ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」最新記事一覧

スマートフォンを使う子どもの親が覚えておくべき設定(Android編)
何の準備もなしに、子どもたちにスマートフォンを使わせるのは危険ですが、子どもたちの安全を確保する方法はいろいろ用意されています。前回のiPhone編に続き、今回はAndroidスマートフォン向けの機種やサービスを解説します。(2014/7/2)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

ドコモ、「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を2月1日に全国で発売
ドコモは、子ども向けのAndroidスマートフォン「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を2月1日に発売すると発表した。(2014/1/28)

Wi-Fiも使える子供スマホ:
ドコモ、「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」の事前予約を開始
ドコモは、シャープ製の子供向けAndroidスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」の事前予約を開始した。(2014/1/24)

Mobile Weekly Top10:
冬商戦も一段落 春向け新モデルが登場
引き続きLINE入門の人気が高いITmedia Mobile。端末関連では、AQUOS PHONE EXの事前予約開始、ドコモのおすすめ3機種の比較レビューが上位を占めた。(2014/1/20)

IGZOの“ノウハウ”が強み:
2014年度、国内市場でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――シャープ
シャープはこの冬(一部は春)商戦で、計7機種のスマートフォンを投入する。これらの新機種でシャープが重点的に取り組んできたことは「7つ」ある。そして11月7日の説明会では、2014年度に国内でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――という目標も明かした。(2013/11/9)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

「Wi-Fiオンですぐ接続」なSIM認証をdocomo Wi-Fiで開始
NTTドコモは、10月15日より同社公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」でSIM認証を開始した。対象エリアでは、端末のWi-FiをONにするだけで利用可能だ。(2013/10/15)

ドコモ、「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」のパケット定額サービスを子ども向けスマホに限定
NTTドコモは10月10日、「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」の提供条件を変更すると発表した。子ども向けスマホ以外でも利用できた月額4935円のパケット定額サービスは12月以降利用できなくなる。(2013/10/10)

Wi-Fiにも対応、ドコモのキッズ向けスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」
NTTドコモが、シャープ製の子ども向けスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を発表。Wi-Fi接続に対応し、子どもが安全に利用できるフィルタリング機能も備えている。(2013/10/10)

スリートップならぬ“おススメ機種”を用意:
下り最大150Mbpsに3日間長持ちバッテリー、ドラクエコラボなど――ドコモが2013-2014冬春モデルを発表
ドコモが2013年冬・2014年春向け新モデルを発表。スマートフォン10機種、タブレット1機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルWi-Fiルーター2機種などを10月中旬から順次発売する。(2013/10/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。