追加するためのハブとして生まれ変わろうとしている。(2017/11/28)

大画面にQWERTYキーを搭載 電子書籍を快適に読めるケータイ「biblio」(懐かしのケータイ)
タッチパネルとQWERTYキーを備えた「biblio」。3.5型の大きい液晶を備え、「しおり機能」「フォントダウンロード」など、電子書籍を快適に楽しむ機能が盛り込まれたケータイでした。(2017/11/12)

フォントワークスと共同開発:
セイコー、「教室の時計」発売 専用フォントで視認性向上
セイコークロックが掛け時計「教室の時計」を11月24日に発売する。(2017/11/10)

どうして「10.5ポイント」? Wordのデフォルトフォントサイズが半端な数値になった理由
Microsoftのミスではありません。(2017/11/11)

太田智美がなんかやる:
スマホカメラで文字を撮ると「フォント」認識 「Adobe Capture」アプリがすごい
スマホカメラで撮影するだけで、気になる街中の看板や商品ラベルのフォントが分かる。(2017/10/31)

Adobeの公式「フォント警察」アプリがすごいと話題 カメラで読み取ったフォントを瞬時に判別
読み取った画像からブラシやシェイプ、色を作ることも可能。(2017/10/26)

MRだけじゃない!! 日本語フォント「UDデジタル教科書体」にも注目――Windows 10 FCU
日本マイクロソフトが、大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」に関する説明会を開催。同社の取り組みについて報告がなされた。(2017/10/19)

アドビ、Typekitに新フォント追加 大日本印刷の「秀英体」など74フォント
Creative Cloudの有償ユーザーは、追加費用なしで利用可能となる。(2017/9/27)

明朝体が好きな人集まれ! 「絶対フォント感を身につける」明朝体編が『月刊MdN』10月号で特集
素晴らしき明朝体の世界へ。(2017/9/7)

おカタいフレーズでもこの柔らかさ 江戸時代の書体から誕生した「真四角書体」に極太ウェイト登場 全4種に
漢字がかわいく見えるフォント。(2017/8/29)

漢字だけど、なんだかかわいらしい 江戸時代の書体をヒントに開発されたフォント「真四角書体」発売
インテリア、ファッションなどのデザインにも日本語が使いやすいようにと制作。(2017/8/4)

モリサワ、17の新フォント発表 「言葉によって形が変わる」書体など
看板などに使えそうな独特な筆使いのフォント「黒曜」も。(2017/7/28)

「フォントかるた」Amazonで発売 文面は同じ、フォントで見分けるかるた
フォント名を読み上げ、そのフォントの札を取る――フォントマニア向けかるた「フォントかるた」がAmazon.co.jpで発売。(2017/6/23)

認識系API活用入門(5):
画像/動画認識のComputer Vision APIをOCRとして使うには? フォントごとの精度は?
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Computer Vision APIの概要と使い方を解説し、OCR機能について、日本語/英語、フォントごとの精度の違いを検証する。(2017/6/15)

Microsoftの「Cortana」、画像認識でリマインダー提言(Build 16215)
Microsoftが、「Fall Creators Update」で追加する多数の新機能を搭載するプレビュー版「Build 16215」を公開した。AIアシスタントのCortanaが画像内の日付を検出してリマインダー作成を提言する機能や、日本語フォントとして「UDデジタル教科書体」が追加された。(2017/6/13)

文中の「5000兆円欲しい!」を例のフォントに変換する神拡張機能がChromeに登場 ああ今日も5000兆円欲しい!
5000兆円欲しい。(2017/6/2)

なぜWordのデフォルトフォントサイズは「10.5」なのか?
「ルビ」の謎についても解説。(2017/5/29)

映画「メッセージ」のポスターに「『セ』だけフォントが違う」と指摘 ミス? それともわざと? 配給会社に聞いた
よく気付いたな。(2017/5/17)

「源界明朝」登場 限界ギリギリ読める「源ノ明朝」派生フリーフォント
読める限界ギリギリにデザインされたフリーフォント「源界明朝」が登場した。(2017/5/11)

「マツコの知らない世界」で「フォントの世界」特集 3000種を見分ける“絶対フォント感”の持ち主登場
フォントクラスタ「うおおおおおおお!」(2017/5/3)

人工知能ニュース:
深層学習によりOCR機能を強化した画像処理ツールを発売
リンクスは、プログラミングなしで画像処理システムを構築できるツールの最新版「MERLIC3」を発表した。ディープラーニングにより光学文字認識機能を強化したほか、フォント認識精度が向上し、ゆがみの強い画像にも対応可能になった。(2017/4/18)

