ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ライブ中継」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

テレビがないときにはYouTubeで「地震」を検索 ユーザーが24時間災害情報を生放送中
PC、スマホで早い情報が欲しい場合に。(2018/6/18)

ソシオネクスト M820L:
「ニコ生」を強化するコーデックモジュール
ソシオネクストがドワンゴと共同で「ニコニコ生放送」のサービス機能を強化する、映像データトランスコード処理システムを開発した。(2018/6/18)

海賊版サイト対策の討論会、22日にニコ生で 川上量生氏、JAIPA副会長など参加
ドワンゴとJAIPAは共同で、海賊版サイト対策に関する討論会を22日夜に「ニコニコ生放送」で配信する。カドカワ社長の川上量生氏やJAIPA副会長の立石聡明氏などが参加する。(2018/6/13)

「今回も見つける」 浦環教授に聞く、若狭湾に眠る旧日本海軍のUボート「呂500」を探す理由
貴重な「沈没潜水艦探索の様子」を生中継、6月18日6時からニコ生で放送。発見なるか?(2018/6/13)

iPhone XとコントローラーだけでバーチャルYouTuberを配信 ワンダーリーグの「アニコン」
ワンダーリーグは、バーチャルYouTuber配信者向けの撮影・配信ソリューション「アニコン」を7月に発売。iPhone Xとコントローラー1本で3Dモデルをリアルタイムに操作し、SNSのライブ配信できる。価格はお試し版「アニコン・ライト」が4万8000円から。(2018/6/12)

ニコニコ生放送で海賊版サイト対策に関する討論会を実施 ドワンゴとJAIPAが共催
インターネットの在り方を問うほどの騒動となった海賊版サイト問題について、専門家たちが討論します。(2018/6/12)

組み込み採用事例:
高画質データの高速処理システムで「ニコ生」の機能を強化
ソシオネクストとドワンゴは、「ニコニコ生放送」のサービスを強化する映像データトランスコード処理システムを共同開発した。従来の構成と比較して2倍以上の処理能力を持ち、多数のユーザーが高画質で配信・視聴可能になる。(2018/6/11)

ゲーム動画配信の「OPENREC.tv」 カプコンと著作物利用契約 「ストリートファイターV」配信者に収入還元
ゲーム動画配信の「OPENREC.tv」がカプコンと著作物利用に関して合意。ライブ配信を通して「ストリートファイターV」シリーズでの収益化が可能になった。(2018/6/5)

ニコニコ生放送で「実験放送」 新機能をテスト
ニコニコ生放送で「実験放送」がスタート。「ニコニコ新市場」や動画の引用機能をテストする。(2018/5/31)

試合開始10分前にプッシュ通知、「DAZN」にリマインダー機能
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)で、設定した試合の放映開始をプッシュ通知で知らせる「リマインダー機能」の提供が始まった。(2018/5/29)

グリー、ライブ配信「Stager Live」提供元に出資 VTuber事業で
VTuber事業に参入したグリーが、日本やアジア各国でライブ配信サービス「Stager Live」を提供するNewestage(ニューイーステージ)に出資した。(2018/5/25)

ソシオネクスト M820L:
ニコニコ生放送にも採用されたハイブリッドコーデック
ソシオネクストは、ハイブリッドコーデック「M820L」を発売した。画質や解像度が高く、チャネルの多い映像データのデコードやエンコードをはじめ、リアルタイム解析で抽出した情報を映像データに統合するなど、高度な映像処理ができる。(2018/5/24)

niconico、“投げ銭”導入へ 新バージョン(く)は6月28日から
ドワンゴが「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」の改善計画を発表。回線の増強や投げ銭機能の実装などを行う。(2018/5/23)

2D VTuberの3D化を支援! クラスターとマクアケがプロジェクト発足
募集要項として、「VTuberとして動画投稿、ライブ配信を行っていること」「YouTubeチャンネル登録者数1万人以上」が必要。(2018/5/22)

「ちょっとここ通りますよ〜」 マイペースわんこが天気予報の生放送に乱入するハプニング
このマイペースさを見習いたいものです。(2018/5/19)

J2、J3リーグの試合、Facebookで配信 「DAZN」が協力、6月中旬から
フェイスブックジャパンと「DAZN」運営元の英Perform Groupが、明治安田生命J2リーグとJ3リーグの試合を対戦クラブのFacebookページでライブ配信する。6月中旬から無料で視聴可能。(2018/5/18)

