ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子学生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女子学生」に関する情報が集まったページです。

AI女子高生「りんな」が進化 会話に応じて「共感」可能に
日本マイクロソフトがAI女子高生「りんな」に最新の会話エンジン「共感モデル」(α版)を順次採用すると発表。ユーザーとの会話内容をふまえ、どんな返答をすれば自然に会話を続けられるか判断し、適切な返答を行うという。(2018/5/22)

平成30年史 デジタルが変えた文化(2):
YouTube 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ
荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が昨年、再評価された。紅白では、ボディコン衣装で激しいダンスを披露する女子高校生たちと共演。今、“バブリーダンス”に注目が集まるのはなぜか。(2018/5/11)

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

漫画とそっくりな風景を満喫:
アニメ「ゆるキャン△」人気 「聖地巡礼」で四尾連湖に訪問客急増 山梨
女子高校生が県内などでキャンプを楽しむ姿を描いた漫画とアニメ「ゆるキャン△」(原作者・あfろ)の人気で、舞台となった山梨県市川三郷町の四尾連湖を訪れるファンが増えている。湖畔にある2つのキャンプ場では、カメラを手に“聖地巡礼”を楽しむ日帰りの男性グループが特に目立つという。(2018/4/23)

「広告が嫌いなわけじゃない、不要な情報が欲しくないだけ」 女子高生が見た「ネット広告」
「え? これも広告なの?」(2018/4/21)

「感謝の気持ちしかない」 ダレノガレ明美、世界一髪の毛が長い女子高生のヘアドネーション参加決意に感激
ダレノガレさんは以前からヘアドネーションを呼びかけていました。(2018/4/18)

思春期特有の空気……「お母さんは仲良しでも本人たちはそうでもない女子高生」の日常マンガがなんかよい
なんだか「うふふ」ってなるシチュエーション。(2018/4/11)

アニメ「ゆるキャン△」効果で山梨に“聖地巡礼” キャンプ初心者にも話題
キャンプ好きの女子高生の日常を描いた漫画「ゆるキャン△」(あfろ作)がキャンプ人気に火をつけている。舞台になっている山梨県のキャンプ場は利用者数が一気に3倍以上に。(2018/4/10)

現役ナースがセーラー服に着替えたら 桃月なしこ、『天空侵犯』コスプレで銃の似合う女子高生になる
『天空侵犯』最新16巻の電子限定版に付属する、32ページのコスプレフォトブックに掲載。(2018/4/9)

「お父さん、コスパの『パ』ってなに?」 女子高生から見たIT業界
娘「なんでバランスボールに座ってるの?」(2018/4/7)

ワンコインでここまで食べられる! 学食研究家・唐沢明が選ぶ東京のおいしい学食4選
ほとんどの大学の学食は誰でも利用できるのです!(女子大と一部の国立大学は不可)(2018/3/29)

最初からダイヤモンド! “日本一かわいい女子高生”福田愛依がカリスマ一直線の魅力を放つ
“めいめい”と“ほのぴぴ”は覚えとかなきゃ。(2018/3/28)

「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法
「ネットで見つからない情報なんてないよ」(2018/3/21)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

女子高生が通行人に胸触らせ撮影……過激投稿、YouTuberに潜む罠と危険
自分の胸を触らせる動画を撮影していた“女子高生YouTuber”らが今月12日、警視庁に書類送検された。女子生徒らがセンセーショナルな行動に至った背景には、“一獲千金”として過熱する動画投稿サイト人気があるとされる。(2018/3/19)

りんなの“歌唱力”がネクストステージへ――感情と創作力をAIに学習させる日本マイクロソフトの取り組み
日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。(2018/3/13)

女子高生の悩みを“学術的に”解決する謎ダンス爆誕! イグ・ノーベル賞の馬渕教授が15種類も考える暴挙
なぜ考えた。(2018/3/10)

“まるで実写”3DCG女子高生「Saya」、見つめると恥じらう 表情認識AIで進化
3DCGで描かれた女子高生キャラクター「Saya」が、表情認識AIを取り入れて進化。イベント来場者の表情から感情を推定し、恥じらったり、はにかんだりする。(2018/3/9)

女子高校生の約7割がSNSの“裏アカウント”を所持 理由は「誰にも知られたくない感情がいえるから」など
裏では一体どんな会話が行われているのか。(2018/3/8)

女子高生の裏アカウント所有率は68.9% デジタルアーツの未成年スマホ実態調査
デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォン利用実態調査の結果を発表。女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し、67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望している。インターネットに関する事件については、半数以上が人ごととして捉えていることが分かった。(2018/3/7)

先生逃げて超逃げて 低身長教師にゾッコンな女子高生の言動がいろいろアブない漫画が人気
見た目完璧な女子高生、恋愛観がまずい。(2018/3/8)

ネットと「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ」どれを一番信用する? 女子高生が考える「マスメディアの信頼度」
「SNSは信用できない。だって私も“盛ってる”し」(2018/3/4)

面接官「ビートくれDJ」 内定ゼロの女子大学生が面接バトルに挑む漫画「就活フリースタイル」がハイセンス
面接官のスキルに嫉妬。(2018/3/2)

「やだ……Googleって便利すぎて怖くない?」 PCど素人の女子高生、Google先生の圧倒的支配力にとまどう
「人生乗っ取られそうで不安だわ」(2018/2/25)