任天堂っぽいロゴが自由に作れるフォントが登場 ゲーム会社になった気分が味わえる
俺自身が任天堂になることだ。(2017/4/12)

リンクス MERLIC:
深層学習により多様なフォントを高精度に認識、画像処理ツールの最新版
リンクスは、オールインワンの画像処理ツール「MERLIC」の最新バージョン「MERLIC3」の販売を2017年4月3日から開始した。(2017/4/12)

“エヴァフォント”のフォントワークス、HelveticaのMonotypeと提携 定額制サービス開始
フォントワークスはMonotypeとの業務提携を発表、Monotypeのフォントを収録した年間定額サービス「Monotype LETS」の提供を開始した。(2017/4/11)

まるで武将? Adobeのフォント「源ノ明朝」名前の由来は
Adobeは「念のため、そんな名前の武将が実在したか確認した」という。(2017/4/6)

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応
めちゃくちゃ使えそう。(2017/4/4)

Adobe、新フォント「源ノ明朝」オープンソースで公開
7つのウェイトと6万5535の字形を収録した。(2017/4/4)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年1月版:
「セキュリティフォント」が一世を風靡した1月
2017年年明けのサイバーセキュリティ界隈(かいわい)では、「マイナポータル」や「アパホテルへのDDoS攻撃」が話題に上る一方、「セキュリティフォント」が大注目を集めたのでした。(2017/2/13)

Tech TIPS:
Windows 10のシステムフォントを変更する
Windows 10でシステムフォントを変更する方法を紹介する。標準ではシステムフォントの変更はできないので、フリーソフトウェアを活用しよう。ツールの使い方などの解説を追加して記事を更新した。(2017/3/17)

組み込み開発ニュース:
組み込み機器に適したビットマップフォントの定額ライセンスサービス
ダイナコムウェアは、組み込み機器に適したビットマップフォントを定額で使用できる年間ライセンスサービス「DigiType BMP」の販売を開始する。定額のライセンス費用で、ビットマップフォントを無制限に使用できる。(2017/1/26)

ダイナコムウェア DigiType BMP:
組み込み用ビットマップフォント、定額制の提供プラン
ダイナコムウェアが組み込み機器などに適したビットマップフォントを定額で利用できるライセンス「DigiType BMP」の提供を開始すると発表した。(2017/1/20)

アニメキャラの声をフォント化する特集、「月刊MdN」2月号で 「ユーリ!!!」「同級生」など
キャラの声を、日本語書体と文字組みを使って視覚的に再現しようとする企画。(2017/1/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
フォントを手で書くための同人誌 「ズボラ手書き明朝体講座」が手書きの楽しさを教えてくれそう
手書きフォントならぬ、フォントの手書き。(2016/12/11)

現代の漢字を甲骨文字などに変換・表示 「白川フォント」の検索システムで古代感を味わおう
教材制作のほか、デザインや創作にも。(2016/12/10)

立命館大、古代文字フォント4400字を無料公開 研究・教育向けに
甲骨文や金文など古代文字の4400字の「白川フォント」を、立命館大が研究者など向けに無料で公開した。(2016/12/9)

活版印刷の“にじみ”再現「にじみフォント」、DNPが開発 画像処理で揺らぎ演出
活版印刷の文字の“にじみ”を再現した「秀英にじみ明朝L」を大日本印刷が開発。Webフォントサービス「FONTPLUS」利用者向けに提供する。(2016/11/21)

大日本印刷、活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発 デジタルの線に丸みや揺らぎを加えて表現力をプラス
なつかしい感覚。(2016/11/21)

LINE BLOGが一般開放スタート LINE絵文字や30種のフォントで豊かな表現が可能
著名人向けだったブログサービスが全LINEユーザーへ。(2016/11/14)

“エヴァ明朝”こと「マティスEB」発売 同人誌などに利用可能
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇中に使われる「エヴァ明朝」こと「マティスEB」をフォントワークスが発売。(2016/11/7)

動画キャプション、プレゼンデータ、個人サイト向け:
フォントワークス、エヴァ明朝こと「マティスEB TrueType版」を発売
フォントワークスが、エヴァ明朝こと「エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB TrueType版」を動画キャプションやプレゼンデータなどの個人利用向けに販売する。(2016/11/7)

「新世紀エヴァンゲリオン」各話タイトルなどに使われたフォント「マティスEB」発売 同人活動で利用可能
TVシリーズ版、新劇場版で使用された2種のフォントデータを収録。(2016/11/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。