ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

関連キーワード

HOME'Sが「事故物件に住んだことがある人」の実態調査結果を発表 「誰もいないのに物音がした」は13%
怖いよ!(2016/6/30)

消費者庁が「ブラインドのひも」に注意喚起 5年間で3件の死亡事故が確認される
ひも部分が子どもの首に絡まり、窒息する危険性があるとしています。(2016/6/29)

世界を「数字」で回してみよう(31) 人身事故:
「江バ電」で人身事故をシミュレーションしてみた
1回の人身事故の損害が、とにかく「巨額」であることは、皆さんご存じだと思います。では、おおよそどれくらいの金額になるのでしょうか。そのイメージをつかむため、仮想の鉄道「江バ電」を走らせ、人身事故をシミュレーションしてみました。(2016/6/29)

太陽光:
原発が立地する町にメガソーラー、売電収益を復興計画に生かす
東日本大震災による原発事故により、町民の避難生活が続いている福島県の大熊町。同町では復興計画の一環としてメガソーラーの誘致を進めている。このほど新たに出力約11.7MWの発電所の建設が決まった。売電収益の一部は復興事業費として活用される。再生可能エネルギーの導入拡大とともに、復興計画を推し進めるプロジェクトが着々と進んでいる。(2016/6/28)

事故減るか? 「歩きスマホ」注意の道路標識、韓国・ソウルが試験的に導入
2種類の標識を、10〜30代が多い5つのエリアに設置。(2016/6/27)

???「ニャーン」 ニュース中継に謎の声が入り込む放送事故!? 犯人の正体は……
やっぱりお前かー!(2016/6/21)

機械の話題:
見える、見えるぞ! 私にも自分の手が機械に巻き込まれて出血する様子が!!
先日、VRで機械の巻き込まれ事故を体験するという、とあるシステムがTwitterで話題になっていました。一体どんなシステムなのか気になったので、少し調べてみました。開発元にも少しお話をお伺いしました。(2016/6/21)

「スター・トレック」のアントン・イェルチン事故死、俳優らの追悼コメントが相次ぐ
J・J・エイブラムス「とてつもなく才能に満ちていた」(2016/6/21)

トヨタ、3年以内に「守護天使」開発 事故防止AIなど実現へ
AIが運転手を手助けして事故を防ぐ安全技術を3年以内に実現させ、AIを使った高齢者向けの家庭用介護ロボットも、15年以内に実用化させたい考えも示した。(2016/6/21)

広く出回っていないマルウェアこそ危険:
大手旅行会社への攻撃にも用いられたウイルス「PlugX」――ファイア・アイが解説
ファイア・アイは2016年6月17日、国内の大手旅行会社への攻撃に用いられたマルウェア「PlugX」に関する記者説明会を実施し、デモなどを交えながら、事故を前提にした対策の重要性を訴えた。(2016/6/20)

禁断の連載スタート:
“とある事故”がきっかけ 腐女子・女オタクさんの目覚めを聞く
女性オタクを集めた座談会を開催。第1回目は、腐女子さんと女オタクさんに「オタクの目覚め」を聞きました。(2016/6/20)

アンケート結果を公開:
読者に聞いたセキュリティ事情 半数が「サイバー攻撃を受けた(かも)」
ITmedia エンタープライズではセキュリティをテーマに読者アンケートを実施しました。結果からはサイバー攻撃の経験や事故内容、「人が足りない」といった苦悩など、厳しい事情が見えてきました。(2016/6/17)

丸亀製麺、食中毒事故で謝罪
名古屋市の松葉公園店で複数の客に下痢、腹痛の症状が発生した。(2016/6/16)

「ランブルローズ」シリーズの寿志郎さん死去 事故の影響で口を使ってイラスト執筆
甥が寿志郎さんのFacebookページで伝えている。(2016/6/15)

GANTZ!?とネット騒然 京大付近の交差点で巨大な黒い玉が出現、コロコロする事案発生
黒い玉を起因とする事故は発生しませんでした。よかった!(2016/6/9)

セキュリティ教育現場便り(4):
セキュリティ事故発生! 技術担当者は何をすべきか?
セキュリティ教育に携わる筆者の経験をベースに、本当に必要なセキュリティ教育を考える本連載。第4回では、インシデントレスポンスにおける「テクニカル担当」の役割を解説します。(2016/6/9)

豪華客船「インフィニティ」が接触事故 生々しい傷跡残す船体と水しぶきをあげ崩落するドック
やっちまったなぁ……。(2016/6/6)

自然エネルギー:
事故損害が高額化する風力発電、事前評価でリスクを把握
日本国内への導入拡大が期待されている風力発電。一方で事故や故障による損害額も大きくなる傾向にあり、発電事業者側にとってこうしたリスク管理は重要なポイントだ。損害保険ジャパン日本興亜と東京大学などは、日本の陸上・洋上風力発電所を対象に、事前に事故や故障時における利益損害をシミュレーションできるリスク評価モデルを開発した。(2016/6/6)

