ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通信販売」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通信販売」に関する情報が集まったページです。

駅で食材と日用品を受け取れる通販アプリ KDDIなど3社が実証実験
KDDI、アルファロッカーシステム、西部鉄道の3社が、ネットで注文した食材や日用品を、駅構内のロッカーで受け取れるサービス「ラクトル」の実証実験を始めると発表した。(2018/12/13)

現役学生が考えた「痴漢抑止バッジ」 2018年の最優秀作は?
来春からOsaka Metroの駅売店などや通販で買えます。(2018/12/11)

韓国コスメが格安で買えるオススメ通販サイトはここだ! インフルエンサー豊森ちはやに聞く
秋冬メイク&ファッションのポイントも。(2018/12/6)

金属3Dプリンタ:
受託金属積層造形の先駆けはオーダーメイド医療を目指す
最終製品への3Dプリンタの活用が進む中、受託造形を行う企業も増えている。金属3Dプリンタなどによる受託造形を専門とするJ・3Dは、2013年に鋼材の通信販売事業から現在の積層造形事業へと舵を切った。現在は自動車業界など幅広い分野の金属造形を行う一方で、新たに医療分野の開拓を進める。J・3D 代表取締役の高関二三男氏に、自社の積層造形に関する取り組みや、3Dプリンタ装置の進化の現状などについて聞いた。(2018/12/5)

無料でコンサルティング:
売れるネット広告社、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料提供
売れるネット広告社は、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料で提供した。(2018/12/3)

goo Simseller、「HUAWEI Mate 20 Pro」と中古「iPhone X」を10セット限定で販売 約10万円
NTTレゾナントは、11月28日に通販サイト「goo Simseller」で、ファーウェイ製「HUAWEI Mate 20 Pro」と「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」を8万4800円(税別)でセット販売開始。さらに中古の「iPhone X」を加えたセットを9万9800円(税別)で限定抽選販売するほか、公式Twitterアカウントでは端末プレゼントキャンペーンも行う。(2018/11/28)

今日のリサーチ:
2018年「独身の日」、中国ネット通販大手2社の売上高は過去最高を更新――三井住友アセットマネジメント調べ
中国の消費パワーを映す「独身の日」、2018年も大いに盛り上がったようです。(2018/11/28)

「通販で錆びた聖剣を買って喜ぶ母」の画像なんてどう使うんだよ! 「0.1%の需要に応える」家族のフリー写真素材サイト「スキマファミリー」がカオス
ニッチにもほどがある(2018/11/20)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

通販で買い物、会社で受け取りOK 社員向けの宅配ボックス、サイバーエージェントなどが実証実験
宅配ボックスを手掛けるナスタが、職場に設置した宅配ボックスで私用の宅配を受け取れるようにする実証実験を、サイバーエージェントなど3社で始めた。(2018/11/14)

テレビショッピングの番組内容、AIが評価 電話数が27.6%増 NTTデータ
NTTデータは、AI(人工知能)技術を活用し、テレビショッピングの番組内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測する技術を開発。従来と比べて電話数が平均27.6%増加したという。(2018/11/14)

AIでテレビショッピングの問い合わせ電話数を予測 効果的な番組制作に活用――キューサイ、NTTデータらが効果検証
キューサイは、NTTデータ、NTTデータ経営研究所と共同で、テレビショッピング番組の内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測するAIモデル「nAomI」を開発。nAomIによる効果予測を番組制作に活用した結果、問い合わせ電話数が27.6%増加したという。(2018/11/14)

「ポケモン GO Plus」通販で偽物が横行 任天堂に見解聞いた
「モンスターボール Plus」を待った方がよさそうです。(2018/11/13)

「政府への回答ではない」:
KDDI、ECサイト利用者の携帯料金を値引きへ 購入額の最大10%を19年1月から
KDDIが、auユーザーが通販サイト「Wowma」で買い物をした場合、購入額の最大10%を携帯電話の通信料金から値引きするサービスを始める。開始時期は2019年1月中旬。ただ一般的な値下げには当たらず、「政府への回答ではない」という。(2018/11/13)

中国経済の底力を証明:
中国「独身の日」ネットセール アリババ過去最高記録
中国では11日、インターネット通販各社による恒例の「独身の日」のバーゲンセールが実施された。電子商取引(EC)最大手、アリババ集団はこの日の取引額が前年比約27%増の2135億元(約3兆5千億円)と過去最高を記録、他社も取引額を伸ばした。中国メディアは12日、対米貿易摩擦に苦しむ中、「中国経済の底力を証明した」(新京報)と中国の購買力を強調する形で報じている。(2018/11/13)

