ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SUBARU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SUBARU」に関する情報が集まったページです。

285万は高い? いや、これは楽しそう! 軽オープンスポーツ「S660」にコンプリートモデル「Modulo X」登場
最初からかなりかっこいい。価格は285万120円から。(写真42点)(2018/5/25)

安全システム:
新型フォレスター、スバル初のドライバーモニタリングとマイルドHV
SUBARU(スバル)は「人とくるまのテクノロジー展2018」において、2018年夏に発売予定の「フォレスター」の新モデルを展示した。新型フォレスターは乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」やマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」といったスバル初の技術を搭載する。(2018/5/25)

「レプリカ車の参加は不可」!! ホンモノの超絶名車・旧車が集うイベント「日本海クラシックカーレビュー」がすごい
2018年は9月2日に開催。10年以上参加してきた筆者が“先だって”見どころを紹介。(写真64枚)(2018/5/22)

快適性、実用性も向上:
スバル、新型「フォレスター」先行予約スタート
SUBARU(スバル)が新型「フォレスター」の先行予約受け付けを始めた。(2018/5/18)

自然エネルギー:
スバル、栃木県の工場に電力“地産地消”プランを導入
スバルが栃木県宇都宮市の工場に、県内の水力発電所由来の電力を活用したプランを導入。栃木県企業局と東京電力エナジーパートナーが提供するプランで、環境目標として掲げるCO2排出量の削減に役立てる。(2018/5/17)

エコカー技術:
2030年の動力伝達技術の在り方とは、自動車メーカーらが技術研究組合を発足
自動車メーカー9社とアイシン・エィ・ダブリュ、ジヤトコで結成した「自動車用動力伝達技術研究組合」が、共同研究組織として始動する。事業費は約2.6億円で、組合員各社が派遣する技術者合計100人が活動する。(2018/5/16)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
スリーポインテッドスターの圧力
「これだから○○に乗っているやつは」といわれるのは理由があるはずです。誰かの行いが悪いのです。(2018/5/16)

日産、無資格検査が響き営業減益 自動車大手7社の18年3月期決算、トヨタなど4社増益
自動車大手7社の2018年3月期連結決算が14日、出そろった。(2018/5/15)

100万台を最高の品質で:
SUBARU、成長に「実力伴わず」 “利益率10%”よりも優先する足元固め
SUBARUの売上高営業利益率が6期ぶりに10%を下回る計画だ。2017年に発覚した完成車検査問題を踏まえ、足元を固める1年にする。(2018/5/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
CXシリーズに救われたマツダの決算
マツダが17年度決算を発表。各地域での販売台数推移を見ると、同社のクルマは全世界で売れていることが分かる。そして、その結果の要因はCXシリーズなのだ。(2018/5/14)

世界販売は110万台:
スバル、今期営業益予想は20%減 円高と米国での販売費増が響く
SUBARU(スバル)の2019年3月期(今期)は連結営業利益が前期比20.9%減の3000億円になる見通しだ。(2018/5/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
71億円の減益ながら表情の明るいホンダ
大型連休前にホンダの決算発表会が開催された。営業利益は8335億円で、前年度に比べて71億円のダウンとなった。しかし会見に臨んだ倉石副社長の表情は明るい。質疑応答では笑顔を見せる局面もあった。(2018/5/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/30)

キーワードは「LOVE」:
なぜSUBARUは米国で伸びたのか マーケティング戦略の“真意”
SUBARU(スバル)が米国で着実に成長している。販売台数は10年間で約3.5倍に。好調の背景に何があるのか。そのマーケティング戦略について、現地で探った。(2018/4/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/23)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

使いやすく、力強く:
開発担当に聞く SUBARU新型「フォレスター」の個性
SUBARUの新型「フォレスター」が3月末、米国で初公開された。SUVの需要が伸びる米国市場でファミリーユーザーを取り込む。開発コンセプトやデザインについて、開発責任者とデザイン担当者に聞いた。(2018/4/10)

ニューヨークモーターショー2018:
大きくなった新型「フォレスター」、ドライバーモニタリングで居眠り検知が可能に
SUBARU(スバル)は「ニューヨーク国際自動車ショー2018」において、「フォレスター」の5代目となる新モデルを世界初公開した。(2018/3/30)

