ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タイヤ」最新記事一覧

材料技術:
2025年に自動車事業の売上高を3倍に、走るコンセプトカーで提案強化
旭化成は、自社の自動車向けの素材を多用したコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を披露した。タイヤ材料や塗料、内装部品、センサーなど27種類の製品を1台に盛り込み、自動車メーカーなど取引先に向けて製品ラインアップの認知度を高める狙いがある。(2017/5/18)

オンリーワン技術×MONOist転職(11):
設備投資に依存しないモノづくりを研究開発で支援――イデアルスター
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第11回。今回は、“塗る”太陽電池や発電するタイヤなど、先進技術の研究開発で注目を集めるイデアルスターを紹介する。(2017/5/8)

トライポッドワークス BlueSensor:
キャップに装着、スマホで監視――次世代型タイヤ空気圧モニタリングシステム
トライポッドワークスは、台湾のSYSGRATIONと販売代理店契約を締結し、同社が開発する次世代型タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)「BlueSensor」の販売開始を発表した。(2017/5/8)

空気不要の自転車用次世代タイヤ、ブリヂストンが開発 樹脂製の特殊スポークで荷重を支持
メンテが簡単なうえパンクの心配も無用。(2017/4/19)

パンクの心配なし:
ブリヂストン、空気不要の自転車タイヤ開発
空気が不要でパンクの心配がない自転車用タイヤをブリヂストンが開発した。(2017/4/17)

パンクしない自転車タイヤ、ブリヂストンが開発 2019年に実用化目指す
空気を詰める必要がないタイヤを作る技術「エアフリーコンセプト」を活用。(2017/4/17)

アスファルトタイヤを→「切りつける」「どちらとも言えない」 “Get Wildに関する意識調査”に小室哲哉も反応
誰かのために生きられるなら→「何も怖くはない」「どちらとも言えない」(2017/4/12)

店頭価格への影響は?:
タイヤ大手4社が相次いで値上げ 原材料費の高騰で
ゴム・タイヤ業界の大手4社が、国内市販用タイヤの値上げを発表。(2017/4/6)

原材料の価格増が原因:
ブリヂストン、国内市販用タイヤを6〜10%値上げ
ブリヂストンが、国内市販用タイヤを6〜10%値上げすると発表。夏用タイヤなどを6月1日から、冬用タイヤを9月1日から値上げする。(2017/3/28)

材料技術:
ロードノイズが10dB減少、タイヤのホイールに樹脂部品を足すだけ
ホンダが開発したホイールでロードノイズを低減する技術「タイヤ気柱共鳴音低減デバイス」が「第14回新機械振興賞」の「機械振興協会会長賞」を受賞した。高級車種から搭載がスタートした技術を、普及価格帯までコスト低減を図った点が評価された。(2017/2/22)

ブリヂストン:
航空機用の新品/再生タイヤの新工場をタイに建設
ブリヂストンは、航空機用の新品タイヤとリトレッドタイヤ(再生タイヤ)、それぞれの新工場をタイに建設すると発表した。(2017/2/7)

1月24日に西日本や北陸で大雪の予報 ドライバーに「不要不急の外出控えて」と国交省
出かける場合は冬用タイヤやチェーンの装着を。(2017/1/23)

工場ニュース:
航空機用タイヤの新工場をタイに建設
ブリヂストンは、航空機用の新品タイヤと再生タイヤの新工場をタイに建設する。航空機用タイヤソリューションシステムを支える、海外で5番目のビジネス拠点となる。(2017/1/17)

製造ITニュース:
タイヤ生産システムにAI技術搭載の分析プラットフォームを提供
SAS Institute Japanは、AI技術を搭載した分析プラットフォーム「SAS Analytics for IoT」をブリヂストンに提供した。取得したデータや熟練技能員のノウハウを機械学習でモデリングし、生産工程を適切に自動制御する。(2017/1/12)

