ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle(オラクル)」最新記事一覧

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Watsonが企業にやってくる
特集は、導入事例が増えてきたWatson。その導入方法と問題点を紹介する。他に、Lync改めSkype for Businessの現状、フラッシュメモリを時代後れにする新メモリ技術の解説、売り上げが減少したOracleやJavaScriptの課題解決のトレンドを紹介する。(2016/8/29)

クラウド版に先行して3種の新機能を搭載:
PR:データ分析と視覚化をデスクトップで手軽に!「Oracle Data Visualization Desktop」が現場のデータ活用を加速する
「現場の業務ユーザーが使いやすいBIツールを導入し、社内のデータ活用を推進したい」──そんな悩みを持つ企業に適するツールが「Oracle Data Visualization Desktop」だ。Excelファイルやデータベース内のデータを手軽に可視化/分析できる同ツールにより、企業は全社レベルのデータ活用をさらに加速することができる。[ビッグデータ][Big Data](2016/8/29)

Exadata、Big Data Applianceなど全5製品:
NEC、オラクル製アプライアンスの一次保守サービス対象製品を拡充
NECが「Oracle Engineered Systems」の一次保守サービスを拡充し、全5製品を対象とする。ビッグデータ基盤向けのHadoop/Spark導入支援サービスも開始する。(2016/8/25)

Oracle Sales Cloud/Social Cloud:
グループ6社の顧客情報を一元管理し、営業改革を図るヤマネホールディングス
日本オラクルは、同社の顧客管理・営業支援システム「Oracle Sales Cloud」とソーシャルメディア管理システム「Oracle Social Cloud」をヤマネホールディングス(山根木材)が採用したと発表した。(2016/8/19)

8システム/5人の運用体制が170システム/7人に:
PR:運用工数を15分の1に削減! パナソニックISが実践するOracle Exadataとマルチテナントを活用した大規模DB統合のアプローチ
パナソニックグループのIT中核会社として同グループのIT企画/運用を主導するパナソニック インフォメーションシステムズは、Oracle Exadataを利用してグループ内のデータベース環境を統合。さらにOracle Database 12cのマルチテナント機能を活用し、集約率と運用管理性の大幅向上を果たした。同社が採ったアプローチと効果を紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System][Oracle Mutitenant](2016/8/10)

OracleのPOSシステム部門に不正アクセス、顧客のログイン情報流出の恐れ
盗まれたログイン情報が悪用され、クレジットカード情報などを盗み出すマルウェアがMICROS顧客の店舗などのPOSシステムに仕込まれた可能性も指摘されている。(2016/8/9)

スカパーJSAT、サポートにチャット機能を導入
スカパーJSATは、オラクルのクラウドサービス「Oracle Service Cloud」によるヘルプセンターの機能に、新たにチャットを活用したお問い合わせサービスを開始した。(2016/8/9)

製造IT導入事例:
グループ6社の顧客管理を一元化、営業改革を支援するクラウドサービス
日本オラクルの顧客管理・営業支援システムとソーシャルメディア管理システムを、営業改革を図るヤマネホールディングスが採用。グループ6社の顧客情報を一元管理し、ソーシャル・メディア上の情報をマーケティングに活用していく。(2016/8/9)

デバイス管理からデータ分析、業務連携までを一気通貫でサポート:
PR:「IoT&ビッグデータ環境を2週間で導入してビジネス立ち上げ」もOracle Cloud Platformなら本当にできる!
ビジネスに新たな価値をもたらすテクノロジーとしてIoTやビッグデータに対する関心が高まっているが、この仕組みを新たに構築するのは容易ではない。オラクルは、エッジデバイスの管理からストリーミングデータ処理、業務連携までを一気通貫で行える仕組みをパブリッククラウド上に用意している。[パブリッククラウド][ビッグデータ][Oracle Cloud][Big Data](2016/8/8)

DBのパフォーマンスをアピール
ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?
クラウド移行が加速し、Oracleのソフトウェアの新規ライセンス売り上げは前年比10%減少した。新戦場のクラウドでは、AWSを強く意識していることがうかがえる。(2016/8/4)

OSS対応を強化:
データベース監査ツール「PISO」が刷新、PostgreSQL対応版をリリース
インサイトテクノロジーは、データベース監査ツール「PISO」を刷新。Oracle Database、SQL Server、Symfowareなどに加え、新たにPostgreSQLにも対応した。(2016/8/2)

EMCの「DSSD D5」を採用
オールフラッシュストレージでOracle RACを「別次元の速度に」、導入企業の本音とは
最近登場したEMCのフラッシュシステム「DSSD D5」は、大規模で複雑なデータベースのクラスタリング機能で1日に何千件ものクエリを実行するユーザーに大幅なパフォーマンス向上をもたらすかもしれない。(2016/8/2)

