ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VoIP」最新記事一覧

TCP/IPネットワークを介して、デジタル化された音声を送受信したり、呼び出し、切断したりする呼制御技術を含めた総称。
VoIP − @ITネットワーク用語事典

富士通、堅牢性に優れた法人向けSIMフリースマホ「ARROWS M357」12月から順次発売
富士通コネクテッドテクノロジーズは、Android 6.0を搭載した法人向けSIMロックフリースマートフォン「ARROWS M357」を12月から順次発売する。移動時でも安定したVoIP通話を行えるWi-Fiハンドオーバーや2580mAhの大容量バッテリー、充実のサポートサービスを備えている。(2016/10/25)

これぞ“ロボフォン”? Pepperを電話機にできるミドルウェア登場
コンピュータ・ハイテックは、PepperをIP電話として利用できるようにするミドルウェア「RoVoIP」を発売する。(2016/6/10)

Facebook、Androidダイヤラー(通話アプリ)「Hello」をリリース
Facebookが、発信者番号通知、着信拒否、電話帳、VoIP通話機能を備えるAndroid向け通話アプリ「Hello」を米国でリリースした。(2015/4/23)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――無料VoIPアプリ編
MVNOが提供している格安SIMカードを利用すれば、毎月の利用料金を安く抑えらるが、音声通話料を安く抑えるには一工夫がいる。本特集ではスマートフォンで利用できる通話アプリを紹介する。今回は無料のVoIPアプリ6つをピックアップした。(2014/8/28)

NTTコム、IP電話サービスの機能を提供するソフトウェア開発キットを提供
NTTコミュニケーションズは、自社のIP電話サービスが提供する機能をプログラムで利用してもらうためにソフトウェア開発キット「050 VoIP SDK」(仮称)を配布する。(2014/7/29)

従来の通話やほかのVoIPアプリとの違いは?――「VoLTE」の“ここ”が知りたい
ドコモが国内で初めて「VoLTE」による通話サービス提供を開始する。VoLTEとはどんなサービスなのか? 既存の3G通話との関係は? VoLTEの基本事項や素朴な疑問をまとめた。(2014/5/15)

レノボ、“Microsoft Lync”認証を取得したVoIP向け21.5型液晶「ThinkVision LT2223z」など3製品
レノボ・ジャパンは、Web会議などに向くVoIP対応21.5型液晶ディスプレイ「ThinkVision LT2223z」など計3製品の販売を開始する。(2013/4/16)

調査リポート:
対立から協業へ――通信キャリア、VoIP企業との連携を模索
1年前の調査ではOTT(Over The Top)プレイヤーは脅威とみられていたが、今やチャンスととらえる通信キャリアのマーケティング担当者が増えているという。(2013/1/25)

Facebookの無料VoIPは「スマホ時代最大級の破壊的サービス」――アナリストが警告
Facebookが一部地域で提供を開始した無料のVoIPサービスは、通信キャリアに加え、SkypeなどのVoIP専業ベンダーらに大きな影響を与えるとOvumのアナリストが警告している。(2013/1/21)

Facebook、Facebook MessengerにVoIPサービスを追加――カナダでスタート
Facebookが最新のメッセンジャーアプリ「Facebook Messenger」でVoIPや音声メッセージの提供を開始した。VoIPサービスは現時点ではカナダに限定されている。(2013/1/7)

調査リポート:
モバイルもVoIPへシフト――2017年、ユーザーは10億人規模に
モバイル環境でのVoIPサービスの利用が加速しており、Juniper Researchは2017年には7人に1人の加入者がモバイルVoIPサービスを利用するようになると予想している。(2012/12/17)

米国・中国への通話は1分1円から:
VoIPアプリの「qiip phone」、国際電話の対応エリアが拡大
SKプラネットのスマホ向け通話アプリ「qiip phone」がバージョンアップ。国際電話の対応地域に、北米や中国など6エリアが追加された。米国本土・中国への通話料金は1分1円から。(2012/5/23)

糸電話っぽく通話できるデバイスが開発中
見た目はブリキ缶だが、PCや携帯電話に接続してVoIPソフトで通話できる。(2012/5/1)

レノボ、VoIP対応の液晶一体型ビジネスPC「ThinkCentre M92z」
レノボ・ジャパンは、液晶ディスプレイ一体型のオールインワンデスクトップPC「ThinkCentre M92z All-In-One」、および23型ワイド液晶ディスプレイ「ThinkVision LT2323z」を発表した。(2012/4/9)

NEWS
ポリコム、アナログとVoIPの両方に対応する音声会議システム
アナログ回線とVoIPの両方で動作する音声会議システムを発表。中小規模の会議室向けに設計されている。(2012/1/12)

