ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タイヤ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイヤ」に関する情報が集まったページです。

JAFが注意喚起:
「空気圧のチェック漏れ」「渋滞中のエアコン」はNG? お盆休みの運転で注意すべきこと
日本自動車連盟(JAF)が、「お盆休み中の運転に気をつけるように」との声明文を発表。昨年の同時期も、タイヤのパンクや燃料切れによる救援要請が多く寄せられたという。対応策として、「タイヤの空気圧を事前にチェックするように」などと呼び掛けている。(2018/8/13)

製造マネジメントニュース:
横浜ゴムが中国の青島双星傘下になったクムホタイヤとの提携を解消
横浜ゴムは2018年8月9日、韓国のクムホタイヤとの間で締結していた技術提携を同年7月6日に解消したと発表した。(2018/8/10)

こういうのめっちゃ憧れる! 蒸気機関を内蔵したSL風バイク「ブラックパール」がステキすぎる
スチームパンクがタイヤつけて走ってる。(2018/7/30)

お値段約31万円!! ピレリF1タイヤのド迫力「スピーカー」爆誕、“コンパウンド”も全部そろえたのがにくい
重量9.5キロのド迫力Bluetoothスピーカー。【写真46枚】(2018/7/27)

それ航空機のヤツじゃねぇか! 300馬力の水平対向6気筒エンジンを搭載したモンスターバイク爆誕、リング状のタイヤでSF感バリバリ
暴挙にもほどがある。(2018/7/26)

第34回国際農機展:
大型トラクターのタイヤは空気パンパンじゃない方がいい? ブリヂストンが提案
ブリヂストンは、「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機展)」において、大型トラクター向けのラジアルタイヤ「VT-TRACTOR(ブイティートラクター)」を展示した。2018年10月から国内受注を始め、2019年春に出荷する予定だ。(2018/7/25)

自動運転技術:
月間2万本のタイヤを試験するブリヂストン、無人自動運転車の導入は必然か
ブリヂストンは、ZMPと共同で、車両を用いたタイヤ性能試験の1つであるタイヤ騒音試験を無人自動運転化するため開発プロジェクトを進めている。現在はSAEが定める自動運転レベル3の段階まで進んでおり、2019年に同レベル4に相当する無人自動運転によるタイヤ騒音試験を実用化したい考えだ。(2018/7/20)

スマートファクトリー構想:
ブリヂストン、ICT/IoT技術を活用したスマート工場の実現に向けた構想を発表
ブリヂストンは、さらなる価値提供を実現するための「スマートファクトリー構想」を発表した。バリューチェーンの情報を同社独自のICT/IoT技術でつなぎ、迅速、高品質かつ効率的なタイヤ生産を目指すという。(2018/7/12)

タイヤ技術:
タイヤの裏側にスポンジとシートを貼り付けてノイズが4分の1、2019年初にも発売
東洋ゴム工業は、タイヤが原因で発生する車内の騒音を4分の1に低減する技術を開発した。タイヤのトレッド部の内側に多孔フィルムと円筒形スポンジを配置することにより、タイヤ内部の空気の振動によって発生するノイズを低減する。2019年初めにも開発技術を採用したリプレイス用タイヤを発売する計画だ。(2018/7/2)

DARPAが無限軌道に変形するタイヤホイール「RWT」開発、たった2秒で走行中にモード切替できる
高速道路も雪道もこれ1本。(2018/7/2)

製造業IoT:
シェア漸減を打破するブリヂストンのデジタル変革、スマート工場の確立も着々と
ブリヂストンは、モノ売りからコト売りへの移行やスマートファクトリーを中心としたデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)の取り組みについて説明。単純にタイヤ製品の性能を良くしていくだけでは、新興メーカーとの差別化が難しい状況にあり、顧客の困りごとを解決するソリューションプロバイダーへの移行を進めているという。(2018/6/27)

東洋ゴム工業:
「空力特性の高いタイヤ」の開発に有効な独自空力シミュレーション技術を確立
東洋ゴム工業は、独自の「モビリティ・エアロダイナミクス(空力シミュレーション)技術」を確立したと発表した。(2018/6/20)