クラウドビジネスの総合力を強化:
オラクル、クラウドERP大手のネットスイートを買収
オラクルは、クラウドERPなどを手掛けるネットスイートを約93億ドルで買収すると発表した。今後は、基幹業務のためのERPの導入を、Oracle Cloudを軸にしたSaaS型クラウドサービスで推進していく。(2016/8/1)

Weekly Memo:
覇権争いが激化 エンタープライズプラットフォームの勢力図はどう変わる?
エンタープライズプラットフォームをめぐる勢力争いが激しくなってきた。この分野で火花を散らすSAPとOracleが先週、相次いで興味深い動きを見せた。果たして今後の行方やいかに。(2016/8/1)

むささびの視線:
OracleのNetSuite買収、その先には何がある?
米OracleがクラウドERPベンダーの老舗NetSuiteを買収すると発表があった。ラリー・エリソン氏がNetSuiteのファウンダーでもあり、予測の範囲内ではあるものの、この統合が成立すれば、Oracleは包括的なSaaSを展開する世界No.1のベンダーになるだろう。(2016/7/29)

Oracle、クラウドERPのNetSuiteを93億ドルで買収
Oracleが、クラウドERPの老舗、NetSuiteを約93億ドルで買収すると発表した。NetSuiteはOracle出身者が創業し、ラリー・エリソン会長も出資している。買収完了後も独立した傘下企業として運営する。(2016/7/29)

月額5万円台から使える:
中堅中小企業でも求めやすく──オラクル、低価格版データベース専用アプライアンスを投入
日本オラクルが、「中堅中規模企業」向けに低価格化したOracle Databaseチューニング済みアプライアンス「Oracle Database Appliance X6」を投入。月額5万円台から使える価格帯を実現した。(2016/7/25)

製造IT導入事例:
クラウド型予算管理システム採用により経営管理の課題が解決
日本オラクルは、ベアリングメーカーの日本トムソンが、オラクルのクラウド型予算管理システムを採用したと発表した。同システム採用により、日本トムソンは販売予測と生産計画を連携し、全社的な利益率向上を促進する仕組みが構築できたという。(2016/7/25)

日本オラクル、導入30分の新型データベースマシンを投入
中小企業などでデータベース導入の時間を大幅に短縮する「Oracle Database Appliance」の新モデル2種類を発売した。(2016/7/22)

製造マネジメントニュース:
高性能なクラウドサービス提供に向け、戦略的提携
富士通は、米オラクル・コーポレーション、日本オラクルと戦略的提携を行い、高性能なクラウドを提供すると発表した。日本企業およびその海外拠点において、顧客のエンタープライズ・システムのクラウド移行を支援する。(2016/7/21)

Oracleの定例セキュリティパッチ公開、276件の脆弱性に対処
JavaやDatabaseなどの深刻な脆弱性を解決した。(2016/7/20)

高速かつ高セキュリティなDB基盤が“日本発キャラクター”のグローバル展開を加速:
PR:繁忙期のリクエスト処理能力が10倍超に! 「プレミアムバンダイ」は性能不足の問題をOracle Exadataで解決
人気キャラクターの商品を多数取り扱い多くのファンを獲得しているバンダイのECサイト「プレミアムバンダイ」。限定商品の発売時には瞬時に膨大なアクセスが発生し、既存インフラでは処理が追いつかない状況に陥っていた。同社は「Oracle Exadata」とデータベースセキュリティ製品群の導入により、この性能問題とセキュリティの強化を実現した。[パフォーマンス改善][セキュリティ対策][Engeneerd System][Database Security](2016/7/20)

バンダイ、「プレミアムバンダイ」のインフラ刷新、処理性能10倍以上に
バンダイがECサイトのシステム基盤を刷新。「Oracle Exadata」とデータベースセキュリティ製品群を使う。(2016/7/13)

Oracle RATによる新旧DBの性能検証をクラウドでも:
PR:DBアップグレードのベストプラクティスはOracle Database Cloud Serviceでも使える! ライトウェルが検証
Oracle Databaseのアップグレードでは、旧環境におけるデータベース処理の性能が新環境で劣化しないかどうかのテストが大きな課題となる。ライトウェルは先頃、Oracle RATとOracle Database Cloud Serviceを用いて、このテスト環境を迅速に作って検証を行い、アップグレード作業を効率化できることを確認した。[パブリッククラウド][運用管理効率化][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/7/13)

Weekly Memo:
富士通とOracleが提携、クラウド導入の壁を崩せるか
富士通とOracleがクラウド事業における戦略的提携を発表した。これによって、これまでにない形態のクラウドサービスを提供するという。果たして何が新しいのか。(2016/7/11)

