ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「売らない」から売れる!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「「売らない」から売れる!」に関する情報が集まったページです。

「売らない」から売れる!・最終回:
商品に込めたメッセージが「買う理由」になる
作り手がメッセージを込めた商品も、お客さんの手に渡れば時に1人歩きを始めます。「メッセージを込める」を別の言葉で言えば、「商品にストーリーがある」ということ。そのストーリーがお客さんにとっての「買うきっかけ」「買う理由」になるのでしょう。(2014/2/18)

「売らない」から売れる!:
ボクシングの試合で投げ入れられるタオルの意味
「世界で一番愛されないタオル」――。ボクシングや格闘技の試合でセコンドが白いタオルを投げ入れることは、試合放棄の表明を意味します。では、そのタオルをセコンドがどんな気持ちで投げ入れているかご存じですか?(2014/2/3)

「売らない」から売れる!:
仕事を楽しくするコツは“五感軸”で生きること
多くの人は「時間軸」で生きていると思います。しかし経営者になって、オンとオフという概念がなくなりました。軸があるとすれば、“五感”という軸です。(2014/1/28)

「売らない」から売れる!:
商品名に「意味」があると、自動的に売れていく
通販サイト「タオルはまかせたろ.com」では、「お客さんは神様ではなく、王様」だと考えています。お客さんの声に耳を傾ければ、商品開発につながるアイデアをいただくこともあるのです。(2014/1/21)

「売らない」から売れる!:
「学びっぱなし」にせずに、行動に移す大切さ
タオル専門の通販サイトに載せている「タオルってどこででも売っているじゃないか?」というフレーズ。これはもともと、あるTシャツ販売サイトの管理人から聞いたことをヒントに得ています。(2014/1/14)

「売らない」から売れる!:
感動の共有が仕事を「任せてもらえる」信頼につながる
ECサイトを運営していて一番うれしいのは「売れる」以上に、「任せてもらえた」とき。任せてもらえるのは、お金に換えられない「信用」「信頼」があるからだと思っています。(2014/1/8)

「売らない」から売れる!:
ネットショップでまず伝えるべきは、安心・安全
ECサイトを運営する人であれば自分たちのサイトが「安全で、安心」ということを伝えなければなりません。安全かつ安心な場だと信用してもらえてこそ、少しくらい値段が高かったとしても「またここで買いたい」と思ってもらえるのです。(2013/12/24)

「売らない」から売れる!:
インターネットはモノを売る場所ではない!?
タオルソムリエの私はお客さんに合ったタオルを選んで提供するのが自分の仕事だということを、ずっと心にとどめています。「知ってもらう」ことが、実は1番の「売れる」近道になるのです。(2013/12/16)

「売らない」から売れる!:
ネット通販で「肌ざわり」をいかに伝えるか
リアル店舗を持たないネットショップが、商品の良さを伝えるにはどうしたらよいか? お客さんが潜在的に望んでいることに応えるためには?(2013/12/9)

「売らない」から売れる!:
年商1億2000万円、“タオルソムリエ”はどうやって「売れる!」を勝ち取った?
どの商売にも通じる「売ろうとしなくとも、売れる」法則がある!? 誰がどう見ても儲かるとは思えなかったタオルの通販サイトが右肩上がりに成長するまでのサクセスストーリーを公開。(2013/12/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。