ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「相撲」最新記事一覧

ジャポニカ学習帳に「将棋」 日本の伝統文化シリーズの「歌舞伎」「相撲」に続き
中学生でプロ棋士になった5人の棋士のプロフィールや将棋用語や駒の動かし方など学習ページも充実。(2017/10/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない
大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。ただ、幕内力士がこれだけ不在となると、どうしても盛り上がりに欠けてしまう。なぜ、力士が次々に欠場するのかというと……。(2017/9/15)

大相撲の座布団投げ、昔はもっと「危ないもの」を投げていた!
「痛っ! ものをっ、ものを投げないでください!」(2017/9/6)

男のロマンてんこ盛り! ダウンタウン浜田・千原ジュニアの自動車合戦バラエティ「戦闘車」がAmazonプライム・ビデオに登場
車同士の相撲などスケールでかい。(2017/9/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ひょっとしたら、白鵬は「悪役」を演じているのかもしれない
大相撲夏場所で、横綱白鵬が優勝した。最近は稀勢の里に人気が集中し、脇役になりつつあったが、さすがの強さを見せつけた。勝っても負けても、世間から批判の目を向けられる白鵬は、ひょっとしたら「悪役」を演じているのかもしれない。(2017/6/1)

AIが彩色した映像、NHKが放送 昭和の白黒番組をカラーに
1941年に放送した大相撲夏場所の白黒映像をカラー化した作品を、NHKが放送した。(2017/5/22)

大相撲5月場所に「北斗の拳」の懸賞幕 中央にラオウ、左右にケンシロウとトキが並ぶデザインに
横綱稀勢の里の化粧まわしに合わせたデザインとなっています。(2017/5/12)

相撲こそ最強! 美少女JKが実践解説する「相撲ガールズ82手」の仕上がりがガチ
お色気モノかと思ってすみませんでしたぁ!(2017/5/12)

ニコニコ超会議2017:
大相撲VRに白鵬&琴奨菊 ガチのツッパリ飛んでくる横綱級のハイパーリアル
ガチでびっくり。(2017/4/29)

横綱稀勢の里、5月場所初日にラオウの化粧まわしで土俵入り 北斗の拳×大相撲のコラボが実現
相撲だけに、ラオウの名ぜりふ「拳王は決してひざなど地につかぬ!」がハマりそう。(2017/4/25)

週刊「調査のチカラ」:
スマホで進化する日本人、「スー女(相撲好き女子)」誕生の背景に何があった?
スマートフォンが激変させた私たちのライフスタイル。週刊「調査のチカラ」では、今起こっていることを調査データを基にありのまま伝えます。(2017/4/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
見出しに「モンゴルへ帰れ!」 いかがなものか
大相撲春場所は新横綱・稀勢の里が逆転優勝した。2場所連続優勝を成し遂げた稀勢の里に拍手を送りたいが、素直に喜べないことがあった。それは「稀勢の里が善」で、優勝を逃した「照ノ富士が悪」であったことだ。どいうことかというと……。(2017/3/31)

若手力士が時間を巻き戻しながらパズルを解く 癒し系どすこいアドベンチャー「Sumoman」Steam配信開始
主人公は時間を巻き戻す能力を持つ若手の力士。(2017/3/30)

ニコニコ超会議「大相撲超会議場所」、現役4横綱が参加でトーナメント
コラボ企画としてカップヌードル×「リアルSUMOU」も実施。(2017/3/15)

史上初「日本大相撲トーナメント」がVR生配信 国技館で観戦しているような体験ができるぞ
歴史的瞬間を目の当たりにするチャンス。(2017/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
新横綱は本当に大丈夫なのか 3月の不安
大相撲初場所で初優勝した大関稀勢の里の横綱昇進が決まった。19年ぶりの日本出身横綱が誕生することになるが、この決定に疑問を感じた人も多いのでは。これまでの成績を考えれば「大甘昇進」とも言え……。(2017/1/24)