RIP SLYME、公式サイトが10月末で閉鎖へ 突然の報告にファンからは心配の声「解散だけはやめて」
2018年2月に公式通販サイトの閉鎖も発表されていました。(2018/10/30)

電子部品を1個から購入できる:
コアスタッフ、トーキン製コンデンサーを販売
コアスタッフは、同社が運営する通販サイト「ザイコストア」で、トーキン製コンデンサー製品の販売を2018年10月より始めた。(2018/10/30)

「Amazon効果」の波 スーパー実店舗は苦戦、ネット加速
西友が楽天と組んでネット事業に乗り出すのは、実店舗のスーパーや総合スーパーが苦戦していることが背景にある。ネット通販などの台頭に加え、食品の購入も身近なコンビニエンスストアやドラッグストアの利用が進み、スーパーはじり貧を余儀なくされているのが実情だ。(2018/10/26)

アマゾン、“試着できる衣料品通販”「プライム・ワードローブ」を日本でも提供
アマゾンジャパンが、衣料品を購入前に試着できる通販サービス「プライム・ワードローブ」の提供を始めた。(2018/10/25)

ネット損保が伸び悩み 「安さ」限界……AI活用などデジタル戦略に活路
対面の代理店を介さずにインターネットや電話で自動車保険を販売する通販型保険が伸び悩んでいる。(2018/10/25)

価格以外の付加価値が必要:
通販型損保が伸び悩み 「安さ」限界……デジタル戦略に活路
対面の代理店を介さずにインターネットや電話で自動車保険を販売する通販型保険が伸び悩んでいる。平成29年度のシェアは約8%と伸びは極めて緩やかで、2〜4割程度の欧米に比べ出遅れが目立つ。保険料の安さが最大の売りだが、最新のデジタル技術を活用した顧客サービスの充実など、価格以外の付加価値の創出に活路を求める動きも出始めている。(2018/10/25)

上場廃止へ:
化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収
ドクターシーラボが、米Johnson&Johnsonが実施するTOBに賛同。約52%の株式を取得する予定で、上場廃止(東証1部)になる見通し。今後は顧客管理データベースなどを共有し、海外事業やネット通販を強化する。(2018/10/23)

紙からWebへのシフト:
人工知能にカワイイ服を“作って”もらう? カタログ大手「ニッセン」のディープラーニング活用
かつて紙のカタログで人気を博した通販大手の「ニッセン」だが、今は売り上げが伸び悩み、Web通販へのシフトを迫られている。売り上げ回復のカギとして、同社は今ディープラーニング活用に本腰を入れているのだという。(2018/10/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
ZOZO・前澤社長が月へ 宇宙旅行の投資対効果は?
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」運営企業の前澤友作社長が月旅行計画を明らかにした。費用は公表されていないものの、数人で数百億円となる見込みだ。こうした宇宙旅行の投資対効果はどの程度と考えればよいのだろうか?(2018/10/11)

みずほは勘定系システム移行後:
全銀協、24時間振り込みの新システム稼働
全国銀行協会(全銀協)は9日、他行への振り込みを24時間365日いつでも実行できる新たなシステムを稼働させた。三菱UFJ銀行や三井住友銀行など加盟行の約75%にあたる105行に信用金庫や信用組合を合わせた計504行が参加。午後3時以降や休日の振り込みが翌営業日にならないと実行されない仕組みが変わり、インターネット通販や企業間決済などの利便性が向上する。(2018/10/10)

人気“再燃”「りぼん」の付録 グッズ通販に当時の少女ら「よくやった!」
少女漫画誌「りぼん」の「付録」の人気が“再燃”している。京都で開いた付録の展覧会が盛況で、雰囲気を巧みに再現したグッズの通販も好評だという。当時のファンらが感激しているようだ。(2018/9/28)

