ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「著名人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「著名人」に関する情報が集まったページです。

マスク氏も言及:
Twitter上に急増する「フェイクアカウント」、仮想通貨を要求
ここ数カ月、Twitter上で著名人のふりをした「フェイクアカウント」が仮想通貨を要求する詐欺行為が横行している。(2018/7/10)

番宣に特化した広告商品:
Ameba、芸能人・有名人ブログポータルでテレビ局向けの広告商品を提供
サイバーエージェンが運営する「Ameba」は、IPGと共同で開発したテレビ番組訴求に特化した広告メニュー「Ameba SP TVAD」の正式販売を2018年7月より開始した。(2018/7/3)

ディルバート(559):
名言か迷言か
アシュックのように、信奉する著名人の名言を取り入れてみると、なんだか自分の発言がカッコよく聞こえる……ような、聞こえないような……。(2018/6/21)

Amebaのスキル販売サービス「REQU」 著名人ら100人参加でスタート
Amebaのスキル販売サービス「REQU」がスタート。まずは著名人やインフルエンサー約100人がおのおのの特技や趣味のスキルを販売する。(2018/6/14)

常見陽平のサラリーマン研究所:
西城秀樹さんの訃報を聞いて、 “Webおくりびと”の言動を考える
著名人が亡くなると、気になることがある。Web上で、著名人のことをあれこれ書く人たちのことである。ひたすら悲しみをつづったり、思い出を書いたり、うんちくを披露したり。筆者の常見氏はこうした発言に異論を唱えているわけではないが、「何かが足りない」と感じている。その何かとは……。(2018/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
まるで本物 「ディープフェイク」動画の危険性
欧米で新たなテクノロジーを使ったフェイクニュースが出現している。それは、実在の有名人を使って偽物の動画を作成する「ディープフェイク」だ。その危険性とは……(2018/5/10)

香取慎吾、佐藤二朗らも被害に 有名人のツイートに「そっくりな名前とアイコン」で宣伝をぶら下げる“新型なりすまし”が横行
見かけても絶対にリンクを踏んだり、LINE@に友達登録しないよう気を付けましょう。(2018/4/14)

Twitterの“青バッジ”、誰でも取得できるようにするとドーシーCEO
Twitterのジャック・ドーシーCEOが、著名人のアカウントに付く青い認証済みバッジを、将来的には本人であることを証明すれば誰でも取得できるようにすると語った。(2018/3/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

「聞き出す力」:
“プロインタビュアー”が伝授する、「深い話」を聞くための職人技
有名人の素顔に迫る書籍を書き続けている“プロインタビュアー”吉田豪さん。吉田さんはなぜ海千山千の猛者たちから深い話を聞くことができるのだろうか。そのノウハウがまとめられているのが、吉田さんの著書「聞き出す力」だ。(2018/2/5)

AIで有名人に顔を差し替えたフェイクポルノの投稿が増加
削除の動きも。(2018/2/1)

ある有名人の話で100%怒る? 「本気で北海道民を怒らせる言葉」漫画が「その通り」「ガチです」と話題に
絶対言ったらダメ……!(2017/12/30)

PR:「お前有名人じゃん」と言われたい 優勝者は“りかりこ”と共演チャンス! ワイモバイルとMixChannelが「ワイモバ学園ダンスコンテスト」開催
参加するには、2018年1月9日までに応募したうえで、1月9日から16日までにライブ&動画コミュニティアプリ「MixChannel」からダンス動画を投稿・配信。(2017/12/27)

セクハラ告発「#MeToo」日本でも広がる 加害認め謝罪する著名人も
SNSなどを通じてセクハラ被害を告発する海外発の動き「#MeToo」が日本でも広がっている。はあちゅうさんによる告発がきっかけだ。加害者と名指しされた著名人が謝罪する動きも出ている。(2017/12/20)

悩める君に贈るガツンとくる言葉:
「会社に行きたくない」「異性に振られた」――そんな社会人を“ガツンと”助ける名言集
仕事でもプライベートでも、ビジネスパーソンの苦悩は尽きない。コラムニストの石原壮一郎さんは、著書「悩める君に贈る ガツンとくる言葉」の中で、著名人の名言を交えつつ、読者の相談に丁寧に答えている。(2017/12/11)

モバイル版Google検索、セレブへの質問に本人が動画で答える新機能
モバイル版Google検索で人気女優や著名人の名前を検索すると、本人がセルフィーモードで質問に答える動画が表示されるサービスが米国で始まった。まずはウィル・フェレルやアリソン・ウィリアムズなど12人のセレブの動画が公開された。(2017/12/8)