「激レア! 琴奨菊★★★」がズドーン! 日本相撲協会公認「大相撲ごっつぁんバトル」がゲームアプリ界に土俵入り
現役だけでなく、歴代の大相撲力士が登場。もし「双葉山★★★★★」とか引けたらうれしい。(2017/1/23)

「激レア! 琴奨菊」 相撲協会公認ゲーム「大相撲ごっつぁんバトル」配信へ
日本相撲協会公認のスマホゲーム「大相撲ごっつぁんバトル」が年内配信開始へ。現役力士や歴代力士が多数登場する。(2017/1/23)

大相撲でイナバウアー風な大技「たすき反り」がさく裂 昭和30年の夏場所以来
宇良だけに「ウラバウアー」の呼び声も。(2017/1/20)

「ニコニコ超会議 2017」に大相撲が復活! 幕内力士など250人が参戦、エリア&席も拡大
ユーザーが力士と取り組みできる「わんぱく土俵祭り」も復活するよー!(2017/1/17)

大相撲の客席最前に研ナオコ、中継で映り続ける 「研ナオコがいる」「集中できないw」とTwitter実況白熱
天皇皇后両陛下がご観覧する「天覧相撲」でしたが、もはや“研“覧相撲だったという声も。(2017/1/8)

オスカルの懸賞幕が土俵を回る 「ベルサイユのばら」が大相撲に懸賞 1月8日から
大相撲と伝説的少女漫画の異質な組み合わせ。(2017/1/6)

女子高生かな? 力士・千代鳳祐樹が投稿した“海岸で飛び跳ねる力士たち”がめっちゃキュート
海のきれいな沖縄にきて心がぴょんぴょんしたのかな。(2016/12/18)

「キン消し」が初代造形師の息子の手でリバイバル トントン相撲で遊んだ思い出がよみがえる……!
「週刊プレイボーイ」で連載中のシリーズより、ネメシスやストロング・ザ・武道ら4人の新超人もラインアップ。(2016/10/18)

ハッケヨイ! 相撲部屋で暮らすもふもふにゃんこの写真集「相撲部屋の幸せな猫たち」が10月7日に発売にゃお!
荒汐部屋で暮らすモルとムギのいやしショットが盛りだくさん。(2016/10/7)

キュートなショットをごっつぁんです 相撲部屋の看板ネコ写真集が発売ニャ
愛らしいネコと力強い力士の取り合わせが絶妙。(2016/9/26)

頭から体当たりしてがっぷり四つ コモドオオトカゲのオス同士のけんかが相撲にしか見えない
見応えのある取組。(2016/9/23)

状況が全くわからない 建物の影からカメラを直視する力士がGoogleストリートビューに出現
若干こわい。(2016/8/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
多くの人に尊敬されていた、大横綱・千代の富士が残した“遺言”
大相撲の第58代横綱で元千代の富士の九重親方が、すい臓がんのため息を引き取った。身長183センチ、体重120キロ台の小兵ながらも筋骨隆々で、しかも「イケメン」。現役時代の横綱・千代の富士に胸を躍らせた人は多かったはずだ。(2016/8/2)

横綱級だドン! 力士ドラマー谷川山の「太鼓の達人」プレイ動画に「完璧じゃん!」「なんだこの人すげえ!」
プレイヤーの見た目も「やわらか戦車」。(2016/7/19)

空中土俵入りってなんだよ!? スカイダイビングする力士と行司がプリンターで写真を印刷する謎動画公開でごわす
ぶっ飛んだ力士の型にご注目。(2016/6/28)

「100キロの力士が1平方メートルあたり1時間に1人落ちてくる」 雲研究者による集中豪雨の解説が斬新でごわす
空から降る一億の力士。(2016/6/21)

Twitterトレンドに急浮上「スモハラ」ってなんだ? 「相撲ハラスメントかと思った」と困惑する人が続出
「かわいがりとかのこと?」「飲み会で相撲をとらせられるハラスメントかと思った」といった声も(2016/5/19)