Microsoft Focus:
音声会話を手に入れた女子高校生AI「りんな」は、私たちをどう楽しませてくれるのか
女子高校生AI「りんな」が電話機能「りんなのテレフォンハッキング」を開始。新たなコミュニケーション手法を手に入れたりんなはどのように進化するのか? 「人の仕事を助けるAI」だけでなく、「人の感情に寄り添うAI」の開発に取り組むMicrosoftが目指す未来のAIとは?(2018/2/24)

女子高生×ラップバトルのギャップが光る一作! 百合ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』に走る熱を感じる
人気ラッパー“般若”と“R-指定”の監修を受け、ガチすぎライムの百合ラップ漫画が誕生。(2018/2/23)

女子高生AI「りんな」から“電話”がかかってくる――「私たちって付き合ってるんだよね」
日本マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」と声で会話できるサービスを発表した。(2018/2/13)

「りんなライブ」視聴者が対象:
女子高生AI「りんな」が進化 音声認識でユーザーと電話 “恋バナ”もOK
日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が進化。ユーザーと電話で会話できる機能を追加した。「りんなライブ」視聴者が対象で、恋愛トークにも対応する。(2018/2/13)

パソコン初心者の女子高生、「世界一おバカなパスワード」を思いつくの巻
「良いこと考えた!」(2018/2/11)

男子生徒がスカート&リボンでもOK 千葉県の公立中学、LGBTに配慮した「男女とも自由に選べる制服」採用
もちろん、女子生徒のズボン&ネクタイも可能です。(2018/2/8)

スピン経済の歩き方:
なぜ女子中高生は「韓国カルチャー」にハマったのか
「10代の若い女性を中心に『韓流ブーム』が起きつつある」というニュースが話題になっている。「本当なの?」「自分の周りにそんな人はいない」と思われたかもしれないが、なぜ日本の女子中高生は韓国カルチャーにハマったのか。その裏には……。(2018/1/23)

ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
父と娘のパソコン奮闘記、始まる。(2018/1/21)

AI「りんな」がnanaで“歌のトレーニング” ユーザーからアドバイス集め学習
音楽SNS「nana」が、女子高生AI「りんな」の音楽活動をサポート。りんなが投稿した歌声に対して、発声タイミングや音程などのアドバイスをユーザーから集め、りんなの表現力向上につなげる。(2018/1/11)

「見落としの可能性」:
16歳女子高生の命奪ったトラック、度重なる赤信号通過も判決は……
大型トラックを運転中に赤信号を無視し、横断歩道を自転車で渡っていた女子高生をはねて死亡させた男に対する裁判。検察は、故意に赤信号を無視したとして、「危険運転致死」で起訴したが……。(2018/1/10)

「ガッキーにしか見えない」 中国の現役女子大生が新垣結衣にそっくりだとネット騒然
本人と並んでも気付かないレベル。(2018/1/9)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

コワモテ男とおっとり女子大生、片思い同士の距離感にキュンッとする イチゴ農園で生まれた恋物語「いちご漫画」
接近しそうでしない、ウブな2人の関係性にもだえる。(2017/12/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

「ガルパン」まさかの実写化!? 女子高生が体操服でIV号戦車を洗車するダンスムービーが公開に
ラストカットで鳥肌がザワーっと……。(2017/11/28)

女子高生の半数が「SNS疲れ」 理由は?──テスティー調査
テスティーが女子高校生に実施した調査で、半数以上が「SNS疲れ」を感じたことがあったと回答した。(2017/11/21)

「りんな」による予測入力、Windows 10のIMEに テストビルドに実装
「Windows 10」のテストビルドの「Microsoft IME」に、女子高生AI「りんな」が提案する入力候補を提示する「りんな候補」が実装されている。(2017/11/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
これから急増する英語教師を「警戒」すべきか
都立高校に勤める米国人の英語教師が、16歳の女子高生にわいせつ行為をしたとして逮捕された。このようなニュースが報じられると、「外国人は危ない」といった声が出てくるが、本当にそうなのか。大切なことは……。【訂正】(2017/11/2)

GoogleのAR技術「Tango」を活用:
KDDI、AR空間で女子大生AIキャラクターと対話できるシステムを発表
KDDIは、自社のスマートフォン向けAI搭載型音声アシスタント「レナ」をAR化すると発表した。利用者は、AR空間で目に見えるキャラクターとして、レナとの会話が可能になる。(2017/10/3)

女子高生AI「りんな」・3DCG美少女「Saya」、オーディション「ミスiD」のファイナリストに
どうなってるんだ今年は。(2017/9/15)

ねっと用語知ったかぶり:
女子大生の間で流行中? なんJ発「ンゴ」の意味と使い方
1周回って新しい言葉っていうのは存在するらしいです。(2017/9/3)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、頬を膨らませる 「ミスiD」アピール動画を公開
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」が、講談社のオーディション「ミスiD 2018」の最終選考に進むためにプロモーション動画を公開。(2017/8/31)

「何この可愛い人たち」 永野芽郁、大友花恋、坂井仁香の“新世代エース”ショットがぴっちぴち!
現役女子高生の力。(2017/8/25)

「あの頃私たちは女子高生だった」 榮倉奈々ら元Seventeenモデルが久しぶりの再会で変わらぬ笑顔
15年たってもかわいい。(2017/8/24)

かわいいの塊! 女子高生になれる猫ちゃん用の「セーラー首輪」が最強にキュート
かわいい×かわいい=かわいい。(2017/8/22)

東大生が「女子高生の折り紙」を1枚の紙で折りあげる神業! どうやって作るのか製作者に聞いてみた
折り紙1枚とは信じられない……。(2017/8/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。