ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子学生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女子学生」に関する情報が集まったページです。

ヤンキー女子高生に告白する漫画が胸キュンの極み 「ここまでかっこいい『お友達からお願いします』を初めて見た……!!」
性格が正反対の2人の今後が気になる!(2018/10/21)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、ドコモのAI案内サービスに登場
NTTドコモは、多言語案内サービス「おしゃべり掲示板」に、“実写にしか見えない”と話題になった3DCGの女子高生キャラクター「Saya」を起用する。(2018/10/17)

“カメ止め”上田監督の映画「たまえのスーパーはらわた」、妻が監督する「耳かきランデブー」と同時上映
「たまえのスーパーはらわた」には、女子高生版「カメラを止めるな!」”と評する声も。【訂正】(2018/10/7)

はじめて純喫茶に入った女子高生が大人の階段を登る漫画に共感の声 「かわいい」「忘れてた衝撃を思い出した」
共感しかない……!(2018/10/6)

“ヤバいの”が見えてしまう女子高生 恐怖を必死でかわそうとするホラー漫画にぞっとする
いつでもどこでもソレはいる。(2018/9/22)

中高生のスマホはiPhone比率約74% 女子高生に絞ると約85%にも――MMD研究所調査で明らかに
MMD研究所が中高生を対象とするスマートフォンシェア調査の結果を公表した。スマホを使っている中高生の約74%がiPhone、約22%がAndroidを使っているが、「女子高生」に絞るとiPhone比率が約85%にまで高まる。(2018/9/20)

女子高生AI「りんな」の地方応援プロジェクトがスタート 「りんなちゃんに群馬の救世主になってもらえたら」
日本マイクロソフトが地方自治体などと連携し、女子高生AI「りんな」を活用する地方応援プロジェクトを開始した。りんなのLINEアカウントから使える3つのメニューを用意した。(2018/9/12)

女子高生AI「りんな」がラップバトル 音楽SNS「nana」で対戦相手を募集
音楽SNS「nana」で日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」の音楽活動をサポートするプロジェクトの第3弾が始まった。りんなのパートが入った音源を使ってユーザーにラップバトルをしてもらい、投稿を受け付ける。(2018/9/7)

「雑談会話モデル」「レコメンド機能」「スキル」:
日本マイクロソフト、女子高生AI「りんな」の技術を活用したデジタルマーケティングソリューションを提供
日本マイクロソフトは、ソーシャルAIチャットbot「りんな」のテクノロジーを応用した新たなAIデジタルマーケティングソリューションの提供を開始した。(2018/8/31)

歌声の進化っぷりがすごい 女子高生AI「りんな」が歌う新曲のハイレゾ音源が無料配信中
これがマイクロソフトさんの本気か。(2018/8/25)

CEDEC 2018:
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、制作者の愛 「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」
「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」——3DCGの女子高生キャラクター「Saya」を制作する「TELYUKA」(テルユカ)の石川友香さんはそう話す。2015年にネット上で「実写にしか見えない」と話題になり、18年にはAI(人工知能)技術と融合したプロジェクトも披露された。TELYUKAがSayaに込める思いは。(2018/8/24)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

女子高生AI「りんな」、歌の「耳コピ」が可能に
日本マイクロソフト(以下日本MS)は7月31日、同社の開発するソーシャルAIチャットボット「りんな」と音楽コラボアプリ「nana」との共同企画で歌の「耳コピ」に対応したと発表した。(2018/8/1)

パンドラの箱を開けた? 「心は女子」学生受け入れ決めたお茶の水女子大 「女子大の存在意義」議論の呼び水に
お茶の水女子大が全国に先駆け、戸籍上は男性でも自身の性別が女性と認識しているトランスジェンダー学生の受け入れ決定に踏み切った。他大学にも波及しそうだが、施設整備や受験資格の確認など課題も残る。減少傾向にある女子大の存在意義も改めて問われそうだ。(2018/7/26)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」にそっくりな“本物の女性” 「正直、叩かれると思っていました」
3DCGの女子高生キャラクター「Saya」に、現実世界でそっくりな“本物の女性”が現れ、ネット上をざわつかせた。その人は、モデルの高山沙織さん。高山さんはこれまでも“美女アンドロイド”として注目を集めてきた。高山さんはアンドロイド役を演じ、何を感じたのか。(2018/7/25)

女子中高生のためのプログラミングキャンプ「Code Girls with SoftBank」を開講
ライフイズテックは、女子中学生および女子高校生のためのワークショップ「Code Girls with SoftBank」を開催する。(2018/7/23)

あのキャラに花束を:
酔っぱらいでマイペースでだらしないお姉さんは好きですか? 「落ちてるふたり」女子大生明石さんの魔性
こういう年上女子に、少年は弱いんだよなあ…。(2018/7/22)

夏菜、29歳の“女子高生コス”で自虐モード 「めちゃくちゃかわいい」「違和感ない」とファン大歓迎
憧れの上級生感。(2018/7/18)

Twitterに「デート援交」投稿:
店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年
JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生ら少女は店から姿を消したが……。(2018/7/18)

「真摯に学びを求める全ての女性に門戸を開く」トランスジェンダー学生受け入れのお茶の水女子大学、会見で学長が語ったこと
2020年度から「戸籍上の性別は男性、性自認が女性」の学生も受け入れます。(2018/7/10)

ガラの悪い男性教師を「かわいい」と拝みまくる女子生徒 どっちもかわいい漫画に共感しかない
先生も女子生徒もギャップかわいい!(2018/7/6)