歴代フォレスターも展示:
SUBARU、新型「フォレスター」をNYショーで世界初公開 SUV競争に攻勢
「ニューヨーク国際オートショー2018」が3月28日、米ニューヨークで開幕。SUBARUは、SUVの新型「フォレスター」を世界初公開。SUV競争が激化する北米で存在感を強める。(2018/3/29)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ジャパニーズドリームを、群馬から――群馬イノベーションアワード(群馬県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第16回。群馬県のイノベーション機運を高めようと、毎年開催されている「群馬イノベーションアワード」を紹介する。(2018/3/23)

製造マネジメントニュース:
データ偽装を防ぐには? まずは紙とハンコの文化から脱却を
2016年以降、自動車や素材など製造業でデータ偽装事件が相次いだ。データの改ざんを防ぐには、企業体質の改善だけでなく、データを改変できない環境づくりを進める必要がある。(2018/3/15)

SUV:
スバル、新型「フォレスター」世界初公開へ
スバルがSUV「フォレスター」の新型を世界初公開する。(2018/3/14)

幕引き役や経営者の保身に?:
不祥事「第三者委員会」の意味は? “格付け”すると……
企業法務に詳しい弁護士らが作った「第三者委員会報告書格付け委員会」によると、「名ばかり第三者委」が企業に都合のいい報告書を出し、問題の“幕引き”や経営陣の保身に利用されるケースがあるという。(2018/3/13)

ジュネーブモーターショー 2018:
「レガシィ ツーリングワゴン」復活!? スバルがツアラーコンセプトを披露
SUBARU(スバル)は、「ジュネーブモーターショー 2018」において、ツアラーをテーマとするコンセプトカー「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」を初公開した。「クルマで出掛ける愉しさが存分に味わえるツアラーとしての新たな価値を表現した」(同社)という。(2018/3/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが説明会や発表会を連発する理由
他の自動車メーカーが決算期を控えてすっかり大人しくなっている中で、トヨタ自動車だけがものすごい勢いで説明会や取材会を開催している。一体何が起きているのか?(2018/3/5)

製造マネジメントニュース:
スバルで社長交代、完成検査問題の前から経営陣の若返りを検討
SUBARU(スバル)は、社長を含む役員の異動を発表した。専務執行役員で北米事業を統括する中村知美氏が代表取締役社長兼COOに昇格する。社長の吉永泰之氏は代表権のある会長に就任し、CEOを継続して務める。(2018/3/5)

けじめをつける:
吉永社長「きちんとありたい」 SUBARU、経営陣刷新で信頼回復へ
SUBARUは3月2日、中村知美専務執行役員が社長に昇格する人事を発表。吉永泰之社長ら経営トップ4人が退任。吉永社長は代表権のある会長に就任する。経営体制を一新し、無資格者による完成検査などの問題にけじめをつける。(2018/3/2)

魅力的なブランドへ:
SUBARU社長交代 吉永社長は会長に 中村専務が昇格
SUBARUが社長交代を発表。吉永泰之社長が会長に就任し、中村知美専務執行役員が昇格する。SUBARUをさらに魅力的なブランドへ成長させるためという。(2018/3/2)

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(1):
サーバレスコンピューティングとは何か、その典型的ユースケースとは
注目が集まるサーバレスコンピューティング。本連載では、その概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第1回は、「サーバレス」の意味と典型的なユースケースに関する部分を掲載する。(2018/2/28)

テスラの自動運転は本当に“使える”のか?
米Teslaの最量販モデルである「モデルS」に乗る機会があった。徹底した自動化とパワー、そして自動運転技術。体験してみるとカルチャーショックというのがぴったりの時間だった。(2018/2/23)

この造形がすごい! 「ワンダーフェスティバル2018[冬]」を盛り上げたコスプレイヤーさん大集合!
造形っていいな!(2018/2/19)

本気のカートが超楽しそうでウズウズする トヨタが「TAKERU SATOH MEETS GAZOO」第3弾動画を公開
「クルマと人間がひとつになる」 佐藤健さん、すごくうまくなってる。(佐藤健さんオフショット画像18枚)(2018/2/16)

「VIZIV」って何? スバル、ワゴンスタイルのコンセプトカー「VIZIV TOURER CONCEPT」を公開
ジュネーブ国際モーターショーで発表。リアデザインをチラ見せ。(2018/2/15)

米金利上昇:
スバル、4〜12月期営業益0.1%減 米販売費増加 通期売上高は増額
SUBARU(スバル)が発表した2017年4〜12月期決算によると、営業利益は前年同期比0.1%減の3063億円だった。(2018/2/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
雪上試乗会で考えるスバルの未来
スバルは、青森市内から八甲田山、十和田湖を経由して安比高原までのコースを走るアドベンチャー試乗会を開催した。日本屈指の過酷な積雪ルートでスバル自慢のAWDを検証してくれというわけだ。(2018/2/5)