「銀河鉄道999」が実写ドラマに メーテル役は栗山千明さん
生放送ドラマをBSスカパー!で放送。(2018/5/15)

ドコモが5月16日12時から「新サービス・新商品発表会」を開催 ライブ配信も実施
NTTドコモが、2018年夏商戦に向けた新サービスと新商品の発表会を開催することを明らかにした。その模様はYouTube LiveやTwitterなどでライブ配信される予定だ。(2018/5/9)

ニコニコ動画・生放送、「4月末までの改善計画」全て対応
ドワンゴは「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」について、会員登録やログインなしでの視聴など、4月末までに改善を予定していた項目に全て対応したという。(2018/5/2)

「NEWS TV」がリニューアル:
おおつねまさふみ氏が「NEWS TV」でレディ・プレイヤー1やネットリテラシーについて語り尽くした1時間
ITmedia NEWS編集部のライブ放送「ITmedia NEWS TV」がリニューアル。スペシャルゲストにMiTERU代表取締役のおおつねまさふみ氏が登場した。(2018/4/24)

4月24日18時30分ごろ放送:
【番組告知】NEWS TVがリニューアル 初回はスペシャルゲスト・おおつねまさふみ氏が生出演 ネット炎上語る
ITmedia NEWS編集部が送るライブ放送「ITmedia NEWS TV」。毎週火曜日と金曜日の18時ごろから、人気記事や注目記事の取材裏話、記事に書ききれなかったこぼれ話を編集記者が直接お届けします。(2018/4/24)

グリー、「VTuberファンド」事業を開始 投資総額40億円でクリエイターを支援
既に3Dアバターを使ったライブ配信システムの開発元へ投資しています。(2018/4/17)

「niconicoの本気を見た」 VTuber需要狙う「バーチャルキャスト」で復権なるか
「niconicoの本気を見た」――ドワンゴの「バーチャルキャスト」が好評だ。VR空間でバーチャルキャラクターになりきり、ライブ配信できる新サービスは、高まるVTuberの需要にフィットするか。(2018/4/16)

ドワンゴ、VRでキャラクターになりきれる「バーチャルキャスト」発表 ライブ配信や複数人のコミュニケーションに対応 実際に体験してみた
ドワンゴが、VR空間でライブ配信やコミュニケーションを行えるサービスを提供開始した。(2018/4/13)

Twitter、「ライブ放送」後の共有動画の開始ポイントを指定する「タイムスタンプ」
Twitterでライブ放送後の動画を共有する際、再生開始ポイントを設定する「タイムスタンプ」機能が使えるようになった。(2018/3/30)

TSUKUMO、YouTubeチャンネル「ツクモゲーム配信部」でPUGBライブ配信を実施
Project Whiteは、ゲーム配信YouTubeチャンネル「ツクモゲーム配信部」でPCゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のライブ配信を実施する。(2018/3/29)

「スタジアムのような臨場感」 プロ野球の試合、VRでライブ配信 ソフトバンクが実験
ソフトバンクホークスの試合をVRでライブ配信する実証実験が始まる。VRアプリとゴーグルを使って好きな視点から視聴でき、「まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を楽しめる」という。(2018/3/22)

ニコニコ生放送でホーキング博士追悼特番 “車いすの天才物理学者”が遺した業績を振り返る
宇宙創成からブラックホールの謎、タイムトラベルの可能性など独創的な理論を次々と発表していました。(2018/3/14)

「AbemaTV」に新アニメチャンネル誕生 独占&世界最速視聴できるアニメ作品も倍増
声優さんMCによるレギュラー番組の生放送も始まります(2018/3/9)

スマホ向け「ニコニコ生放送」配信アプリ 最大2Mbps、6時間配信が可能に
配信用のスマートフォン向け「ニコニコ生放送」アプリがリニューアル。配信ビットレートが最大2Mbpsに向上し、1回あたり6時間の長時間配信が可能になった。(2018/3/5)

Twitterライブを活用:
DAZN、Twitterで「Jリーグ」公式戦を無料ライブ配信
DAZNがJリーグの試合をTwitter上で無料配信すると発表。公式アカウントをフォローした場合、毎節1試合をフルマッチで視聴できる。潜在顧客とのタッチポイントを拡大し、より多くの会員を獲得する狙い。(2018/2/20)

