ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
踏み間違い暴走事故について考える
クルマの事故原因として本当にそれで片付けてしまって良いのだろうかというニュース報道が溢れている。事故の原因を責任問題として処理するのではなく、科学的な原因究明に早く進めるべきではないだろうか。(2017/1/16)

姫路城に“空襲” 思わぬ外敵「ドローン」……誰が飛ばした?
姫路城でドローンの衝突事故が発生。有効な対策は打ち出せず、頭を痛めている。(2017/1/12)

CES 2017:
自動運転車が判断できない場面はマネジャーが指導? NASAと組んだ日産の成果とは
自動運転車が状況判断するために“マネジャー”をつける――。民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」の基調講演に、日産自動車 会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏が登壇。ゼロエミッションとゼロフェイタリティ(交通事故による死傷者数ゼロ)に向けた取り組みの成果を語った。(2017/1/10)

コミック店に車が突っ込む 事故の瞬間の衝撃映像が公開される
幸いけが人はなかったとのこと。(2017/1/9)

「天才テレビくんMAX」伊藤元太が8月に逝去していた 友人との川遊びで水難事故に
18歳の若さでした。(2017/1/5)

財務基盤が大きく毀損:
「数千億円損失」の東芝、経営再建にブレーキ
東芝は原発事業を今後の成長の柱に位置付け、2030年度までに新規受注45基を目標に掲げている。しかし、先行きは楽観できない。事故発生時の賠償請求や建設計画の頓挫などのリスクがつきまとい、業績回復が遠のく可能性も……。(2016/12/28)

駐車場内の衝突事故減少:
踏み間違い事故は7割減 トヨタが安全支援システム調査
トヨタ自動車は、安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の調査結果を発表。駐車場内におけるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故、後退時の事故がICSによって減少した。(2016/12/26)

ポケットに入れたバッテリーが爆発する事故 激しく火花が散る様子が公開される
原因は鍵や小銭とのショート。金属と一緒に保管しないようにしましょう。(2016/12/23)

相次ぐ高齢者の交通事故:
団塊世代、来年で70代に 交通事故対策は?
高齢者による交通事故が相次いでおり、社会問題となっている。関係省庁が対策に頭を悩ませる一方で、自治体や民間にも動きが出始めているが、果たして活路は見いだせるのか。(2016/12/22)

セキュリティ・テクノロジー・マップ(9):
セキュリティ情報管理の基礎――事故対応の大原則
企業システムにおけるセキュリティ技術の基礎を総ざらいする本連載。第9回は「セキュリティ情報の管理」を扱います。万一の際の早期対応を可能にするための技術について学びましょう。(2016/12/21)

電力供給サービス:
地中送電線の火災事故を防止する対策、2020年のオリンピックまでに完了へ
東京電力の地中送電線で2016年10月に発生した火災事故の原因究明と再発防止策の進捗が明らかになった。火災現場の送電ケーブルを搬出して調査を進める一方、劣化の可能性があるケーブルの緊急点検を実施中だ。古いケーブルの張替工事を進めながら2020年3月までに防災対策を完了させる。(2016/12/20)

2020年度末までに:
京浜東北線など58駅にホームドア設置 JR東
ホームでの電車接触事故が増加する中、JR東日本は2020年度末までに首都圏の計58駅にホームドアを設置すると発表した。(2016/12/13)

ノンスタイル・井上裕介がタクシーへの接触事故を起こし謝罪 所属事務所「井上はしばらく休業」
“右折レーンからの追い越し”については、事務所も事実確認中とのこと。(2016/12/13)

人工知能ニュース:
「ガシャン」などの音から事故や犯罪の状況を検知する技術を開発
NECは、音から今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発した。公共の場での犯罪および事故の検知や、生活音から高齢者を見守るといった活用が期待される。(2016/12/13)

自信過剰? 80代の6割「自分は運転大丈夫」……老いるほど強気になるワケ
高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となる中で、「自分は大丈夫だ」と自信を持つ高齢者が、年を重ねるごとに増えるとする衝撃のデータがある。(2016/12/12)

安全システム:
暗闇や豪雨を室内に再現してセンサーを評価、デンソーの額田テストセンター
デンソーが報道陣向けに額田テストセンターを公開した。同センターでは、カメラやミリ波レーダーなどADAS向けセンサーの性能評価を行える設備を3年前から整えた。夜間や雨天など特に事故が多い環境下を再現して行う性能評価に力を入れている。(2016/12/12)

法制度・規制:
原子力事業の弊害さらに増大、政府と東京電力の責任を国民に転嫁へ
政府は東京電力の福島第一原子力発電所の事故に関連する費用が従来の想定から2倍に拡大して22兆円に達する見通しを明らかにした。東京電力が経営改革を進めても費用の全額を負担することはむずかしく、不足分は新電力の利用者を含む全需要家から回収する方針だ。(2016/12/12)