Twitter、差別主義者に青バッジ→炎上→青バッジシステム停止
Twitterが、著名人が本人であることを示すためにアカウントに与える青い認証バッジを白人至上主義者に提供したことで批判を受け、現在認証済みアカウントシステム自体を停止している。(2017/11/10)

Apple、「パラダイス文書」による同社の租税回避説は不正確だとして反論を公開
著名人や大企業の租税回避に関するリーク資料「パラダイス文書」で新たな租税回避を指摘されたAppleが、公式に反論した。タックスヘイブンである英領チャネル諸島のジャージー島での子会社開設は税金逃れのためではないとしている。(2017/11/7)

米大統領の公式アカウントも被害に?:
Instagramのハッキング被害、著名人だけでなく600万IDもの一般ユーザーも被害に遭っている可能性
Instagramで発生したアカウントハッキング被害は、著名人だけでなく一般ユーザーも被害に遭っていた可能性があることが分かった。(2017/9/6)

Instagramの著名人アカウントがハッキング被害、個人情報が流出
Instagram APIのバグが悪用され、複数の著名Instagramユーザーの個人情報が何者かに不正アクセスされた。(2017/9/1)

アニメ「ポケモン」の思い出に残るエピソードを10回限定で再放送
芸能人、著名人が思い出に残るエピソードを選出して再放送します。1週目は第1話「ポケモン!きみにきめた!」。(2017/7/21)

通知が殺到しているときに便利 Twitterで通知欄のミュートがより細かく設定できるように
「お前有名人じゃんwww」ってなっているときに使える。(2017/7/11)

Yahoo!検索にInstagramユーザー検索機能 著名人のアカウントや投稿が閲覧可能に
Yahoo!リアルタイム検索では、Twitter・Facebook・Instagramの横断検索ができるように。(2017/6/28)

有名人によるInstagramの宣伝投稿が「タイアップ投稿」と表示されるように 投稿の背景を明確化へ
健全なコミュニティーを実現するためだとしています。(2017/6/15)

デザインフェスタvol.45:
今すぐ冒険に出られそうな革製「ショルダーガード」がかっこよすぎ! 名だたる有名人がかぶった伝説の兜も登場
今まで見た革製品で一番かっこよかった。(2017/5/28)

だれでも流行りの有名人になれる!? 自然なはめ込みコラージュが作れる画像編集アプリがTwitterで話題に
簡単に満足度の高いオリジナル画像が作れる加工アプリです。(2017/2/21)

おうちのネコと有名人が共演!!  南條愛乃や福山潤がナレーションする「食レポCMメーカー」が登場
ナンジョルノ「お兄ちゃん! ごはんまだぁ〜! こうなったらいたずらしちゃうぞ!」(2017/2/6)

“著名人パワー”で急成長:
一般開放のLINE BLOG 国内ブログ市場でいかに勝つ?
LINEがブログサービス「LINE BLOG」を一般ユーザーにも開放し、ネット業界の注目を集めている。“著名人パワー”で急成長したLINE BLOGは、群雄割拠状態の国内ブログ市場で勝てるのだろうか。(2016/11/16)

LINE BLOGが一般開放スタート LINE絵文字や30種のフォントで豊かな表現が可能
著名人向けだったブログサービスが全LINEユーザーへ。(2016/11/14)

ピーター・ティール氏、トランプ氏の政権移行チームに参加とのうわさ
米大統領選で、シリコンバレーの著名人としてはほぼ唯一トランプ氏支持を表明してきた億万長者のピーター・ティール氏が、次期大統領の政権移行チームに参加すると報じられた。(2016/11/11)

アンチ・トランプ氏公開書簡に署名したIT著名人の大統領選後のツイート集
7月にドナルド・トランプ氏の大統領選立候補に反対する公開書簡に署名したIT著名人らが、トランプ氏当選決定後にどんなツイートをしたかチェックしてみた。(2016/11/9)

記録的な炎上の年――2016年の謝罪成功者は?
年明け早々、芸能人謝罪会見で始まった2016年。その後も有名人による会見が相次ぎました。なぜ謝罪に注目が集まったのか、その背景と謝罪に「成功」した人は誰なのかを考えてみましょう。(2016/11/2)

