ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チームラボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チームラボ」に関する情報が集まったページです。

1万種類以上の新作からAIがコーディネートやアイテムを提案:
ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」において、AIを活用した「パーソナライズスタイリングAIチャットボット」を導入したと発表した。(2018/10/16)

自分だけのカラフルなピノを作れる! 体験型イベント「ピノファンタジア」が8月7日スタート
食べるのがもったいなくなっちゃいそう。(2018/7/13)

タイムアウト東京のオススメ:
東京の今を知る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/7/10)

森ビル、お台場にデジタルアート施設 「チームラボ」の作品一堂に、夜間観光の受け皿も
2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、急増する訪日外国人旅行者にも対応し、将来的には夜間観光の受け皿として、終業時間を深夜にまで延長することも視野に入れる。(2018/6/12)

PR:「お化け屋敷は怖いから嫌い」という人を、お化け屋敷プロデューサーは説得できるのか?
お化け屋敷を克服する方法は「自分より怖がりな人と入る」こと。(2018/4/16)

ボーイング787が空港から大移動 道路を横断してお引っ越しする様子が公開される
中部国際空港から、2018年夏に開業する複合型商業施設へと移動しました。(2017/12/18)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(14):
職場の“味見”は学生のうちに――「Wantedly People」Web版をほぼ1人で開発した東大院生のネオジョブホッピング体験記
試食や試着をするように、いろいろな企業に“お試し”就職してもいいじゃない。(2017/7/24)

TDK歴史みらい館:
磁性の80年と未来を見に、秋田県にかほ市に赴く
TDKは2016年10月7日、創業の地である秋田県にかほ市に「TDK歴史みらい館」をオープンした。同社の「磁性」を中心とした製品や技術だけでなく、未来への取り組みや、チームラボとのコラボレーション展示が紹介されている。本記事では、展示の様子を写真で紹介する。(2016/10/17)

「磁性」を視覚化して体感できる双方向シアター 秋田県「TDK歴史みらい館」に10月7日登場!
ちょっと秋田行ってくる。(2016/9/12)

チームラボとのコラボ展示も:
TDKの80年と未来が分かる歴史館、秋田にオープン
TDKは、創業の地である秋田県にかほ市に「TDK歴史みらい館」を2016年10月7日にオープンすると発表した。同社の「磁性」を中心とした製品や技術の歴史と未来への取り組みを紹介するだけでなく、これからの社会を創る若い人々への学習支援を積極的に行う活動拠点としていくという。(2016/9/9)

“宙(そら)ガール”篠原ともえ、星座をデザインした手作り浴衣を披露
“物作りマイスター”の称号を与えたい。(2016/8/2)

太田智美がなんかやる:
DMMの「超巨大デジタルアート展」がとにかくものすごく最高だった
「お台場みんなの夢大陸2016」で超巨大なデジタルアート作品群が展示されている。その展示がとにかく最高だった。(2016/7/29)

チームラボが下鴨神社で光のメディアアート作品を展示 「呼吸」を思わせる光を演出
インタラクティブな仕掛けも用意。(2016/6/20)

人と宇宙の不思議な関係を暴き出す 今夏六本木で開催される「宇宙と芸術展」の見どころはここだ!
みんな〜! 宇宙の時間だよ〜!(2016/5/28)

会議室はいらない! 通路は狭い方がいい! 異色集団チームラボが考えるオフィス空間とは
会議室を作らない、ホワイトボートもいらない、通路はできるだけ狭く――。モノ作りに適した空間を作るためにこだわり抜いたチームラボのオフィスを紹介する。(2016/5/27)

世界中から集めた宇宙にまつわる約150点を一挙公開! 森美術館で「宇宙と芸術展」開催
宇宙クラスタよ、六本木に集合せよ!(2016/3/23)

先進企業のオフィスはここまで違う コミュニケーションが変わるオフィス空間とは?
 ITmedia ビジネスオンライン編集部主催のイベント「強い企業はここが違う! 今こそオフィス改革&働き方変革」が2月19日に開催された。基調講演と特別講演では、クックパッドとチームラボが自社のオフィス改革の取り組みについて紹介した。(2016/3/10)

この曲線美、たまらん……!:
「ワンピース」ボア・ハンコックの艶めかしい魅力を極限にまで引き出したフィギュアが登場
なぜならそうよ、わらわが美しいから!!!(2016/2/17)

