ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「紫外線」最新記事一覧

ソフトバンク、IoT支援プラットフォーム「+Style」に10製品を追加
ソフトバンクのIoT支援プラットフォーム「+Style」に、新しい製品が登場する。いずれもスマートフォン・タブレットと組み合わせて利用することを前提にしたもので、5月27日から順次プロジェクトがスタートする。(2016/5/27)

23日 東京、大阪で今年初の真夏日か
九州から東北南部にかけて暑さが続き、東北北部と北海道は幾分収まるもよう。(2016/5/23)

冷や奴は、絹ごし豆腐or木綿豆腐? 正解はあるの?
冷や奴にするのなら、絹ごし豆腐がいいのか、木綿豆腐がいいのか、迷ったことはありませんか。(2016/5/18)

洗濯のストレスから解放してくれる“スマート洗濯バサミ”「Peggy」 
スマートフォンと連動し、天気の変化などを教えてくれるスマート洗濯バサミ「Peggy」。開発元は「洗濯をもっと手早く済ませ、子どもたちと遊ぼう」というスローガンを掲げている。(2016/5/18)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
スマート家電の“究極のハンズフリー”コントローラー? Netatmoの「Welcome」に迫る
IoTの時代を迎え、セキュリティ用ネットワークカメラも進化を遂げている。今回はフランスのフランスのイノベーター集団が開発した「Welcome」をピックアップ。顔認識を活用して家族のプライバシーを守りつつ、アプリの追加などでスマート家電をコントロールすることも可能だ。(2016/5/13)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(3):
チタンの3Dプリントも! DMM.makeで「ミニ四駆ボディー」をとことん仕上げてみた
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第3回では「DMM.make 3Dプリント」を利用した高品質/高精度な造形に挑戦。また、造形後の後加工についても紹介する。(2016/5/10)

Tech Basics/Keyword:
Unicode絵文字(Emoji)
人物や顔、感情、物など、さまざまな事象や物事を簡潔な絵柄で表現する絵文字は、カジュアルなコミュニケーションには欠かせない。日本の携帯電話から始まった絵文字は今では世界中で使われている。(2016/4/27)

10nm、7nm世代の開発方針も公表:
Samsung、2016年内に14nm LPCプロセス提供へ
Samsung Semiconductorは、第1世代の14nmプロセス技術「14LPP」よりもコストを抑えられる第2世代14nmプロセス技術「14LPC」を2016年中にも提供するとの方針を明らかにした。10nmプロセス技術でも、第1世代の「10LPE」と第2世代の「10LPP」を提供するという。(2016/4/27)

光源から装置、トータルソリューションの提供へ:
新しい光の市場を創造するウシオが見据える今後
産業用の光源をはじめ光の応用製品を扱うウシオ電機。エキシマランプは90%、UVランプは75%と高い世界シェアを獲得する同社だが(同社調べ)、映像機器/ライフサイエンス分野への展開も進めている。その理由を、同社コーポレートコミュニケーション課で課長を務める山田宏一氏に聞いた。(2016/4/27)

省エネ機器:
ゼロ・エネルギーを実現する日本最大の商業施設、愛知県に誕生
年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロになる「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」を実現する商業施設が愛知県津島市に完成した。大和ハウスグループのロイヤルホームセンターの新店舗で、ZEBを実現できる商業施設としては日本最大規模になるという。(2016/4/21)

スマホ・PCのドライアイ、放置するとこんなリスクも!
スマホとPCの長時間利用によるドライアイには、目の不快感だけでないリスクもあります。(2016/4/21)

シャープの「蚊取空清」、予約1000件を突破
「2000年にプラズマクラスター空気清浄機を発売して以来、このようなご予約をいただくのは初めてのこと」らしい。(2016/4/15)

「体温で色変化」「服を着て充電」ファッション×テクノロジーの最前線
国内外のファッション業界で、作品や製品にテクノロジーを取り入れていく機運が高まっている。(2016/4/14)

3D Systems ProJet MJP 2500:
イグアス、オフィス導入も可能な業務用3Dプリンタの取り扱い開始
イグアスは、米3D Systems製プロフェッショナル3Dプリンタ「ProJet MJP 2500シリーズ」の取り扱いを2016年4月5日から開始した。(2016/4/12)

開発に6年:
「蚊取空清」って何? 鴻海に分かるか、シャープの“目の付け所”
経営再建中のシャープが、蚊を吸い取る機能をつけた独創的な空気清浄機「蚊取空清」を4月23日に発売する。“目の付け所”のシャープが放つ渾身の一打は、鴻海に理解されるのだろうか。(2016/4/6)

SHOWCASE、iPhone SE/5s/5/5c向けの保護フィルム4種類を発売
0.125ミリという薄さが特徴の「クリアフィルム」と、高画質・高強度が特徴の「反射防止フィルム」×3を発売する。(2016/4/5)

