ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

「あわてて立ち止まらなくてもポケモンはすぐには逃げません」 消費者庁と総務省、Pokemon GOに注意喚起
「あわてて立ち止まらなくても、ポケモンがすぐ逃げてしまうわけではありません」――消費者庁と総務省が、「Pokemon GO」プレイ中の事故に注意を呼び掛ける文書を発表した。(2016/7/27)

ブレーキを踏んだが間に合わなかった―― ポケモンGOで計3台の玉突き事故発生、全国的にも事故相次ぐ
社会現象ともなっている「ポケモンGO」、事故には気を付けましょう……。(2016/7/25)

「ポケモンGOは危険なゲーム」架空生物に現実世界が大迷惑、開発者も当惑?
「ポケモンGO」の配信が日本でも始まった。架空の生き物「ポケモン」を現実世界で探し歩く新しい遊び方で、利用者数を記録的に伸ばす半面、熱中のあまり事故や事件が多発し、所構わず出没するプレーヤーのマナー違反に多くの人々が眉をひそめる。(2016/7/25)

「人間が交通事故も生き残れるように進化したら」を具現化したら恐ろしい姿になった
オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。(2016/7/24)

国民的英雄がなぜ容疑者に? アカデミー賞期待のクリント・イーストウッド×トム・ハンクス映画、ポスター解禁
155人全員生還した1549便不時着事故、ヒーローとなった機長の、語られなかった裏のストーリー。(2016/7/22)

近大学生がポケモンGOで事故のウワサ → 広報「救急車は呼んだが、ポケモンGOによる事故ではない」
ポケモンGOに関する取材が入っていたため、混同されてしまったのかも?(2016/7/22)

運転中に「ポケモンGO」をプレイしパトカーに衝突 米警察が事故動画を公開
道路脇に停車していたパトカーに衝突。(2016/7/21)

セキュリティ担当者の模擬訓練として使える:
インシデント対応を学べる“ボードゲーム”、トレンドマイクロが無償公開
トレンドマイクロは、企業のセキュリティ担当者を対象としたボードゲーム形式の学習教材「インシデント対応ボードゲーム」を公開した。セキュリティ事故に備えた模擬訓練に使えるという。(2016/7/22)

「Pokemon GO」日本上陸秒読み 夏休み控え学校ピリピリ JRはホーム転落を警戒
日本の配信が秒読みとみられるPokemon GO。先行配信された国では“歩きスマホ”による事故やマナー違反などトラブルが続発し、社会問題に発展している。日本では子供たちの安全確保のため、関係者の間で緊張が高まっている。(2016/7/21)

トレンドマイクロ、セキュリティ対策のボードゲームを無償リリース
標的型サイバー攻撃などによる事故発生時にどう対応すればよいかが疑似体験できる。(2016/7/19)

自動運転機能のソフトウェア調査に本腰か:
Teslaの死亡事故、国家運輸安全委員会が調査開始
米国家運輸安全委員会(NTSB:National Transportation Safety Board)は、Tesla Motors(テスラ・モーターズ)の2015年モデル「Model S」が2016年5月に、オートパイロット(自動運転)機能で走行中に起こした死亡事故について、調査を開始したと発表した。(2016/7/19)

なぜ置いた! IHコンロの上に置いてあった炊飯器が溶ける事故……!
×炊飯器で加熱する ○炊飯器を加熱する(2016/7/16)

ついに防水iPhoneが?:
スマホの水没事故がなくなる未来はやってくるのか
悲しい事故をなくしたい。(2016/7/16)

生放送中に女性タレントのお尻が丸見えになる放送事故 トーク中にダンスを始めたらビリッ!
少年漫画ではよくある展開。(2016/7/15)

「ポケモンGO」をプレイしていた少女が車にはねられる事故 「危険なゲーム」と主張する声も
人気の高まりからさまざまな問題が起こっています。(2016/7/15)

「ポケモンGO」に夢中でキャスターが生放送中のスタジオに乱入する放送事故が発生
みんなハマりすぎだろ!(2016/7/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
どこが違うのか クルマと鉄道の「自動運転」
自動車の自動運転技術が進化している。先日の自動運転車の死亡事故は残念だけど、技術だけではなく、法整備や倫理観へ議論を進めるきっかけとなった。ところで、鉄道の自動運転を振り返ると、半世紀以上の歴史があるにもかかわらず関連法では「特例扱い」のままだ。鉄道の自動運転は、長年にわたって築かれた安全技術の上に成立しているからだ。(2016/7/15)

