ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

人工衛星「ひとみ」はなぜ失われたのか(後編)生かされなかった過去のアクシデント
宇宙空間で自壊するという大事故を起こしたX線天文衛星「ひとみ」。直接的な原因は打ち上げ後に連続して起こった小さなミスだが、根本的な原因はJAXAという組織が内包する性質にある。(2016/9/27)

福山雅治ファンクラブイベントでの事故について所属事務所が報告 「右目をかすめる事故」
眼球破裂のうわさは?(2016/9/26)

「君の名は。」聖地の公園すべり台で事故、一時閉鎖に 雨の中でスピード出しすぎ骨折
ネットで怖いすべり台が話題になっているので、利用者は安全に注意したいところ。(2016/9/23)

Tesla、車載ソフト更新で“車内置き去り死亡事故”防止機能を追加
Teslaが約1年ぶりに車載ソフトをアップデートし、自動運転機能の精度強化や車内温度を数時間にわたって自動調整し、駐車した車内にいる子どもやペットを死亡事故から守る機能の追加などを実施した。(2016/9/23)

近鉄車掌が制服を脱ぎ捨て線路へ、その後高架下に飛び降り病院に搬送 人身事故対応でトラブルか?
詳細は現在も調査中とのこと。(2016/9/21)

スマホを置いてドライブすると愛知県内コメダ珈琲のクーポンがもらえるアプリ「Driving BARISTA」リリース
愛知県の交通事故低減につながるか。(2016/9/20)

車載情報機器:
トヨタとコメダが「ながらスマホ運転」防止へ、交通事故死者数最悪の愛知県で
トヨタ自動車と珈琲チェーンのコメダ、KDDIは、愛知県における「ながらスマホ運転」による事故の低減を目指し、スマートフォンアプリを活用した取り組みを始める。「自動車メーカー、通信キャリア、飲食チェーンが連携してアプリを活用した交通安全の取組みを実施するのは国内初の試み」(3社)だという。(2016/9/20)

「楽天超かんたん保険」スタート ECサイトで会員向けに保険販売
楽天会員向けの傷害保険サービス「楽天超かんたん保険」が登場。月額140円から加入でき、自転車事故、ゴルフ中の事故などを想定した9種類のプランを用意する。(2016/9/20)

益若つばさ、交通事故で笑顔にコンプレックスも「いつの日かとびきりのスマイルを」と前向き発言
小悪魔ファッションもあまり好きではなかったそう。(2016/9/19)

発火・爆発事故が相次いだGalaxy Note7のリコールが決定 対象端末はおよそ100万台
日本のサムスンWebサイトでもアナウンスされています。(2016/9/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
創業から12年、ヴァージンが目指す宇宙旅行はいつ実現するのか?
宇宙旅行サービスの実現に取り組む米Virgin Galacticは、2年前に大事故を起こした影響で将来計画が頓挫。それでも再び立ち上がり前進を始めたのだ。(2016/9/17)

バッテリーの発火事故を受けて:
「Galaxy Note 7」、FAAが機内での使用禁止を勧告
Samsung Electronics(サムスン電子)のスマートフォン「Galaxy Note 7」のバッテリー発火事故を受け、米連邦航空局(FAA)は、同スマートフォンを飛行機内で使用したり充電したり、預け入れ荷物の中に入れたりすることを禁止する勧告を出した。(2016/9/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中野電車区事故の教訓 鉄道施設公開イベントで何を学ぶか?
10月14日の「鉄道の日」に前後して、全国の鉄道会社で車両基地公開イベントなどが開催される。鉄道ファンや子どもたちが大好きな電車を間近で見る機会だ。しかし鉄道施設は職場であり、遊園地ではない。楽しいだけではなく、鉄道の危険と安全についても学んでほしい。(2016/9/16)

フランスで炎上したTesla車は「接触不良が原因」
Model S炎上事故の原因についてTeslaが回答した。(2016/9/15)

交通量多い道でポケモン出ないようにして――大阪府などが要請
大阪府と大阪市・堺市は、「Pokemon GO」を運営元に対して、府内の交通量の多い道路や交通事故の多い交差点にポケモンを出さないよう要請した。(2016/9/15)

初動対応用データ保全ツール「CDIR Collector」解説(前編):
セキュリティ事故対応における“オープンソース”活用法指南
本稿では、セキュリティインシデントへの初動対応に役立つツール「CDIR Collector」の活用方法について、実際に企業の現場でインシデント対応に携わる筆者が、自身の経験談を交えつつ解説します。(2016/9/14)

安全か? 感動か? 「人間ピラミッド崩壊事故」から1年、「変わる運動会」
大阪の市立中学校の体育大会で組み体操の「ピラミッド」が崩壊し、生徒6人が重軽傷を負う事故が発生してから1年。各校の組み体操への対応は大きく分かれている。(2016/9/13)

企業のセキュリティ事故被害額は年間2.1億円に、1年間で1.6倍増
ビジネスに影響を及ぼす深刻なセキュリティインシデント(事故)を2015年に経験した組織は38.5%に上る。(2016/9/12)

