ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Solaris」最新記事一覧

質問!Solaris系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSolaris系OS関連の質問をチェック

ナビゲーター卒業、そして新世代へ:
PR:SPARC/SolarisやSuperClusterが、SAPに最適な理由とは何ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からSAPアカウント担当 バイスプレジデントを務めるゲルハルト・カップラーが来日したので、SAPのお客さまに対して、オラクルはどのようなテクノロジーを提供し、お客さまはどのような価値を享受できるのかを聞いてきました。(2016/9/20)

Linuxユーザーも知らないと損する「Silicon Secured Memory」の基礎知識:
PR:インメモリDB時代、プロセス内のメモリはどうやってセキュアにすればいいんですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。SPARC M7に搭載されている「SSM(Silicon Secured Memory:シリコンセキュアドメモリ)」って、そもそも何なのか? MMU(Memory Management Unit:メモリ管理装置)との違いは? SSMがどうやって攻撃を防ぐのか? など、今回はより技術的な観点でSPARC/Solarisの魅力を紹介します。(2016/6/27)

約20万人が使うプライベートクラウド基盤を構築した東芝さまに聞きました:
PR:日本の社会インフラを支えるシステムに、SPARC/SolarisやOracle Databaseがどう貢献しているのですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、サン・マイクロシステムズの創成期からSPARC/Solarisを扱っていただき、高性能と高い信頼性・可用性・拡張性を実現するサーバーとして「UX7000」シリーズでブランド展開されている東芝さまを訪問しました。道路交通やエネルギーなどの社会インフラを支えるシステムを提供してきた東芝さまでは、どのようにSPARC/Solarisを活用し、どのような点がSPARC/Solarisの価値であると考えておられるのでしょうか。(2016/6/14)

Oracleの定例アップデート公開、データベースやJavaに深刻な脆弱性
特にDatabase ServerやFusion Middleware、Java SE、Solaris、MySQLの各製品に、危険度の高い脆弱性が存在する。(2016/4/20)

アジア太平洋地域唯一のオラクル認定検証センターを持つCTCさまに聞いちゃいました:
PR:「Security in Silicon」は複雑化するITシステムのセキュリティ課題をどうやって解決できるんですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、パートナーであるCTCさまのアジア太平洋地域唯一のオラクル認定検証センターである「Oracle Authorized Solution Center」に訪問し、パートナーさまから見たSPARC M7の有効性、パートナーシップ、認定検証センターでの検証について、お話を伺いました。(2016/4/6)

期待以上の性能・効果でビジネスへ貢献:
PR:“ITで攻める”銀行、みずほが選んだSolarisクラウド基盤の威力
店舗へのPepperの配置や、コールセンターでのAI技術の活用など、銀行業界の中でも先進的なIT施策で注目されているみずほ銀行。同行はIT基盤の重要性も認識しており、グループ共通のプライベートクラウド「みずほクラウド」の構築に注力しているが、多くのミッションクリティカルなシステムをクラウドで安定して稼働させるためには、高性能なハードウェアが必要だったという。(2015/12/10)

DockerやNode.jsにも対応:
PR:クラウド時代にSPARC/Solarisに何が求められているのか――x86/Linuxにはない優位性や使い続ける意義を考える
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、日本仮想化技術の宮原さんと@IT編集長の内野さんに登場していただき、いろいろな側面からSPARC/Solarisの魅力を徹底解剖します。(2015/12/2)

PR:30周年を迎えるオラクルと富士通の共同開発が生み出すSPARC/Solarisは、これからのIT環境に何を提供していくのか
SPARC/Solaris Worldでは、SPARC/Solarisの技術を評価するパートナー各社さまを訪問します。今回は富士通さまを訪問します。(2015/11/2)

ハードウエアレベルでのメモリ保護や暗号化も:
米オラクルがSolaris 11.3をリリース。SPARC M7、12c R2の情報も発表
米オラクルは米国で開催中の年次イベント「Oracle OpenWorld 2015」で、セキュアでスケーラブル、クラウド運用に対応したデータベースプラットフォームとして、プロセッサー「SPARC M7」、OS「Solaris 11.3」、データベース管理ソフトウエア「Oracle Database 12c R2」の詳細を語った。(2015/10/29)

Solarisでの仮想化を進める配信プラットフォームの裏側:
日本初「4K映像配信」のNTTぷららが“Solaris好き”な理由
NTTぷららは2012年から同社の事業基盤である「配信プラットフォーム」をSolarisによる仮想化で取り組んでいる。社内はそもそもSolarisファンが多いようだが、破たん寸前の現場を救い、社内説得の材料にもなった“決め手”とは。(2015/4/14)