東京海上日動火災保険 ドライブエージェント パーソナル:
後付け可能な先進運転支援システム、パイオニアと東京海上日動が提供
東京海上日動火災保険は、通信型ドライブレコーダーを貸与する自動車保険特約を開始する。ドライブレコーダーはパイオニアと共同開発したもので、事故発生の可能性が高い場合に注意喚起する機能も備えている。(2016/12/12)

CTCと富士通が開発:
IoTで農作業者の健康管理 熱中症など事故防ぐ
伊藤忠テクノソリューションズが、IoTを活用して農作業者の健康状態を管理する新サービスを発表した。データ収集には、富士通のデバイスを使用する。(2016/12/9)

Twitter、iOSアプリのリプライでの@消滅は“事故”と発表 既に復帰済み
iOS版Twitterのアップデートで一時リプライに<@アカウント名>が表示されなくなったが、これは仕様ではなく“手違いだった”とTwitterが発表した。現在は元通りになっている。(2016/12/9)

高齢者講習は4カ月待ち:
「自分の運転は大丈夫」老いるほど強気
高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となっている。60代、70代で5割、80代は6割超と年を重ねるごとに「自分は大丈夫」と自信を持っているという衝撃のデータもある。(2016/12/9)

幅最大8.5メートルまで対応:
昇降式ホーム柵は転落防止の救世主となるか
JR東海道線の高槻駅と六甲道駅に設置されている「昇降式ホーム柵」の動画がインターネットで話題になっている。ドアの位置や数が異なるさまざまなタイプの列車に対応できるのが特徴。駅ホームでの転落事故が問題になるなか、“救世主”となれるのか。(2016/12/8)

「なぜPokemon GOしながら運転」 事故で息子亡くした父の叫びで仕様変更 プレイヤーからは脅迫メールも……
Pokemon GO捜査中の運転手が9歳の男児をはねて死なせた事故。「安全な場所だけで遊べるようにしてほしい」。理不尽な死で次男を失った父の願いだ。(2016/12/2)

めざましテレビ、コロンビア墜落事故での誤報を謝罪 元京都チエゴ選手を現山形ディエゴ選手と間違える
両選手は同時期に京都サンガに所属。搭乗リストにいたのはチエゴ選手でした。(2016/11/30)

NEC、音で状況を認識する「音状況認識技術」を開発 犯罪や事故の検知に期待
AIを活用して見えない場所で起きている事象を音から認識する技術を開発。雑音が多い広い範囲から収集した音からでも小さな音を逃さず高感度に検知するという。(2016/11/29)

先端AI技術群「NEC the WISE」:
AIで、周囲の“音”から起きている状況を認識する「音状況認識技術」、NECが開発
NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016/11/29)

スマホアプリと連動:
ACCESS、ボタンで通信する車載器開発
ACCESSはセゾン自動車火災保険の新サービス向け車載器「つながるボタン」を同社と共同開発したと発表。IoTを活用し、運転診断や事故対応などのサービス強化につなげる。(2016/11/28)

NEC、目的音と環境雑音を分けて事象を判別する「音状況認識技術」を開発
犯罪・事故の検知などに活用されます。(2016/11/28)

安全システム:
後付け可能な先進運転支援システム、パイオニアと東京海上日動がドラレコで提供
東京海上日動火災保険は、通信型ドライブレコーダーを貸与する自動車保険特約を開始する。事故が発生した場合、映像を活用した示談交渉や自動通報に対応する。ドライブレコーダーはパイオニアと共同開発したもので、パイオニアの「事故リスク予測プラットフォーム」を活用して、事故発生の可能性が高い場合に注意喚起する機能も備えている。(2016/11/28)

“ぶっちゃけSNS”で「神対応」 博多陥没スピード復旧にネットで市長称賛の声続々
博多駅前陥没事故で、SNSを駆使して進捗状況を伝えた高島宗一郎市長には、「神対応」といった称賛の声が相次いだ。SNSの防災活用が改めて注目されそうだ。(2016/11/28)

自動車保険に採用:
事故リスクを予測・警告 パイオニアが車載器開発
パイオニアは先進運転支援システム「Intelligent Pilot」を開発したと発表。事故リスクを予測し、後付け可能な常時通信型デバイスを通じてドライバーに知らせる。東京海上日動が来春開始する自動車保険の新サービスに採用される。(2016/11/25)

クラウド上で事故予測、ドライバーに警告 パイオニア、車に後付けできるIoTシステム開発
パイオニアは、事故リスクが高いと予測した場所でドライバーに警告する安全運転機能を、既販売車に後付けできるIoTシステムを開発した。(2016/11/25)

仙台市で「ポケモンGO」をプレイしながら走行していた市営バスが衝突事故 宮城交通に運行業務を委託
回送中で、負傷者は発生しませんでした。(2016/11/25)

Pokemon GOしながらバス運転で事故 仙台市営バス
バス運転中にPokemon GOで物損事故。仙台市営バスの運転手が、回送中に「Pokemon GO」をしながら運転し、バスを街路樹に衝突させる事故を起こしていた。(2016/11/25)