Tesla、ソフトウェアアップデートで自動運転機能をより安全に──「5月の死亡事故は避けられただろう」とマスクCEO
Tesla Motorsが「Model S」の車載ソフトアップデートで自動運転機能を強化すると発表した。従来は障害物の検知を主にカメラからのデータに依存していたが、レーダーを中心にする。イーロン・マスクCEOは、これにより5月に起きた死亡事故は回避できただろうと語った。(2016/9/12)

爆発報告相次ぐ「Galaxy Note7」、米当局も使用中止を呼び掛け
Samsungが8月に米国などで発売(日本では未発売)した最新Android端末「Galaxy Note7」で相次ぐ発火・爆発事故の報告を受け、米連邦航空局(FAA)、日本の国土交通省、米消費者製品安全委員会(CPSC)が使用中止などを勧告した。(2016/9/12)

月額980円:
アマゾンの読み放題サービス、「今すぐ買う」ボタンで“誤買”する事故が続出
アマゾンジャパンが8月に始めた電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」。読み放題対象の電子書籍の“誤買”を誘発しかねない仕様で、「今すぐ買う」ボタンを誤タッチしてしまう事故が続出している。(2016/9/12)

セキュリティのアレ(33):
セキュリティ事故発生、企業はどこまで「情報開示」すればよいのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第33回は、情報漏えいなどのセキュリティ事故・事件を起こしてしまった企業における「情報開示」の在り方について考えます。(2016/9/12)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道会社向けの「人身事故損害保険」は必要か?
今年3月、最高裁でJR東海が敗訴した。認知症患者による人身事故について、家族への損害賠償請求が認められなかった。恐らくこの事例がきっかけとなって、鉄道会社向けの人身事故損失に対する保険商品を発売された。しかし、改めてJR東海の裁判の意図を推し量ると、この保険は空回りしそうな気がする。(2016/9/9)

Teslaの自動運転搭載車「Model S」がオランダで死亡事故 原因は調査中
TeslaのAutopilot中だったかどうかは不明。車の損傷が激しく、救助が困難だったという。(2016/9/8)

フロスト&サリバン調査:
「事故低減」「優れた運転体験」は自動運転市場を拡大しない
ある調査では2030年までには世界の自動車、7台に1台が自動運転機能を備えると予測されているが、「事故の低減」や「優れた運転体験」の実現が、自動運転技術を導入拡大する主な要因にはならないという指摘もある。(2016/8/30)

Virginのリチャード・ブランソン会長「死ぬかと思った」──自転車事故で
Virgin Group会長のリチャード・ブランソン氏が自転車でのエクササイズ中に転倒して大怪我を負った顛末を自ら公式ブログで語った。(2016/8/27)

「ポケモンGO」で初の死亡事故 プレイしながら運転、女性はねる
男性は運転中「ポケモンGO」で遊んでいたと供述しているとのことです。(2016/8/24)

セキュリティ教育現場便り(6):
セキュリティベンダーが解説する「事故対応を外注するなら絶対に守ってほしいポイント」
セキュリティ教育に携わる筆者が、今本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。第6回では、「証拠保全」の具体的な注意点と無料ツールを紹介します。(2016/8/26)

世界を「数字」で回してみよう(33) 人身事故:
鉄道人身事故に打つ手なし!? 数字が語るその理由
鉄道への飛び込みはどうもお手軽らしい。それは前回、明らかになりました。もしかすると鉄道会社はそれを体感的に知っているのかもしれません。対策を取ろうとは、しているのです。ところが、これは遅々として進みません。なぜか――。その理由は、ちゃんと数字が伝えてくれているのです。(2016/8/24)

東京メトロでの視覚障害者転落事故に関し日盲連が声明 「転落防止柵設置の徹底」「歩きスマホの禁止」など13項目の対応を要求
事故現場の銀座線青山一丁目駅は、転落防止用のホームドアが未設置だった。(2016/8/23)

IoTデバイスの開発秘話(1):
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
2016年1月に起こった軽井沢のスキーツアーバス転落事故以降、長距離高速バスや貨物自動車の安全対策が問題視されている。ドライバーの居眠り対策もその1つだ。そうした中で富士通は、居眠り検知のウェアラブルセンサーとして「FEELythm(フィーリズム)」の展開を始めた。FEELythmが面白いのは、腕でもなくメガネとしてでもなく、“耳たぶ”に装着することだ。なぜ、耳たぶを選択することになったのだろうか。FEELythmの販売推進に携わっている楠山倫生氏に話を聞いた。(2016/8/16)

自動運転中の死亡事故を受け:
TeslaとMobileyeの関係は終わったのか
Tesla Motorsの「Model S」で、自動運転中に死亡事故が発生した。同社にビジョンプロセッサを提供していたMobileyeはこれを受け、Teslaへのチップ供給は現行の「EyeQ3」で終了する予定だと発表した。MobileyeのCTOは、半導体メーカーと自動車メーカーの関係性は変わる必要があると述べている。(2016/8/5)

