ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大河ドラマ」最新記事一覧

関連キーワード

広瀬すずがアニメーターに! NHK朝ドラ第100作目「夏空」、日本アニメの草創期を描く
脚本は連続テレビ小説「てるてる家族」などの大森寿美男さん。(2017/11/20)

どん底乗り越え日清食品を創業:
来秋のNHK朝ドラは「まんぷく」 安藤百福夫妻がモデル
来秋のNHK朝ドラは「まんぷく」に決定。数々の失敗を乗り越えて「チキンラーメン」「カップヌードル」を生み出した実業家・安藤百福さん夫妻の愛の物語だという。(2017/11/14)

NHK朝ドラ、2018年10月からは「まんぷく」 即席麺の発明者・安藤百福と妻をモデルにした人生逆転物語
テーマは「復活の物語」。(2017/11/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「大階段」でビジネスパーソンを演じる――元タカラジェンヌに学ぶ仕事に役立つ表現方法
舞台や映画を見て感動するのは、役者の表現方法が素晴らしいからだ。この表現方法を身に付けることで、ビジネスにおいても相手を感動させることができる。人々を感動させる表現方法を学ぶ。(2017/11/13)

また逸材出てきた! “日本一の美少女”高橋ひかる、「高校サッカー選手権」応援マネに就任
透明感しかない。(2017/11/10)

「粋でカッコいい!!」「艶やか」 柴咲コウ、着物でビリヤードに興じる姿がまるで“極妻”
別のタマを狙ってるようにしか見えない。(2017/11/2)

ガリレオ2ショット! 柴咲コウ&福山雅治、「KOH+」サプライズ復活にファン感動
また2人でドラマやってほしい。(2017/10/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
命を懸けて鉄道の未来を築いた時代を描く『エンジニール 鉄道に挑んだ男たち』
鉄道人情を描く漫画家、池田邦彦氏の最新作は、実在の人物である島安次郎が主人公。島は鉄道の可能性を信じ、国家の骨づくりとして取り組み、奔走した。彼を取り巻く人物や環境を通じて、日本の鉄道史と働く人々の姿が浮かび上がる。作者インタビュー後編。(2017/10/20)

「あの出会いがあったからこそ、今のボクがある」GACKT、“父”緒形拳への感謝つづる
そんな父さんに合掌。(2017/10/7)

「Excelが固まった」 14万件のデータ、手作業でまとめ……神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」の挑戦
神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」が注目を浴びている。14万件以上の寺社情報をカバーし、訪れた人から生の声が集まっている。「100年残るデータベースにしたい」と運営元は意気込む。(2017/10/6)

斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退へ NHK「早急に出演者の選考を進める」
そうなるかあ。(2017/9/21)

一番人気は「ガルパン」の大洗、次点に「ローマの休日」のイタリア 聖地巡礼に関する調査結果
調査対象が10〜70代と幅広いこともあり、新旧の作品があがっています。(2017/9/3)

「ケイコキタガワおめでとう」 北川景子の誕生日をお祝いするイモトに「交友関係うらやましすぎ」
北川さんの手には指輪が!(2017/9/2)

「おんな城主 直虎」第三十三話で“政次ロス”にかかる人が続出 「引きずってるわ」「軽く寝込んでた」
大河史上最高のラブシーンでした。(2017/8/21)

本家より強そうだな! 吉田沙保里、「ワンダーウーマン」コスで火力MAXの美女戦士になる
文句なしのワンダーウーマン!(2017/8/16)

“丸ロス”解消待ったなし 三谷幸喜脚本でNHK時代劇「風雲児たち」、片岡愛之助や草刈正雄ら出演
新納慎也さん、山本耕史さんも出演決定。2018年1月放送開始。(2017/8/16)

仮面ライダーも乗らない!? 縮む日本のオートバイ市場
「トップガン」の続編が作られることになった。縮小する日本国内の二輪車市場を活性化させるか。(2017/7/11)

柴咲コウ、ムロツヨシのキメ顔テロに「おい!!」 “直虎”コンビの珍事にほっこり
わたしムロ、カップの裏側にいるの。(2017/7/7)

支えるのはおじさんライダー:
仮面ライダーも乗らない!? 縮む日本のオートバイ市場
米ハリウッドから日本の二輪車メーカーに朗報が舞い込んだ。(2017/7/4)

V字回復から5年:
復活を遂げた新日本プロレス 今後の成長戦略は?
2018年までに過去最高の売り上げを目指す新日本プロレスリング。どのような成長戦略でプロレス界を盛り上げていくのか。常見陽平氏が新日本プロレスの原田克彦社長と対談した。(2017/6/14)

坂本龍馬かな? ムロツヨシ、オールバック風のニューヘアで夏を先取り「すっごくカッコ良いです」
小泉さんに持っていかれるムロさんらしさ。(2017/5/30)

来週のNHK大河サブタイトルは「ぬしの名は」 “おんな城主 直虎”の週タイトルが攻め込んできてる
どんな内容なんだろう。(2017/5/22)

小僧、これがダンディズムだ! 草刈正雄が芸歴47年で“初”の写真集 「真田丸」の名シーンも
タイトルの初々しさ良い。(2017/5/12)

2019年NHK大河ドラマ、中村勘九郎と阿部サダヲがW主役 “五輪”初参加の男と呼んだ男を演じる
日本人がオリンピックに初参加してから1964年東京オリンピック開催まで。激動の52年間をリレーで演じる。(2017/4/3)

原作結末まで初めて描く「劇場版 はいからさんが通る」、前編公開は11月11日に決定
関東大震災後が……。(2017/3/23)