スマートファクトリー:
伸び縮みするゴムを最適管理、ブリヂストンが日産2万本のタイヤをAIで生産へ
タイヤ大手のブリヂストンは、人工知能(AI)関連機能を搭載した生産設備を主力工場である滋賀県の彦根工場に導入。既に3台を稼働し、2020年までに彦根工場で生産するタイヤの3〜4割を同設備によって生産するとしている。(2017/1/10)

製造マネジメントニュース:
欧米での開発体制強化に向け、テクニカルセンターを開設
住友ゴム工業は、同社米国工場内に「米国テクニカルセンター」を開設する。同時にタイヤテストコースでは、二輪車用に加えて四輪車用の評価を開始するなど、欧米での開発・生産・販売体制の強化を図る。(2017/1/9)

冬の出勤前やドライブ前に実践したい「猫バンバンプロジェクト」とは?
寒くなると、暖を求めて猫が車のエンジンルームや車体下のタイヤ近くに入ってしまうことがあります。(2017/1/4)

CAEニュース:
タイヤの性能向上につながる天然ゴムの末端基構造を解析
住友ゴム工業は、天然ゴムの末端基構造を解析した研究成果を発表した。ゴムの特性に影響する天然ゴムの分岐構造を形成する末端基を解明することで、天然ゴムの性能向上や加工性改善につながる。(2016/11/25)

躍動感あふれる 使用済みタイヤで作られたライオンがかっこいい
なんば駅前に作られた仮設広場に展示されています。(2016/11/12)

京浜東北線の車窓からみえるタイヤだらけの謎の公園は一体何なの?
昭和44年からある古い公園。タイヤだけでなく、乗り物や機械の廃物を集めた「ガラクタ公園」がそのベースになっている。(2016/7/30)

スマートファクトリー:
人工知能でタイヤ成型工程の生産性を2倍に、ブリヂストンが進めるICT工場
タイヤ大手のブリヂストンはタイヤの生産性の向上に向け、ICT(情報通信技術)や人工知能技術を搭載した新たな生産システムを導入した。タイヤ成型工程において15〜20%の生産性向上を実現できたという。(2016/6/8)

タイヤ技術:
自動運転車のタイヤに求められることとは?
ブリヂストンは、栃木県那須塩原市のブリヂストンプルービンググラウンドで報道陣向けにタイヤ技術の説明/試乗会を実施した。タイヤがセンサーとなって路面の状態を判定する技術「CAIS(カイズ)」を搭載した車両や、次世代低燃費タイヤ「ologic」、運転時の疲労を軽減する「Playz」など、強みとする安全技術を実際に体験する機会を得た。こうした技術は自動運転車向けタイヤの開発にもつながっていきそうだ。(2016/4/20)

タイヤ技術:
横浜ゴムがオランダの農機/産機用タイヤ企業を買収、生産財タイヤ事業を拡大
横浜ゴムは、農業機械や産業機械向けのタイヤを手掛けるAlliance Tire Groupを買収すると発表した。買収金額は11億7900万米ドル(約1335億円)。2016年7月1日の買収完了を予定している。(2016/3/28)

電気自動車:
「電池なし」の電気自動車で有人走行、道路を電化しタイヤから送電
豊橋技術科学大学と大成建設は一般的なアスファルト舗装に近い構造で道路を電化し、その上をバッテリーレスの電気自動車で有人走行することに成功した。道路に埋設した電極からタイヤを通じて送電する仕組みで、バッテリーレスの電気自動車を使った有人走行の事例は世界初になるという。(2016/3/23)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
重要で高額な買い物なのに、タイヤは試す機会がなさすぎる
試着せずに服や靴を買うと失敗することがあるのに、タイヤは試せないんですか?(2016/3/22)

うおおおおおお! Goodyearの球体型タイヤ「Eagle-360」が近未来的だと話題に
人類5000年ぶりの革命。(2016/3/18)

クルマから見るデザインの真価(9):
自動車用ホイールとデザインの深イイ関係
路面に接しているタイヤと車体をつなぐホイールは、自動車部品の中でも重要なパーツだ。走行に欠かせない機能部品であると同時に、ファッション性を含むスタイリング要素も求められるパーツでもある。「東京オートサロン2016」で披露された数多くのホイールを眺めつつ、ホイールとデザインの関係を見ていこう。(2016/3/1)

