ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鉄人28号」最新記事一覧

ハラショー! 木彫りザンギエフが素朴でかわいすぎる件
丸っこくなり、ネコとか拾いそうな見た目に。(2017/7/12)

コーラスグループ「デューク・エイセス」が結成62年で活動に幕 「いい湯だな」「鉄人28号」「かに道楽」など歌う
ある年代以上の人は絶対聴いたことある。(2017/5/25)

「原作を守りつつ頭悪いことを」 “アメイジング翻案家”架神恭介が語る、「こころ オブ・ザ・デッド」への義務感
単行本第1巻発売を記念したインタビュー。(2016/12/12)

全ては社長の趣味から始まった 三重県の製薬会社内にある「BANKYOフィギュア博物館」がすごい
大人のおもちゃ箱や〜。(2016/9/18)

「マ゛」と言ってる? 特撮「ジャイアントロボ」、YouTubeで無料公開
東映のYouTube公式チャンネルが、特撮ロボットテレビ番組「ジャイアントロボ」を無料公開している。(2016/9/15)

4m Robot PROJECT:
オヤジたちが熱中! 大阪の町工場の集大成「4mロボット」大地に立つ
「大きなロボットを作りたい!」「巨大ロボットに乗って操縦したい」。そんな、オトコの子たちの夢を大阪の町工場発の4mロボットプロジェクトが実現した。(2016/9/13)

「わたしは真悟」30年:
「人工知能? 人間が人間を作ろうとしているだけの話です」 楳図かずおさん(79)
80年代の漫画作品「わたしは真悟」で、ネット社会や人工知能を予見した楳図かずおさん。30年経った今、テクノロジーの行き着く先をどう見ているのか。(2016/8/31)

ロボットキーマンを訪ねて:
松村礼央氏に聞く「物語を再生する"装置"」としてのロボット、多脚ロボット研究開発プラットフォームの構想
コミュニケーションロボットの社会実装を考えたとき、一体、何が必要となるのだろうか。人と、人ではない機械とのコミュニケーションの形を探る。(2016/1/29)

半世紀以上前のマンガ原画展 松本零士トークショーも
「タンク・タンクロー」「冒険ダン吉」など懐かしすぎるマンガの原画展が12月12日から青山で開催。(2015/12/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ガンダム、ジェット機、スターウォーズ……南海電鉄「ラピート」の革命
南海電鉄は11月21日から、特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号を運行している。元になった車両は関空特急ラピート専用車「50000系」だ。鉄道車両としては異形のデザインに驚かれたかたも多いだろう。この電車は、20年前に登場し、鉄道車両のデザインに転機をもたらした革命児だ。(2015/11/27)

横山光輝、桑田二郎らが描いた乱歩作品が復刻
『江戸川乱歩妖美劇画館』1巻・2巻を7月24日に同時発売。桑田次郎による『地獄風景』や石川球太による『人間椅子』などを収録。(2015/6/23)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

CEATEC JAPAN 2014:
鉄人28号みたい! 全長6メートルの恐竜ロボをスマホで操縦 「TEサウルス」に大興奮
スマホをタップするだけで、大きな恐竜が前へ後ろへ歩いたり、ジャンプしたり。(2014/10/8)

マンガ、巨人、公害……昭和40年代の“光”と“影”
高度経済成長期の昭和40年代とは、一体どんな時代だったのか? その時代を知らない若者もその時代を経験した人も楽しめる一冊を紹介します。(2014/9/18)

まんだらけ、万引き犯公開を中止 警察に捜査ゆだねる
万引き犯とみられる人物に「商品を返さなければ顔写真を公開する」と警告していたまんだらけは、公開の中止を発表した。(2014/8/13)

急上昇ワード:
ガチャピンとムック、いつのまにか声変わりしてたって知ってた?
なんだってえええええ!(2014/8/12)

万引き犯へ「返さなかったら顔写真のモザイクを外して公開」 まんだらけの警告文に賛否両論
盗まれたのは25万円の商品。(2014/8/6)

制作期間2年以上、「三国志」LINEスタンプにかけた“原作厨”の情熱 “狂気の企画書”420ページ 「あのコマ」入らなかった理由は……
「これは孔明の罠だ」「げえっ」――「三国志」のLINEスタンプが人気だ。企画者は自称“原作厨”の27歳。コミックス全60巻から2年かけて候補4100コマを選び出し、熱い情熱で社内外を説得して実現したという。(2014/2/17)