セキュリティ教育現場便り(5):
セキュリティ事故対応に不可欠な「証拠」を消してしまう3つの行動
セキュリティ教育に現場で携わる筆者の経験から、今本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第5回では、インシデント対応に不可欠な「証拠保全」のポイントを解説します。(2016/7/12)

トンネル災害などに向けた“防爆ロボ”三菱重工と千葉工業大学が開発
トンネル災害やプラント事故など引火性ガスの充満が懸念される現場へ投入される、「爆発しない」ロボットを三菱重工業と千葉工業大学が開発した。(2016/7/12)

“凶器”と化したエアバッグ 「時速300キロ」の衝撃 3歳女児圧迫死の背景
軽乗用車が電柱に衝突し、助手席の女児(3)が死亡する事故があった。エアバッグの衝撃で胸を圧迫され死亡した可能性が高いことが判明。身を守るはずのエアバッグが逆に“凶器”となった。(2016/7/12)

現在の自動運転車は「完全な自動運転ではありません!!」――国交省が注意喚起 「事故責任はドライバーに」
「現在実用化されている『自動運転』機能は、完全な自動運転ではありません!!」――米Tesla Motorsの「Model S」による死亡事故を受け、国土交通省が注意喚起。(2016/7/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自制なきオンデマンドとテスラの事故
テスラの自動運転による死亡事故が大きな物議を醸している。これを機に、今一度、テスラという会社のクルマ作りについて考えてみたい。(2016/7/11)

国交省「現在の自動運転機能は完全ではない」とドライバーに注意喚起 米国で発生した死亡事故を受け
運転手が責任を持って安全運転する必要があるとしています。(2016/7/8)

としまえんが「冷やしラジオ」スタート プールの音をひたすら垂れ流すだけという暴挙
冷やし中華より涼しい、1時間の放送事故(?)。(2016/7/7)

夜中に光って事故防止 服や自転車やペットに吹いて安全を守れる反射スプレー
光り方が幻想的で、吹きすぎると幽霊と間違われるかも。(2016/7/8)

自動運転への移行は止まらない──Tesla車の死亡事故、今後への影響は?
Tesla車が自動運転モードで走行中に死亡事故を起こしたことで、自動車業界や規制当局にとって、自動運転技術の安全性の確保はますます重要な課題となっている。(ロイター)(2016/7/7)

6人死亡イケアのたんす、日本では回収せず……「企業任せの安全」に不安広がる
イケアのたんすが転倒し子供が死傷する事故が相次いだ問題で、国内の消費者にも不安が広がっている。国内には家庭向け家具の安全基準がなく、品質管理は企業側の自主性に委ねられているのが実情だ。(2016/7/6)

Audiが3.2秒で走り去るだけ! 「速さ」のみを強烈に印象づける爆速CMが短すぎて放送事故の領域 - PR
見逃しかねないよ!(2016/7/5)

女子校は腐女子が多い? 本人たちに真相を聞いた
「腐女子は事故説」の真相を本人たちに聞いてみました。女子校は腐女子が多い?(2016/7/4)

「Tesla S」の自動運転中の死亡事故、米運輸省当局が予備調査開始
電気自動車「Tesla S」の自動運転機能(Autosteer)使用中に前方に割り込んできたトレーラーに巻き込まれてドライバーが死亡した事故について、米当局が予備調査を開始した。Teslaは、死亡事故は自動運転機能提供開始後、累計約2億1000万キロ走行後に初めて発生したとしている。(2016/7/1)

HOME'Sが「事故物件に住んだことがある人」の実態調査結果を発表 「誰もいないのに物音がした」は13%
怖いよ!(2016/6/30)

消費者庁が「ブラインドのひも」に注意喚起 5年間で3件の死亡事故が確認される
ひも部分が子どもの首に絡まり、窒息する危険性があるとしています。(2016/6/29)

世界を「数字」で回してみよう(31) 人身事故:
「江バ電」で人身事故をシミュレーションしてみた
1回の人身事故の損害が、とにかく「巨額」であることは、皆さんご存じだと思います。では、おおよそどれくらいの金額になるのでしょうか。そのイメージをつかむため、仮想の鉄道「江バ電」を走らせ、人身事故をシミュレーションしてみました。(2016/6/29)

