ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通信販売」最新記事一覧

来週話題になるハナシ:
大手スーパー買収のアマゾン、小売の「帝国」になれるのか
ネット通販大手のアマゾンが、スーパーマーケットのホールフーズ・マーケットを買収すると発表した。厳しい業界に参入するアマゾンは、一体どこに向かっているのか。また、アマゾンに勝算はあるのか。買収の背景を分析する。(2017/6/22)

Amazon、“試着できる”アパレル通販「Prime Wardrobe」提供へ
購入前に試着できる衣料品通販サービス「Prime Wardrobe」を、米Amazon.comがプライム会員向けに提供する。(2017/6/21)

Amazon、日本国内で「法人向け通販」参入か 日経報道
アマゾンジャパンが法人向けサービス「Amazon Business」を、2017年内に日本国内で始めると、日本経済新聞が報じた。(2017/6/16)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

着るだけで巨乳に見えるTシャツがまさに天才の発想 ヴィレヴァン通販で予約受付開始
もう何も信用できない。(2017/6/14)

メッセンジャーバッグはミミックだった! 開けるとミミックに変身するバッグ、ヴィレヴァン通販に登場
なんと。(2017/6/8)

清楚なのにセクシー 巫女装束をモチーフにした水着がヴィレヴァン通販に登場
クラウドファンディングの資金調達に成功して商品化されました。(2017/6/5)

「無限のリヴァイアス」待望の初BD化 HDリマスターBOXをAmazonとバンビジュ公式通販で限定販売
手元に置いておきたい1本。(2017/6/2)

パルコ、宅配ボックスを今秋導入 ブロックチェーンで誤配送・盗難防ぐ
通販サイト「カエルパルコ」利用者が使える宅配ボックスを、東京・池袋近辺の施設に今年9月頃設置する。(2017/5/29)

試作〜量産を一貫サポート:
マクニカとマウザー業務提携、共同通販サイト開設
マクニカとMouser Electronics(マウザー エレクトロニクス)は2017年5月25日、業務提携を結んだと発表した。両社は提携に基づき、量産サポートまでを提供する半導体、電子部品販売Webサイトを共同で運営していく。(2017/5/26)

カップの中でくつろぐネコさん にっこり笑顔の「猫のティーバッグ」ヴィレヴァン通販に登場ニャ
中身はルイボスティーです。(2017/5/26)

お家でたっぷり見よう 「3回見たら死ぬ絵」で知られるズジスワフ・ベクシンスキーの作品集、ヴィレヴァン通販に登場
海外には常設展示している施設もあるので、大丈夫です。たぶん。(2017/5/19)

日本仕様は「Galaxy」ロゴ付き:
サムスン電子、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を日本でも発売
サムスン電子ジャパンが、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を発売する。前者は5月23日に、後者は6月1日に全国の家電量販店と主なWeb通販サイトで販売を開始する予定だ。(2017/5/18)

大手デベロッパー、物流施設事業強化を加速 ネット通販拡大で荷物急増
インターネット通販の拡大に伴う荷物の急増を受け、大手不動産会社などの間で物流施設事業を強化する動きが活発だ。(2017/5/17)

全面にフライドポテトがドーン! とにかくインパクトのある食べ物柄Tシャツがヴィレヴァン通販に登場
こんなTシャツ着てる人に話しかけられても絶対内容が頭に入ってこない。(2017/5/15)

“香り”で選べる通販サイト「milunio」登場 コーヒーの香りをセンサーで可視化
アロマビットが、香りで商品を選べる通販サイト「milunio」を開設。商品にイメージラベルを貼り、香りを可視化する。(2017/5/10)

のんびり寝てないで早く逃げて〜 「サメに食べられた場面」が再現できる寝袋、ヴィレヴァン通販から登場
シャチと巨大イカもあります。(2017/5/10)

無人搬送車導入事例:
工具通販大手の物流拠点に無人搬送車154台導入、省力化狙う
工具通販大手MonotaROの新物流拠点に、日立製作所の低床式無人搬送車「Racrew」(ラックル)が導入された。拠点の自動化を進めることで省力化と生産性の向上を狙う。(2017/5/10)

「うまい棒498本分で買えちゃうんですか!?」 もしTOKIOが通販番組やったらのパロ漫画が納得の展開
これぞTOKIO。(2017/5/9)