「もっとTV」に月額900円の「見放題パック」が登場
日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBS テレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの人気作品を視聴できるVODサービス「もっと TV 月額見放題パック」がスタート。月額900円で計300エピソード前後を楽しめるという。(2014/1/7)

日本のロボットアニメ史をまとめた報告書が公開 代表作リストなど90ページの大ボリューム
ロボットアニメ好きは夏休みにじっくり読むべし。(2013/8/13)

「鉄人28号」50周年でかわいく復活! ポップな絵柄に「コレジャナイ」の声も
タイトルは「鉄人28号ガオ!」。フジテレビで4月6日より放送開始予定だ。(2013/1/22)

アニメビジネスの今:
『鉄腕アトム』の最大の功績は何か――50周年のテレビアニメを振り返る
2013年はテレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始してから、ちょうど50周年にあたる年。日本のテレビアニメの基礎を築いた『鉄腕アトム』の意味を改めて考えてみたい。(2013/1/8)

プロアナウンサーが徹底調査、日常生活の“ひっかかる”日本語
違和感のある日本語が出来上がる理由とは? 『ひっかかる日本語』から、幾つかの例を紹介します。(2013/1/7)

【コミックマーケット83】コスプレ広場をフォトリポート! 自宅警備隊に対抗勢力が続々登場
今回も気合いが入ってます。(2012/12/29)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/9/25)

ラジオコントロールでリアルロボット大戦!――タカラトミー、体感型ロボット「バトロボーグ20」を7月14日発売
「鉄人28号」よろしく、無線式で自在にコントロールできるバトルロボットがタカラトミーから発売に! 最大20体までの同時バトルも楽しめる。(2012/6/6)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(10):
機械設計を制す! 樹脂部品マスターへの近道はこれだ
自動車も家電化してきたいまの時代に必要なのは、“学校では教わらない”樹脂部品の設計力。今回は、その“習得の近道”について解説する。(2012/3/7)

矢野渉の「金属魂」Vol.23:
ロボットと暮らす夢がかなった幸せ――ソニー「AIBO ERS-111」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は、あの“自律型エンターテインメントロボット”を再起動する。(2012/2/14)

「いまいち萌えない娘」がクソゲーになった!?
スーパーマリオ風横スクロールゲーム「いまいち萌えない娘クソゲー版」のデモ動画が公開されている。残念ながらデモだけでゲームはないのだが……(2011/9/29)

紙帽子かぶって一夜限りのスペシャルナイト DVD「復刻!!東映まんがまつり」発売で記念イベントも
あの「東映まんがまつり」がDVDになって帰ってくる。その発売を記念したイベントが9月2日に開催される。水木一郎さんが来るんだゼッーッッット!(2011/8/22)

次は名古屋城 二の丸へ:
お台場にガンダム? よろしい、ならばアルタ前に「金の鉄人」だ
「Xi」対応のエリア拡大に合わせたドコモの「金の鉄人が当たる」キャンペーン。入曽精密が製作する超精密な鉄人フィギュアが当たるこの企画に、全長8メートルの金の鉄人も参戦。新宿・アルタ前を皮切に、名古屋城と大阪にも登場する。(2011/8/9)

CAD/CAE活用ミーティング レポート:
日本製造業に“健全なる危機感”を持つこと
本稿では7月8日に開催した「CAD/CAE活用ミーティング」の入曽精密 斉藤清和社長による基調講演とパネルディスカッションの内容をお届けする。(2011/7/26)

「金の鉄人が当たる」キャンペーンも:
Xi対応のモバイルWi-Fiルーター「L-09C」、6月30日に発売
LGエレクトロニクス製のモバイルWi-Fiルーター「L-09C」が6月30日から販売される。(2011/6/23)

「いまいち萌えない」じゃないよ 「いま萌える」兵庫のサブカルサイト「いまもえ.jp」
兵庫のサブカル情報を伝えるサイト「いまもえ.jp」がスタート。「いまいち萌えない娘」も登場する。(2011/4/28)