太陽光:
原発が立地する町にメガソーラー、売電収益を復興計画に生かす
東日本大震災による原発事故により、町民の避難生活が続いている福島県の大熊町。同町では復興計画の一環としてメガソーラーの誘致を進めている。このほど新たに出力約11.7MWの発電所の建設が決まった。売電収益の一部は復興事業費として活用される。再生可能エネルギーの導入拡大とともに、復興計画を推し進めるプロジェクトが着々と進んでいる。(2016/6/28)

事故減るか? 「歩きスマホ」注意の道路標識、韓国・ソウルが試験的に導入
2種類の標識を、10〜30代が多い5つのエリアに設置。(2016/6/27)

???「ニャーン」 ニュース中継に謎の声が入り込む放送事故!? 犯人の正体は……
やっぱりお前かー!(2016/6/21)

機械の話題:
見える、見えるぞ! 私にも自分の手が機械に巻き込まれて出血する様子が!!
先日、VRで機械の巻き込まれ事故を体験するという、とあるシステムがTwitterで話題になっていました。一体どんなシステムなのか気になったので、少し調べてみました。開発元にも少しお話をお伺いしました。(2016/6/21)

「スター・トレック」のアントン・イェルチン事故死、俳優らの追悼コメントが相次ぐ
J・J・エイブラムス「とてつもなく才能に満ちていた」(2016/6/21)

トヨタ、3年以内に「守護天使」開発 事故防止AIなど実現へ
AIが運転手を手助けして事故を防ぐ安全技術を3年以内に実現させ、AIを使った高齢者向けの家庭用介護ロボットも、15年以内に実用化させたい考えも示した。(2016/6/21)

広く出回っていないマルウェアこそ危険:
大手旅行会社への攻撃にも用いられたウイルス「PlugX」――ファイア・アイが解説
ファイア・アイは2016年6月17日、国内の大手旅行会社への攻撃に用いられたマルウェア「PlugX」に関する記者説明会を実施し、デモなどを交えながら、事故を前提にした対策の重要性を訴えた。(2016/6/20)

禁断の連載スタート:
“とある事故”がきっかけ 腐女子・女オタクさんの目覚めを聞く
女性オタクを集めた座談会を開催。第1回目は、腐女子さんと女オタクさんに「オタクの目覚め」を聞きました。(2016/6/20)

アンケート結果を公開:
読者に聞いたセキュリティ事情 半数が「サイバー攻撃を受けた(かも)」
ITmedia エンタープライズではセキュリティをテーマに読者アンケートを実施しました。結果からはサイバー攻撃の経験や事故内容、「人が足りない」といった苦悩など、厳しい事情が見えてきました。(2016/6/17)

丸亀製麺、食中毒事故で謝罪
名古屋市の松葉公園店で複数の客に下痢、腹痛の症状が発生した。(2016/6/16)

「ランブルローズ」シリーズの寿志郎さん死去 事故の影響で口を使ってイラスト執筆
甥が寿志郎さんのFacebookページで伝えている。(2016/6/15)

GANTZ!?とネット騒然 京大付近の交差点で巨大な黒い玉が出現、コロコロする事案発生
黒い玉を起因とする事故は発生しませんでした。よかった!(2016/6/9)

セキュリティ教育現場便り(4):
セキュリティ事故発生! 技術担当者は何をすべきか?
セキュリティ教育に携わる筆者の経験をベースに、本当に必要なセキュリティ教育を考える本連載。第4回では、インシデントレスポンスにおける「テクニカル担当」の役割を解説します。(2016/6/9)

豪華客船「インフィニティ」が接触事故 生々しい傷跡残す船体と水しぶきをあげ崩落するドック
やっちまったなぁ……。(2016/6/6)

自然エネルギー:
事故損害が高額化する風力発電、事前評価でリスクを把握
日本国内への導入拡大が期待されている風力発電。一方で事故や故障による損害額も大きくなる傾向にあり、発電事業者側にとってこうしたリスク管理は重要なポイントだ。損害保険ジャパン日本興亜と東京大学などは、日本の陸上・洋上風力発電所を対象に、事前に事故や故障時における利益損害をシミュレーションできるリスク評価モデルを開発した。(2016/6/6)

事故・災害時の連絡はスマホから 三井住友海上が保険契約者向けLINE活用
三井住友海上が保険加入者向けのLINE活用サービスを発表した。事故連絡や契約内容確認がLINEからできる。(2016/6/1)

「危ない!」の瞬間、スローモーションに見える――は本当だった 千葉大研究
交通事故など、危険を感じた瞬間、周囲がスローモーションに見える――そんな現象が本当に起こるとする研究成果を千葉大が発表した。(2016/5/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。