ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「保護者」最新記事一覧

子どものSNS利用で起きたトラブルは?
トレンドマイクロは、7月6日にSNSを利用している子どもの保護者を対象とした「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表。利用中のトラブルを経験は子どもは約3割で、トラブルを経験した子どもの保護者ほどセキュリティ対策を実施している。(2017/7/6)

マウス製PCを親子で組み立てられる「2017年度親子パソコン組み立て教室」
マウスコンピューターは、小学6年生の児童とその保護者がペアで参加できる「2017年度親子パソコン組み立て教室」の開催を発表した。(2017/6/1)

子ども向け視聴アプリ「YouTube Kids」きょうから提供
子ども向けに再設計したインタフェース、コンテンツのカテゴリー表示、保護者向け機能を備える。(2017/5/31)

話題の「スマホ育児」 子どもへの悪影響に不安、上手な付き合い方は
スマホを手にする子どもの姿は珍しくなくなったが、成長に悪影響を与えるのではないかと不安を訴える保護者も。悪影響を抑えた“上手な付き合い方”は。(2017/5/2)

米Amazon、子どもが親に無断で支払ったゲームアイテム代金約77億円を返金へ
未成年が保護者に無断でアプリ内アイテムを購入できるシステムに問題があるとして、2014年に提訴されていました。(2017/4/6)

ITライフch:
【みんなはどうしてる?】子どもにスマホは何歳から持たせるべきか
子育て中の保護者にとって「子どもにいつからスマホを持たせるか」は大きな問題です。デジタルアーツの実態調査によると、スマホの所有率は、中学生からぐっと上がっていることがわかります。(2017/3/31)

Google、子どものスマホ使用を管理する保護者向けアプリ「Family Link」
Googleがペアレンタルコントロールアプリ「Family Link」の招待制での提供を米国で開始した。子どもに与えるAndroid端末をこのアプリから管理できる。ダウンロードするアプリを制限したり、アプリの利用状況をチェックしたり、リモートでロックしたりできる。(2017/3/16)

保育園向けコミュニケーションサービス「kidsly」、リリース1年で500園に導入
リクルートマーケティングパートナーズが提供する保育園と保護者のコミュニケーションサービス「kidsly」が、リリースから1年を突破。導入決定園数は500園を超えている。(2017/3/15)

男性保育士の女児おむつ替えで論争 保護者は「変な趣味持つ人だったら」と敏感に 男女差別か性的区別か
男性保育士が女児のおむつ替えや着替えを担うことへの反響が広がっている。抵抗を感じる保護者が声を上げる一方、保育の現場に男性は不可欠だとの意見も。(2017/3/9)

4〜8歳を対象にしたプログラミング本シリーズがいろいろすごい
保護者の教育力(読み聞かせ力?)が問われる。(2017/3/2)

ぬいぐるみから80万人のユーザー情報が流出、つながる玩具に警鐘
「ほかにも多数のつながる玩具に深刻な脆弱性が存在しているのは間違いない。メーカーや保護者の知らないうちに不正アクセスされ、データが盗まれているかもしれない」と研究者は警鐘を鳴らしている。(2017/3/2)

SIM通:
子どもに安心・安全を 保護者視点で検証する「TONEモバイル」
基本料金に050のIP電話もついて月額1,080円のプランなど、独自の存在感を放つTONEモバイル。最大の売りは「子どもから大人まで安心して使える」さまざまな機能です。今回は、最新端末「TONE m15」を子どもと一緒に使用してみた感想をお伝えします。(2017/1/31)

学校と保護者の“不”を解決する――連絡サービス「うさぎノート」の狙いを聞く
学校から保護者への連絡サービス「うさぎノート」。プリントを作る先生の負担を減らし、保護者に直接お知らせが届く便利なサービスとして広がりを見せている。一方通行のシンプルなサービだが、先生と保護者、家族のコミュニケーションを活性化させるきっかけにもなっている。(2016/12/22)

激レアな野生の「双頭の蛇」見つかる 保護者「宝くじに当たるより難しい」
エサは1匹分で済むけど、頭が2つだからある一手間が必要。(2016/10/4)

便秘ぎみの保護者の子ども、便秘率は約3倍に 「親と子の便秘に関する意識調査」
NPO法人の日本トイレ研究所が、保護者と子どもの便秘に関する意識調査結果を公開した。(2016/8/22)

子どもが安全に「ポケモンGO」を遊べるように―― 英児童保護団体が保護者向けのガイドを公開
7月14日にイギリスでの配信が始まったことを受けて。(2016/7/15)