「ガリバー」運営元が提供:
車の“定額乗り換え放題”「NOREL」、全国に拡大
IDOMが、月額制の自動車乗り換え放題サービス「NOREL(ノレル)」の提供エリアを沖縄県以外の46都道府県に拡大すると発表。顧客から要望が多かったためで、19年2月までに売上高10億円、会員数10万人を目指すという。(2018/2/1)

ミニバンからの買い替え需要:
3列シートSUV市場活発化 マツダ、計画の10倍受注 スバルも新型車投入
3列シートで多人数が乗車できるSUVをめぐる自動車各社の動きが活発化してきた。(2018/1/31)

3列シートSUV市場活発化 マツダ、計画の10倍受注 スバルも新型車投入
スポーツ用多目的車(SUV)の人気が高まる中、3列シートで多人数が乗車できるSUVをめぐる自動車各社の動きが活発化してきた。(2018/1/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
軽じゃないハスラー、スズキ・クロスビー
スズキは昨年末に小型クロスオーバーワゴン「クロスビー」を発売。スタイルを見て分かる通り、軽自動車でヒットを飛ばしたハスラーのサイズを大きくして登録車サイズに仕立て直したモデルだ。さっそく試乗したところ……。(2018/1/29)

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起
所有者の2割弱が理解していない。(2018/1/24)

自動運転EXPO:
高性能PCいらない自動運転向けステレオカメラ スバル「アイサイト」を生んだ会社が開発
ステレオカメラを使った距離計測や形状認識に、高性能PCを不要とする製品が登場した。開発したのは、スバル「アイサイト」を発明した実吉敬二さんの会社だ。(2018/1/19)

できるだけ早く:
スバル社長、調査結果は「今年度中に」 燃費データ書き換え疑いで
SUBARU(スバル)の吉永社長は、新車出荷前の検査工程で燃費データを書き換えていた疑いに関する調査について「年度をまたがないで」終わらせたいとの意向を明らかにした。(2018/1/16)

SUBARU:
スバル完成検査不正の第三者調査、事務と現場のコミュニケーション不足など指摘
SUBARU(スバル)は、群馬製作所の本工場と矢島工場における完成検査の不適切な取り扱いについて第三者報告書を公開した。完成検査の運用の不備は遅くとも1990年代から定着しており、1980年代から始まっていた可能性が指摘されている。(2018/1/11)

軽3年ぶりプラス:
国内新車販売、17年は5.3%増で500万台回復 12月は0.8%減
2017年の国内新車販売(登録車と軽自動車の合計)は前年比5.3%増の523万4166台となり、3年ぶりに前年実績を上回った。(2018/1/9)

激変のビジネス環境:
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年
ビジネス環境の変化が激しい中、2018年はどのようになっていくのだろうか。企業が公表しているトップの年頭あいさつから、そのヒントを読み解く。(2018/1/5)

MONOist 2018年展望:
品質不正問題にどう立ち向かうのか、抜本的解決のカギはIoTと検査自動化
2017年の製造業を取り巻く動きの中で、最もネガティブな影響を与えたのが「品質不正」の問題だろう。「日本のモノづくり」のブランド力を著しく傷つけたとされるが、2018年はこの問題にどう対応するのかという点は、全ての製造業の命題である。人手不足が加速する中、解決につながる「仕組み」や「ツール」に注目が集まる1年となる。(2018/1/5)

乗って解説:
「革新ライン」が動きだしたKYB岐阜北工場、クルマの個性を支える足回りの秘密
KYBの売上高の過半数を占める四輪車用のダンパーと電動パワーステアリング(EPS)。クルマの個性や運転の感触を決める重要な部品でもある。KYBの岐阜北工場で、ダンパーやEPSの競争力を支える生産ラインや評価施設、テストコースを訪れた。(2018/1/5)

ITmedia ビジネスオンライン 年末スペシャル:
ヒット記事から振り返る! 2017年を読み解く「7つのキーワード」
2017年の“7大トピック”とは? ITmedia ビジネスオンラインで読まれた記事から振り返ります。(2017/12/28)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
2018年に楽しみなこと
クルマに関することはウキウキ楽しく臨めるのが身上です。(2017/12/27)

オートモーティブ 年間ランキング2017:
リターンライダーに“国産イタリア車”、夏には冷房で冷える仕組みが気になる
2017年にMONOistのオートモーティブフォーラムで公開された中から、最も読まれた記事を振り返ります。(2017/12/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。