VoIPの企業導入率は51.3%――国内UC市場動向
IDC Japanは、2011年に実施したユニファイドコミュニケーション市場のユーザー調査の結果を発表した。(2012/1/5)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

外国語の訛りは音質改善で克服できるか
高品位通話を実現する「HD VoIP」はコミュニケーション改善に役立たない?
より高品質な音声通話を実現するHD VoIP。ベンダーは、これによってコミュニケーションが改善すると主張している。一方、その意見に異を唱える声もある。(2011/9/5)

……え?:
全国の斉藤さんと無料テレビ通話 iPhoneアプリ「斉藤さん」
全国の斉藤さんと無料でテレビ電話ができる――。ユードーが、謎のiPhoneアプリ「斉藤さん」をリリース。VoIPアプリの法人向けサービス展開を見据えたテストマーケティングアプリのようだ。(2011/9/1)

Twitter仲間と無料で通話――電話番号不要のiPhone向けVoIPアプリ「OnSay」
Twitterアカウントを活用するiPhone向けVoIPアプリ「OnSay」が登場。相互フォローしていれば、電話番号が分からなくても通話できる。(2011/8/31)

ホワイトペーパー:
世界1億ユーザーが認めた低価格ネットワーク管理ツールの“決定打”
VoIPアプリ、仮想化環境、ネットワーク帯域など、近年のネットワークインフラの管理対象は多岐にわたる。膨大な管理情報を一元的に集め、可視化するには、高額なネットワーク管理ツールを導入するしか手はないのだろうか(提供:Ipswitch Japan)。(2011/8/25)

Android端末が保留・転送できる内線電話に――ソフトフロントの「SF Excellent VoIP」
ソフトフロントが、Android端末を保留・転送機能付きの内線電話として利用可能にするVoIPアプリケーションをリリースする。(2011/7/20)

ホワイトペーパーレビュー
IP電話の導入に役立つ3つのホワイトペーパー
VoIPの代表アプリケーションとも呼べるIP電話。UCの一コンポーネントとして「通話料の節約」以上の価値をもたらすものだ。IP電話システムを検討する上で参考にしたい3つのホワイトペーパーを紹介する。(2010/12/10)

iPadでオンライン会議を設定できるアプリ「Fuze Meeting」
iPadのビジネス利用を促進するオンライン会議ツールが登場。クラウドサービスの利用とVoIP機能の搭載で、プレゼンテーション資料を共有しながらの音声会議が可能だ。(2010/9/22)

日本通信、アールストリームのSIMロックフリー端末に通信サービス提供
日本通信が、アールストリームが展開する携帯電話サービスをMVNEとして支援。アールストリームが投入するSIMロックフリーのスマートフォン向けに、VoIPの音声サービスとデータ通信サービスを提供する。(2010/6/9)

Google、VoIPサービス「Google Voice」に大学生を優先招待
「.edu」で終わるメールアカウントを持つ米国の学生は、優先的にGoogle Voiceの番号を入手できるようになった。(2010/5/17)

Analysis:
VoIP over 3G開放でモバイル業界に激震
iPhone上で、3Gネットワークを使うVoIPアプリケーションが解禁された。3G上のVoIP利用が広まれば、内外のキャリアのビジネスモデルに大きな影響を与えることになりそうだ。(2010/2/8)

iPhone向けIP電話アプリ「iCall Free VoIP」が3Gネットワーク対応に
Appleが開発者向けSDKのアップデートでキャリアのネットワークを利用したVoIP機能を可能にした。「iCall Free VoIP」は3Gネットワークで通話できる初のiPhoneアプリだ。(2010/1/28)

Google、iPhone向け「Google Voice」をWebアプリとしてリリース
iPhoneアプリ版のAppleによる承認が遅れている中、GoogleがHTML5ベースのWebアプリとしてVoIP電話サービス「Google Voice」をリリースした。(2010/1/27)

スパムや盗聴から会社を守るために
電話も攻撃対象――セキュアなVoIP導入のためのノウハウ
VoIPは電話料金を抑える手段として魅力的に思える。だが、音声をデータと同じネットワークに乗せることで攻撃やハッキングの標的ともなり得る。(2009/12/11)

Google Voiceは?:
AT&TによるVoIPへの3G開放、iPhoneユーザーにとっては朗報だが――
AT&Tが自社の携帯回線をiPhone向けVoIPアプリに開放するという決定はiPhoneユーザーやSkypeに歓迎されているが、AT&TとAppleにとっては厳しいものだ。(2009/10/8)

Skypeを携帯回線で使える:
AT&T、iPhone向けVoIPアプリの3Gネットワーク利用を可能に
AT&Tのこの決定により、これまでWi-Fiでしか使えなかったSkype for iPhoneが携帯回線でも利用できるようになる。(2009/10/7)