きっかけはお父さんの“思い”――保育園の連絡帳をクラウド化する「kidsly」開発ストーリー
保育園と保護者をつなぎ、子どものさまざまな情報を共有できるサービスとして、保育業界で評価を高めつつあるリクルートの「kidsly(キッズリー)」。開発のきっかけは、ある父親の“罪悪感”だった。(2016/7/11)

リクルートの「kidsly」がリリース3カ月で導入100園を突破
リクルートマーケティングパートナーズが提供する保育園と保護者のコミュニケーションサービス「kidsly」が、リリース3カ月で導入100園を突破した。(2016/7/8)

タイトーステーションが6月23日から改正風営法に対応 16歳未満でも保護者同伴なら18時以降の入場が可能に
あわせて、家族での来店者向けのキャンペーンも実施。(2016/6/16)

杉浦太陽、被災地熊本でウルトラマンショー 子供たちから「がんばれー! ウルトラマーン!」の声援飛ぶ
子どもたちの笑顔に保護者も涙。(2016/5/22)

「iTeachersカンファレンス2016」レポート
「オンライン教育」があれば学校は不要か? 学校IT活用の先駆者が白熱議論
IT活用を進める上で、教育関係者が直面する課題は少なくない。ITを活用した学習手段の充実を前に、保護者や学習者が抱く疑問もある。先駆的なIT活用を進める教育者集団が、こうした課題や疑問を議論する。(2016/5/16)

リクルート、あすみ福祉会の運営する茶々保育園グループ12園に「kidsly」を提供
リクルートマーケティングパートナーズは、保育園と保護者のコミュニケーションをサポートする「kidsly」を、あすみ福祉会の運営する茶々保育園グループ12園に提供。社会福祉法人としては全国で初となる。(2016/5/10)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

幼児の約4割がスマホでネットを利用――子供のネット利用実態調査
安心ネットづくり促進協議会が、子供のネット利用について保護者へのアンケート調査を実施した。(2016/4/14)

LINE・Twitterの“見えない”いじめ防止 千葉県柏市、監視アプリの実証実験へ
子どものSNS投稿内容を監視し、危険を感知すると保護者に連絡――千葉県柏市が中学生の保護者向けにいじめ防止アプリの実証実験を実施する。(2016/4/4)

保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」、リクルートが提供
リクルートは、保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」を提供開始。スマートデバイスでの手軽な情報共有を可能とする。(2016/3/15)

Beaconを使って“ご近所さん”が子供を見守る――リクルートに開発背景を聞く
リクルート住まいカンパニーが、Beacon(ビーコン)を使った子供の見守りサービスを開発している。「見守り人」となる地域住人のスマホを通して、子供の居場所を保護者に通知する仕組みだ。開発の背景や今後の狙いを担当者に聞いた。(2016/2/10)

EUの「16歳未満は保護者の許可なしでSNS使えない」案はなしに
各国がSNSの年齢制限を決めることになります。(2015/12/17)

欧州で「16歳未満は保護者の許可なしでSNS使えない」規則提案
オンラインの安全に関する専門家から反対の声が。(2015/12/15)

VTechの個人情報流出は1170万件、保護者と子どもに被害
被害に遭ったアカウントは合計約1170万件に上ることが分かった。当初の情報では流出件数は25万件と伝えられていた。(2015/12/3)

知育玩具のVTech、子どもの顔写真や親子のチャット記録も大量流出か
Motherboardによれば、子どもと保護者の顔写真や、親子間で交わしたチャットのログ記録が簡単に不正アクセスできてしまう状態でサーバに保存されていたという。(2015/12/1)

知育玩具のVTechに不正アクセス、約20万人の子供の個人情報が流出
知育玩具メーカーVTechに11月初旬に不正アクセスがあり、約5万人の保護者と20万人以上のその子どもの個人情報が流出したと米Motherboardが報じ、VTechもこれを認める声明文を発表した。クレジットカード情報は含まれていないが、住所や子どもの誕生日が特定できる。(2015/11/29)

欧州議会、米連邦政府告発者のエドワード・スノーデン氏を護る決議
EUの立法議会である欧州議会が、米連邦政府の情報収集活動を暴露してロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏に関し、同氏を人権保護者とみなして米国への送還をしないよう加盟国に呼び掛ける決議を採択した。(2015/10/30)

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):
ジャポニカ学習帳の表紙から「昆虫」が消えた、本当の理由
ジャポニカ学習帳の表紙といえば、「昆虫」の写真を思い浮かべる人も多いだろうが、数年前に昆虫が消えた。教師や保護者から「昆虫が気持ち悪いから変えてほしい」といった要望があって、発売元のショウワノートが削除したというが、本当にそうなのか?(2015/10/21)