シャープが放った渾身の一打「蚊取空清」、鴻海にわかるか“目の付け所”
シャープが蚊取り機能付き空気清浄機「蚊取空清」を発売する。6年かけて開発した労作だ。シャープらしさを支えた「ゆとり」は、鴻海の郭会長のもとでどうなるか。(2016/4/5)

REVSONICが新家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ――第1弾は除菌&消臭に特化したエアクリーナー
REVSONICが家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ、第1弾製品となる「V1」を発表した。ミニマリズムを追求したデザインの除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/3/28)

コンビニ39店舗を調査:
一番虫が集まるコンビニはサークルK チェーンごとに違う謎、中学生が解明
コンビニの種類によって、集まる虫も違う。津市の中学生、西川充希君(13)が2015年の夏休みの自由研究で、自宅の半径10キロ圏内にあるコンビニ39店舗を調べ、照明の違いが原因となっていることを突き止めた。(2016/3/28)

高効率太陽電池:
シリコンを用いた高効率太陽電池、「限界」を突破するには
安価な部材を使い、製造しやすく、高効率な太陽電池を作りたい。米NRELとスイスCSEMが2016年1月に発表した手法では、シリコン技術をベースに異種の半導体を組み合わせた。2層を上下に並べて機械的に接続し、29.8%という高い変換効率を得た。どのような特徴がある技術なのか、NRELのDavid Young氏に開発ポイントを聞いた。(2016/3/28)

本社移転に伴いショールームをオープン:
エネルギーとしての“光”で新市場を創造するウシオ
ウシオ電機は、本社移転に際して、光の機能と同社の製品を紹介するショールーム「USHIO COMMUNICATION LAB」をオープンする。このショールームは、LEDを使用した自然な光を提案するコーナーや製品サンプルの展示に加えて、光の基本的な機能を学ぶことができるのが特長だ。(2016/3/24)

豊田合成 照明用LED:
高信頼性を実現した高効率照明用LEDパッケージ
豊田合成は、世界トップレベルの発光高効率となる200lm/Wを実現した照明用LEDパッケージを開発した。(2016/3/22)

蚊取り機能付きプラズマクラスター空気清浄機をシャープが国内で発売
蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用。(2016/3/17)

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売
シャープは、蚊取り機能付きの空気清浄機「蚊取空清」を発表した。蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、薬剤を使わずに蚊取りシートで捕獲するというものだ。(2016/3/17)

LED照明:
豊田合成が世界トップレベルの高効率照明用LEDを開発
LEDチップ/パッケージの大手サプライヤー豊田合成は、省エネルギー社会を目指し、世界トップレベルの発光高効率となる200lm/Wを実現した照明用LEDパッケージを開発した。(2016/3/14)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

厚さ0.5ミリの「紫外線チェック用シール」を肌に貼る時代が来る?
ロレアルが肌に受けた紫外線量を教えてくれる「My UV Patch」を発表。アプリを使って、どのように紫外線量を把握するのだろうか。(2016/3/2)

PR:事業環境が変化しても対応できる太陽光発電所、Looopが製品を一新
固定価格買取制度(FIT)の単価が下がるなど、太陽光発電所を新設する条件が変わって来ている。Looopは太陽光発電所向けの「MY発電所キット」を一新、事業環境変化に対応した。約6年で初期投資を回収可能だという。(2016/2/29)

お手軽:
初期費用0円で後付けスマートホーム ピクセラがIoT・翻訳事業に参入
ピクセラが新たに参入する「IoT事業」と「翻訳事業」において新製品を発表した。気軽に導入できるゲートウェイで、今住んでいる自宅をスマートホームできるってホント?(2016/2/25)

しかもハイレゾ対応:
響きが優しい山桜のイヤフォンを限定販売――音茶楽「Flat4-櫻plus」シリーズ
音茶楽からイヤフォン新製品「Flat4-櫻plus」および「Flat4-緋櫻plus」が登場。オークヴィレッジとのコラボーレションにより誕生したモデルで、キャビネットの中央部に「響きが優しい」という山桜を使用した。(2016/2/24)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(1):
3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第1回は、3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式について解説する。(2016/2/24)

ローム SensorShield-EVK-001:
最大8つのセンサーを搭載できるArduino/mbed対応のセンサーシールド
ロームは、最大8種類の情報を測定できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を発表。ArduinoやLazurite、mbedなどに対応する。(2016/2/17)

Arduinoで加速度や気圧を測定、8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド
ロームが最大8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を販売開始した。Arduinoやmbedで、ローム製センサーの評価と試作が手軽に行える。(2016/2/16)

実用化に向け加速:
GLOBALFOUNDRIESと米大学、EUVに5億ドル投入
EUV(極端紫外線)リソグラフィー技術の実用化が加速する可能性がある。GLOBALFOUNDRIESと米国ニューヨーク州立大学が、5億米ドルを投じて新しい研究開発センターを設立し、EUV装置の導入を進めていくという。(2016/2/12)

