ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

幅最大8.5メートルまで対応:
昇降式ホーム柵は転落防止の救世主となるか
JR東海道線の高槻駅と六甲道駅に設置されている「昇降式ホーム柵」の動画がインターネットで話題になっている。ドアの位置や数が異なるさまざまなタイプの列車に対応できるのが特徴。駅ホームでの転落事故が問題になるなか、“救世主”となれるのか。(2016/12/8)

「なぜPokemon GOしながら運転」 事故で息子亡くした父の叫びで仕様変更 プレイヤーからは脅迫メールも……
Pokemon GO捜査中の運転手が9歳の男児をはねて死なせた事故。「安全な場所だけで遊べるようにしてほしい」。理不尽な死で次男を失った父の願いだ。(2016/12/2)

めざましテレビ、コロンビア墜落事故での誤報を謝罪 元京都チエゴ選手を現山形ディエゴ選手と間違える
両選手は同時期に京都サンガに所属。搭乗リストにいたのはチエゴ選手でした。(2016/11/30)

NEC、音で状況を認識する「音状況認識技術」を開発 犯罪や事故の検知に期待
AIを活用して見えない場所で起きている事象を音から認識する技術を開発。雑音が多い広い範囲から収集した音からでも小さな音を逃さず高感度に検知するという。(2016/11/29)

先端AI技術群「NEC the WISE」:
AIで、周囲の“音”から起きている状況を認識する「音状況認識技術」、NECが開発
NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016/11/29)

スマホアプリと連動:
ACCESS、ボタンで通信する車載器開発
ACCESSはセゾン自動車火災保険の新サービス向け車載器「つながるボタン」を同社と共同開発したと発表。IoTを活用し、運転診断や事故対応などのサービス強化につなげる。(2016/11/28)

NEC、目的音と環境雑音を分けて事象を判別する「音状況認識技術」を開発
犯罪・事故の検知などに活用されます。(2016/11/28)

安全システム:
後付け可能な先進運転支援システム、パイオニアと東京海上日動がドラレコで提供
東京海上日動火災保険は、通信型ドライブレコーダーを貸与する自動車保険特約を開始する。事故が発生した場合、映像を活用した示談交渉や自動通報に対応する。ドライブレコーダーはパイオニアと共同開発したもので、パイオニアの「事故リスク予測プラットフォーム」を活用して、事故発生の可能性が高い場合に注意喚起する機能も備えている。(2016/11/28)

“ぶっちゃけSNS”で「神対応」 博多陥没スピード復旧にネットで市長称賛の声続々
博多駅前陥没事故で、SNSを駆使して進捗状況を伝えた高島宗一郎市長には、「神対応」といった称賛の声が相次いだ。SNSの防災活用が改めて注目されそうだ。(2016/11/28)

自動車保険に採用:
事故リスクを予測・警告 パイオニアが車載器開発
パイオニアは先進運転支援システム「Intelligent Pilot」を開発したと発表。事故リスクを予測し、後付け可能な常時通信型デバイスを通じてドライバーに知らせる。東京海上日動が来春開始する自動車保険の新サービスに採用される。(2016/11/25)

クラウド上で事故予測、ドライバーに警告 パイオニア、車に後付けできるIoTシステム開発
パイオニアは、事故リスクが高いと予測した場所でドライバーに警告する安全運転機能を、既販売車に後付けできるIoTシステムを開発した。(2016/11/25)

仙台市で「ポケモンGO」をプレイしながら走行していた市営バスが衝突事故 宮城交通に運行業務を委託
回送中で、負傷者は発生しませんでした。(2016/11/25)

Pokemon GOしながらバス運転で事故 仙台市営バス
バス運転中にPokemon GOで物損事故。仙台市営バスの運転手が、回送中に「Pokemon GO」をしながら運転し、バスを街路樹に衝突させる事故を起こしていた。(2016/11/25)

米当局、運転中のスマートフォン機能制限を要請 自動車死亡事故の増加を受け
日本ではPokemon GOを運転中に操作したことによる事故が問題となっているが、米国では特定アプリではなく、スマートフォンそのものの操作について規制が生まれるかもしれない。(2016/11/25)

2日に1回発生する逆走事故に歯止めを――NEXCO、高速道路の逆走対策技術を公募
後を絶たない高速道路の逆走事故を防止するアイデアを公募する。(2016/11/24)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

“暴走高齢者”どう防ぐ 認知症、運動能力低下……交通死亡事故の3割に65歳以上
80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故が増えており、社会全体での対策が急務となっている。(2016/11/22)

TechFactory通信 編集後記:
リスクを制御するため、あらためて確認したい「機能安全」の考え方
木製展示物の火災事故などここ最近、人が作ったモノに起因するトラブルが相次いでいます。製造業に携わる以上、自分たちが作りだしたモノが原因で事故が起こることは可能な限り避けなければなりません。そこで今回は「機能安全」についてあらためて考えたいと思います。(2016/11/19)