OpenBSD以外のプラットフォームにも:
OpenSSLの代替目指す「LibreSSL 2.0」、ポータブル版公開
OpenBSDプロジェクトは2014年7月11日、OpenSSLのフォークとして開発している「LibreSSL」のポータブル版「LibreSSL 2.0.0」を公開した。Linux、Solaris、Mac OS X、FreeBSDの各バージョンでテストを済ませているという。(2014/7/15)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :eBayとスターバックスのビッグデータ戦略
大量データの処理に悩むeBay、データの利用方法を模索しているスターバックス。有名企業といえども、ビッグデータの活用は難しい。両社のインタビュー&事例記事の他、Solaris、SPARCの将来、Google Apps導入事例などをお届けする。(2014/7/14)

「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛だが
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/26)

Computer Weekly:
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/18)

オラクルがOpenDaylightプロジェクトに参加、Solarisに実装
米オラクルもOpenDaylightに参加を表明。Solaris 11.2にOpenDaylight SDN機能を実装する。(2014/6/6)

ホワイトペーパー:
輝きを増す「Oracle Solaris」、今後の機能強化は?
長い歴史と抜群の実績を誇る「Oracle Solaris」が進化を続けている。ハードウェアとの連携をはじめ、Oracle Databaseなどソフトウェアとの連携も強化。さらにその先にはクラウドや仮想化対応、運用管理のさらなる効率化などを見込む。(2014/5/8)

クラウド技術の最前線!
クラウドの価値を向上させる、SPARC/Solarisの進化とは?
近年、企業経営を支援するITの進化が著しく、クラウドの活用が進んでいる。そのクラウド基盤にSPARC/Solarisを採用するケースが増えてきたという。その背景には、どのような理由があるのだろうか。(2014/3/10)

導入事例:
東芝、グループで活用するプライベートクラウド基盤を構築
東芝は「Oracle Solaris」と「SPARC T4」サーバを導入し、約20万人のグループ社員が利用するプライベートクラウド基盤を構築した。(2014/1/14)

Oracle、OpenStackに対応へ
OpenStack Foundationのコーポレート・スポンサーとなり、SolarisやExalogicなどとOpenStackとの互換性確保に乗り出す。(2013/12/16)

Oracle Solarisとの統合目指す:
OracleがOpenStack Foundationのスポンサーに、製品への統合計画も発表
米オラクルは2013年12月10日、OpenStack Foundationのコーポレートスポンサーとなり、「Oracle Solaris」や「Oracle Linux」などの製品に、OpenStackのクラウド管理コンポーネントを組み込んでいく。(2013/12/11)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第2回】
輝きを増す「Oracle Solaris」、今後の機能強化は?
長い歴史と抜群の実績を誇る「Oracle Solaris」が進化を続けている。ハードウェアとの連携をはじめ、Oracle Databaseなどソフトウェアとの連携も強化。さらにその先にはクラウドや仮想化対応、運用管理のさらなる効率化などを見込む。(2013/11/25)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第1回】
常に先を見続けるSolaris OS、これまでとこれからの注目点は
高信頼や高性能が特徴のUNIX OSが再び注目されている。歴史に裏打ちされた新機能に加えて、仮想化技術やクラウドコンピューティングへの対応などが評価されている。最新OSの注目機能を紹介する。(2013/9/30)

コモディティx86サーバ市場への消極的な姿勢
Oracleの愛が感じられない――Solaris x86ユーザーが嘆く理由
x86 Sunユーザー、特にSolarisを利用するユーザーは「Oracleからあまりサポートを受けていない」と疎外感を抱いているようだ。(2013/3/6)

ホワイトペーパー:
Red Hat移行を検討するSolarisユーザー向け戦略的移行ガイド
Solaris から Red Hat Enterprise Linux へインフラとデータを安全・確実に 移行するにあたってのベストプラクティスを解説する。(2013/1/28)

「書き込みが最大20倍高速化」、SPARCベースのエンジニアドシステム
SPARCの性能とSolarisの仮想化技術の合わせ技で、複数DBを統合しながら処理高速化も実現するエンジニアドシステムが登場した。(2013/1/8)

日本オラクル、Solaris搭載サーバ「SPARC T4」を提供開始
サーバシステム「SPARC T4」を日本市場でも提供開始したと日本オラクルが発表した。(2011/10/17)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011:
「Solaris 11」を発表 Sun時代以来のメジャーリリース
開催3日目を迎えた「Oracle OpenWorld」のキーノートでは、同社のシステム製品に関する発表があった。(2011/10/5)

sun.comドメインが6月1日に廃止
OracleはOpenSolaris.comなどSun Developer Networkのコンテンツを自社サイトに移している。(2011/3/18)