近畿大学が子どもの出欠状況などを確認できる「保護者用ポータルサイト」を開設 もはやサボることはできんぞ
イエス「一度も講義をサボったことのない親だけこのポータルサイトを使いなさい」(2015/9/16)

Windows 10のツボ(24):
Windows 10の“子供用”ユーザーアカウントとは?
1台のPCを家族で共用する場合は、保存するデータや個人設定を分けるため、それぞれにユーザーアカウントを設定するのがオススメだ。Windows 10では、アカウント設定を子供用にすることで、保護者が子供のPC利用状況を把握できる機能が備わっている。(2015/9/9)

早稲田アカデミー 合宿で生徒から預かっていたスマホなど約340人分が盗難に 保護者からは塾側の責任問う声も
保管場所は誰でも出入りできる状態になっていたそう。(2015/8/11)

「子どもの日常をもっと知りたい」に応える園児見守りロボット「MEEBO」 日々の様子を自動撮影、保護者と共有
幼稚園・保育園での子どもの様子を自動撮影し、クラウド上のアルバムで保護者と共有――保育士と保護者のニーズに応えた園児見守りロボット「MEEBO」が発売された。(2015/8/5)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
無料Wi-Fiは危ない? 夏休みに注意するセキュリティ(中編)
夏休みは普段とは異なるネット利用も増える。前回に続いて保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介していこう。(2015/7/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
夏休みに注意するセキュリティの脅威、傾向と対策は(前編)
夏休みに入り、いつもとは違う環境ではネット犯罪など様々な危険に遭いやすい。保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介しよう。(2015/7/17)

栄光ゼミナールには、学習意欲を高める「専用のiPad」があるらしい
学習塾大手「栄光ゼミナール」が、家庭での学習も考えたタブレット学習システムを構築。生徒への「学びやすさ」、保護者などへの「安心・安全性」を両立する課題を、どんなITシステムで解決したのか。(2015/7/10)

デジタルアーツ、未成年のケータイ・スマホ利用実態を調査――女子中学生のスマホ所有率が7割に
デジタルアーツは、全国の小・中・高校生と保護者を対象とした携帯電話・スマートフォンの利用実態調査を実施。女子中学生のスマホ所有率が7割に増加した。(2015/7/7)

Google Playに保護者向けの「ファミリー」カテゴリ登場
GoogleのAndroidアプリストア「Google Play」に新カテゴリ「ファミリー」が表示されるようになった。家族向けと認定されたアプリがまとめられている。(2015/6/10)

“園児がタッチ”で親に登園通知 幼稚園がタブレットでIT化
園児が登降園時にiPadで時間を登録。園のスタッフはPCで記録を確認したらすぐ保護者にメールを送信――。小平市のなおび幼稚園併設の英会話スクールがタブレットを導入した。(2015/6/4)

厚労省、ベビーシッターマッチングサイトのガイドラインを作成
ガイドラインでは1人による複数登録の禁止、保護者と保育者が事前の面接を行うことなどを定めている。(2015/6/4)

Google、子ども用「YouTube Kids」アプリをiOS/Androidでリリース
「YouTube Kids」は子ども向けコンテンツだけを視聴できる、保護者にとって安心なiOS/Androidアプリ。ペアレンタルコントロールでタイマーやボリュームオフ、検索オフなども設定できる。まずは米国でリリースされた。(2015/2/24)

Snapchat、保護者向けサイトでポルノ禁止などのガイドラインを紹介
消えると思って投稿したヌード写真がネット上にばらまかれるといったトラブルが問題になっている若者に人気のSnapchatが、保護者や教師に安全対策について説明するWebサイト「Snapchat Safety Center」を開設した。(2015/2/23)

災害時や子どものスマホ依存防止、スマートフォン紛失時に役立つアプリ「まもるゾウ+」
AXSEEDが災害時の安否確認や保護者による子どもの利用制限、紛失時の個人情報漏えい防止に役立つアプリ「まもるゾウ+」をリリースした。(2015/2/5)

教育ITニュースフラッシュ
「Surface Pro 2」を選んだ畿央大学、「iPad」ではなぜだめだった?
埼玉大学が進める学務システムのクラウド移行事例から、保護者へのIT活用教育の認知度を調べた調査結果まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/12/19)

SIM通:
親子でお得!イオンの格安「親子セット」登場
イオンとビッグローブは11月14日、保護者用・子供用のスマートフォンが2台セットになった、親子用のスマホセットを発表しました。月額4298円で使えます。(2014/12/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。