“Oracleユーザーにとって当たり前”のデータ連携技術とは? 【後編】:
PR:リアルタイムデータ連携、ビッグデータ活用の領域でも普及が進むOracle GoldenGate
Oracle Databaseの無停止アップグレードにおける採用事例で注目を集めるOracle GoldenGateだが、より鮮度の高い情報を求めるさまざまな企業において活用が進んでいる。先進企業における活用例と、同ツールのノウハウを豊富に蓄積したパートナー企業の声を紹介する。[ビッグデータ][高可用性/災害対策][Data Integration](2016/7/11)

Oracle Cloudへのアプリ資産の移行がスムーズに FJHがマイグレーションサービス提供へ
富士通北陸システムズは、オラクルの「Oracle Cloud」に、「アプリ資産マイグレーションサービス」を提供する。(2016/7/7)

日本企業を積極支援、HCM導入促進の狙いも:
オラクルと富士通、クラウドで提携──富士通の国内DCからOracle Cloudを提供
オラクルと富士通がクラウドサービスで戦略的提携を行う。富士通の国内データセンター+K5でOracle Cloudを提供し、K5でもOracle Databaseを使えるようにする。(2016/7/6)

富士通とOracle、データベースのクラウドサービスを国内拠点で展開
Oracleのクラウドサービス環境を富士通のデータセンター内に構築し、データベースや人材管理の機能を提供する。(2016/7/6)

オラクルのハード事業、Sun買収後では過去最高に
x86サーバに代表されるハードウェア市場の縮小が進むが、サンマイクロシステムズ買収から5年が経過したオラクルのハードウェア事業にとっては、むしろチャンスだという。(2016/7/5)

機械工具専門商社のNaITO、予算管理のシステムをクラウド環境に構築
経営管理にOracleの予算管理クラウドサービスを採用し、マスターデータの変更によるレポート改修などの課題に対応した。(2016/7/5)

Oracleユーザーにとって“当たり前”のデータ連携技術とは? 【前編】:
PR:「無停止DBアップグレードツール」として浸透したOracle GoldenGate
企業システムのさまざまな領域で「リアルタイムなデータ連携」の必要性が高まっている今日、それを実現する「Oracle GoldenGate」の活用が各分野で進んでいる。国内外の主な導入事例と、同製品を強く支持する国内パートナー企業から寄せられた声を2回にわたって紹介する。[ビッグデータ][高可用性/災害対策][Data Integration](2016/7/5)

あらためて「テクノロジーカンパニーである」こともアピール:
クラウドで「デジタルエイド」を推進、日本オラクルが2017年度戦略を発表
日本オラクルが2017年度戦略を発表。デジタルで創造的破壊を起こす「デジタルディスラプション」ではなく、デジタルで“助ける/支援する”を促す「デジタルエイド」を推進する戦略を示した。(2016/7/1)

「他社クラウドとはここが違う」 オラクル、杉原氏がアピール
クラウドへのシフトを鮮明に打ち出し、2020年までに日本市場でNo.1クラウドカンパニーを目指すという日本オラクル。2017年度の戦略発表会で、他社クラウドとの違いをアピールした。(2016/6/30)

リコー、グループ共通の次期統合IT基盤の構築に着手
リコーは、グループ共通の次期統合IT基盤の構築に向けて「Oracle Exadata」やPaaS製品群を採用した。(2016/6/30)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
オラクルは、なぜ「Oracle Cloud Machine」を投入したのか
オラクルが、自社の“パブリッククラウド”サービスをユーザー企業内で利用できるようにした「Oracle Cloud Machine」を市場投入した。クラウドサービスを“箱”で提供する奇策にも見えるが、どうやら同社にはしたたかな野望があるようだ。(2016/6/27)

「Java Web Start」などの移行手段を解説
Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?
Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。(2016/6/24)

「Java」開発力があるならSaaSベンダーへ転身?
600以上のアプリと共通基盤でクラウドへの移行を支援する日本オラクルが目指すもの
「Oracle Database」や「Oracle Exadata」をはじめとする“製品”の印象が強いOracle。実は約600ものクラウドアプリケーションを擁する屈指のSaaSベンダーだ。同社がクラウドビジネスへの取り組みを強化する狙いとは。(2016/6/22)

安定稼働の秘訣は“SQLの継続的な改善”:
PR:「使わない手はない!」 朋和産業はOracle Enterprise Managerによりデータベースの安定稼働とコスト削減を実現
朋和産業はOracle Database Applianceの導入を機に、システム統合管理ツールとして「Oracle Enterprise Manager」を導入。SQLチューニング・アドバイザを効果的に利用し、基幹データベースの安定稼働を実現している。同社 情報システム部長の野上博司氏は、「このツールを活用すれば、Oracle Databaseのコストを抑えて安定運用できる。使わない手はありません」と話す。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][高可用性/災害対策][Oracle Enterprise Manager][Engineered System][Data Integration](2016/6/21)