日産自動車が「猫バンバン」プロジェクトを始動 車の隙間に入り込むネコの命をバンバンして救おう!
寒い時期にネコがエンジンルームやタイヤの隙間に入っちゃう事故を未然に防止。(2016/1/26)

タイヤ技術:
ドライバーが運転で疲れにくくなるタイヤ、ブリヂストンが開発
ブリヂストンは、ドライバーの疲労を軽減する乗用車用タイヤ「Playz(プレイズ) PXシリーズ」を2016年2月1日から発売する。運転中にステアリング操作を微調整することがドライバーの疲労の原因である点に着目。車両のふらつきを抑制する設計により、ステアリングの微調整を減らしドライバーの疲労を軽減する。(2016/1/12)

タイヤ技術:
軽自動車のためのプレミアムタイヤ、ブリヂストンが5年をかけて開発
ブリヂストンは、同社のプレミアムブランド「REGNO」から軽自動車専用タイヤを発売すると発表した。REGNOらしい静粛性や乗り心地を軽自動車でも実感できるよう専用に設計を見直し、タイヤの性能にこだわる軽自動車ユーザーの増加に対応している。(2015/12/7)

タイヤ技術:
タイヤがセンサーになる技術を世界初の実用化、2020年までに一般車に展開
ブリヂストンは、タイヤで路面状態をセンシングする技術「CAIS(カイズ)」が冬季の高速道路管理に採用されたと発表した。今後は、鉱山用トラックやバス、航空機などでの活用も見込んでおり、2020年までに一般の乗用車への展開も目指すとしている。(2015/11/26)

無償3次元CADによる「ミニ四駆」ボディ設計講座(5):
「Fusion 360」でミニ四駆の細部を表現してみよう!
タミヤの「ミニ四駆」を題材に、無償3次元CADでミニ四駆の“オリジナルボディ”を3Dモデリングし、3Dプリンタで出力するまでを解説する連載。第5回ではタイヤ周りの「ホイールハウス」を中心に、ミニ四駆の細部を表現していく。(2015/11/17)

東京モーターショー2015:
スーパーフォーミュラにタイヤ供給する横浜ゴム、「サイドフィンタイヤ」も展示
横浜ゴムは、長年ブリヂストンがタイヤ供給を担当していた全日本スーパーフォーミュラ選手権に、2016年からワンメイク供給を行うと発表した。(2015/11/4)

東京モーターショー2015:
空気のいらないタイヤ「ジャイロブレイド」は空気入りに劣らない乗り心地
住友ゴム工業は、「東京モーターショー2015」において、空気充てんが不要なエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロブレイド)」を初公開した。樹脂スポークを使った空気のいらいないタイヤでは後発となるが「高いユニフォミティを確保できており、振動が少なく乗り心地の良いタイヤを実現できている」という。(2015/10/30)

東京モーターショー2015:
横浜ゴムの空気抵抗を減らすフィン付きタイヤが進化、浮き上がり防止機能も
横浜ゴムは、タイヤ周辺の空気の流れをコントロールするエアロダイナミクス技術利用した「新形状エアロダイナミクスタイヤ」を「東京モーターショー2015」で参考出品する。空気抵抗を減らす「フィンタイヤ」の進化版で、車両の浮き上がりも抑制できるという。(2015/10/23)

事務いすで公道を爆走する2時間耐久レース「いす‐1GP」 首都圏で初開催!
背もたれやタイヤが壊れても走り続ける過酷な事務いすレースが、首都圏にもやってきた――!(2015/9/29)

自然エネルギー:
合成天然ゴムをバイオマスから作る新技術、2020年代前半に実用化へ
化学構造が天然ゴムに似ているため「合成天然ゴム」とも呼ばれるイソプレンゴムは、自動車のタイヤなどに利用されている。横浜ゴム、日本ゼオン、理化学研究所はこのほど、イソプレンゴムの原料となるイソプレンを、バイオマスから合成することに成功した。(2015/9/7)