Oracleが定例パッチを公開、66件の脆弱性に対処
データベースなど多数の製品の脆弱性を修正した。特にAudit Vault、Fusion Middleware、Solarisなどの脆弱性は極めて危険度が高いという。(2011/1/19)

「Oracle Solaris 11」、2011年に登場 日本オラクル
日本オラクルは10月19日、「Oracle Solaris 11」の国内展開を発表した。機能強化のポイントは仮想化である。(2010/10/19)

Oracleが四半期パッチを公開――Javaの定例パッチも同時公開
OracleデータベースやSolaris、OpenOfficeなど旧Sun製品の脆弱性に対処した四半期パッチと、Javaの脆弱性に対処した定例パッチが同時に公開された。(2010/10/13)

Oracle、SPARCと「Solaris 11」の計画を明らかに
OracleがSun買収で獲得した資産に関するロードマップを、Sunでハードウェアビジネスの責任者を務めていたジョン・ファウラー氏が説明した。(2010/8/12)

Oracleが四半期パッチを公開、データベースやSolarisの脆弱性に対処
Oracleが59件の脆弱性に対処するパッチを公開した。TimesTen In-Memory DatabaseとSecure Backupには特に深刻な脆弱性が存在する。(2010/7/14)

Oracleが四半期パッチ公開、Solaris含め47件の脆弱性に対処
47件の脆弱性のうち、7件はデータベースに、16件はSunのSolarisに影響する。(2010/4/14)

Oracle、四半期パッチの公開を通知
今回からSun MicrosystemsのSolarisの脆弱性に対処するパッチもOracleのクリティカルパッチアップデート(CPU)に含まれる。(2010/4/12)

Oracle、「OpenSolaris」を継続すると約束
Sunの買収完了後の将来が懸念されていたOpenSolarisについて、Oracleがユーザーグループからの質問に答えた。「ポジティブでシンプル、ストレートだった」という。(2010/3/1)

Sun、Solarisの8コア「Nehalem EX」向け最適化を宣伝
Sunは、同社のOS「Solaris 10」を、2010年初頭に登場予定のハイエンドプロセッサ「Nehalem EX」の機能を利用できるよう最適化したとしている。(2009/10/26)

Sun、仮想化管理ソフト「Sun Ops Center 2.5」をリリース
「Sun Ops Center」の新版は、Solaris ContainerとSun Logical Domainに対応した。(2009/9/30)

日本HP、ProLiant向けにSolarisを販売
日本HPがx86サーバ「ProLiant」のサポートOSとしてSolarisを追加し、販売を始めた。(2009/9/16)

Weekly Memo:
Oracleの対IBM「宣戦布告」広告の背景
Sunの買収を発表したOracleが先週、新聞広告を通じてSPARC/Solarisへの投資強化とともに、宿敵IBMへの「宣戦布告」のメッセージを発信した。その背景を探ってみたい。(2009/9/14)

IBMに宣戦布告:
「OracleはSunのハードウェアで勝利する」とエリソンCEO
Oracleが同社の新聞広告で、「SolarisとSPARCの開発にSun以上に力を入れる」と宣言。広告に「MySQL」の文字はない。(2009/9/11)

CTC、Solaris搭載のHPサーバを発売
伊藤忠テクノソリューションは、UNIX OS「Solaris」を組み込んだ日本HPのx86サーバを発売する。(2009/8/26)

日本IBMとノベル、SolarisからLinuxへのサーバ移行を支援
日本IBMとノベルは、SolarisサーバからLinuxサーバへの移行を支援するプログラムの提供を開始した。(2009/8/7)

2009 CommunityOne West Report:
SunがOpenSolarisの最新版を発表
仮想化技術やストレージ機能などを強化したOpenSolarisの最新版をSunは発表した。(2009/6/4)

Solaris ZFS集中講座(3):
ZFSはどう活用できるか
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/5/28)

UNIX処方箋:
Solaris 10上でホスト名とIPアドレスを変更する際の注意点
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、Solarisの/etc/inet/ipnodesについて解説します。(2009/5/21)

IBMではなく:
OracleがSun買収でJavaとSolarisを獲得
Oracleのラリー・エリソン会長は「Oracleはアプリケーションとハードウェアのシステム全体を設計・統合できる唯一の企業となった」と語った。(2009/4/21)

コモディティ市場で示す存在感:
Solaris、ZFS、SSDで差別化を図る――SunのNehalemサーバ
Nehalem搭載サーバ製品群や冷媒式冷却ドアを発表したサンマイクロシステムズに、国内での展開について話を聞いた。(2009/4/17)

Solaris ZFS集中講座(2):
Solaris ZFSの機能を点検する
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/4/15)

Solaris ZFS集中講座(1):
Solaris ZFSの基本的な仕組みを知る
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/3/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。