ナノテク展の様子を写真で紹介:
完全印刷工程で作製した有機TFT、何に応用する?
「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(2016年1月27〜29日)で、完全印刷工程で作製した有機TFT(Thin Film Transistor:薄膜トランジスタ)や、有機TFTを応用した電子ペーパー/圧力センサーなど、最新の研究成果が展された。本記事は、その一部を写真で紹介する。(2016/2/12)

IDT ZOPT2202:
UVソリューションとして高性能を発揮する2チャンネルUVA/UVB光センサー
IDTは、2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表。UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる。(2016/2/5)

IDT ZOPT2202:
紫外線の光スペクトルを正確に検出する光センサー
IDTは、UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表した。紫外線(UVA/UVB)に対する過剰暴露(ばくろ)、暴露不足を検出し、ウェアラブル、モバイル端末に新たなウェルネス機能を提供するという。(2016/2/5)

シリコン・ラボ Si1133/Si1153:
高精度UV測定と日光下性能に優れた光学センサー
シリコン・ラボラトリーズは、紫外線保護とジェスチャー認識を強化する光学センサー「Si1133」「Si1153」を発表した。高精度の紫外線測定や日光下での性能、近接センシングに優れている。(2016/2/1)

7nmプロセスでの実用化は可能なのか:
着実に進歩するEUV、課題は光源
EUV(極端紫外線)リソグラフィ技術は、着実に進化を遂げている。業界には、2018年ごろの実用化を望む声も多いが、当面の課題は光源の強さをどう向上するかにありそうだ。(2016/1/28)

蓄電・発電機器:
薄くて曲がる太陽電池に新素材、電極の層を減らして製造工程を短縮
東京大学の研究チームが有機薄膜による太陽電池の新しい製造方法を開発した。薄くて透明な太陽電池を構成する電極の層を減らして製造工程を簡略化できる。電極の素材に従来のインジウムに代わってニオブを採用した。レアメタルの中でも生産量が多くて価格と供給量が安定している。(2016/1/28)

量産の実現には12〜18カ月かかる見込み:
3D XPoint、開発から製造へ
IntelとMicron Technologyが開発した「3D XPoint」は、製造の段階へと移る見込みだ。量産には12〜18カ月かかるとみられている。また、3D XPointでは、カルコゲナイド材料と「Ovonyx」スイッチが使われていることが明らかになった。(2016/1/25)

Android端末でのお天気検索がより便利に 複数地域の登録も可能
Googleが、Android端末での気象情報検索結果をアップデートする。天気に合わせて表示色を変えたり、紫外線指数などの情報を追加する他、複数の地域の情報をドロップダウンメニューから選べるようになる。(2016/1/22)

自然エネルギー:
太陽光エネルギーの長期保存が可能に、化学反応で「熱」として貯蔵
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、太陽光エネルギーを蓄積し、後で必要な時に熱エネルギーとして放出できる新しい素材を開発したと発表した。この透明高分子素材は、窓や衣服などさまざまな用途で活用できるという。(2016/1/20)

IBMが語る、ウェアラブル向け最先端技術:
人間の脳が握る、デバイス低消費電力化の鍵
ウェアラブル機器に欠かせない要件の1つに、低消費電力がある。「第2回 ウェアラブルEXPO」のセミナーに登壇した日本IBMは、超低消費電力のコンピュータとして、人間の”脳”を挙げ、IBMが開発中の「超低消費電力脳型デバイス」について語った。(2016/1/20)

紫外線で固まる液体プラスチック「BONDIC」 欠損パーツも元通り
紫外線(UV)を照射して固める液体プラスチック「BONDIC」が、クラウドファンディングで支援を募っている。(2016/1/19)

太陽光:
農業用ため池に8000枚の太陽光パネル、クレーンでつり上げて水面へ
コムシスホールディングスが兵庫県に建設した水上式メガソーラーが2015年12月から発電を開始した。農業用ため池の水面に約8000枚の太陽光パネルを浮かべている。陸上でパネルを備えたフロート架台をユニットにし、クレーンで水面に運ぶことで施工工程を効率化した。(2016/1/19)

LED照明:
米LEDベンチャーの照明をアイリスオーヤマが販売、ノーベル賞中村氏らが創業
生活用品製造卸のアイリスオーヤマは新たに、米国SORAA社のLEDランプの取り扱いを決めた。同社製品を照明関連の展示会「ライティングジャパン」で披露している。(2016/1/15)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――ものぐさなガジェット記者の場合
2015年、実際に長く使って「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。今回はITmediaのガジェット記者が選定。1人暮らしでものぐさな記者は何を買った?(2015/12/27)

SEMICON Japan 2015 特別展「World of IoT」:
半導体業界 拡大の鍵握るIoTを写真で振り返る
マイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2015」が、2015年12月16〜18日の3日間にかけて、東京ビッグサイトで開催された。中でも、注目だったのは特別展「World of IoT」である。本記事では、その一部を写真で紹介する。(2015/12/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。