ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42S」最新記事一覧

開発陣に聞く「W52S」:
“音楽だけじゃない”それが進化の証――「ウォークマンケータイ W52S」
初代ウォークマンケータイの「W42S」から音楽機能を強化した「W52S」。一方で、携帯電話として基本機能や使いやすさも改善された。ケータイとして進化したW52Sのポイントを、開発担当者に聞いた。(2007/6/27)

「W52S」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵メモリにATRACデータを保存できるか──「W52S」
1年ぶりに新モデルが登場したウォークマンケータイ「W52S」。初代ウォークマンケータイ「W42S」は内蔵メモリにATRACデータを保存できなかったが、W52Sはどうか。(2007/6/7)

東芝、ソニエリ、京セラ製の一部au端末に不具合──修正ソフトを公開
KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニエリ製の「W32S」「W41S」「W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/27)

「W42S」の音楽機能を試す(2)
魅力も多いが中途半端さも目立つ――ウォークマンケータイ
国内初となるウォークマンブランドの携帯端末「W42S」。2回目のレビューは、そのシンボルともいえるミュージックシャトルの使い勝手と、PCからの音楽データ転送についてチェックしてみよう。(2006/8/1)

「W42S」の音楽機能を試す(1)
“ツボ”はしっかり押さえている――ウォークマンケータイ
ポータブルオーディオプレイヤーの一時代を築いた「ウォークマンブランド」を冠する「W42S」。「ミュージックシャトル」を搭載するなど音楽再生機能にフォーカスした同端末の使い勝手を試した。(2006/7/31)

短期集中ロードテスト ウォークマンケータイ「W42S」:
「au Music Port」で楽曲を準備する
国内では初めて、“ウォークマン”を名乗る携帯電話「W42S」。ポータブルプレーヤーとしての使い勝手はどの程度か、実際に利用しながら確認してみることにした。まずは楽曲の転送からだ。(2006/7/3)

「W42S」専用のHEAD PORTER製ケース──ソニエリが発売
ソニエリが、ウォークマンケータイ「W42S」専用のHEAD PORTER製ケースを販売する。Standard EditionとSpecial Editionの2種類をラインアップ。(2006/6/23)

ウォークマンケータイ「W42S」、新規は2万円前後
直感的再生操作が可能な操作キー「ミュージックシャトル」や1Gバイトの内蔵メモリを搭載する「ウォークマンケータイ W42S」が都内で店頭に並んだ。新規価格は2万円前後。(2006/6/22)

これが“ウォークマンケータイ”のアイデンティティ──開発陣が語る「W42S」
ついに日本市場にお目見えした「ウォークマンケータイ W42S」。音楽ケータイをうたう端末が各種登場する中、“ウォークマンケータイ”のアイデンティティとは何なのか。開発陣に聞いた。(2006/6/22)

ウォークマンケータイ「W42S」、20日から順次発売
ウォークマンブランドの名を冠したauの「W42S」が、20日から順次、店頭に並ぶ。(2006/6/19)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42S」編(2):
ミュージックシャトルは音楽操作以外に使えないのか──「W42S」
「W42S」の注目点は、音楽操作専用に設けられた「ミュージックシャトル」。“本当にほかの操作には使えないのか”という質問が多数寄せられている。(2006/6/2)

夏モデルの“ここ”が知りたい「G'zOne W42CA」編(1):
充電台をUSBクレードルとして使えるか──「G'zOne W42CA」
ウォークマンケータイ「W42S」とともに、コンセプトモデルとして登場したのがタフネスWINの「G'zOne W42CA」。質問で多かったのが“充電台をUSBクレードルとして使えるか”。(2006/5/29)

LifeStyle Weekly Access Top10:
ウォークマンケータイに関するちょっとした妄想
LifeStyleの読者にも注目されたウォークマンケータイ「W42S」。幅広い種類のファイルを扱えるが、ちょっとした注意点もある。(2006/5/26)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42S」編(1):
どこでもキーロックをかけられるか?──「W42S」
日本初のウォークマンケータイとして注目を集める「W42S」。携帯電話としての使い勝手を問う質問が寄せられた。(2006/5/26)

写真で解説する「W42S」の音楽機能
独自の音楽プレーヤー「シャトルプレイヤー」を備えた「W42S」。ミュージックシャトルの操作性といい、ATRAC3とHE-AACを混在させたプレイリスト環境といい、充実の音楽機能を備える。(2006/5/23)

ウォークマン ケータイはどこまで“ウォークマン”か
KDDIの新モデルの中、ひときわ異彩を放っているのが、ソニー・エリクソンの“ウォークマン ケータイ”「W42S」。どこまで“ウォークマン”なのか、音楽再生機能についてウォークマン「NW-A607」と比較してみた。(2006/5/22)

写真で解説するウォークマンケータイ「W42S」
「ケータイはついに、WALKMANを手に入れた」――夏モデル7機種の中でも異彩を放つ「W42S」を写真で解説する。ミュージックシャトルキーなど、独特の構造になっている。(2006/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。