ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「渋滞」最新記事一覧

自動運転技術:
高速が楽になる自動運転「プロパイロット」、新型「セレナ」に搭載
日産自動車が自動運転技術「プロパイロット」を新型「セレナ」に搭載する。高速道路の単一車線で、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。「渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキ全ての自動化は、日本メーカーでは初」(同社)。(2016/7/14)

日産、自動運転車「セレナ」8月発売 渋滞する高速道路で先行車を自動追従
日産が、自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」を8月下旬に発売。高速道路の単一車線で、ハンドル操作やブレーキを自動的に制御する。(2016/7/13)

東京都、渋滞解消へ自動車走行データを活用 渋滞多発地点433カ所を分析
東京都と富士通が協力し、商用車の走行データから主要渋滞ポイント433交差点の状況を可視化。交通渋滞を定量的に分析した。より的確で、効果的な交通渋滞対策を行うという。(2016/7/1)

「バスタ新宿」オープン1カ月 1日平均2万人が利用、利用者の満足度・渋滞など改善
「バスタ新宿」はオープン1カ月で58万人が利用。鉄道からの乗り換えが楽になった上、新宿駅周辺の渋滞が改善するなどの効果もあったという。(2016/5/23)

デザイン一新:
渋滞を“見る”から“回避する”ナビへ――パナソニックがSSDポータブルナビ「ゴリラ」3機種を発売
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品3モデルを6月上旬に発売する。ポータブルタイプでは初めて新交通情報サービス「VICS WIDE」に対応したモデルも用意している。(2016/5/11)

車載情報機器:
トヨタが「通れた道マップ」に渋滞情報を追加、色分けで分かりやすい
トヨタ自動車は、同社のテレマティクスサービス「T-Connect」や「G-Link」のプローブ情報を基にした「通れた道マップ」に渋滞情報と交通規制情報を追加した。通行実績情報を含めて色分けして分かりやすく表示しており、被災地の復興活動に役立ちそうだ。(2016/4/22)

被災地の渋滞・通行止めを表示 トヨタ「通れた道マップ」をアップデート
熊本地震の被災地で車両が通れた道を表示するトヨタの「通れた道マップ」が、渋滞情報と交通規制情報に対応した。(2016/4/21)

iOS版Wazeに「ドライブ計画」機能──交通状況反映した出発時刻を通知
Google傘下のソーシャル渋滞ナビアプリWazeのiOS版に、目的地と到着希望時刻を設定するとリアルタイムの交通状況から割り出した出発時刻をプッシュ通知する「ドライブ計画」機能が追加された。Android版にも間もなく追加される見込みだ。(2016/3/17)

エコカー技術:
新型「アウディA4」は120kg軽量化、JC08モード燃費は18.4km/l
アウディ ジャパンは主力セダン「A4」の新モデルを発表した。2016年2月19日に発売する。新しいプラットフォーム「MLB evo」をベースに、従来モデル比120kgの軽量化を図った。渋滞時に時速0〜65kmの範囲で自動追従や再発進、ステアリングの制御を行う先進運転支援システムも搭載している。(2016/2/9)

ハロウィンってどういう日だっけ? 金爆のハロウィン衣装が相変わらずカオスで「いいぞもっとやれ」
方向性の大渋滞。(2015/10/26)

深刻な渋滞の緩和も狙い:
シンガポール、自動運転技術に積極投資
シンガポールが自動運転技術に力を入れている。東京23区と同程度の国土面積に550万人の人口を抱える同国では、年々渋滞の問題が深刻になっている。そこで政府が目を付けたのが自動運転だ。(2015/10/23)

5分でわかる最新キーワード解説:
無意識の動作で未来を予測「ドライバー挙動解析渋滞予測」
クルマの混雑状況を観測するのではなく、ドライバーの無意識下の動作を解析することで渋滞を予測をするのが「ドライバー挙動解析渋滞予測」です。実用化は先ですが、カーナビに搭載して渋滞予測を表示するような実装が考えられます。(2015/8/4)

21世紀の問題を20世紀の手法で解決しようとしている
「IoT」でスマートシティに再び脚光 立ちふさがる障害と課題とは
「モノのインターネット(IoT)」を利用することで、都市は交通渋滞や資源不足などの問題に容易に対処できるようになる可能性がある。だが構造的な障害と消費者の側に課題が残っている。(2015/7/14)