トラウマ注意! 錆びたヨコハマタイヤの“あの顔”を刺繍で再現してしまう猛者が現れる
怖い……!(2018/6/9)

CAEニュース:
タイヤ開発のための独自の空力シミュレーション技術を開発
東洋ゴム工業は、独自の「モビリティ・エアロダイナミクス(空力シミュレーション)技術」を確立した。自動車の低燃費化やEV化に必要とされる「空力特性の高いタイヤ」を開発する際に有効な技術となる。(2018/6/7)

電動システム:
ハブベアリングで前輪の向きを変える、ステアリング操作の応答速度が1.5倍に
NTNは「人とくるまのテクノロジー展2018」において、ステアリング補助機能を持たせたハブベアリング「sHUB」を発表した。ドライバーの操舵(そうだ)に応じて、FR(後輪駆動)車の前輪に搭載したハブベアリングのアクチュエーターがタイヤの転舵角度を調整する。(2018/5/24)

研究開発の最前線:
ゴムのしなやかさと樹脂の強靭さ併せ持つ、ブリヂストンの新材料は無限の可能性
ブリヂストンは2018年5月17日、東京都内で会見を開き、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた「世界初」(同社)のポリマー材料「High Strength Rubber(HSR)」の開発に成功したと発表した。2020年代をめどに事業化を進めるとともに、オープンイノベーションによって開発を加速し、タイヤなどブリヂストンの事業範囲にとどまらない展開の拡大も目指す。(2018/5/18)

医療機器ニュース:
タイヤ技術を応用した義足用ゴムソールを新開発、グリップと耐摩耗を両立
ブリヂストンは、パラトライアスロン選手の秦由加子氏がランパートで装着する義足用の新型ゴムソールを開発した。タイヤ開発で培ってきた計測、分析技術、パターン設計技術などを新型ゴムソールに応用している。(2018/5/9)

タイヤ破裂を未然に防ぐ ミシュラン、IoT活用のタイヤ管理システム発表 大型車の輸送効率低下に歯止め
日本ミシュランタイヤが、IoTを活用したトラック・バスのタイヤ管理システムを発表した。(2018/4/26)

製造マネジメントニュース:
タイヤ大手2社が北米の販売で協力、販売店に毎日商品を届けられる体制に
グッドイヤーとブリヂストン アメリカスは、米国で卸売り事業を展開する新会社を折半出資で設立する。(2018/4/20)

NIPPOの重機用緊急停止システムが安全規格第1号、重篤災害ゼロを目指し開発
NIPPOが、重篤事故ゼロを目指し開発した建設機械用の緊急自動停止技術「WSシステム」が、新しい安全規格「Safety 2.0」の適合第1号に認定された。WSシステムは2016年に実用化されたタイヤローラーとホイールローダを対象とした緊急自動停止装置。これまでの警報音を鳴らして、危険を知らせるのではなく、より確実に安全性を確保するため、物理的に重機をストップさせることに発想を転換して実用化させた。(2018/4/16)

データ分析で困りごとに対応:
ブリヂストンの変革 「タイヤを売らずに稼ぐ」ビジネスとは?
デジタル変革の一歩先を進んでいる企業は、どんな取り組みをしているのだろうか。ブリヂストンは、タイヤという「モノ売り」から、ソリューションビジネスへと変革を進めている。ITmedia ビジネスオンライン編集部主催セミナーで、同社デジタルソリューションセンター長の増永明氏が講演した。(2018/4/4)

Amazon.co.jp、車種登録すると適合パーツ検索できる「Auto Parts Finder」
Amazon.co.jpは、車のメーカーや車種、年式を登録すると、タイヤやシート、バッテリーなどその車に合ったパーツを絞り込んで検索できる「Auto Parts Finder」の提供を始めた。(2018/3/16)

ブリヂストン、ビッグデータ分析人材育成 ビジネス提案の新サービス
主力のタイヤ業界はアジア勢の台頭で販売競争が激化しており、単品売りの消耗戦から脱却しデータを生かしたサービスに活路を見いだす。(2018/3/6)