LOHACOのチャットボット「マナミさん」がWatsonの対話システムで進化
アスクルが、ネット通販「LOHACO」の顧客サポート用チャットボット「マナミさん」にWatsonをベースとした対話システム「バーチャルエージェント」を採用した。実際の問い合わせ対応を通じて学習し、プロセスを自動化。運用負担の軽減も実現している。(2017/5/8)

ネット通販、難しい送料転嫁 サービス拡充前面に激しい販売競争
個人向けの宅配便の新料金を発表したヤマトホールディングスは、人手不足の要因であるインターネット通販会社などの大口取引先に対しても、値上げや、忙しい時期の荷物の引き受けを減らす交渉を加速させる。(2017/5/1)

16年度は大減益:
ヤマト、最大180円値上げ発表 通販大手と交渉、撤退も検討
ヤマトホールディングスとヤマト運輸が、宅配便の基本運賃値上げの詳細と、総量コントロールの内容を正式発表した。(2017/4/28)

ネット通販の“盲点” アスクル倉庫火災で露呈した「物流崩壊」
倉庫火災でアスクルの業績に急ブレーキがかかった。(2017/4/28)

火災の損害見込額は101億円:
アスクル倉庫火災で露呈した物流崩壊 ネット通販の盲点
2月の倉庫火災を受け、アスクルの完全復旧は9月末までかかる見通しだ。ネット通販の倉庫は大型化の傾向にあり、ひとたびアクシデントに見舞われれば影響の長期化は必至。同業他社にとっても文字通り“対岸の火事”では済まされない。(2017/4/28)

ヤマト、「一部通販と契約打ち切り」報道にコメント
ヤマト運輸が、大手を含む一部の通信販売会社との配送契約を打ち切る方針だと一部報道。(2017/4/27)

FAニュース:
工具など通信販売大手の新物流拠点に小型で低床式の無人搬送車を納入
日立製作所は、工業用間接資材通信販売大手のMonotaROが新設した物流拠点「笠間ディストリビューションセンター」に、小型/低床式無人搬送車「Racrew」を154台納入した。(2017/4/25)

富士経済が調査:
国内通販市場は2017年に10兆円超え、ECが8割を占める
富士経済は、ECへ集約しながら成長を続ける国内の通販市場(B2Cの物販)を調査、分析した結果を報告書にまとめた。(2017/4/24)

のしやラッピング、代引きにも対応:
トランスコスモスグループのECロボ、完全自動出荷ができる通販物流サービスを提供
ECロボは、モール型ECサイトや自社ECサイトにおいて商品を販売する企業向けに、商品の完全自動出荷サービスをリリースした。(2017/4/18)

ヤマト運輸、宅急便の運賃を27年ぶり値上げ 労働環境改善の一環 ネット通販の荷物量抑制も示唆
ヤマト運輸が労働環境の改善に向けて、「働き方改革」の基本骨子5つを決定しました。(2017/4/13)

セーラー服に着物テイストをプラス かわいさ2乗の「セーラーきもの」 ヴィレヴァン通販に登場
ヒラヒラの着物袖や帯風リボンがポイントです。(2017/4/12)

絶対にパンツが見えない下着「フリルミニペチコート」 ヴィレヴァン通販に登場!
見えそうで見えない。(2017/4/5)

「PayPal」と契約するだけで利用可能:
「売れるネット広告つくーる」、「PayPal」連携のフォーム自動入力機能を正式に開始
売れるネット広告社は、同社のネット広告/ネット通販支援ツール「売れるネット広告つくーる」において、同決済サービスと連携した「申込フォーム自動入力」機能を正式にリリースしたと発表した。(2017/3/31)

お花見にかぶりたい 桜餅をモチーフにしたベレー帽、ヴィレヴァン通販に登場
数量限定です。(2017/3/23)

海外決済でも申し込みフォーム自動入力が可能に:
「売れるネット広告つくーる」が「PayPal」と連携
売れるネット広告社は同社のネット広告/ネット通販支援ツール「売れるネット広告つくーる」が「PayPal」と連携したと発表した。(2017/3/22)

大きなヒレを再現した「ウミガメ形」のティーバッグ ヴィレヴァン通販から登場
きれいなブルーのお茶です。(2017/3/19)

既に実用段階へ
LOHACOが活用するLINE上のAIチャットボット、応対の成否を左右する要素とは
AI(人工知能)による顧客応対と聞くと実用性を疑う方もいるかもしれないが、既に通販サイトなどの身近な場所で活躍中だ。しかも、導入メリットは意外なほど大きいという。(2017/3/16)