検索すると「ウイルスやマルウェアに感染する確率」を算出:
ネット検索すると「最も危ない有名人」は、誰?
インテル セキュリティが、2016年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」の結果を発表した。有名人のゴシップにつられるユーザー心理を悪用して、マルウェアを仕掛けたサイトに誘導する手口に警鐘を鳴らす。(2016/10/6)

ネット検索で危険な有名人、ジャスティン・ビーバーらが上位に
インターネット検索からマルウェア感染サイトなどに誘導される危険性の高いセレブのトップ10とは――。(2016/10/5)

「こち亀」完結に寄せたアニメ版楽曲メドレー ニコ生有名人の演奏に“あのころ”がよみがえる
オープニングの注意喚起やアイキャッチまで再現。(2016/9/7)

まぐまぐ、コンテンツプラットフォーム「mine」開始 まずは著名人や人気テレビ番組のコンテンツを配信
メールマガジンサービス大手のまぐまぐが、クリエイターが単発でコンテンツを配信できるプラットフォーム「mine」をオープンした。(2016/9/1)

漱石から子規へのハガキ、幕末志士の署名 著名人120人の「直筆」を国会図書館がデジタル資料で公開
特集サイト「あの人の直筆」。あの歴史上の偉人は、文字もイメージ通り?(2016/8/31)

著名人のアカウント発信をサポート:
「Ameba」が著名人のSNS発信を支援する専門組織 「セレブリティマーケティングスタジオ」を設立
サイバーエージェントの「Ameba」は、著名人のソーシャルメディアを活用した発信をサポートする専門組織「セレブリティマーケティングスタジオ」を設立した。(2016/9/1)

有名人の人間関係が丸分かり!? AI搭載の人物検索「あのひと検索SPYSEE2」公開
ネット上の情報を解析し、人物同士のつながりや関連キーワードなどを可視化する人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」が公開された。(2016/8/17)

ビッグローブ、30周年記念キャンペーンを実施――BIGLOBEスマホ30年分無料など
ビッグローブは、7月25日に30周年を記念した特設サイトをオープン。豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンやビンゴ、著名人インタビューなどを行う。(2016/7/25)

ナイツ塙にはなわ、エガちゃん忍者も 佐賀県が作った“朝食”の時代劇がカオスだけどお腹空いてくる
優木まおみさんなど同県出身の有名人たちが出演しています。(2016/7/21)

「なぜ有名人はTwitterをやらないのか」 映画「ゴーストバスターズ」女優、SNSでひどい差別を受け離脱
サタデー・ナイト・ライブで人気となった実力派。(2016/7/20)

青いバッジがもらえるかも:
Twitter、アカウント認証リクエストを立ち上げ
Twitterがこれまでは著名人や企業に一方的に与えてきたホンモノの証、青い認証バッジを、ユーザー側からリクエストするプロセスが開設された。リクエストするには多くの条件があり、認証されるのは「公共の利益を目的としたアカウント」とされている。(2016/7/20)

「トランプ氏はイノベーションにとっての災厄」──IT業界の140人が公開書簡に署名
エヴァン・ウィリアムス氏、スティーブ・ウォズニアック氏、ヴィント・サーフ氏らをはじめとする140人の米テクノロジー業界の著名人が、「ドナルド・トランプ氏の立候補に反対する」という公開書簡に署名した。(2016/7/15)

EU離脱で騒然とする英国、著名人らも動揺を隠せず ハリポタ作者「今日ほど魔法が使いたかったことはない」
アーティストらは残留支持が多かったよう。(2016/6/25)

史上最高にドキドキな米大統領選! セレブたちはどの候補者を支持?
レディー・ガガやジョニー・デップ、マイク・タイソンなどさまざまな有名人が各候補者への支持を表明。(2016/6/9)

チューバッカファンの女性がFBでブレイクし一躍有名人に "中の人"と夢の対面を果たす
公開した動画の再生回数は1億5000万回を超え、評判が評判を呼び夢が実現。(2016/6/6)

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた
糸井重里さんに至っては本人が降臨。(2016/5/25)

やっぱりアイツが最強:
「何で私のツイートがバズってるの?」 その裏側を図解してみた
有名人でもない人のツイートが一気に拡散するのはなぜなのでしょう。“バズる”仕組みを解説します。(2016/5/21)

VRに関係しない業界はない:
「VR(Virtual Reality)」がテクノロジー系展示会を乗っ取った日
2016年に行われたテクノロジー系展示会はVRが圧巻!? 各展示会に参加した著名人に、VRの現状を聞くイベントが開催されました。(2016/4/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。