乗って解説:
8年ぶり刷新のプレミアムコンフォートタイヤ、静粛性の実力は
ミニバン人気が一段落したと思ったら、代わって盛り上がるSUV人気に押されて、セダンの市場はやせ細るばかりだ。全体としては縮小傾向にあるセダン市場だが、高級セダンに絞ってみるとむしろ販売台数は伸びており、セダンユーザーのプレミアム志向が強まっている傾向が見える。(2018/3/6)

2019年1月1日付:
東洋ゴム、「TOYO TIRE」に社名変更 復活の「覚悟」込めた
東洋ゴム工業が、2019年1月1日付で社名を「TOYO TIRE」に変更すると発表。タイヤ・自動車用部品を中核に据えることを改めてアピールする狙い。(2018/2/15)

ITmedia Virtual EXPO 2018 春【メカ設計 EXPO】:
ミシュランの描く未来、3Dプリンタで再構築する次世代タイヤ
サンゴの骨格組織のような中空構造を採用したミシュランの次世代コンセプトタイヤ「VISION」。リサイクル素材を材料とした3Dプリント技術で製造することを想定しており、路面と接地するトレッドはオンデマンドで目的地や天候に合わせたものを提供する。「ITmedia Virtual EXPO 2018 春」の講演では、VISIONプロジェクトの取り組みや、ミシュランが推進するデジタルファブリケーション技術の活用事例などを紹介する。(2018/2/2)

トーヨータイヤさんどうしちゃったの? 巫女さんが恵方巻きくわえてパルクールなドリフトをキメる“謎”の節分PVを公開
いろいろ謎な展開。(2018/2/1)

日本海側で大雪に注意 国交省が緊急発表 「外出控えて」
1月23〜27日にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪の恐れ。国交省は、不要不急の外出は控え、運転時にはタイヤチェーンを装着するよう促している。(2018/1/24)

製造マネジメント インタビュー:
東洋ゴムがEVベンチャーとのエア式アクティブサス共同開発で鍛える“提案力”
東洋ゴム工業は、EV(電気自動車)ベンチャーのGLMとEV向けの足回りモジュール(複合部品)の共同開発に取り組むことで合意した。タイヤメーカーとして知られる東洋ゴム工業は、なぜEVベンチャーと共同開発に乗り出すのか。同社 常務執行役員 技術統括部門管掌の金井昌之氏に聞いた。(2018/1/23)

自転車のタイヤでくるくる 魅惑的なおもちゃを取り合うアライグマたち
遊ぶのは俺だ! 違う俺だ! いや、俺だ!(2017/12/31)

製造ITニュース:
業務用車両の情報をクラウドで管理できるIoTプラットフォーム
トライポッドワークスは、業務用車両向けのIoTプラットフォーム「BLUE-Connect」を2018年1月から提供する。タイヤセンサーやスマートフォンから収集した情報をクラウドで統合管理し、商用車の車両管理や安全運行業務に活用できる。(2017/12/20)

ブリヂストン Toolbox:
トラックやバスの安全運行とトータルタイヤコストの最小化に貢献するツール
ブリヂストンは、トラックおよびバス用タイヤのデジタルソリューションツール「Toolbox」を刷新し、現在展開中のアジア、中近東/アフリカ、欧州、ロシア、南米に続き、2017年12月から日本の一部拠点でも順次運用を開始する。(2017/12/8)

NASAがチェインメイルのようなタイヤを開発 岩石が多い火星をスムーズに走行できる
やわらかそうに見える不思議なタイヤです。(2017/11/24)

東京モーターショー 2017:
住友ゴムの2万km走っても新品同様のタイヤ、将来目標は5万km
住友ゴム工業は、「第45回東京モーターショー 2017」において、未来のモビリティ社会で求められる性能を実現する技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を発表。併せて、同コンセプトの5つの方向性のうち「性能持続技術」を採用したコンセプトタイヤを初披露した。2万kmの走行後も、新品と同じウェットグリップを実現したという。(2017/11/2)

東京モーターショー2017:
話題の「パンクしないタイヤ」、各社が開発競う
東京モーターショーでは、注目を集める“パンクしないタイヤ”をメーカー各社が出展している。(2017/10/26)

