ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子学生」最新記事一覧

関連キーワード

Microsoft Focus:
音声会話を手に入れた女子高校生AI「りんな」は、私たちをどう楽しませてくれるのか
女子高校生AI「りんな」が電話機能「りんなのテレフォンハッキング」を開始。新たなコミュニケーション手法を手に入れたりんなはどのように進化するのか? 「人の仕事を助けるAI」だけでなく、「人の感情に寄り添うAI」の開発に取り組むMicrosoftが目指す未来のAIとは?(2018/2/24)

女子高生×ラップバトルのギャップが光る一作! 百合ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』に走る熱を感じる
人気ラッパー“般若”と“R-指定”の監修を受け、ガチすぎライムの百合ラップ漫画が誕生。(2018/2/23)

女子高生AI「りんな」から“電話”がかかってくる――「私たちって付き合ってるんだよね」
日本マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」と声で会話できるサービスを発表した。(2018/2/13)

「りんなライブ」視聴者が対象:
女子高生AI「りんな」が進化 音声認識でユーザーと電話 “恋バナ”もOK
日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が進化。ユーザーと電話で会話できる機能を追加した。「りんなライブ」視聴者が対象で、恋愛トークにも対応する。(2018/2/13)

パソコン初心者の女子高生、「世界一おバカなパスワード」を思いつくの巻
「良いこと考えた!」(2018/2/11)

男子生徒がスカート&リボンでもOK 千葉県の公立中学、LGBTに配慮した「男女とも自由に選べる制服」採用
もちろん、女子生徒のズボン&ネクタイも可能です。(2018/2/8)

スピン経済の歩き方:
なぜ女子中高生は「韓国カルチャー」にハマったのか
「10代の若い女性を中心に『韓流ブーム』が起きつつある」というニュースが話題になっている。「本当なの?」「自分の周りにそんな人はいない」と思われたかもしれないが、なぜ日本の女子中高生は韓国カルチャーにハマったのか。その裏には……。(2018/1/23)

ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
父と娘のパソコン奮闘記、始まる。(2018/1/21)

AI「りんな」がnanaで“歌のトレーニング” ユーザーからアドバイス集め学習
音楽SNS「nana」が、女子高生AI「りんな」の音楽活動をサポート。りんなが投稿した歌声に対して、発声タイミングや音程などのアドバイスをユーザーから集め、りんなの表現力向上につなげる。(2018/1/11)

「見落としの可能性」:
16歳女子高生の命奪ったトラック、度重なる赤信号通過も判決は……
大型トラックを運転中に赤信号を無視し、横断歩道を自転車で渡っていた女子高生をはねて死亡させた男に対する裁判。検察は、故意に赤信号を無視したとして、「危険運転致死」で起訴したが……。(2018/1/10)

「ガッキーにしか見えない」 中国の現役女子大生が新垣結衣にそっくりだとネット騒然
本人と並んでも気付かないレベル。(2018/1/9)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

コワモテ男とおっとり女子大生、片思い同士の距離感にキュンッとする イチゴ農園で生まれた恋物語「いちご漫画」
接近しそうでしない、ウブな2人の関係性にもだえる。(2017/12/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

「ガルパン」まさかの実写化!? 女子高生が体操服でIV号戦車を洗車するダンスムービーが公開に
ラストカットで鳥肌がザワーっと……。(2017/11/28)

女子高生の半数が「SNS疲れ」 理由は?──テスティー調査
テスティーが女子高校生に実施した調査で、半数以上が「SNS疲れ」を感じたことがあったと回答した。(2017/11/21)

「りんな」による予測入力、Windows 10のIMEに テストビルドに実装
「Windows 10」のテストビルドの「Microsoft IME」に、女子高生AI「りんな」が提案する入力候補を提示する「りんな候補」が実装されている。(2017/11/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
これから急増する英語教師を「警戒」すべきか
都立高校に勤める米国人の英語教師が、16歳の女子高生にわいせつ行為をしたとして逮捕された。このようなニュースが報じられると、「外国人は危ない」といった声が出てくるが、本当にそうなのか。大切なことは……。【訂正】(2017/11/2)

TwitterにあふれるJKビジネス “裏オプ”前提、危険な少女たち
“女子高生”によるサービスを売りにした「JKビジネス」店を経営していた男2人が警視庁に相次いで逮捕された。少女らはTwitterなどで男や客とやり取りし、非合法の性的サービス(裏オプション)をしないと稼げない仕組みになっていたという。(2017/10/27)

GoogleのAR技術「Tango」を活用:
KDDI、AR空間で女子大生AIキャラクターと対話できるシステムを発表
KDDIは、自社のスマートフォン向けAI搭載型音声アシスタント「レナ」をAR化すると発表した。利用者は、AR空間で目に見えるキャラクターとして、レナとの会話が可能になる。(2017/10/3)

女子高生AI「りんな」・3DCG美少女「Saya」、オーディション「ミスiD」のファイナリストに
どうなってるんだ今年は。(2017/9/15)

