ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「売らない」から売れる!」最新記事一覧

「売らない」から売れる!・最終回:
商品に込めたメッセージが「買う理由」になる
作り手がメッセージを込めた商品も、お客さんの手に渡れば時に1人歩きを始めます。「メッセージを込める」を別の言葉で言えば、「商品にストーリーがある」ということ。そのストーリーがお客さんにとっての「買うきっかけ」「買う理由」になるのでしょう。(2014/2/18)

「売らない」から売れる!:
ボクシングの試合で投げ入れられるタオルの意味
「世界で一番愛されないタオル」――。ボクシングや格闘技の試合でセコンドが白いタオルを投げ入れることは、試合放棄の表明を意味します。では、そのタオルをセコンドがどんな気持ちで投げ入れているかご存じですか?(2014/2/3)

「売らない」から売れる!:
仕事を楽しくするコツは“五感軸”で生きること
多くの人は「時間軸」で生きていると思います。しかし経営者になって、オンとオフという概念がなくなりました。軸があるとすれば、“五感”という軸です。(2014/1/28)

「売らない」から売れる!:
商品名に「意味」があると、自動的に売れていく
通販サイト「タオルはまかせたろ.com」では、「お客さんは神様ではなく、王様」だと考えています。お客さんの声に耳を傾ければ、商品開発につながるアイデアをいただくこともあるのです。(2014/1/21)

「売らない」から売れる!:
「学びっぱなし」にせずに、行動に移す大切さ
タオル専門の通販サイトに載せている「タオルってどこででも売っているじゃないか?」というフレーズ。これはもともと、あるTシャツ販売サイトの管理人から聞いたことをヒントに得ています。(2014/1/14)

「売らない」から売れる!:
感動の共有が仕事を「任せてもらえる」信頼につながる
ECサイトを運営していて一番うれしいのは「売れる」以上に、「任せてもらえた」とき。任せてもらえるのは、お金に換えられない「信用」「信頼」があるからだと思っています。(2014/1/8)

「売らない」から売れる!:
ネットショップでまず伝えるべきは、安心・安全
ECサイトを運営する人であれば自分たちのサイトが「安全で、安心」ということを伝えなければなりません。安全かつ安心な場だと信用してもらえてこそ、少しくらい値段が高かったとしても「またここで買いたい」と思ってもらえるのです。(2013/12/24)

「売らない」から売れる!:
インターネットはモノを売る場所ではない!?
タオルソムリエの私はお客さんに合ったタオルを選んで提供するのが自分の仕事だということを、ずっと心にとどめています。「知ってもらう」ことが、実は1番の「売れる」近道になるのです。(2013/12/16)

「売らない」から売れる!:
ネット通販で「肌ざわり」をいかに伝えるか
リアル店舗を持たないネットショップが、商品の良さを伝えるにはどうしたらよいか? お客さんが潜在的に望んでいることに応えるためには?(2013/12/9)

「売らない」から売れる!:
年商1億2000万円、“タオルソムリエ”はどうやって「売れる!」を勝ち取った?
どの商売にも通じる「売ろうとしなくとも、売れる」法則がある!? 誰がどう見ても儲かるとは思えなかったタオルの通販サイトが右肩上がりに成長するまでのサクセスストーリーを公開。(2013/12/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。