東京モーターショー2017:
「メンテフリー目指す」 パンクしない自転車タイヤ、開発の狙い
ブリヂストンが、「パンクしない自転車タイヤ」について、他社製品との違いを説明した。(2017/10/25)

パンクしない自転車タイヤ、ブリヂストンが東京モーターショーに出展
空気が入っておらず、パンクの心配がない自転車用タイヤを、ブリヂストンが第45回東京モーターショー2017に出展する。(2017/10/24)

タイヤ使用をデジタルで効率化:
「クルマを止めない」手助けを ブリヂストンのデジタル変革
タイヤメーカーで世界トップシェアのブリヂストン。事業用車両を保有する顧客企業に対する、「クルマを長く安全に動かす」ためのソリューション提供に力を入れる。デジタル変革に取り組む背景には、ある危機感があった。(2017/10/16)

洋服の青山、見た目は革靴のまま足への負担を軽減する「走れる革靴」発売 靴底にはブリヂストンのタイヤ技術
スポーツ庁による「スニーカー通勤」推奨を受けての新スタイル提案です。(2017/10/5)

タイヤ技術:
空気不要のタイヤ、時速120kmでの走行が可能に
東洋ゴム工業は、空気の充填(じゅうてん)が不要なタイヤ「noair(ノアイア)」を発表した。エアレスタイヤの開発には2006年から取り組んでおり、今回発表したノアイアはスポークの構造を大幅に変更している。市販タイヤ並みに耐久性や転がり抵抗、車外騒音を改善した。(2017/9/12)

東洋ゴム工業、空気充填不要のエアレスタイヤ「noair」発表 実用可能なレベルでの走行が可能に
同社は、2006年にエアレスタイヤの研究を開始。(2017/9/9)

実用化は未定:
東洋ゴム、「空気いらず」の自動車タイヤ開発 特徴は?
東洋ゴムが、空気の充てんが不要の自動車用コンセプトタイヤ「noair(ノアイア)」を開発したと発表。空気の代わりに、樹脂製のスポークが衝撃を吸収する仕組みを採用している点が特徴。(2017/9/8)

空気なしタイヤ、東洋ゴム開発 パンクしないクルマ実現へ
東洋ゴム工業が、空気が入っていない自動車用タイヤ「noair」を開発した。実用可能なレベルでの走行ができるという。(2017/9/8)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
タイヤの幅が20mm変わると何が起きるか
タイヤが細くなると運転がラクになります。(2017/9/6)

タイヤ空気圧を常時監視:
PALTEK、LDL Technology製TPMSを販売
PALTEKは、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)や車両向けセンサーネットワークシステムを手掛けるフランスのLDL Technologyと販売代理店契約を結んだ。(2017/8/16)

「ゴム」一気に破ける仕組み解明 タイヤなど耐久性向上へ
ゴム素材の亀裂が広がる速度が、ある時点を超えると急激に高速化する現象「速度ジャンプ」のメカニズムをお茶の水女子大などが解明。タイヤの耐久性向上につなげる。(2017/8/15)

車に「タイヤロック中」「はずしてほしかったら4万ください」 ミニストップ、物議かもした“無断駐車対策”めぐり謝罪
車は店が用意したものだった。(2017/8/8)

吉田沙保里の練習風景がかわいい 巨大タイヤ引きに挑戦するも内股で「きゃー!」
タイヤでかすぎない?(2017/7/18)

特集:“業種×Tech”で勝つ企業、負ける企業(4):
散らばったExcelデータを集めて解析することで製品不良を6分の1に削減――3つのデジタル変革で新たなビジネスを加速させるブリヂストン
ブリヂストンは、タイヤの製造、販売からソリューションの提供へとビジネスの“かじ”を切り替えている。同社はソリューション事業を進めるために、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んだ。どのような取り組みを進めたのかを紹介する。(2017/6/20)

製造業がサービス業となる日:
タイヤを売らずに稼ぐタイヤメーカー、ブリヂストンが目指す変革の目的地
ダッソー・システムズの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2017」の特別講演として、タイヤメーカーであるブリヂストンがデジタル変革をテーマに講演した。(2017/6/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。