ナビタイム、2015年ゴールデンウィーク「超渋滞回避」ルートTOP10を発表
ナビタイムジャパンがカーナビアプリ向けに提供する「超渋滞回避」ルートで、2015年のゴールデンウィーク中に到着までの時間を短縮できたルートのランキングが発表された。(2015/6/1)

自動運転技術:
「アイサイト」がさらなる機能強化、2017年に高速道路渋滞時の自動運転を実現
富士重工業は、2014年度(2015年3月期)の決算説明会において、同社の運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」の進化の方向性を示した。2017年に高速道路の同一車線上における渋滞追従機能を実現し、2020年には車線変更を含めた高速道路における自動運転技術を導入する計画である。(2015/5/11)

PR:音声操作や配慮の行き届いた案内が秀逸――遠出のお供に「カーナビタイム」を活用しよう
「カーナビタイム」は、多彩な機能を搭載した本格的なカーナビアプリだ。圏外でも使えることを筆頭に、リアルタイムの渋滞情報を考慮したルート検索などが可能。ドライブに役立つ本アプリの魅力を改めて紹介しよう。(2015/5/1)

NAVITIMEのカーナビアプリに所要時間を短縮できる「超渋滞回避」ルートが登場
ナビタイムジャパンは、カーナビアプリへ渋滞回避に特化した「超渋滞回避」ルートを提供開始した。(2015/4/24)

無線通信技術:
MWC 2015で展示の新型プラットフォームや道路状況管理技術などを披露
Ericsson(エリクソン)は、拡張性や経済性に優れたクラウドシステム向けプラットフォームや、走行中の車両と道路状況の情報を共有して、交通安全の向上や渋滞緩和を目指すクラウドシステムなどを「Mobile World Congress(MWC)2015」でデモ展示した。(2015/3/20)

電気自動車:
東京の交通を変えるか小型電気自動車、トヨタとタイムズが協力
トヨタ自動車は「タイムズ」を展開するパーク24と共同で、1人乗りの電気自動車を利用した実証実験を2015年4月から開始する。個人が使う乗り物と公共交通機関を連携し、交通渋滞の緩和や大気汚染の解消を狙う。東京都心部を主な対象とした。(2015/2/27)

「渋滞緩和」に効果アリ──中国・吉林市の実証実験に見えた「明るい未来」
「渋滞」が近い将来なくなるかもしれない。そう期待させる実証実験が中国・吉林市で行われた。NTTデータの「渋滞予測・信号制御シミュレーション」技術により、「渋滞緩和効果が確認できた」ようだ(2015/2/18)

医療イベントレポート:
インフルエンザも未病状態で検知! 実世界のカオス現象と数理モデル化
複雑系数理モデルを解析することによって、病気や電力ネットワークの不安定化、交通渋滞などの予兆を捉えられるようになるという。(2015/1/13)

安全システム:
アウディが渋滞時の自動運転に挑む、フロリダで公道実験
Audi(アウディ)は、渋滞時にドライバーの運転負荷を低減するための自動運転技術を開発するための公道実験を米国フロリダ州で開始した。(2014/8/14)

ソフトニック:
手持ちのスマホが本格カーナビに、無料の枠を超えた充実の機能が満載――「Yahoo!カーナビ」
「Yahoo!カーナビ」アプリは、リアルタイムで渋滞情報を取得できる無料アプリです。長距離ドライブのお供にいかがでしょうか。(2014/8/8)

App Town ナビゲーション:
ヤフー、VICS対応のスマホ向け無料ナビアプリ「Yahoo!カーナビ」
ヤフーは、VICSに対応したスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」をリリース。リアルタイムの渋滞情報や交通規制情報を基に迂回路を案内する機能や、周辺施設を検索する機能などを提供する。(2014/7/31)

スマホ向け「Yahoo!カーナビ」リリース 渋滞情報をリアルタイム取得、「スマホ向けカーナビのスタンダードに」
スマホ向けアプリ「Yahoo!カーナビ」がリリースされた。渋滞や交通規制情報をリアルタイムに取得する「VICS」に国内無料アプリとして初めて対応する。(2014/7/31)