コルタナに「お父さんは誰?」と尋ねると答えはもちろんあの人――Surfaceのユーザーイベントが開催
Surface Pro 4の発売を記念して、Surfaceアンバサダーを対象にしたユーザーイベントが開催された。(2015/11/13)

福岡:
地方の広告業界の迷走と堕落
福岡市は、今後20年に渡り人口が増え続ける唯一の都市だと言われている。戦略特区にもなった。そんな地方都市の雄である福岡の広告業界が迷走している。(2015/8/17)

幻想的な夜の水族館がキレイ! 新江ノ島水族館×チームラボの「ナイトワンダーアクアリウム2015」が楽しそう!
きれいすぎる……!(2015/7/17)

活動終了まで残り1年 「ニコニコ学会β」が示した楽しいアカデミズム、そして後に残すもの
ユーザー参加型研究の場を目指して発足した「ニコニコ学会β」の活動終了まで残り1年となった。独特の発表形式やコミュニティー運営のノウハウなど、シンポジウムを重ねる中で培ったものをどう残していくか、これから考えていくという。(2015/4/24)

気軽に行きにくい? じゃあバーチャル空間で体験しちゃえばいいよ!→未来のモデルルーム「ハコマンション VR」爆誕!
未来のモデルルーム体験!(2015/4/3)

分譲マンションにも未来が来た!:
モデルルームを疑似体験できる「ハコマンションVR」登場――コスモスイニシアとチームラボ
コスモスイニシアは、バーチャル・リアリティモデルルーム「ハコマンションVR」を展開する。現地やモデルルームに行かなくても、スマートフォンさえあれば室内の状況やバルコニーからの眺望を疑似体験できる。(2015/4/2)

1カ月で10万人の来場者を記録 日本科学未来館の企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」会期延長
自分で描いた魚が水族館で泳ぎます。(2015/2/5)

3Dプリンタニュース:
スマホケースの3Dデータを簡単作成し、3Dプリントしてお届け
KDDI/沖縄セルラーによる「3D PRINT LAB.」は、Webページ上で自分がデザインしたスマホケースの3次元データを3Dプリンタで造形し、指定の住所へ届けてくれるサービス。「DMM.make 3Dプリントサービス連携・API」を利用している。(2015/1/27)

KDDI、自分だけのオリジナルスマホケース製作サービス「3D PRINT LAB.」提供開始
KDDIは、Web上で自分のデザインしたスマートフォン向けケースを、高性能な3Dプリンタで出力し届けてくれるサービス「3D PRINT LAB.」の提供を開始した。(2015/1/26)

KDDI、スマホケースを3Dプリンタで製作・購入できる「3D PRINT LAB.」
3Dプリンタを活用してオリジナルのスマートフォンケースを製作・購入できるサービス「3D PRINT LAB.」をKDDIが27日にスタートする。(2015/1/26)

ロボット開発ニュース:
賞金100万円、Pepperアプリ開発コンテストが開催
ソフトバンクロボティクスはロボット「Pepper」のアプリコンテスト「Pepper App Challenge 2015」を開催する。ノンジャンルで最高賞金は100万円だ。(2015/1/5)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

“お絵かき”と最先端のテクノロジーが出会う場所 「pixiv祭り」でお絵かきの無限に広がる楽しさを体感してきたよ
見るだけじゃもったいない! もっと楽しく、もっと面白く、もっと自由でええじゃないか!(2014/10/24)

22年分の生活者データを無償公開 博報堂生活総研「生活定点2014」特設サイトで閲覧容易に
22年分の生活者意識の定点観測調査「生活定点」を博報堂生活総研が無償公開。データのダウンロードのほか、データを活用したコンテンツを多数用意し、誰でもさまざまな視点から意識の変化が時系列で分かるようになっている。(2014/10/22)

六本木ヒルズに「ピクシブ食堂」登場 牛乳味ご飯&イチゴの摩訶不思議メニュー「イチゴかけご飯」も
pixivに投稿されたイラストを再現したというオリジナルメニューの数々……!(2014/9/24)

子ども向けだなんてズルい! 紙に描いた魚が泳ぎだす「お絵かき水族館」 新宿伊勢丹で9月18日〜24日まで展示
遊んでる子どもに嫉妬だわ。絶対、楽しいじゃん。(2014/9/17)