ET2016速報レポート:
人と車つなぎ事故防ぐ? 靴にセンサーを入れてみた
ルネサスイーストンは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)で、環境発電で動作する無線通信規格「EnOcean」対応する靴センサーを用いた交通事故の予防予知ソリューションのコンセプト展示を行った。(2016/11/17)

「助けてくださーい!」 事故で横転し品種ごちゃ混ぜになった“訳あり”チューリップ球根が涙の完売直前
通称“チューリップガチャ”。(2016/11/15)

電力供給サービス:
送電線の火災事故の原因は「地絡」、ケーブルの接続部分で大電流が発生か
1カ月前の10月12日に埼玉県内の地下送電線で発生した火災事故の原因が明らかになってきた。現場を通る合計18本の送電ケーブルのうち、1本だけが接続部分の内部から膨張して破裂していた。ケーブルから地面に瞬間的に大きな電流が発生して火災を引き起こした可能性が大きい。(2016/11/14)

ニッポンレンタカー、全車を先進安全機能搭載車に切り替えへ
ニッポンレンタカーは、2年かけて全車を先進安全機能搭載車に切り替える。事故を2割削減できると見込む。(2016/11/11)

博多駅前陥没 3日で埋め戻し完了の背景 「新たな仕事は受けるな!」 事故処理ノウハウ蓄積
JR博多駅前で8日に発生した大規模陥没事故は、10日、地表近くまでの埋め戻し作業がほぼ終わった。(2016/11/11)

自動運転技術:
2017年4月から自動運転向け特約がスタート、無料で対人対物賠償の自動車保険に
東京海上日動火災保険は、自動運転車向けの自動車保険「被害者救済費用等補償特約」を展開する。自動運転車が普及すると、事故の原因究明、責任の有無や割合の確定にこれまで以上に時間がかかることも考えられる。新しい特約により、迅速な被害者救済を維持する。(2016/11/10)

電力供給サービス:
送電線の火災事故を検証、ケーブルの油圧が事故前に低下
東京電力の地下送電線で10月12日に発生した火災事故について、内部の委員会が原因と対策を検証した。火災が発生した場所を通るケーブルのうち、1本の油圧が事故前に低下していた。東京電力は事故区間のケーブルを2019年度までに張り替える一方、同じタイプのケーブルすべてに防災対策を施す。(2016/11/10)

PR:頻発する企業の情報漏えい事故に有効な「データ中心型セキュリティ」、その実現手法とは?
99%の情報セキュリティ事故はデータに関連して発生している。ビジネスにおけるデータの重要性の高まりに伴い、企業のデータ保有のリスクも確実に増している。情報漏えい事故で企業が負担すべき損害賠償額は平均1件あたり3億円以上で、その額は経営的に決して無視できるものではない。だが、データの活用が広がりを見せる中で、その管理徹底が困難さを増しているのも事実である。この状況の抜本的な改善策として、日本ヒューレット・パッカードが訴えるのが「データ中心型セキュリティ」である。(2016/11/10)

博多駅前の道路陥没事故について市長がブログで情報発信 10日頃からライフラインの復旧工事が行なわれる見込み
復旧に向けた動きなどを分かりやすく説明しています。(2016/11/9)

博多駅前陥没 あってはならない異常の予兆「肌落ち」発生 コンクリ吹き付け、総掛かりで対処も間に合わず
JR博多駅前で起きた道路大規模陥没事故。トンネル上部に「肌落ち」があり、そこから地下水が漏れて土砂が流れ出したことが原因という。(2016/11/9)

【緊急寄稿】モノづくりと安全:
電球の表面温度を超えて温度が上がり続ける「見えない熱」輻射熱と火災の危険
「東京デザインウィーク」内にあった木製の展示物で火災が発生し、死亡事故へとつながった。このような事故が再度起こらぬよう注意喚起として、かつてFablab鎌倉でも活動した早稲田治慶氏が炎熱と輻射熱の違いやその危険性について解説する。(2016/11/9)

博多駅前の道路陥没、NHKが映像ライブ配信
JR博多駅前の道路が大規模に陥没している事故で、NHKが現地の映像のライブ配信を始めた。(2016/11/8)

Note7だけではない? Samsungの「Galaxy J5」にも爆発の報告 フランス南西部で
Samgung Galaxyの中級機であるJ5が発火。ただし、類似の報告は他になく単発事故との分析も。(2016/11/8)

運転中のスマホ使用禁止の徹底を国交省が事業者団体に通知
大阪で発生した、貸切バスの運転者が「ながら運転」をしていた事案を受けて。愛知県一宮市で起きた死亡事故にも言及している。(2016/11/8)