「プロ野球」も手中に:
スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか
DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。(2018/2/16)

ワンストップで複数のSNSに同時配信:
「企業魅力度」をベースにPRイベントのハイライト動画配信、Candeeと電通PRが共同開発
Candeeと電通パブリックリレーションズは、記者発表会などをライブ配信する動画配信ソリューション「TRUE-POST」とハイライト動画ソリューション「HIGHLIGHT-POST」を共同で開発した。(2018/2/13)

niconico、ユーザー生放送の音質向上
動画サービス「niconico」の「ユーザー生放送」配信時の音質が向上する。(2018/1/29)

4月からは誰でも見られる! 「niconico」非ログインでもコメント付き動画視聴対応へ 
プレミアム会員の生放送視聴中の追いかけ再生機能追加なども同時に発表(2018/1/26)

niconico「動画と生放送の改善計画」発表 有料会員メリット拡充、時報の一部廃止も
ドワンゴが動画サービス「niconico」で、「動画と生放送サービスの改善報告会」を配信。栗田取締役が、機能改善の計画について詳細を発表した。(2018/1/25)

niconico、プレミアム会員のメリット拡充 生放送の「追いかけ再生」など追加へ
動画サービス「niconico」で、有料会員「プレミアム会員」のメリットを拡充へ。「メリットが少ない」とのユーザーの意見を受けて改善する。(2018/1/25)

niconico「ユーザー生放送」でHD配信機能を提供開始 HTML5版プレーヤー完全移行、軽量モード機能も追加
配信プレーヤーはHTML5版に完全移行。(2018/1/23)

niconico、ユーザー生放送で「HD配信」提供 HTML5移行で「軽量モード」も追加
「niconico」の「ユーザー生放送」で、「HD配信機能」の提供が枠数限定でスタート。配信プレーヤーを「HTML5版」へ完全移行する他、「軽量モード」機能も追加する。(2018/1/23)

生配信とゲームでファンと交流 バンナムが提供する新しい動画配信サービス「&CAST!!!」
バンダイナムコエンターテインメントが動画配信サービス「&CAST!!!」の事前登録を始めた。同社のIPを活用し、ゲームも取り入れることで、配信者とファンとのコミュニケーションにつなげるという。(2018/1/22)

Candeeとセブン&アイHLDGS、日テレ7が共同企画:
「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日本テレビ系の通販番組「女神のマルシェ」と連動した「女神のライブショップ」を、2018年1月19日にライブ配信する。(2018/1/16)

三菱自動車が「生中継の深夜ディーラー」を開店 顧客体験の新施策、その狙いは?
家にいながらリアルタイムで質問OK。「そこをもっとよく見せてください」フィギュアスケーターの髙橋大輔さんも体験。(2018/1/10)

平野レミが生放送で料理「おっ立て鯛」を披露 縦になった鯛が抜群の存在感を放つ
見た目がありがたい。(2018/1/8)

pixivにライブ配信機能 お絵かきを生中継
イラストSNS「pixiv」に、絵を描いている様子を動画でライブ配信できる機能が加わった。(2018/1/5)

pixiv、ライブ配信機能をスタート クリエイターのお絵かきライブをリアルタイムで視聴可能に
最大4人まで同時視聴することもできます。(2018/1/4)

ニコニコ、ユーザーからの意見の要約を公開 改善計画の生放送も
1万件を超える意見が寄せられました。(2017/12/26)

「聖夜なので6時間みんなで念写に挑戦する」 真っ黒な画面を6時間見つめる超上級者向けニコニコ生放送爆誕
またヤバい番組が……。(2017/12/22)

クリスマスに「ひよこさん孵化」の50時間観察生中継の実施が決定 ニコニコ生放送で
命の誕生をお祝いするクリスマス。(2017/12/17)

薪クラスタ「うおおおおお」 24時間薪を燃やし続けるニコニコ生放送が復活
ユーザーコメント次第で10種類の薪を投入。(2017/12/16)

「シャンシャン何してるかな?」が可能になる 上野動物園が12月19日からジャイアントパンダのライブ配信をスタート
楽しみすぎる。(2017/12/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。