米当局、運転中のスマートフォン機能制限を要請 自動車死亡事故の増加を受け
日本ではPokemon GOを運転中に操作したことによる事故が問題となっているが、米国では特定アプリではなく、スマートフォンそのものの操作について規制が生まれるかもしれない。(2016/11/25)

2日に1回発生する逆走事故に歯止めを――NEXCO、高速道路の逆走対策技術を公募
後を絶たない高速道路の逆走事故を防止するアイデアを公募する。(2016/11/24)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

“暴走高齢者”どう防ぐ 認知症、運動能力低下……交通死亡事故の3割に65歳以上
80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故が増えており、社会全体での対策が急務となっている。(2016/11/22)

TechFactory通信 編集後記:
リスクを制御するため、あらためて確認したい「機能安全」の考え方
木製展示物の火災事故などここ最近、人が作ったモノに起因するトラブルが相次いでいます。製造業に携わる以上、自分たちが作りだしたモノが原因で事故が起こることは可能な限り避けなければなりません。そこで今回は「機能安全」についてあらためて考えたいと思います。(2016/11/19)

ET2016速報レポート:
人と車つなぎ事故防ぐ? 靴にセンサーを入れてみた
ルネサスイーストンは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)で、環境発電で動作する無線通信規格「EnOcean」対応する靴センサーを用いた交通事故の予防予知ソリューションのコンセプト展示を行った。(2016/11/17)

「助けてくださーい!」 事故で横転し品種ごちゃ混ぜになった“訳あり”チューリップ球根が涙の完売直前
通称“チューリップガチャ”。(2016/11/15)

電力供給サービス:
送電線の火災事故の原因は「地絡」、ケーブルの接続部分で大電流が発生か
1カ月前の10月12日に埼玉県内の地下送電線で発生した火災事故の原因が明らかになってきた。現場を通る合計18本の送電ケーブルのうち、1本だけが接続部分の内部から膨張して破裂していた。ケーブルから地面に瞬間的に大きな電流が発生して火災を引き起こした可能性が大きい。(2016/11/14)

ニッポンレンタカー、全車を先進安全機能搭載車に切り替えへ
ニッポンレンタカーは、2年かけて全車を先進安全機能搭載車に切り替える。事故を2割削減できると見込む。(2016/11/11)

博多駅前陥没 3日で埋め戻し完了の背景 「新たな仕事は受けるな!」 事故処理ノウハウ蓄積
JR博多駅前で8日に発生した大規模陥没事故は、10日、地表近くまでの埋め戻し作業がほぼ終わった。(2016/11/11)

自動運転技術:
2017年4月から自動運転向け特約がスタート、無料で対人対物賠償の自動車保険に
東京海上日動火災保険は、自動運転車向けの自動車保険「被害者救済費用等補償特約」を展開する。自動運転車が普及すると、事故の原因究明、責任の有無や割合の確定にこれまで以上に時間がかかることも考えられる。新しい特約により、迅速な被害者救済を維持する。(2016/11/10)

電力供給サービス:
送電線の火災事故を検証、ケーブルの油圧が事故前に低下
東京電力の地下送電線で10月12日に発生した火災事故について、内部の委員会が原因と対策を検証した。火災が発生した場所を通るケーブルのうち、1本の油圧が事故前に低下していた。東京電力は事故区間のケーブルを2019年度までに張り替える一方、同じタイプのケーブルすべてに防災対策を施す。(2016/11/10)

PR:頻発する企業の情報漏えい事故に有効な「データ中心型セキュリティ」、その実現手法とは?
99%の情報セキュリティ事故はデータに関連して発生している。ビジネスにおけるデータの重要性の高まりに伴い、企業のデータ保有のリスクも確実に増している。情報漏えい事故で企業が負担すべき損害賠償額は平均1件あたり3億円以上で、その額は経営的に決して無視できるものではない。だが、データの活用が広がりを見せる中で、その管理徹底が困難さを増しているのも事実である。この状況の抜本的な改善策として、日本ヒューレット・パッカードが訴えるのが「データ中心型セキュリティ」である。(2016/11/10)

博多駅前の道路陥没事故について市長がブログで情報発信 10日頃からライフラインの復旧工事が行なわれる見込み
復旧に向けた動きなどを分かりやすく説明しています。(2016/11/9)

博多駅前陥没 あってはならない異常の予兆「肌落ち」発生 コンクリ吹き付け、総掛かりで対処も間に合わず
JR博多駅前で起きた道路大規模陥没事故。トンネル上部に「肌落ち」があり、そこから地下水が漏れて土砂が流れ出したことが原因という。(2016/11/9)

【緊急寄稿】モノづくりと安全:
電球の表面温度を超えて温度が上がり続ける「見えない熱」輻射熱と火災の危険
「東京デザインウィーク」内にあった木製の展示物で火災が発生し、死亡事故へとつながった。このような事故が再度起こらぬよう注意喚起として、かつてFablab鎌倉でも活動した早稲田治慶氏が炎熱と輻射熱の違いやその危険性について解説する。(2016/11/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。