事故・災害時の連絡はスマホから 三井住友海上が保険契約者向けLINE活用
三井住友海上が保険加入者向けのLINE活用サービスを発表した。事故連絡や契約内容確認がLINEからできる。(2016/6/1)

「危ない!」の瞬間、スローモーションに見える――は本当だった 千葉大研究
交通事故など、危険を感じた瞬間、周囲がスローモーションに見える――そんな現象が本当に起こるとする研究成果を千葉大が発表した。(2016/5/30)

世界を「数字」で回してみよう(30) 人身事故:
人身事故に遭わない秘策は“都会に住むな”!?
皆さんは、一体どこの誰が人身事故を起こしているのだろうと考えたことはありませんか? 丹念に分析して人身事故の“分布図”を眺めてみると、発生場所が相当偏っていることが分かります。(2016/5/30)

車にゴキブリホイホイ? Google、事故時に歩行者が車に張り付く粘着システムを特許取得
どうやってはがすのかも気になる。(2016/5/23)

自然エネルギー:
被災した製塩工場にバイオマス発電所、日本最大75MWで2020年度に運転開始へ
福島県いわき市で50年以上も製塩事業を続けてきた工場の構内でバイオマス発電所を建設するプロジェクトが始まる。海外から輸入する木質バイオマスを燃料に使って75MWの電力を供給する計画だ。原子力発電所の事故の影響を受けた工場が再生可能エネルギーの拠点に生まれ変わる。(2016/5/23)

運転中に意識を失う前に! 知っておきたい“予防策”とは
自動車の事故データから、運転中の事故リスクと予防法をご紹介します。(2016/5/22)

「マジで死にかけた」 買って2週間の自転車で走行中にハンドルが折れる事故 メーカーは交換・回収を決定
2016年3月以降に該当車種を購入した人は確認を。(2016/5/20)

車載情報機器:
最新型「サイバーナビ」は車上荒らしからクルマを守る
パイオニアは、カロッツェリアブランドのカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新モデルを発表した。専用の車載カメラや同社のサーバと通信するモジュールをサイバーナビと併用する簡易な緊急通報システムといえる機能を搭載。車上荒らしなどの異変や事故発生時にユーザーや家族などに画像付きのメールを送信できるようにした。(2016/5/11)

スマホや周辺機器の事故、発生箇所は“充電コネクタ”が最多――NITEが報告
NITE(製品評価技術基盤機構)が、スマートフォンや周辺機器の事故について案内。事故が発生した箇所は充電用コネクタ周辺が最も多かった。充電コネクタやバッテリーパック、モバイルバッテリーの不良などのほか、ユーザーの誤使用や不注意などが発生原因。(2016/5/2)

完全無欠なセキュリティ対策など存在しない
「セキュリティ事故は突然に」、インシデント後に増える予算を効果的に使うコツ
サイバーセキュリティの予算は、インシデント発生後に急激に増加する。だが、その予算を最適に使うには、どのように使うべきなのだろうか。(2016/5/2)

太陽光:
全村避難の村にメガソーラー、売電収益を復興計画に役立てる
福島第一原発事故の影響で全村避難指示を受けている福島県相馬郡の飯舘村。ここで同村が出資する出力10MWのメガソーラーが運転を開始した。売電収益の一部を村の復興資金として活用していく。(2016/4/28)

二度と同じ事故を発生させないための対策を 東京メトロが「ベビーカー引きずり事故」への取り組みについて発表
「全乗務員に対する教育訓練の強化」と「設備補完などによる安全性向上」。(2016/4/27)

東京メトロ、ベビーカー事故受け再発防止策 ドア検知精度向上、非常停止合図器とATC連動で自動停止
東京メトロは、電車がベビーカーを挟んだまま走行した事故を受け、再発防止策を公表した。(2016/4/27)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

セキュリティ教育現場便り(3):
「セキュリティインシデント対応人材」のあるべき姿――求められる「先読み力」とは
筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。3回のテーマは「情報セキュリティ事故(インシデント)対応」です。インシデント発生時の混乱した状況に適切に対処するための担当者の役割、あるべき姿について考えます。(2016/4/12)

車載情報機器:
国内の10年分の急ブレーキ記録をパイオニアが提供、事故情報よりもヒントが多い
パイオニアは、急ブレーキが多発した地点をまとめた日本全国のデータの有償利用を受け付ける専用Webサイトを開設した。急ブレーキの記録は、同社独自のプローブデータ活用システム「スマートループ」を通じて、2006年5月から蓄積しているもの。交通安全対策として道路形状や周辺環境の分析での応用を見込んでいる。(2016/4/12)