ニコニコ超会議2016:
「超大相撲ブース」で相撲のあれこれが見られるぞ!
今回の目玉は、超SUMOUトーーーク!(2016/4/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
前人未到のV36に“いちゃもん”……横綱・白鵬の苦悩
またしても横綱・白鵬の行為が物議を醸している。大相撲春場所で前人未到の36度目となる優勝を果たしたものの、Vを決めた千秋楽の横綱・日馬富士との結びで見せた立ち合いの変化に批判が集中しているからだ。(2016/3/29)

相模原市で開催予定の「相模相撲相模場所(さがみずもうさがみばしょ)」がややこしすぎる
ゲシュタルト崩壊。(2016/3/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
白鵬の頭の中に「引退」の文字はチラついているのか
10年ぶりに日本出身の力士・琴奨菊が優勝したことで、角界が大いに盛り上がった。その一方で気になったのは、横綱白鵬だ。周囲からは「引退の文字がチラついているのでは!?」という声が出ているが、本当にそうなのか。(2016/1/26)

司書メイドの同人誌レビューノート:
就活を機に散髪→どうせならマゲ結ってみるか 一部始終を収録した同人誌にほっこりする
お相撲さんに見守られる中、床山さんに仕上げてもらったそう。(2016/1/24)

ジャポニカ学習帳「日本の伝統文化シリーズ」第2弾は相撲! 元力士の漫画家が描いた力強い表紙が印象的
初場所に合わせて発売。(2015/12/18)

遠藤も稀勢の里も五郎丸! 最年長・安美錦の仕業で力士たちが五郎丸ポーズをとらされていて和む
サッカー場の真ん中で力士がぽつんと五郎丸ポーズ取る姿も。(2015/10/21)

相撲女子(スージョ)のためのおすもうグッズ登場 力士の手作りブローチがほっこりかわいい
猫力士の「猫乃花」が気になる。(2015/8/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
米メディアが見た白鵬は「孤独なヨコズナ」
横綱・白鵬の言動が波紋を呼んでいる。関脇逸ノ城戦で勝負がついた後に相手のあごを押した白鵬に対し、日本相撲協会の審判部が問題視。メディアは批判的な論調を向けているが、筆者の臼北氏は違和感を覚える部分もあるという。それは……。(2015/7/24)

『週刊少年ジャンプ』がマイナー部活の喜怒哀楽を募集 大賞には移動式「部室」
『火ノ丸相撲』連載1周年&5巻発売を記念し「マイナー部活応援キャンペーン」がスタートした。(2015/6/29)

力士とダービー馬が合体! 競馬レースゲーム「日本スモウダービー」で横綱スモウジョッキーを目指せ
自分のスモウジョッキーを作って現役人気力士とレースしよう。(2015/5/25)

力士が馬に乗るスタイル JRAと日本相撲協会がコラボした「日本スモウダービー」告知サイト公開
!?(2015/5/18)

ニコニコ超会議2015:
地球割れた! 相撲界最大のタブー「リアルSUMOU」フォトリポート
最強と噂されるGYOUJIの奥義は非公開。(2015/4/25)

App Town スポーツ:
日本相撲協会公式アプリ「大相撲」がApple Watchに対応、取組速報をプッシュ通知でお知らせ
日本相撲協会の公式アプリ「大相撲」が、Apple Watchに対応。最新の取組速報やお気に入りの力士の情報をプッシュ通知で知らせる。ハンドオフ機能も利用可能だ。(2015/4/21)

力士がいつでもあなたの手首に――相撲協会公式アプリ「大相撲」がApple Watch対応
相撲協会公式アプリ「大相撲」がApple Watchに対応。「iPhoneを取り出せないシチュエーションでもお気に入りの力士情報を素早く確認できる」という。(2015/4/20)

ニコニコ超会議2015の「リアルSUMOU」 逸ノ城や千代丸、照ノ富士ら8人がRIKISHIに決定
そのほかOB相撲に高見盛や琴欧洲の出演決定など、「大相撲超会議場所」の全貌が明らかに!(2015/4/17)

ニコニコ本社×相撲コラボ企画「SUMOU CAFÉ」開催決定! YOKOZUNAが超人パワーを得るために飲んだという秘密のドリンクも登場
RIKISHIたちの秘密が明かされる……。(2015/4/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。