Skype盗聴のトロイの木馬、VoIPソフトへの危機か
Skypeの通話を傍受するトロイの木馬が見つかったが、今後はVoIPソフトを狙うマルウェアが増加するかもしれない。(2009/8/31)

Google、「AndroidからSkype締め出し」報道に反論
「Googleが携帯キャリアの要請でVoIPアプリを排除している」と示唆する報道に、Googleが反論した。(2009/8/24)

VoIPでの音声通話も:
Verizon、LTEの実証実験に成功――2010年商用化へ
Verizon Wirelessは競売で落札した700MHz帯を使い、VoIP電話やビデオストリーミングなどの実験に成功した。(2009/8/17)

オールインワンサーバにUC機能も追加:
IBM、SMB向けアプライアンスサーバにVoIP機能を搭載
IBMがMicrosoftの「Windows Essential Server Solutions」対抗アプライアンス「Lotus Foundations」の新製品を発表した。(2009/7/16)

Android上で双方向のVoIP通話に成功――ソフトフロント
ソフトフロントは、マルチOS/マルチプラットフォーム対応を目指す同社のSIP/VoIP技術がAndroidに対応したことを明らかにした。(2009/6/25)

理解されない音声の脅威
電話が使えなくなる日……VoIPセキュリティの現状と対策
IP電話の企業導入が進む中、VoIPセキュリティが再注目されている。音声版スパムやDoS、盗聴などVoIPに潜むリスクは多く、電話という重要な仕事ツールをまひさせる恐れある。有効なセキュリティ対策はあるのか?(2009/6/10)

iPhone版Skypeが公開
iPhoneからSkypeのIMやVoIPが利用できるアプリがApp Storeでリリースされた。(2009/3/31)

Skype、Apple iPhone向けIP電話アプリ発表か
SkypeがCTIA Wirelessカンファレンスで、Apple iPhoneでVoIPサービスを使えるアプリを発表するとのうわさが飛び交っている。(2009/3/30)

NEWS
ディアイティ、VoIPも見える化するネットワークの“健康診断”ツール
スタンドアロンのLANアナライザソフトの新版がリリース。音声や動画を利用するIPネットワーク環境での通信品質の管理が容易になった。(2009/3/13)

サービス妨害などのリスク:
ラックとネクストジェン、IP電話のセキュリティ診断サービスを開始
ラックとネクストジェンは、SIP/VoIPシステムに存在する脆弱性を診断するサービスを始めた。(2009/3/3)

コスト削減+α
VoIPで生産性向上と電話代削減を図る
PBXからVoIPに移行した企業ユーザーは、「生産性向上や長距離電話代の節約で大きなメリットがあった」と振り返る。(2009/3/2)

NEWS
HPが「ブレードのノウハウをつぎ込んだ」LANスイッチ、データセンター向けに最適化
日本HPはデータセンターでの運用に最適化したL3 GbEスイッチ「ProCurve 6600」を発表。同時に、スイッチにVoIPやWAN最適化などのアプリ機能を追加して統合利用するソリューションも展開する。(2009/1/30)

米Sun、SailFinの基盤となる「GlassFish 2.1」をリリース
GlassFishの最新ビルド版が公開された。SIPサーブレットをサポートし、VoIPに対応する。(2009/1/27)

2009年半ばに確定の見込み
無線LAN管理フレームの悪用を防ぐIEEE 802.11w
IEEE 802.11wは、無線VoIPなどのアプリケーションで十分な通話品質と可用性を実現しながら、無線セキュリティを保証するための無線暗号化規格だ。(2008/12/3)

UC製品にも:
MSのVoIP製品に脆弱性、セキュリティ企業が報告
VoIPshield Systemsによると、MicrosoftのOffice Communications Server 2007、Office Communicator、Windows Live Messengerに脆弱性がある。(2008/11/18)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「ケータイVoIP」――iPod touchでも“通話” 当面の鍵を握るは無線LAN?
急速に普及する「VoIP」だが、それは固定電話での話。今回は、携帯電話を利用したVoIPサービスの現状と今後についてみてみよう。(2008/11/6)

「EM・ONEα」のIP電話機能がバージョンアップ――050番号や着信に対応
イー・モバイルは、「EM・ONEα」のIP電話機能を向上させ、050番号の付与や着信機能などのサービスを開始した。VoIPソフト「JAJAH Phone」のアップデートにより実現したもので、月額380円から利用できる。(2008/7/1)

Ask The Expert
【Q&A】VoIP導入で企業のIT部門が直面する課題
IPテレフォニーシステムをレガシーシステムに統合することに関しては、多くの問題が絡んでいる。複数のベンダーが関係している場合はなおさらだ。(2008/6/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。