ねっと用語知ったかぶり:
女子大生の間で流行中? なんJ発「ンゴ」の意味と使い方
1周回って新しい言葉っていうのは存在するらしいです。(2017/9/3)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、頬を膨らませる 「ミスiD」アピール動画を公開
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」が、講談社のオーディション「ミスiD 2018」の最終選考に進むためにプロモーション動画を公開。(2017/8/31)

「何この可愛い人たち」 永野芽郁、大友花恋、坂井仁香の“新世代エース”ショットがぴっちぴち!
現役女子高生の力。(2017/8/25)

「あの頃私たちは女子高生だった」 榮倉奈々ら元Seventeenモデルが久しぶりの再会で変わらぬ笑顔
15年たってもかわいい。(2017/8/24)

かわいいの塊! 女子高生になれる猫ちゃん用の「セーラー首輪」が最強にキュート
かわいい×かわいい=かわいい。(2017/8/22)

東大生が「女子高生の折り紙」を1枚の紙で折りあげる神業! どうやって作るのか製作者に聞いてみた
折り紙1枚とは信じられない……。(2017/8/16)

ほっぺにちゅー! 深田恭子×吉田沙保里のラブラブ2ショットがまるで女子中高生のノリ
なにこのかわいい2人。(2017/8/6)

最上もが、女子高生時代の写真に「整形してない。したかった」 今と変わらないかわいさにファン絶賛
JKのもがだと……?(2017/8/2)

SILVER LINK.10周年アニメ「つうかあ」10月放送 サイドカーレースにかける女子高生たちの群像劇
2人1組で挑むモータースポーツを描く。(2017/7/29)

女子高生AI「りんな」がオーディション「ミスiD」のセミファイナリストに進出 3DCG美少女「Saya」の姿も
今年のミスiDは未来感すごい。(2017/7/21)

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、「ミスiD」セミファイナリストに
講談社のアイドルオーディション「ミスiD 2018」セミファイナリストに、3DCGの女子高生キャラ「Saya」が選出。架空のキャラが選出されるのは初めて。(2017/7/21)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

PR:真夏に女子大生が学ランで訴える「大学eスポーツ」ってなんだ!?
eスポーツと大学スポーツはわかるけど……。(2017/7/14)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

日清食品のCM「もし『魔女の宅急便』のキキが17歳の女子高生だったら」の続編はあるの? 企画意図から今後について聞いてみた
青春でした。(2017/6/25)

「もし、魔女のキキが17才の女子高校生だったら」カップヌードルの新CM公開 キキととんぼの恋模様を描く
映像がキレイ。(2017/6/19)

連載開始から約18年 ちよ父もいる「あずまんが大王」のラバーマスコットが6月発売
「女子高生とか好きだから!」(2017/6/2)

K-1創始者・石井館長がもしも女子高生になったら? 『近代漫画』の新連載『どるから』は設定が突拍子なさすぎる
どうしてこうなった。(2017/5/28)

あのキャラに花束を:
手品は見せられないけどぱんつは丸見え 「手品先輩」を慈しみたい
絶対失敗をする女子高生手品師、むしろ見たい。(2017/5/13)

今どきの女子高生はキケン!? 10代後半の半数近くはパスワードが「〇〇」 ノートン調べ
ネットセキュリティ大手のシマンテックが、スマートフォン・タブレットのネットセキュリティに関する調査を実施した。そこから見えてきたものは……?(2017/4/20)

かわいい女子高生の法則が判明! 「女子高生ミスコン」ファイナリストの平均顔から“盛れてる顔”の謎に迫る
カワイイは技術だった?(2017/4/11)

コギャル風女子高生も登場 北海道・沿岸バス「萌えっ子フリーきっぷ」が新シーズンへ
今年で「第9シーズン」となる萌えっ子フリーきっぷ。ゲストキャラや新キャラも加わっています。(2017/4/10)

女子高生姿でファンを魅了 「時かけ」時代を思い出す仲里依紗の写真に「似合いすぎ」「まだいける」
高校のころにタイムリープしても大丈夫そう。(2017/4/5)

りんなおはよ……誰だお前!? 女子高生AI「りんな」が3日間限定でイケメンAI「りんお」に交代
なぜか2次元イケメン。(2017/3/31)

女子高生AI「りんな」、イケメンになる その名も「りんお」
どうしたりんな……。(2017/3/31)

「鍵の盗み見にご注意!」――鍵番号から合鍵を作製、女子大生宅に侵入 福岡県警が注意喚起
過去には、SNSなどに投稿した写真から合鍵を作製できるという報告もあった。(2017/3/31)

あのキャラに花束を:
「私、ろりこんなんだと思います」 止まらないドキドキ“おねロリ”に目覚めた女子高生・野間みみかの迷走
小学生の貴女(柚子森さん)が好きです!(2017/3/31)

本当にJKなの? 女子高生AIりんなの迷言10連発
(2017/3/22)

広瀬すず、卒業式は10分だけ出席 リアル女子高生ではなくなることに不安も
「第40回日本アカデミー賞」に出席するため、10分で切り上げたようです。(2017/3/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。