ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」最新記事一覧

砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
砂浜に炭を埋めるのは絶対にやめてください。(2017/8/19)

損保ジャパン日本興亜、事故受付や支払いの対応にAI導入
損害保険ジャパン日本興亜は、保険金サービスの品質向上と業務効率化を目指し、NTTコミュニケーションズの音声認識技術を活用した「AI音声認識システム」を導入する。(2017/8/17)

Amazon、「ハンドスピナー」出品に安全基準 海外では事故報告
人気の玩具「ハンドスピナー」について、アマゾンジャパンが、業界団体が定めた安全基準を満たした製品を販売するようメーカーなど出品者に求めていることが分かった。(2017/8/9)

急な大雨「ゲリラ豪雨」の予測はできる? 災害や事故に遭わないために知っておきたいこと
専門家の方に聞いてみました。(2017/8/7)

ローラー部に衣服が巻き込まれ…… マッサージ器の不適切な使用による死亡事故発生、厚労省が注意喚起
ローラー部の布を外して使用していたため、衣服が巻き込まれた。(2017/8/1)

高速道路での逆走対策にサーマルカメラ活用
死亡事故が多発している高速道路の逆走。対策のために米アリゾナ州が採用したのはサーマルカメラだった。(2017/8/1)

警備ロボットが噴水に転落した事故、開発元が原因を発表
仕事が嫌になって飛び込んだわけではなかったようです。(2017/7/30)

スマホやノートPCのリチウムイオンバッテリー事故が近年急増 リコール情報や使用法の再確認を
製品評価技術基盤機構が注意を呼びかけています。(2017/7/29)

ドライアイスの使用に関して消費者庁が注意喚起 凍傷以外にも容器破裂や酸欠も
見落としがちな事故事例を挙げています。(2017/7/27)

ギネス記録の最年長マナティー「Snooty」、69歳で事故死
配管のメンテナンスにのみ用いられる水中エリアで発見されたとのこと。(2017/7/26)

2015年12月〜16年10月に販売:
スマホ「UPQ Phone A01X」焼損のおそれ バッテリー自主回収
UPQのAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」のバッテリーが焼損事故のおそれ。交換と自主回収を7月24日から実施する。(2017/7/24)

「UPQ Phone A01X」付属バッテリーの交換手続き開始
バッテリーとソフトウェアの充電制御に起因する焼損事故が発生した「UPQ Phone A01X」。原因の1つであるバッテリーの交換手続きが始まった。(2017/7/24)

隅田川花火大会、AIがSNS投稿を監視 警備に活用
「第40回 隅田川花火大会」では、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を監視。会場周辺の事故などの情報をリアルタイムで抽出し、警備に役立てるという。(2017/7/21)

テスラも不具合を否定:
テスラEVの衝突事故、運転手は自動運転機能との関連否定
Tesla(テスラ)製EVが米ミネソタ州で衝突事故を起こした問題で、運転手は自動運転機能を使用していなかったと説明しているという。(2017/7/18)

Tesla車の事故は「自動運転機能のせいではない」 運転者が当初説明を撤回
Autopilot作動中の事故ではなかった。(2017/7/18)

TBS「音楽の日」でモー娘。歌唱中にCM突入の放送事故 異例の対応にファンは「2回見れた」と前向き
モーニング娘。'17ファンの懐の広さ。【訂正】(2017/7/16)

宇宙飛行士の相棒ロボットへ JAXA初の自律移動型球体ドローン「Int-Ball」の映像が公開
緊急時の事故現場の調査などにも利用される予定です。(2017/7/15)

道路が粘液でぬるぬる地獄に トラックが横転してヌタウナギが路上に散乱する事故がアメリカで発生
重傷者はいないとのこと。(2017/7/15)

エスカレーターでの車いす支援手引き、香川県社会福祉協議会がサイトから削除 事故を受けて
もともとは障害者の介助方法を載せた手引き書でした。(2017/7/13)

宅配ボックスに子どもが閉じ込められる事故 国民生活センターが注意喚起
夏場は特にご注意を。(2017/7/7)

IoTとデータ分析で安全を守れ
軽井沢スキーバス転落事故から始まった世界の安全対策プロジェクト
15人の死亡者を出した軽井沢スキーバス転落事故をきっかけに、IoTとデータ分析を利用した安全対策プロジェクトが各国で始まっている。(2017/7/6)