理系が思わず萌えてしまう、この夏行きたい展覧会5選
今年の夏は、宇宙に行こう。(2014/8/12)

お絵かきのお祭り「pixiv祭」、六本木ヒルズで 見どころは投稿イラストが踊る巨大やぐら
人気作品、投稿作品の展示やフュギュアやコスプレに関するイベントを行うユーザー参加型の“お絵かきのお祭り”「pixiv祭」が10月に六本木ヒルズで開催される。(2014/8/6)

DMM.make、Photoshopから直接3Dプリント注文が可能に 素材も選べる
DMMとアドビが提携し、「Photoshop CC」で作成したデータを「DMM.make」に直接送信し、3Dプリントできるようになった。(2014/6/26)

夏野剛×猪子寿之 「夏野政経塾」ニコ生で
夏野剛さんのニコニコ生放送番組「夏野政経塾」にチームラボ猪子寿之社長が出演する。配信は6月25日20時0分〜。(2014/6/24)

「宇宙×芸術」をテーマに展覧会 松本零士作品から「だいち2号」実物大模型まで
「宇宙×芸術」をテーマにした企画展が東京都現代美術館で開催される。(2014/6/6)

“宇宙×芸術”の展覧会が東京都現代美術館で 「だいち2号」実物大模型にプロジェクションマッピングなど展示
リアルな宇宙とアーティストによるイマジネーションの宇宙についての展示が見られる。(2014/6/6)

時代は「読み・書き・プログラミング」――子ども向けデジタルものづくり教室「Qremo」を見学してきました
「放課後の習い事はロボット作り」――3Dプリンタやプログラミングなど、デジタルツールを活用した子ども向けものづくり教室「Qremo」が都内にオープン。「読み・書き・プログラミング」の時代を楽しむカリキュラムで学べる。(2014/4/14)

アニメやゲームの世界でコスプレ撮影できるスタジオ「Cure Studio」オープン
コスプレコミュニティサイト・キュアがプロデュース。CGで作られた空間で撮影できます。(2014/4/8)

サムライたちの集い「第3回 サムライモノフェスティバル」(3):
モノフェスで見た、面白アイデアの事業化事例
2月15日開催の第3回 サムライモノフェスティバル」では、「誰でもブランドを立ち上げられるサービス」「ボタンを押すと拍手するおもちゃ」「匂いが出るガジェット」など、面白アイデアを実際に事業化した事例が多数展示されていた。(2014/3/28)

林信行氏オススメの展示イベント:
最先端のテクノロジーが作り出す風景
プロジェクションマッピングからデジタルアート、医療の歴史、新版画まで、春休みに必ず見ておきたい注目展示を林信行氏が一挙紹介。(2014/3/18)

サムライたちの集い「第3回 サムライモノフェスティバル」(2):
ブームで終わらせたくない! ――アイデアを具体化し製品化するには?
ここ最近のメイカーズムーブメントは「アイデアを具現化する」ブームともいえる。単なるブームで終わらせず、魅力的な製品を次々と世の中に送り出すためにはどうしたらよいか? 「第3回 サムライモノフェスティバル」よりお届けする。(2014/3/12)

錯覚とインターフェースの可能性(3):
人間の仕組みを理解して作るインターフェース――コンピュータで人間はラジコン化できる
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」。本稿では第5回シンポジウムのハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/28)

錯覚とインターフェースの可能性(2):
視覚はどこまで他の感覚器官をだませるか―― 「おいしそう」の科学
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/21)

モノづくりイベントレポート:
モノづくりベンチャーが日本のモノづくりを盛り上げるには?
ITと結び付いたモノづくりに取り組むベンチャー企業、Sassor、ガラポン、ユカイ工学の3社が、モノづくりベンチャーの現状や日本のモノづくりについて語った。(2014/2/7)

錯覚とインターフェースの可能性(1):
目をだます方法――触覚と認知の広がりを考える
 ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める。2013年12月21日ニコファーレで行われた「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/14)

卒制・卒論だけで選考する新卒採用試験、チームラボが実施
書類選考も自己PRもなし! 必死に作った卒制や卒論だけで選考してもらえる新卒採用が登場した。(2014/2/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。