車載情報機器:
ヤフーが無料カーナビアプリを発表、VICS対応でGoogleマップに対抗
ヤフーは、スマートフォン向けの無料カーナビゲーションアプリ「Yahoo!カーナビ」の配信を開始した。無料のカーナビアプリとしては初めて、渋滞や交通規制などの情報をリアルタイムで配信するVICSに対応。JAFの優待施設検索も行える。(2014/7/31)

安全システム:
日産の自動運転技術は2020年までに3段階で進化、まずは渋滞時の自動運転から
日産自動車は、2020年までに実用化するとしていた自動運転技術の投入スケジュールを発表した。2016年末に渋滞中の高速道路で自動運転を可能にする「トラフィック・ジャム・パイロット」と自動駐車システムを、2018年に複数レーンを使った自動運転技術を、そして2020年までには交差点での運転操作が不要な自動運転技術を導入する方針だ。(2014/7/17)

App Town ナビゲーション:
リアルタイムな道路交通情報をマップ&テキスト表示するiOSアプリ「渋滞情報マップ by NAVITIME」提供開始
リアルタイムな道路交通情報を「渋滞フルマップ」とテキストで表示する無料のiOSアプリ「渋滞情報マップ by NAVITIME」が提供開始。(2014/7/4)

半径300メートルのIT:
Googleは渋滞情報をどうやって調べてる?――ビッグデータ“活用”成功の秘けつはギブ&テイク
Googleマップでは道路の渋滞具合も調べられます。基になるデータはみなさんのスマホの移動履歴から。でも、Suicaの利用履歴販売と比べて嫌悪感が薄いのはなぜでしょう?(2014/6/23)

杉山淳一の時事日想:
ゾッとするGW渋滞──え? カーシェアリングで「鉄道の旅」が変わる?
大型連休と言えば高速道路の渋滞が付きもの。列車の指定席のほうが快適だろうと思う。ただしクルマの便利さも捨てがたい。その折衷案となる“駅からレンタカー”のほか、日本で展開する全国ネットの「カーシェアリングサービス」にも注目したい。これは鉄道旅行のスタイルを大きく変えそうだ。(2014/5/2)

Google Playでゴールデンウィークおすすめアプリを特集――割引キャンペーンも
Google Playで、ゴールデンウィークに欠かせない天気・渋滞情報や観光・グルメスポットをチェックできるおすすめアプリ特集ページが公開に。(2014/4/28)

PR:飛び石連休のドライブ旅行に――「カーナビタイム for Smartphone」で渋滞を賢く回避
せっかくのドライブ旅行も、渋滞に巻き込まれてしまうと楽しみが減ってしまう。効率よく都会を脱出し、帰りもスムーズに帰宅できるのが理想だ。そんな誰もが持つ期待に応えてくれるのが、通信機能を持ったスマートフォン向けのカーナビアプリ「カーナビタイム for Smartphone」である。(2014/4/17)

いまさら聞けない 電装部品入門(12):
もはや自動運転レベル!? 進化を続けるクルーズコントロールシステム
高速道路などで一定車速で巡航走行するのに用いるクルーズコントロールシステム。渋滞が多い日本の道路では「いまいち使えない」という評価も多かったが、車間距離維持システムや車線維持システムと融合することで、ほぼ自動運転と言えるような機能を持つようになっている。(2014/2/27)

アプリを声で操作:
ドコモとパイオニア、無料のカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表
ドコモとパイオニアは、運転中にスマホへ話しかけることで渋滞情報や周辺情報を確認できるドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表した。12月中旬に提供する。(2013/11/14)

スマホに話しかけるだけで渋滞情報通知 ドコモとパイオニアが新サービス
スマートフォンに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報などを教えてくれるクラウドベースのサービス「ドコモドライブネットインフォ」を、ドコモとパイオニアが共同開発した。(2013/11/14)

車載情報機器 パイオニア インタビュー:
「サイバーナビ」はプローブ情報で進化する、「カメラプローブ」とは何か
カーナビの渋滞予測サービスなどに用いられているプローブ情報。パイオニアは、このプローブ情報を活用して、同社の「サイバーナビ」に新たな機能を追加した。その新機能「スマートループ アイ」はどのようにして誕生したのか。また、ビッグデータとも見なされるプローブ情報をどのように活用しようと考えているのか。担当者に聞いた。(2013/8/9)