通販会社になぜ“猫部”? 「フェリシモ猫部」の秘密を聞いてきた
猫アイテムを多数扱う通販会社フェリシモの「猫部」。誕生の経緯や製品開発の裏側、猫の保護に関する支援活動について聞きました。(2017/3/12)

LINEモバイル、ビックカメラとヨドバシカメラでSIMカード即日渡しを開始 計10店舗で
LINEモバイルが、ビックカメラとヨドバシカメラの一部店舗にSIMカードの即日受け渡しカウンターを設置する。カウンター非設置店舗とWeb通販サイトではエントリーパッケージの販売を開始する。(2017/3/8)

Amazonの「送り方」、ヤマト危機の一因に ユーザー喜ばない「過剰サービス」も
ネット通販の成長による宅配便荷物の増加、解決策が見えない不在再配達――ヤマト運輸をめぐる“危機”には、かねて顕在化していた多くの問題が複雑に絡まり合う。(2017/3/8)

届けても半分が再配達:
パナの宅配ボックスに期待 ネット通販拡大で
パナソニックは6日、不在時に宅配便を受け取るための「宅配ボックス」の新製品を発表した。インターネット通販の拡大で宅配需要が急速に高まっていることを受け、品ぞろえを強化する。(2017/3/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
通販事業者は“物流危機”にどう対応する?
宅配便最大手のヤマト運輸が、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。アマゾンを中心にネット通販の荷物が急増したことで、現場が悲鳴を上げている。一方、AI(人工知能)を使った配送の最適化やシェアリング・エコノミーによる業務の一般開放など、イノベーションの波も押し寄せており、数年後には配送をめぐる環境が激変している可能性が高い。(2017/3/7)

自然エネルギー:
世界50カ所の配送センターの屋上で太陽光発電、アマゾンが2020年までに
インターネット通販で世界最大手のアマゾンが、配送センターの屋上を利用して太陽光発電を拡大する。2017年内に米国の15カ所に設置を完了して、2020年までに世界50カ所の配送センターに展開する計画だ。1カ所の配送センターが消費する電力のうち最大で80%を太陽光発電で供給できる。(2017/3/6)

CADニュース:
ドローソフトと同じ感覚で使える、Mac用「DraftingCAD ver 6.2」
インフィニシスは、Macintosh用デザインソフト「DraftingCAD」の最新版ver 6.2のオンライン版を、同社インターネット通信販売サイトで発売した。建築土木設計や間取り図、ペーパークラフトの型紙、電気配線図などを作成できる。(2017/3/2)

小さな組織が大企業と戦うために
現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」
「にんにく卵黄シリーズ」のやずやがビジネスの根幹を担う通販システムを刷新。売上成長を目指し、顧客起点のダイレクトマーケティングをより強力に推進するためだ。(2017/2/27)

NTTレゾナント、「HUAWEI nova lite」+SIMを1万4800円(税別)で販売
NTTレゾナントは、通販サイト「goo Simseller」でファーウェイのSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI nova lite」を1万4800円(税別)で販売開始。5.2型フルHD液晶や1200万画素の高性能カメラを搭載している。(2017/2/24)

ヤマト運輸が荷受け抑制検討 ネット通販拡大で、労組が春闘で要求
ヤマト運輸が、荷受量を抑制する検討に入ったことがわかった。(2017/2/24)

キラキラ! 本物の宝石と同じカットを施したあめ「スイートジュエル」が、あめ専門ブランドの通販サイトに登場!
ホワイトデーのギフトにも。(2017/2/23)

NTTレゾナント、1万円代のVoLTE対応エントリースマホ「Tommy」販売開始
NTTレゾナントの通販サービス「goo Simseller」において、Wiko(ウイコウ)のSIMフリースマホ「Tommy」の販売を開始した。販売価格は「OCN モバイル ONE」のSIMカードとのセットで1万3200円(税別)となる。(2017/2/22)

お茶を一杯いかがかニャ? かわいい猫型タグがついたティーバッグ、ヴィレヴァン通販から登場!
中身は静岡の緑茶です。(2017/2/22)

通販「LOHACO」東日本エリアの受注停止 倉庫火災の影響で
アスクルは16日、埼玉の倉庫で火災が発生したことを受け、ネット通販「LOHACO」の東日本エリアの全ユーザーの受注・出荷を停止した。(2017/2/16)

PR:靴の通販はロコンド.jp 日本最大級の靴とバックの通販サイト



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。