ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スタンレー電気」最新記事一覧

FAニュース:
より繊細に、より強力に、NEDOが次世代レーザー加工技術を開発へ
NEDOは、高付加価値製品の製造に適した高精度・高品位加工に対応する次世代レーザー加工技術の研究開発を開始した。(2016/7/13)

エネルギー管理:
世界27工場の電力使用量を一括削減、省エネ施策を「見える化」で横展開
富士通はスタンレー電気が所有する世界の主要27工場の電力使用量を、リアルタイムに本社に集約し集中監視できるシステムを構築した。2015年7月から各工場に順次導入しており、現在は国内全工場で稼働を開始している。(2016/4/7)

光技術:
次世代光源のレーザーは「全ての項目でLED上回る」
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、大阪大学、島津製作所は、3原色の可視光半導体レーザーを用いた光源モジュールの開発成果を発表。ヘッドマウントディスプレイやプロジェクタ、照明、自動車用ヘッドランプなどの製品に搭載し、「ほぼ全ての項目でLEDに対する可視光半導体レーザーの優位が明らかになった」という。(2016/3/15)

クルマよりも人気? 東京モーターショーの美しいコンパニオンたち
東京モーターショーの華はクルマだけではない。各社のブースで出迎えてくれるコンパニオンたちを紹介しよう。(2015/10/30)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

CEATEC 2015:
スタンレー電気がヘッドアップディスプレイの表示デバイスをモジュール化
スタンレー電気は、「CEATEC JAPAN 2015」において、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示デバイスに用いる、セグメント表示液晶ディスプレイと高輝度バックライトを組み合わせたモジュールを展示した。(2015/10/9)

CEATEC 2015 開催直前情報:
スタンレー電気の展示にはオーロラシャンデリア?
スタンレー電気は、2015年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」に“未来の光で暮らしを豊かにする”をテーマに掲げて出展する。同社の強みや進化を展示することで、光は多くの分野で暮らしの様々なシーンを豊かにすることを表現したいという。(2015/10/1)

車両デザイン:
「シャトル」の鋭いフロントフェイス、インライン型LEDヘッドランプで実現
ホンダの5ナンバーステーションワゴン「シャトル」は、「フィット」などと比べて、さらに鋭いイメージを感じさせるフロントフェイスになっている。これは、新開発のインライン型LEDヘッドランプの採用によるところが大きい。(2015/5/15)

工場ニュース:
スタンレー電気が宮城にLED照明の新工場建設
スタンレー電気は、連結子会社であるスタンレー宮城製作所を移転し、LED照明や光学レンズシート、超薄型導光板などを製造する新工場を建設することを決めた。(2014/4/15)

電気自動車:
試作4号EV「SIM-HAL」はシムドライブの集大成、今後は実用化フェーズへ
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)は、試作EVの4号車「SIM-HAL(シム・ハル)」を発表。これまでの先行開発車での技術成果や経験を生かし、走行距離をはじめとするEVの課題をクリアした。今後は「EV実用化」に向けた開発に本格的に乗り出す。(2014/4/2)

車載照明技術:
ル・マンの夜闇をレーザーが切り裂く、アウディがWEC参戦車両に採用
Audi(アウディ)は、2014年のFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦車両である「R18 e-tron quattro」のヘッドランプのハイビームにレーザー光源を採用する。従来のLED光源と比べて、照射距離は2倍の500mに達し、明るさも3倍になるという。(2014/1/27)

東京モーターショー2013:
スタンレー電気が次世代ランプを披露、「SIM-CEL」のレーザー前照灯を搭載
スタンレー電気は、「第43回東京モーターショー2013」において、ヘッドランプ/リヤランプの次世代技術を示す「スタンレー・ライティング・ラボ」を展示した。シムドライブが開発した電気自動車「SIM-CEL」に搭載されている「レーザー前照灯」をはじめ、同社の最新技術が詰め込まれている。(2013/11/27)

CEATEC 2013 開催直前情報:
ドライヤー1台の消費電力で3つの島を照らす投光器などを提案――スタンレー電気
スタンレー電気はCEATEC JAPAN 2013で、”Fertile Light of Life-想像力豊かな光を生活に”をテーマに、MEMS部品やLEDなどのデバイスから、超狭角高輝度LED投光器やUV放電管を使った脱臭/水殺菌ユニットなどアッセンブリ製品までの展示を行う。(2013/8/30)

SIM-CEL フォトギャラリー:
加速以外も突き抜けてる! シムドライブの第3号EV「SIM-CEL」は新技術満載
高級スポーツカーと同等以上の加速を実現したSIM-Drive(シムドライブ)の試作電気自動車(EV)「SIM-CEL」。同車に搭載されている新技術をフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2013/4/12)

前方にレーザー発射!:
スタンレー電気がレーザー光源を用いたヘッドランプを開発、「SIM-CEL」に搭載
スタンレー電気は、レーザー光源を用いたヘッドランプを開発した。電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)の試作EV第3号車「SIM-CEL(シム・セル)」に搭載されている。(2013/4/2)

輝き放つ車載LED
かつて、自動車で用いられるLEDと言えば、リアランプやメーターパネルの表示灯の光源として用いられる赤色もしくは黄色のものが中心であった。それに対し、現在ではへッドライトをはじめとするさまざまな自動車システムで高輝度の白色LEDが使用されるようになった。その結果、車載LEDの市場は大きく拡大しようとしている。本稿では、LED開発の歴史を概観した上で、LEDの特徴と、車載用途におけるLED採用のメリットについてまとめる。また、ヘッドライトをはじめとするLEDの採用事例や、車載用LEDドライバの開発動向について紹介する。(2010/4/1)

第41回東京モーターショー:
電動自動車が中核に、「LFA」の部品に存在感
『第41回東京モーターショー』が、2009年10月24日から11月4日まで幕張メッセで開催された。各社の展示の中核となったのは、ハイブリッド車、電気自動車、プラグインハイブリッド車など電動自動車のコンセプトカーとその関連技術である。ここでは、特集記事「本格化するEV/PHEV開発」で紹介した電気自動車とプラグインハイブリッド車以外の展示について紹介する。(2010/1/1)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高に加え、月末、連休の谷間ということで買戻しがかさみ大幅高
(2009/4/30)

CEATEC JAPAN 2008:
1000個以上のLED、ロームブースを照らす
CEATECのロームブースは、使われている照明のすべてがLED。一見したところLEDだとは分からないが、消費電力は3分の1で済んでいる。(2008/9/30)

Blu-rayをITCが調査、半導体レーザー特許侵害の疑い
Blu-ray製品や携帯電話に特許侵害の疑いがあるとして、ソニーやNokiaなど約30社が米国際貿易委員会の調査を受ける。(2008/3/21)

人とくるまのテクノロジー展
2007年、LEDが車のデザインを変える?
自動車技術展では、LEDを使ったコンビネーションランプやヘッドランプが出展されていた。次世代照明として期待が集まるLEDだが、車の場合は省電力による燃費の向上にくわえ、「車のデザインを変える」ことが期待されている。(2005/5/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。