ロンブー田村淳、博多駅前の道路陥没事故に遭遇 近くのホテルに宿泊していた
現場の写真も投稿しています。(2016/11/8)

「猫が車のエンジンの中に入ってるかも」 車体内部の猫の存在を教え事故を防いでくれた匿名のメモ書きが話題に
もし気付かずに発進していたら……。(2016/11/7)

一宮市が「ポケモンGO」利用制限を求める要望書 市内で起きた小学生事故死を受けて
市長はポケモンGOに限らず「ながらスマホ」自体が危険とし、「ながらスマホ」の危険性の周知・啓発も行うとしています。(2016/11/5)

小学生事故死を受け愛知県警がポケモンGO規制を求める要望書 ネットでは「まず運転中スマホを規制しろ」の声
2日に行われた一斉取締では568件が摘発されましたが、運転中にポケモンGOをプレイしていた人は1人もいませんでした。(2016/11/4)

東京メトロ、ホームドア設置を前倒し 事故あった青山一丁目は9カ月早く
東京メトロが、銀座線、東西線、半蔵門線のホームドア設置計画を前倒し。青山一丁目駅、九段下駅などの工事を優先する。(2016/11/4)

東京メトロでホームドア設置計画が前倒しへ 事故のあった九段下駅・青山一丁目駅は優先設置
銀座線は2018年度上期、東西線・半蔵門線は2019年度末の設置完了を目指します。(2016/11/4)

自動運転、法改正も検討 事故の賠償責任を整理 国交省有識者研究会
自動運転車が事故を起こした場合、損害賠償責任の所在がどうなるのかについて議論する有識者研究会の初会合が2日、国土交通省で開かれた。(2016/11/4)

家電ベンチャーのUPQ、スマートフォン焼損事故にコメント 「原因究明中」
UPQが発売したスマートフォンによる焼損事故が1件報告された問題に対し、同社社長がコメントした。(2016/11/2)

後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト……“妙案”は意外にもアナログ
ホームから転落した視覚障害者が死亡する事故が相次いでいる。ホームドアの設置は全国で1割に満たない。救える命を救うには、どんな対応が求められるのか。(2016/11/1)

「青信号だから発進した」……自動運転車のAI「判断」も記録 事故の究明や再発防止へ新システム
AIがどのような判断で車を操作したのかを詳細に記録するシステムを産総研などが開発している。自動運転車が交通事故を起こした際の捜査や原因究明、再発防止に役立てる狙いだ。(2016/11/1)

発火事故のスマホ「Galaxy Note7」が爆弾として登場する改造ゲーム動画、サムスンの訴えで削除されるも異議申し立てで復活
「グランド・セフト・オートV」にMODと呼ばれる改造データを適用し、Galaxy Note7を爆弾として扱っていました。(2016/10/22)

自動運転に課題続々 ハッカー、誤作動、事故の責任は……米シリコンバレーから
自動運転車開発の最前線は米西海岸のシリコンバレーだ。事故やサイバー攻撃をどう防ぐか、といった課題を突き付けられている。(2016/10/21)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
「Galaxy Note7」だけではない! リチウムイオン電池の危険性
サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note7」の発火事故を受け、大騒ぎになっている。本体の発熱による発火が相次いだわけだが、どこに問題があったのか。危険なのは、Galaxy Note 7だけなのか。(2016/10/20)

世界を「数字」で回してみよう(35) 人身事故:
データは語る、鉄道飛び込みの不気味な実態
「鉄道を使った飛び込み自殺」が減らないのなら、いかにしてそれを避けるか、というのが重要になります。そこで「ビッグデータ手動解析」と「人間知能“EBATA”」を駆使して、人身事故から逃れる方法を検証してみました。ところがその先には、がく然とする結果が待っていたのです。(2016/10/21)

富士通、自社ブランドのスマホ・タブレット用ACアダプターの無償交換を実施
富士通ブランドで販売されたarrowsスマートフォン・タブレット用のACアダプターの一部に、プラグまわりの製造不良があることが判明した。この不良により、感電事故につながる可能性があるため、当該のACアダプターは無償交換となる。(2016/10/17)

「Galaxy Note7」日本も機内持ち込み禁止 国交省が航空会社に指示
Galaxy Note7の発煙・発火事故が相次いでいる問題で、国土交通省は日本の航空会社に対し機内持ち込みを禁止するよう指示した。(2016/10/17)

週刊「調査のチカラ」:
秋の調査特集「痛過ぎる代償」
組織の風評被害やECサイトでの情報漏えい事故の影響度、人工知能に過労まで、ビジネスパーソンの「知って備える」に役立ちそうな調査データをピックアップしました。(2016/10/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。