テープバックアップの代替で今すぐコスト削減:
PR:DBのバックアップはクラウドで! 月3000円台から手軽に始めるOracle Cloud Platform活用
多くの企業がパブリッククラウドのメリットをすぐに得られる活用法の1つが「データベースバックアップ」だ。Oracle Cloud Platformには、テープバックアップの代替から災害復旧サイトの構築、リアルタイム同期による高可用性システムまで、さまざまな用途に対応可能なサービスが用意されている。[パブリッククラウド][Oracle Cloud][Data Integration](2016/6/8)

Database Watch(2016年5月版):
攻撃者が狙うのはデータベース、それなのに「データベース保護の対策が見落とされがち」ではありませんか?
企業活動において重要なのは何か。セキュリティ対策において「データベースの保護が見落とされがち」と、オラクルは警鐘を鳴らしている。データベースセキュリティの“考え方”をキーパーソンに確認する。(2016/6/1)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く:
PR:フラッシュ・ストレージを導入すればCPUコア数は本当に減らせるの?──データベース性能は“わんこそば”で考えよう!
「フラッシュ・ストレージを導入すれば、データベースが高速化する」という話と合わせて、「フラッシュ・ストレージを導入すれば、データベース・サーバーのCPUコア数を減らせて、コスト・メリットもある」という話を聞いたことがないでしょうか。「ストレージが速くなったのだから、代わりにCPUを減らせる」と言われると、なんとなくそんな気もするかもしれませんが、果たして本当なのでしょうか。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2016/6/1)

データベース運用管理の「4つの悩み」に迫る
「性能アップ、コストダウン」というOracle DBへの“わがまま”をかなえる方法
データベースのパフォーマンス低下は企業活動の機会損失につながりかねない。性能の向上と運用管理の効率化を、コストパフォーマンスを高めて実現する方法はないだろうか?(2016/6/1)

AndroidによるJava API使用巡る6年越しの裁判、Googleが「フェアユース」の評決獲得 Oracleは控訴へ
Oracleが2010年にGoogleのAndroidでのJava APIの使用は著作権侵害だと訴えたことで始まった両社の争いで、カリフォルニアの連邦地裁の陪審員団が「フェアユース」だという評決を下し、Googleは93億ドルの賠償金支払いを回避できそうだ。Oracleは控訴を表明している。(2016/5/27)

より良い協業関係を築き、業績を伸ばすために:
「マーケターは代理店との関係見直しが必要」、Forbes InsightsとOracleが共同調査
Forbes InsightsとOracleは共同で調査を実施。マーケターと代理店は、協業関係を向上させて業績を伸ばすためにそれぞれの役割と責任を変化させることが必要との見解をまとめた。(2016/5/26)

基幹DBのBCP対策強化、管理性と性能の大幅向上を実現:
PR:三菱アルミニウムがマルチテナント機能で販売/生産管理データベースを一挙集約し、事業継続性も強化。その選択の理由とは?
三菱アルミニウムは2015年12月、中核生産拠点となる富士製作所で稼働する基幹データベース群を、Oracle Database 12cのマルチテナント機能を用いてOracle Database Appliance上に集約。事業継続性の強化と運用管理性/パフォーマンスの大幅向上を果たした。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][パフォーマンス改善][運用管理効率化][Engineered System][Database Security](2016/5/25)

大量データも超高速バックアップ
Oracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法
日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?(2016/5/25)

オンプレミスとクラウドのシームレスな統合運用を実現:
PR:ハイブリッドクラウド環境の運用管理をさらに効率化する「Oracle Enterprise Manager 13c」の“3つの柱”
オンプレミスとパブリッククラウドをまたいだ“ハイブリッドクラウド”環境では、その運用管理をいかに効率化するかが大きな課題となる。オラクルは「Oracle Enterprise Manager」の機能強化により、この課題のスマートな解決に取り組んでいる。[パブリッククラウド][プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/5/24)

約20万人が使うプライベートクラウド基盤を構築した東芝さまに聞きました:
PR:日本の社会インフラを支えるシステムに、SPARC/SolarisやOracle Databaseがどう貢献しているのですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、サン・マイクロシステムズの創成期からSPARC/Solarisを扱っていただき、高性能と高い信頼性・可用性・拡張性を実現するサーバーとして「UX7000」シリーズでブランド展開されている東芝さまを訪問しました。道路交通やエネルギーなどの社会インフラを支えるシステムを提供してきた東芝さまでは、どのようにSPARC/Solarisを活用し、どのような点がSPARC/Solarisの価値であると考えておられるのでしょうか。(2016/6/14)

対応DBにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresを追加:
DBレプリケーションツール「SharePlex」に最新版、“Oracleから他社DB”の対応強化
デル・ソフトウェアは、データベースレプリケーションツール「Dell SharePlex」の最新バージョンを提供開始した。対応データベースにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresが追加された。(2016/5/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。