そのタイヤはボクのものだー! バイクを猛追するコアラさんが撮影される
オーストラリアでは不思議なことが起こるようです。(2015/8/17)

すべらんな〜 横浜ゴムの「タイヤパターン消しゴム」が受験生にマジオススメ
縁起も見た目もグリップも良好です。(2015/8/11)

タイヤ技術:
ブリヂストンと住友ゴムが注目する天然ゴム資源「ロシアタンポポ」
タイヤの主原料である天然ゴムは「パラゴムノキ」から産出されている。パラゴムノキが熱帯で生育することもあって天然ゴムの生産地は東南アジアに集中しているが、このことはタイヤ産業にとっては大きなリスクになっている。そこで、パラゴムノキに替わる天然ゴム資源として注目されているのが「ロシアタンポポ」である。(2015/8/7)

タイヤ技術:
タイヤ原料のブタジエンをセルロースから直接合成、2020年代前半に実用化
横浜ゴムは、東京工業大学との共同研究により、バイオマスであるセルロースから、タイヤの原料となるブタジエンを直接合成する触媒の開発に成功した。2020年代前半を目標に実用化を目指す。(2015/7/31)

なぜこれを商品化した!? 謎すぎるし懐かしすぎる「校庭に半分埋まっているタイヤ」を机に並べられる
あ、これ昔、校庭で見たことある!(2015/7/9)

タイヤ技術:
SPring-8×J-PARC×京を組み合わせた高度タイヤ解析技術、住友ゴムが開発中
住友ゴム工業は、独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」をさらに進化させた「ADVANCED 4D NANO DESIGN」の開発を進めている。大型放射光施設「SPring-8」、世界最高クラスの中性子実験ができる「J-PARC」、スーパーコンピュータ「京」を組み合わせることで、タイヤに関するさらに高度なシミュレーションが可能になるという。(2015/7/7)

タイヤ技術:
タイヤの転がり抵抗を測る日本唯一の“原器”は小平市にあった
東京都小平市にあるブリヂストンの中核研究開発拠点「技術センター」には、新たなタイヤを開発するためのさまざまな試験装置が設置されている。同社が報道陣に公開した、タイヤの転がり抵抗を計測する日本唯一の“原器”と呼べるような標準試験機や、時速400kmで走行中のタイヤの接地面を計測できる「アルティメットアイ」などについて紹介しよう。(2015/6/15)

タイヤの費用対効果を瞬時に試算 日本ミシュランタイヤ、タブレットで営業力アップ
うちのタイヤは耐久性が高く、長寿命でコストメリットが高い――。そんな自社製品の強みが分かる“タイヤの費用対効果”試算ツールをタブレットで活用しはじめたのが日本ミシュランタイヤだ。(2015/5/8)

インテリアに:
廃タイヤを丸ごと1本使った大胆なBluetoothスピーカーが登場
モンドデザインは、廃タイヤを丸ごと1本使ったBlueotoothスピーカー「SEALスピーカー」を発売した。使用するタイヤは“140R12”。(2015/4/30)

タイヤやマフラーどころかプラグの1本まで トラックを本格的に整備するシミュレーターが登場
機械いじりが好きな人にはたまらない?(2015/4/24)

宇宙で働くパパに届け 12歳の少女から父親へのメッセージを送るプロジェクトが壮大
「世界最大のタイヤ跡」としてギネスに認定。(2015/4/20)

製造マネジメントニュース:
中国化工集団がタイヤ大手のピレリを買収へ、本社拠点はイタリアから変えず
中国の国有化学企業である中国化工集団が、世界第5位のタイヤメーカーであるピレリを買収する。ただし、本社拠点や研究開発拠点、知的財産などはイタリア国内にとどめる契約になっている。(2015/3/24)

電気自動車向け“発電するタイヤ”、Goodyearがコンセプト製品を発表
大手タイヤメーカーのGoodyearが、タイヤの回転や日射熱から発電して電気自動車のバッテリーを充電する「BHO3」のコンセプト製品を発表した。(2015/3/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。