女子高生がパソコンを6カ月使った結果、志望先が教育学部から経営学部に変わってしまった話
「にしてもパソコンは神だ!!」(2018/6/30)

“間違える前に謝罪” 渋谷でBiSやBiSHらが「謝罪本」を配布、女子高生(?)の土下座も話題に
コンセプトは「まだ何もしていませんが、先に謝罪しときます。私たちは間違えます。」(2018/6/27)

中年紳士(おじさま)に愛おしさを感じる枯れ専女子高生とおっさん高校生漫画
“枯れセンサー”発動!(2018/6/15)

マネジャーと結婚で話題、元女子高生アイドルが第1子を出産 ファンからは祝福の声
3810グラムと、大きな男の子が誕生しました。(2018/6/13)

AIチャットbotの可能性について識者が対談
女子高生AI「りんな」は人間に投資信託を買わせることができるか?
AIチャットbotを、例えば個人の資産運用にどう活用することができるか。日興アセットマネジメントの神山直樹氏とLINEの砂金 信一郎氏が語り合った。(2018/6/12)

「お父さん、仕事のメッセンジャーで絵文字使うのってどうなの?」 〜女子高生とネットマナー〜
「個人的には、年上の人にスタンプや絵文字は使うべきじゃないって思う」(2018/6/9)

近所に出没する落ち武者と女子高生のやり取りにほんわかする漫画 「かわいいかよ……」と癒される人続出
会ってみたいな。落ち武者さんに。(2018/6/7)

AI女子高生「りんな」が進化 会話に応じて「共感」可能に
日本マイクロソフトがAI女子高生「りんな」に最新の会話エンジン「共感モデル」(α版)を順次採用すると発表。ユーザーとの会話内容をふまえ、どんな返答をすれば自然に会話を続けられるか判断し、適切な返答を行うという。(2018/5/22)

平成30年史 デジタルが変えた文化(2):
YouTube 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ
荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が昨年、再評価された。紅白では、ボディコン衣装で激しいダンスを披露する女子高校生たちと共演。今、“バブリーダンス”に注目が集まるのはなぜか。(2018/5/11)

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

「広告が嫌いなわけじゃない、不要な情報が欲しくないだけ」 女子高生が見た「ネット広告」
「え? これも広告なの?」(2018/4/21)

「感謝の気持ちしかない」 ダレノガレ明美、世界一髪の毛が長い女子高生のヘアドネーション参加決意に感激
ダレノガレさんは以前からヘアドネーションを呼びかけていました。(2018/4/18)

思春期特有の空気……「お母さんは仲良しでも本人たちはそうでもない女子高生」の日常マンガがなんかよい
なんだか「うふふ」ってなるシチュエーション。(2018/4/11)

現役ナースがセーラー服に着替えたら 桃月なしこ、『天空侵犯』コスプレで銃の似合う女子高生になる
『天空侵犯』最新16巻の電子限定版に付属する、32ページのコスプレフォトブックに掲載。(2018/4/9)

「お父さん、コスパの『パ』ってなに?」 女子高生から見たIT業界
娘「なんでバランスボールに座ってるの?」(2018/4/7)

ワンコインでここまで食べられる! 学食研究家・唐沢明が選ぶ東京のおいしい学食4選
ほとんどの大学の学食は誰でも利用できるのです!(女子大と一部の国立大学は不可)(2018/3/29)

最初からダイヤモンド! “日本一かわいい女子高生”福田愛依がカリスマ一直線の魅力を放つ
“めいめい”と“ほのぴぴ”は覚えとかなきゃ。(2018/3/28)

「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法
「ネットで見つからない情報なんてないよ」(2018/3/21)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

りんなの“歌唱力”がネクストステージへ――感情と創作力をAIに学習させる日本マイクロソフトの取り組み
日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。(2018/3/13)

女子高生の悩みを“学術的に”解決する謎ダンス爆誕! イグ・ノーベル賞の馬渕教授が15種類も考える暴挙
なぜ考えた。(2018/3/10)

“まるで実写”3DCG女子高生「Saya」、見つめると恥じらう 表情認識AIで進化
3DCGで描かれた女子高生キャラクター「Saya」が、表情認識AIを取り入れて進化。イベント来場者の表情から感情を推定し、恥じらったり、はにかんだりする。(2018/3/9)

女子高校生の約7割がSNSの“裏アカウント”を所持 理由は「誰にも知られたくない感情がいえるから」など
裏では一体どんな会話が行われているのか。(2018/3/8)

女子高生の裏アカウント所有率は68.9% デジタルアーツの未成年スマホ実態調査
デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォン利用実態調査の結果を発表。女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し、67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望している。インターネットに関する事件については、半数以上が人ごととして捉えていることが分かった。(2018/3/7)

先生逃げて超逃げて 低身長教師にゾッコンな女子高生の言動がいろいろアブない漫画が人気
見た目完璧な女子高生、恋愛観がまずい。(2018/3/8)

ネットと「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ」どれを一番信用する? 女子高生が考える「マスメディアの信頼度」
「SNSは信用できない。だって私も“盛ってる”し」(2018/3/4)

面接官「ビートくれDJ」 内定ゼロの女子大学生が面接バトルに挑む漫画「就活フリースタイル」がハイセンス
面接官のスキルに嫉妬。(2018/3/2)

「やだ……Googleって便利すぎて怖くない?」 PCど素人の女子高生、Google先生の圧倒的支配力にとまどう
「人生乗っ取られそうで不安だわ」(2018/2/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。