雰囲気再現 :
人気“再燃” 少女漫画誌「りぼん」の付録 グッズ通販に当時の少女ら「よくやった!」
少女漫画の月刊誌「りぼん」(集英社)の「付録」の人気が“再燃”している。京都で開いた付録の展覧会が盛況で、雰囲気を巧みに再現したグッズの通販も好評だという。漫画自体は単行本などで復刻されても付録は永遠に思い出の中。それが再び形になり、当時のファンらが感激しているようだ。(2018/9/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
月旅行に挑むZOZO前澤氏、海外からの評価は「イマイチ」な理由
通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が月周回旅行をする初の個人客に選ばれ、話題になっている。ロケット開発費など莫大な資金を支払う前澤氏を、海外メディアはどのように見ているのか。(2018/9/27)

輸送コスト増に奇策で対抗:
ネスレ日本が宅配事業に参入 商品を配達するのは一般人!?
ネスレ日本が佐川急便と組んで宅配事業に参入。一般人に宅配の中継になってもらいユーザーに配達したり逆に取りに来てもらう。急増するネット通販の配達コストを削減する。(2018/9/26)

「月を見ると想像力かき立てられた」 ZOZOTOWN前澤氏、英語で月への思い
【ロサンゼルス=住井亨介】「子供のころから月が大好きだった。月を見ると想像力をかき立てられた」。宇宙ベンチャーの米スペースX社と初の月旅行を契約した衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)は17日、月へ寄せ続けた熱い思いをこう吐露した。(2018/9/19)

宅配ボックス導入、動き広がる 全ての住戸玄関前に設置する物件も発売
インターネット通販の利用が急速に拡大していることを受けて、マンションや戸建て住宅で受け取り手の不在時に荷物を保管する宅配ボックスの導入を推進する動きが広がっている。三菱地所は全住戸の玄関前に設置したマンションを発売。三井不動産や大京グループも導入に力を入れるほか、大和ハウス工業の新築戸建て向けボックスは、年間の販売目標を半年間で超えた。(2018/9/12)

スキンケア商品の直販ビジネスを支えるDB環境を1つに集約:
PR:ザ・プロアクティブカンパニーがOracle Database ApplianceとOracle Database 12cで基幹DBとDWHを統合し、コスト半減でリアルタイムなデータ活用を実現
インフォマーシャルとダイレクトマーケティングを駆使したスキンケア商品の通信販売で知られるザ・プロアクティブカンパニー。長年にわたり基幹データベースとDWHを別々に運用してきた同社は、ソフトウェアの保守期限切れによってこれらの刷新を迫られる。そこで同社が選んだのが、Oracle Database ApplianceとOracle Database 12cによる基幹データベース/DWHの統合であった。(2018/9/12)

電話やFAX、ECが「使える」は当たり前
マルチチャネル戦略の要は「通販チャネルの一体化」にあった
複数の販売チャネルを持つ通販企業は今では珍しくなくなったが、結果の出ている企業は多くない。その原因はチャネル間の連携不足にあるという。(2018/9/14)

LINE カスタマーコネクト連携で利便性向上:
ニッセン通販サイトが問い合わせ対応にチャットシステム「M-Talk」を導入
アルファコムは、有人対応のHybridチャットサポートシステム「M-Talk」とLINEが提供する「LINE カスタマーコネクト」をニッセンに導入したと発表した。(2018/9/6)

負債総額1053億円超:
破産したケフィア事業振興会が声明文 「新規事業が苦戦した」「深くおわびする」
ヨーグルトなどの通販サービス「ケフィアカルチャー」を運営するケフィア事業振興会とその関連会社3社は9月3日、同日付で東京地裁から破産開始決定を受けたこと公式Webサイト上で公表した。(2018/9/3)

価格アルゴリズムがインフレ抑制?:
「Amazon効果」が物価動向に影響か
ネット通販業者の台頭で、商品価格の頻繁な変更と価格設定の収れん性が広がり、インフレ動向に影響を及ぼしている可能性があるとする論文が発表された。(2018/8/27)

au STAR会員向け「三太郎の日」 9月特典はCM楽曲と「Wowma!」クーポン
auの無料会員プログラムの9月特典が発表された。9月は桐谷健太さんのCMソング「お家をつくろう」と、通販サイト「Wowma!」で使えるクーポン200円分を無料プレゼントする。(2018/8/27)