東京メトロ、ベビーカー引きずり事故の再発防止策を追加 シミュレーターから実車訓練に
東京メトロが、電車がベビーカーを挟んだまま走行した事故をめぐり、追加の対策を発表。車掌見習い向けの訓練内容の見直し、対応マニュアルの改定などを盛り込む。(2016/8/4)

Automated Vehicle Symposium 2016レポート:
自動運転技術の進化に浮かれてはいけない、“安全第一”に舵を切った米国政府
1年で風向きが一気に変わった――。米国で例年開催されている自動運転に関するシンポジウム「Automated Vehicle Symposium 2016」。直前に起きたTesla Motorsの自動運転機能付きモデルの事故の影響もあり、米国の政府関係者らは“Safety First”を強く打ち出す姿勢を取り始めた。3日間のシンポジウムを取材した筆者のレポートをお送りする。(2016/8/4)

80年前に事故死したベルギー王 現場の血痕をDNA分析
血痕は王のものと確認され、「別の場所で殺害され、遺体が移動された」という陰謀論はあり得ないものとなったと研究チーム。(2016/8/2)

飼い主が事故死した自動車で生活する犬、仲良くなった男性が引き取ることに ブラジルの動物保護団体が発表
廃車置場で何ヶ月も孤独な日々を送っていました。(2016/8/1)

「ピカチュウ見せれば10%引き」の店も 「Pokemon GO」1週間、ビジネスチャンスもトラブルも
Pokemon GOの国内配信開始から1週間。経済効果を見込む企業などがある一方、操作に気を取られた交通事故が相次ぐなど、波紋も広がっている。(2016/7/29)

エネルギー管理:
停止中の「柏崎刈羽原発」では何が行われているのか
全原子炉が停止している東京電力の「柏崎刈羽原子力発電所」。現在も原子力規制委員会による安全審査が続いているところだ。同発電所では2011年に起きた福島第一原発での事故を受け、これまでどういった安全対策を進めてきたのか。内部を取材した。(2016/7/29)

「あわてて立ち止まらなくてもポケモンはすぐには逃げません」 消費者庁と総務省、Pokemon GOに注意喚起
「あわてて立ち止まらなくても、ポケモンがすぐ逃げてしまうわけではありません」――消費者庁と総務省が、「Pokemon GO」プレイ中の事故に注意を呼び掛ける文書を発表した。(2016/7/27)

ブレーキを踏んだが間に合わなかった―― ポケモンGOで計3台の玉突き事故発生、全国的にも事故相次ぐ
社会現象ともなっている「ポケモンGO」、事故には気を付けましょう……。(2016/7/25)

「ポケモンGOは危険なゲーム」架空生物に現実世界が大迷惑、開発者も当惑?
「ポケモンGO」の配信が日本でも始まった。架空の生き物「ポケモン」を現実世界で探し歩く新しい遊び方で、利用者数を記録的に伸ばす半面、熱中のあまり事故や事件が多発し、所構わず出没するプレーヤーのマナー違反に多くの人々が眉をひそめる。(2016/7/25)

「人間が交通事故も生き残れるように進化したら」を具現化したら恐ろしい姿になった
オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。(2016/7/24)

国民的英雄がなぜ容疑者に? アカデミー賞期待のクリント・イーストウッド×トム・ハンクス映画、ポスター解禁
155人全員生還した1549便不時着事故、ヒーローとなった機長の、語られなかった裏のストーリー。(2016/7/22)

近大学生がポケモンGOで事故のウワサ → 広報「救急車は呼んだが、ポケモンGOによる事故ではない」
ポケモンGOに関する取材が入っていたため、混同されてしまったのかも?(2016/7/22)

運転中に「ポケモンGO」をプレイしパトカーに衝突 米警察が事故動画を公開
道路脇に停車していたパトカーに衝突。(2016/7/21)

セキュリティ担当者の模擬訓練として使える:
インシデント対応を学べる“ボードゲーム”、トレンドマイクロが無償公開
トレンドマイクロは、企業のセキュリティ担当者を対象としたボードゲーム形式の学習教材「インシデント対応ボードゲーム」を公開した。セキュリティ事故に備えた模擬訓練に使えるという。(2016/7/22)

「Pokemon GO」日本上陸秒読み 夏休み控え学校ピリピリ JRはホーム転落を警戒
日本の配信が秒読みとみられるPokemon GO。先行配信された国では“歩きスマホ”による事故やマナー違反などトラブルが続発し、社会問題に発展している。日本では子供たちの安全確保のため、関係者の間で緊張が高まっている。(2016/7/21)

標的型攻撃による情報漏えいからビジネス、システムをどう守るか?:
PR:「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
標的型攻撃による情報漏えい事故が相次いで発覚したことを受け、多層防御も含めた、より強固な対策が求められている。その1つとして注目を集めているのが業務システム環境とインターネット接続環境を分ける「インターネット分離」だ。既存の業務システムの使い勝手を阻害せず、またユーザーに負担を掛けることなくインターネット分離を実現するポイントとは何か。(2016/8/9)

トレンドマイクロ、セキュリティ対策のボードゲームを無償リリース
標的型サイバー攻撃などによる事故発生時にどう対応すればよいかが疑似体験できる。(2016/7/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。