日々是遊戯:
北米では1週間前から並ぶ人も!? もうすぐ海外ローンチを迎えるニンテンドー3DS小ネタあれこれ
いよいよ今週末、北米・ヨーロッパでも発売を迎えるニンテンドー3DS。今回は海外ローンチを記念して、3DS関連の海外小ネタを集めてみました。(2011/3/25)

Weekly Access Top10:
夏休みの予定は決まりましたか?
今年の夏は、富士急ハイランドで遊び、東静岡で仰ぎ見て、熱海でしっぽりなんていかがでしょうか。(2010/7/21)

ARもいいけど“本物”に会いたい!
実物大ガンダムに関する記事が2本ランクイン。AR(拡張現実)もいいが、実物を見ることでしか得られない迫力がファンを引き付けているようだ。(2010/7/12)

「電脳戦機バーチャロン」の等身大テムジン、「ロボットと美術」展に登場
セガが今冬発売予定のXbox 360「電脳戦機バーチャロン フォース」にも登場する、テムジンの等身大フィギュアが出展される。(2010/7/5)

ねとらぼ:
「鉄人28号の足、ついに見つかる」!? たけし&所のウソ雑誌「FAMOSO」がiPadとiPhoneに
ビートたけしさん編集長、所ジョージさん副編集長ウソ情報誌「FAMOSO」(ファモーソ)最新号が、iPadとiPhone向け電子雑誌として登場する。(2010/5/14)

いまどきのロボットはTwitterで操作する
「ロボットを遠隔操作する装置」と質問されたら、何と答えるだろうか。リモコンやゲームパッド以外で。(2010/4/7)

ねとらぼ:
「神戸に出現! 鉄人28号に会おう」 ツアー発売
JR新長田駅前に設置された実物大「鉄人28号」のモニュメントを見に行くツアーを日本旅行が発売した。(2009/10/14)

ふぉーんなハナシ:
GoogleのiPhone向け乗換案内、「鉄人28号像」でルート検索できるか?
今、いる場所から目的地までの乗り換え情報検索をiPhoneのWebブラウザで――。GoogleがiPhoneのSafari向け乗換案内サービスをリリース。「鉄人28号像」でルート検索できるか試してみた。(2009/10/5)

「ラブプラス」女性版は? コナミに聞いてみたけれど……
先週のランキングは、バラエティーにとんだラインアップ。ランキングとは全く関係ないが、Web上で盛り上がっているあのソフトが気になって仕方ない。(2009/9/14)

ガンダムの次は実物大「鉄人28号」 完成間近の画像公開
兵庫県神戸市で今、実物大「鉄人28号」が製作されている。(2009/9/11)

杉山淳一の +R Style:
第13鉄 どどーんと、横須賀ネイビーバーガー!
横須賀に「ネイビーバーガー」という名物があるらしい。2分の1ポンドの肉を使ったということは、マックのクォーター(4分の1)パウンダーの倍の肉だ! 肉食系鉄道ライターすぎやま、今回は京急に乗ってうまい肉を食べてきます。(2009/8/21)

ねとらぼ:
押尾学BOTがTwitterに 数々の“名言”返信
「芸能界に未練はないよ。でも俺に未練のあるファンは多いかもな」――押尾学容疑者の数々の名言を返すBOTが、Twitterに登場した。(2009/8/4)

ガンダムに鉄人28号 今、実物大が熱い
ガンダム、鉄人28号と、往年のロボットアニメの実物大模型が注目を浴びている。(2009/7/13)

実物大「鉄人28号」制作中
実物大ガンダムに対抗!? 全高18メートルの「鉄人28号」実物大モニュメントがこの秋、JR新長田駅前の若松公園に登場する。(2009/7/2)

人とロボットの秘密:
第3章-1 子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか ポスト「マジンガーZ」と非記号的知能
子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか。「マジンガーZ」はなぜヒットしたのか。巨大ロボが日本の子どもたちの想像力を育んだ。(2009/5/25)

人とロボットの秘密:
第2章-1 マジンガーZが熱い魂を宿すには
「完全な人工知能が開発され、完全な人型機械が開発されたとしても、それだけではアトムは実現しない」――永井豪の人間観は「マジンガーZ」に生きている。(2009/5/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。