米機関が調査結果を公表(後編):
テスラの死亡事故、詳細は分からないままなのか
米国家運輸安全委員会(NTSB)が発表した、Tesla Motors(テスラ・モーターズ)「Model S」による死亡事故の調査報告書には、車載カメラが記録していた内容について詳細が書かれておらず、失望の声が上がっている。(2017/7/5)

米機関が調査結果を公表(前編):
テスラの死亡事故、ドライバーに何度も警告
2016年、自動運転モードで走行していたTesla Motors(テスラ)「Model S」が大型トレーラーと衝突し、Model Sのドライバーが死亡するという事故が発生した。“自動運転中の初の死亡事故”ということで大きな話題を呼んだこの事故について、米国家運輸安全委員会は、500ページに上る調査結果を公表した。(2017/7/3)

運動靴の「靴底の剥がれ」が原因で転倒する事故が発生 消費者安全調査委員会が注意を呼びかけ
長期間経ってから履く際には注意が必要です。(2017/7/1)

Over the AI ―― AIの向こう側に(12):
力任せの人工知能 〜 パソコンの中に作る、私だけの「ワンダーランド」
私はこれまで、人口問題や電力問題、人身事故などさまざまな社会問題を理解するためにシミュレーションを利用してきました。シミュレーションは、AI(人工知能)という概念を飛び越えて、「人間が創造した神」と呼べるかもしれません。今回は、シミュレーションに最適なAI道具の1つとして、「オブジェクト指向プログラミング」を解説します。これは、PCの中に“私だけのワンダーランド”を力任せに作る技術ともいえます。(2017/6/30)

「被災地再生はドローンの活用が必要不可欠」 南相馬市が楽天とタッグ、その狙いは
「ドローンの活用が必要不可欠」――福島第一原発事故で人口が流出した南相馬市が、楽天とタッグを組む。その狙いは。(2017/6/29)

「飛行機が無事飛びますように」 80代女性がお祈りのため小銭をエンジンに投げ込み、フライトが5時間遅延
あわや大事故。(2017/6/28)

「UPQ Phone A01X」のバッテリー交換は7月に開始 詳細な日程・手順は「開始時にご案内」
メーカーが把握しているだけで4件の焼損事故が発生している「UPQ Phone A01X」。その対策の1つとして公表されていた「バッテリー交換」が7月から開始する運びとなった。具体的な日程と手順については「開始時にご案内」するとしている。(2017/6/26)

進まぬ業界の合意形成:
タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換ルールなど課題
異常破裂のおそれがあるエアバッグの大量リコールで巨額の潜在債務を抱えるタカタが民事再生法の適用申請による再建に動き出す。だが最初のリコールから8年余りたった今も、肝心の事故再発防止策をめぐる業界内での合意づくりは進んでいない。(2017/6/26)

自動運転車の事故でも保険支払い 損保ジャパン日本興亜
自動運転機能を持つ車が欠陥や不正アクセスなど、運転者に責任がない状況で事故を起こした場合でも保険が支払われる「被害者救済費用特約」を新設する。(2017/6/23)

「スパイダーマン、自動車教習所に行く」の巻 アウディーとのコラボCMが運転へたすぎてハチャメチャな展開に
運転支援機能のおかげで、奇跡的な無事故運転。(2017/6/21)

保険会社は……:
ハイテク化で事故激減 車の保険料もっと下がる?
車の安全性能は今後も上昇する見通しで、保険料のさらなる値下げに期待したいところだが、保険料は変わらないとの声も。(2017/6/21)

ハイテク化で事故激減 自動車の保険料さらに下がる? サイバー攻撃で遠隔操作されたら?
任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が14年ぶりに引き下げられた。背景にあるのが車のハイテク化による事故の減少だ。(2017/6/21)

太陽光:
住宅太陽光発電、作業時の転落事故を防ぐために
住宅屋根の上での施工・メンテナンス作業時に発生する作業員の転落事故が後を絶ちません。転落事故防止策として有効な「安全帯」装着の必要性と、適正な製品選びのポイントについて解説します(この記事は「O&M Japan」からの転載記事です)。(2017/6/16)