Googleストリートビューに交通事故? 「日本三大酷道(こくどう)」として知られる国道425号線に転倒したバイクの姿が
整備が行き届いておらず、国道ならぬ“酷道”として有名な場所です。(2016/4/11)

駅になぜ習字の添削が? 踏切の事故防止ポスターのセンスがいいと話題に
5年生の踏切守さんが書いた「ふみきり」という字が……!(2016/4/8)

自覚のない歩きスマホ、事故が起きやすいのは“〇〇〇”だった
歩きながらスマホをしていて、ヒヤリとした経験はありませんか? 事故に発展してしまう恐れもあります。対策を知っておきましょう。(2016/4/8)

ベビーカー引きずり事故、なぜ緊急ブレーキかけられなかった? 見過ごされた4つのチェックポイント
九段下駅で電車がドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。車掌はなぜ電車を止められなかったのか。(2016/4/6)

バス転落事故受け公開延期の「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」、6月25日に公開決定
「作中のシーンの一部に、事故を想起させる可能性があるため」と公開延期になっていた。(2016/3/29)

法制度・規制:
不良施工はFIT認定取り消しか、太陽光発電設備の安全規制強化
経済産業省は事故などが増えている太陽光発電設備の規制を強化する方針だ。報告義務の強化や、FIT認定取り消しなども含んだ対策に乗り出していく。(2016/3/29)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ANAグループやJPCERT/CCが説くインシデントレスポンスの要諦
サイバー攻撃などの脅威を防ぎ切れない今、企業や組織に求められるのはインシデント(事故)の発生を前提とする対応(レスポンス)への取り組みだ。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは第一線の専門家がインシデントレスポンスにおける“要諦”を解説した。(2016/3/28)

内閣府が自転車のマナーとルール呼びかけ 「傘さし」「ヘッドホン」は「絶対やめて」
交通事故件数のおよそ2割が自転車事故とのこと。(2016/3/26)

都立の学校で組み体操「ピラミッド」「タワー」を原則休止に 2016年度は見送る方針
生徒が骨折するなどの事故が相次いでいた。(2016/3/25)

車載情報機器:
5秒ごとに更新されるクラウド型の運行管理が交通事故をなくす
SAPジャパンは、クラウド型の車両情報分析プラットフォーム「SAP Vehicle Insights(ビークルインサイト)」と自動車関連のクラウドサービスを提供したい企業同士を橋渡しする「SAP Vehicle Network(ビークルネットワーク)」を日本市場向けに提供する。国内のバス事業者とリアルタイムな運行管理システムを使った実証実験も始める。(2016/3/24)

東山動植物園で子ども4人乗せた観覧車が扉を閉めずに1周 遊具の追突事故も発生し遊園地の営業を当面停止へ
観覧車の事故の直前には遊具での追突事故も。続けざまに事故が発生していた。(2016/3/22)

危険な運転中のスマホいじり、IoTデバイスの力で解決 家の施錠や空調操作も
米国では運転中のスマホ操作による不注意が引き起こす事故が年々増加している。Kickestarterに登場した「スマートマウント」は、そんな問題を解決するかもしれないデバイスだ。(2016/3/18)

適切なインシデント対応と情報公開には、適切な評価を:
EmEditorや「オバQの毛」に気付いたeBookJapanに見る、「有事」のあるべき姿勢とは
セキュリティインシデントに遭遇した後、優れた対応を取った企業や組織を表彰することで、適切な事後対応に取り組むモチベーションとしてもらうことを目的とした「セキュリティ事故対応アワード」の表彰式が2016年2月24日に行われた。(2016/3/15)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(6):
なぜ、「セキュリティポリシー」が必要なの?――自社のセキュリティポリシーを一度も読んだことがない方へ
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第6回のテーマは、「セキュリティポリシー」です。「人的要因」によるセキュリティ事故を防ぐためのポリシーの策定・運用・変更のポイントについて解説します。(2016/3/15)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
サイバー攻撃者は侵入から2年の間に何をしていたか――調査で分かること
情報漏えい事故を調査すると、攻撃者はたいぶ前から侵入していた――インデント対応における調査からはこうした事実が分かるケースが多いという。実際のインシデント調査事例と対応でのポイントを専門家に聞く。(2016/3/14)

法制度・規制:
原子力発電の新規制基準を疑問視、再稼働禁止の仮処分決定で
滋賀県の住民が大津地方裁判所に求めた高浜発電所3・4号機の再稼働禁止に関する仮処分が3月9日に決定した。福島第一原子力発電所の事故原因が究明されていない現状では、原子力規制委員会による新規制基準に疑問があると裁判所が判断。原子力発電の経済性よりも国民の人格権を重視した。(2016/3/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。