NHKがハジケる イケメン(薄毛を含む)が受信料について声付きで解説してくれる「キュン活ほっとらいん」公開
「本能寺が燃えるほど熱く、そなたを受信したい……!」ちょっと何言ってるかよく分からないですね。(2017/3/14)

幼すぎるおんな城主! 柴咲コウ、“チビ直虎”なおかっぱヘアに反響「堂々たる立ち姿」「子虎だ!」
かわええ……。(2017/3/13)

刀剣男士が育児!? ミュージカル「『刀剣乱舞』〜三百年(みほとせ)の子守唄〜」が笑える泣ける興奮する!!
舞台写真&レポート、キャストコメントをお届けいたします。(2017/3/6)

「堀北真希殿引退のせいで儂の通知欄が物凄く荒れてるんだけどやめて…」 引退余波で石田三成なりきりアカウントが大炎上
三成「武断派より堀北ファンによる襲撃の方が怖くなってきた」(2017/3/1)

昌幸が天下獲り? 草刈正雄、NHKドラマ「ブシメシ!」で魅せる殿様姿も渋すぎる
時代劇には欠かせない存在。(2017/2/26)

“男”城主!? 直虎〜新史料に見る井伊の黒幕と黒歴史(前編)
発見された“他見無用の書”には何が書かれていたのか。(2017/2/21)

これが画伯の力……! はいだしょうこ、草原で歌う爽やかなCMを一気に“画伯ワールド”へ引き込んでしまう
ダイドードリンコ「和果ごごち」のCMが、はいださんの画力によりカオスな世界へ。(2017/2/20)

西岸良平「鎌倉ものがたり」堺雅人・高畑充希の初共演で映画化 「三丁目の夕日」スタッフが再集結
鎌倉の妖怪・魔物を巻き込んだ30年以上続くミステリー作品。(2017/2/1)

PR:「失敗は恐れない」――社内改革を成し遂げるためのトリドール・石川暁氏の信念とは?
「丸亀製麺」などを店舗展開するトリドールで、メールを撤廃して社内SNSを導入するなど、さまざまな業務改革を推進してきた石川暁氏。彼がリーダーとしてプロジェクトを成功させるために心掛けていることとは何か――。(2017/2/1)

“丸ロス”再び? 閉鎖間近の「真田丸」公式サイトをお惜しむファン 「淋しいと同時にありがとう」「大好きだった」
いよいよ終わってしまう。(2017/1/31)

貫地谷しほり、NHK大河「おんな城主 直虎」で共演の山口紗弥加&でんでんとの3ショットを投稿
山口さんとは姉妹役。「ちゃんと姉妹に見えますね」とのファンの声も。(2017/1/8)

不利なときこそ次の一手を:
「望みを捨てぬ者だけに」 真田丸と管理職
高視聴率を維持したNHK大河ドラマ『真田丸』。「望みを捨てぬ者だけに道は開ける」という言葉が繰り返され、視聴者の共感を呼んだといわれますが、真田幸村は「望みを捨てぬ」だけだったのでしょうか?(2017/1/5)

剛力彩芽、“エヴァ初号機”になる 1月スタートの新ドラマ「レンタルの恋」でコスプレ七変化!
1発目から初号機という変化球。(2016/12/23)

紅白ゲスト審査員10人が発表 「逃げ恥」ガッキーに「真田丸」草刈正雄、「こち亀」作者の秋本治も
出演者、曲目、ゲスト審査員が全て出そろった!(2016/12/21)

「真田丸」振り返り4コマ(12月18日放送分最終回)
最初に発表されたキービジュアルとキャッチコピー。ようやく納得することができましたね。(2016/12/20)

「戦に出たかったな」 豊臣秀頼役の中川大志、早くも“真田丸ロス”に
最終回でついによろいを着ることができた中川さん。我慢できなくて父上様の陣羽織も着てしまう。(2016/12/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ビジネスパーソンは「真田丸」から何を学ぶか
人気の火が付いた2016年の大河ドラマ『真田丸』。そこには勝つための戦略の数々、部隊を率いる武将のリーダーシップなどが描かれていました。その真田丸からビジネスパーソンが学べることは多いのではないでしょうか。(2016/12/17)

「真田丸」振り返り4コマ(12月11日放送分『前夜』)
伊達と真田の密約、事実は小説より奇なり。(2016/12/13)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ここまで「真田丸」が人気になった理由
今年の大河ドラマ『真田丸』は視聴率も好調、信州上田のドラマ館は過去最高の来場者数を記録するなど、大きな人気を博しました。ここまでヒットした理由は何だったのでしょうか?(2016/12/10)

「真田丸」振り返り4コマ(12月4日放送分『引鉄』)
やはり登場、フリントロック式馬上筒! ところでフリントロック式って?(2016/12/6)

星野源さん「過労による体調不良」 今夜の「ベストアーティスト」出演辞退
星野源さんが過労でダウン。今夜の「ベストアーティスト」出演を辞退すると発表した。(2016/11/29)

「真田丸」振り返り4コマ(11月27日放送分『反撃』)
我らの真田丸があああああああ……!(2016/11/29)

星野源、日テレ系「ベストアーティスト2016」を出演辞退 理由は「過労による体調不良」
11月28日のラジオでも体調が悪そうだったというファンの証言も。(2016/11/29)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
体格があまりにも違すぎ 豊臣秀頼の父親は秀吉ではなかった!?
豊臣秀頼は身長197センチ、体重161キロの大男だったと言われています。一方の父・秀吉は140センチ程度。あまりにも差があるため、実の息子ではないのでは……という説も。(2016/11/26)

「真田丸」振り返り4コマ(11月20日放送分『砲弾』)
カルバリン砲級のイケオジ2人、再臨!(2016/11/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。