「なんで車が飛んでくるのか……悲鳴」 添乗員、事故の瞬間を語る 運転手の夫は重傷
東名高速で乗用車が観光バスと衝突した事故で、バス添乗員で運転手の妻・山本梅予さんが記者会見し、当時の状況を振り返った。(2017/6/15)

東名バス事故、大惨事を救ったのは「フレーム」だった 専門家が指摘
東名高速の衝突事故で、乗用車はバス前部の強度の高いフレーム部分にぶつかっていた。これによってバス側の被害が軽減されたと専門家は指摘している。(2017/6/14)

衝撃的被曝で「ずさん」続々 核物質26年放置 除染不十分 汚染室内に3時間……
「大洗研究開発センター」の被曝事故で、数々の「ずさん」が露呈している。(2017/6/13)

盛り土か:
東名事故 なぜ中央分離帯を乗り越えられた?
高速道路で乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んだ事故。専門家らも前代未聞の映像に驚く。(2017/6/12)

東名事故、車はなぜ中央分離帯を乗り越えた?
高速道路で乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んだ事故。車はなぜ中央分離帯を乗り越えられたのか。(2017/6/12)

東名高速観光バス事故、バス会社が事故の瞬間映像を公開して状況を説明
これは避けようがない。(2017/6/11)

【動画あり】ブタが高速道路で逃走 捕獲作業大わらわ
阪神高速道路の上り線で8日、家畜運搬用トラックが衝突事故。ブタ約20匹が道路上に逃げ出した。(2017/6/9)

あえて折れやすい傘を作る逆転の発想! 突風などによる転倒事故を防いでくれる「ポキッと折れるんです」が使えそう
傘の骨が折れても、開き直すだけで元通り。(2017/6/9)

国交省、規制検討:
「2つの法の隙間」で事故・迷惑運転多発の公道カート
外国人観光客らに人気がある公道でのカート走行の安全対策強化のため、国土交通省は道路運送車両法の保安基準を改正する方向で検討を進める。(2017/6/5)

事故多発の公道カート、保安基準の改正検討へ 「法律の隙間に網を」
公道でのカート走行の安全対策強化のため、国土交通省が道路運送車両法の保安基準を改正する方向で検討を進めることが分かった。(2017/6/5)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第9回】
持ち帰り残業のせいで情報セキュリティ事故? 働き方改革に必須の情報漏えい対策
持ち帰り残業は、労務上もセキュリティ面でも大きな問題です。従業員が業務データを個人のオンラインストレージへ持ち出すといった問題を放任していると、情報漏えいのリスクにつながります。(2017/5/31)

眼電位から眠気を推定する技術も:
たった60秒で精神状態を見透かす映像処理技術
東芝情報システムは「運輸・交通システムEXPO 2017」で、顔や頸部の微妙な振動から感情を読み取る技術や、眼球の動きから眠気を検知する技術など、飛行機やバス、電車などの事故や事件を未然に防ぐための技術を出展した。(2017/5/30)

自動運転技術:
事故でよくある“あのパターン”を回避する自動運転の要素技術を確立
三菱電機は、車両間通信を活用することで他車の検知情報を活用し、1つの自動車だけでは見えない死角を補うことで、安全に自動運転を行える技術を開発した。2021年度の事業化を目指し、研究開発をさらに進める。(2017/5/30)

スマホ「UPQ Phone A01X」の焼損を防ぐファームウェア配布 充電時のバッテリー過熱で火災事故
利用者の方は、必ず更新を。(2017/5/29)

PR:“歩く放送事故”こと平野レミがまたもや大暴走 「モテるキウイスイーツ」を作ろうとした結果が完全にコント
まさにツッコミが追い付かない状態。(2017/6/1)

A02は「発売見合わせ」:
「UPQ Phone A01X」の焼損事故対策が決定 ソフト更新+バッテリー交換で対応
「UPQ Phone A01X」で4件(メーカー発表)発生した焼損事故。その原因が「バッテリー」と「充電制御」にあることが最終的に特定できたことを受けて、同端末のソフトウェア更新とバッテリー交換が決定した。本件を受けて「UPQ Phone A02」は発売を見送ることになった。(2017/5/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。