後ろ姿がおいしそう ほっこりかわいい「たいやきリュック」ヴィレヴァン通販に登場
これを背負ってたいやきを買いに行きたい。(2018/8/25)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:サプライヤーと顧客のギャップを埋めて“モノづくりをトータルサポート”
通販サイト「ザイコストア」の運営や半導体/電子部品商社事業、EMS(電子機器製造サービス)などを手掛けるコアスタッフは、モノづくりに必要なものを総合的に提供する“トータルサプライヤー”を目指し、メーカー機能の強化を実施している。「半導体/電子部品サプライヤーと、ユーザーの間にある“ギャップ”を埋める役割をコアスタッフが果たし、IoT(モノのインターネット)関連機器をはじめとしたモノづくりをサポートしていく」とするコアスタッフ代表取締役の戸澤正紀氏に聞く。(2018/8/21)

ELLEGARDENのツアーグッズが通販決定 理由は「転売状況がひどすぎる」
メンバーの細美武士は「何時間も並んで買ってくれた人には申し訳ない」ともコメント。(2018/8/15)

業者が徹夜でグッズ買い占め:
「転売ひどすぎる」 復活のエルレガーデン、ツアーグッズ通販を決定
人気バンド「エルレガーデン」の復活ツアーで、転売業者がグッズを買い占める事態が多発。グッズは「メルカリ」などで高値で売られている。ファンが適正価格で入手できるよう、本来は会場限定だったグッズの通販を行うことが決まった。(2018/8/15)

「ZOZOSUIT」対抗!? ロコンド、足サイズ測定「ロコメジャー」無料配布 黒地に白の水玉、普通のメジャー
靴の通販サイト「ロコンド」が、足を測定するためのメジャー「ロコメジャー」の無料配布を始めた。「ZOZOSUIT」をほうふつとさせる黒地に白の水玉デザインだが、アナログな普通のメジャーだ。(2018/8/14)

エブリーとKDDI、ライブ動画を視聴しながら買い物ができる「CHECK」提供開始
エブリーとKDDIが共同で、ライブコマース(リアルタイム通販動画)アプリの提供を開始する。出演者とリアルタイムにコミュニケーションを図りつつ、ライブ動画を視聴しながらその場で簡単に商品を購入することができる。主にレディースファッションやコスメを中心に取り扱う。auユーザー以外も利用可能だ。(2018/8/9)

気になる商品、動画から直接購入 セブン&アイの通販サイト「オムニ7」で
セブン&アイ・ホールディングスが「フリックショッピング対応動画」を通販サイト「オムニ7」で公開。動画再生中に欲しい商品を見つけたらフリック操作で選択すると、オムニ7の商品ページに移動して購入できる。(2018/8/6)

再配達率2%を実現 アスクルの「効率的な配送」の仕組みとは
日本全国の再配達率は15%にもなるが、これを大きく下回り、再配達2%を実現しているサービスがある。アスクル個人向け通販「LOHACO」の時間帯指定配送サービスだ。どのようにして再配達2%は実現されたのだろうか。(2018/8/3)

ウサ耳×ナース服!? かわいさの三重奏みたいなスクール水着がヴィレヴァン通販に登場
ホワイトとブラック、どっちにする?(2018/8/1)

え!? こんな安いの? 船乗りが説く「フライ&クルーズ」で楽しむ新・船旅のススメ
実は「海外ツアー通販価格くらい」で楽しめちゃいます。「船旅は超高い」は誤解なのですよー。【写真85枚】(2018/7/27)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
消費者と配達員の我慢、どちらも減らす方法はあるか 「受け取り方」を変える宅配の新しい選択肢
ネット通販の拡大は利用者の買い物を便利にしたが、再配達の増加などさまざまな問題を引き起こしている。さらには時間指定枠縮小や配送量値上げなど利用者への負担も増えてきた。一方で、配送業者と利用者の双方が「我慢」を抱える現状を、テクノロジーの利用で解決しようとする動きも生まれている。(2018/7/18)

特急「あさま」や「あずさ」など、トレインマークでグッズ制作 DNPが通販サイトオープン
許諾を得た各種コンテンツを使い、ユーザーが商品をデザインして購入できるオンデマンド通販サイトをDNPがオープン。第1弾はトレインマークだ。「あけぼの」「あさま」など好きなトレインマーク入りのTシャツやトートバッグなどを注文できる。(2018/7/12)

商品の体験会も人気:
御用聞きにミニ四駆大会 コジマ復活のカギは“リアルな接点”
業績不振に陥っていたコジマが復活しようとしている。ミニ四駆大会や商品の体験会を積極的に開催するだけでなく、顧客の御用聞きサービスにも取り組む。拡大するネット通販との差別化は成功するのだろうか。(2018/7/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。