カーナビタイム、「渋滞フルマップ」で渋滞予測情報を連続表示する機能を追加
ナビタイムジャパンが7月19日、Android向けアプリ「カーナビタイム for Smartphone」で全国の高速道路の渋滞情報が分かる「渋滞フルマップ」に渋滞予測スライダーを追加した。これにより、未来の渋滞情報がより見やすくなった。(2013/7/19)

並んでも食べたい:
ミラノで渋滞を起こす激うまジェラート店が日本上陸! ちょっと並んでくるわ
ミラノと麻布十番でしか食べられません。(2013/7/15)

車載情報機器:
プローブ情報の使い道は渋滞予測だけじゃない、日産「リーフ」の自動車保険にも
日産自動車は、電気自動車「リーフ」に搭載されているカーナビゲーションシステム(カーナビ)の通信機能で取得したプローブ情報を、損保ジャパンが新たに始める自動車保険「ドラログ」向けに提供する。損保ジャパンへのプローブ情報提供には、日立製作所が開発した「日立テレマティクスデータ加工配信サービス」を採用した。(2013/5/16)

車載カメラで撮った画像をドライバー間で共有 パイオニアの新「サイバーナビ」
車載カメラで撮影した画像をドライバー間で共有し、渋滞の状況などを実写で確認できるカーナビが登場。(2013/5/8)

車載情報機器:
トヨタが北京で実証実験、「知能ETC端末」とスマホアプリで渋滞緩和
トヨタ自動車は、2013年7月から北京市で、渋滞緩和に向けた交通流シミュレータの実証実験を実施すると発表した。PND(Personal Navigation Device)とETC車載器を一体化した「知能ETC端末」と専用のスマートフォンアプリを用いて、高速道路の交通渋滞を緩和する効果を確認する予定だ。(2013/4/17)

インドネシアで公道実験:
渋滞を抑制するスマートフォンアプリ、燃費を20%向上する効果も
ホンダは、交通渋滞を抑制する技術に関する公道実験を、2012年9月〜2013年2月にかけてインドネシアで実施。同技術を基に開発したスマートフォンアプリを使って、渋滞発生を平均で3〜4分遅らせるとともに、燃費を20%以上向上する効果が得られたという。(2013/3/22)

最大で渋滞発生を6分遅らせる:
ホンダ、「渋滞させない」運転支援システムの効果を公道上で確認
ホンダは、2012年に開発した渋滞予兆検知技術を使った公道実証実験の結果を発表。渋滞発生を最大6分遅らせられることが確認できた。(2013/3/21)

おそロシア! 渋滞の中を裸のライダーが集団で走り抜けていく映像
風と寒さとにおいと危険を感じるんだよ!(2012/11/24)

ボルボ、時速50キロ以下の渋滞時にハンドル操作まで自動運転する新技術
スウェーデンのボルボは、渋滞状況においてクルマが自律的に前走車を追従する新しい渋滞支援システムを開発した。2014年に市販車に搭載する予定だ。(2012/10/24)

日産、ブレーキで避けられない衝突をハンドルで緊急回避する新技術
日産自動車は10月17日、ブレーキでは衝突が避けられないような状況下での回避支援技術「緊急操舵回避支援システム」を開発したと発表した。渋滞末尾への追突回避に役立つという。(2012/10/18)

「iOS 6」の日本ですぐには使えない機能一覧 マップの渋滞状況やSiriでのローカル検索など
Appleが、次期モバイルOS「iOS 6」の、国によってすぐには使えない機能を確認できるページを公開した。日本ではマップの渋滞状況や建物の3D表示、Siriでのローカル検索などができない。(2012/9/14)

Google Mapsの渋滞情報、提供地域を大幅拡大 Androidユーザー増加で可能に
Appleも「iOS 6」の地図サービスにiPhoneのユーザー情報を利用した交通情報機能を搭載する計画だが、Googleは低価格Android端末の普及をてこにサービス提供地域を拡大した。(2012/8/8)

渋滞が発生すると夫婦げんかも勃発する
富士通テンが、全国の小学生の子どもがいる家族を対象に「渋滞に関する家族の意識調査」を実施した。渋滞時、親と子どもはどうなっているのか。(2012/7/6)

ホンダ、クルマの加減速から渋滞発生を予測する技術を発表
実験では後続車の平均車速が約23%、燃費が約8%向上。渋滞予兆検知技術を応用した実証実験を重ね、実用化を目指す。(2012/4/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。