ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42S」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W42S」に関する情報が集まったページです。

開発陣に聞く「W52S」:
“音楽だけじゃない”それが進化の証――「ウォークマンケータイ W52S」
初代ウォークマンケータイの「W42S」から音楽機能を強化した「W52S」。一方で、携帯電話として基本機能や使いやすさも改善された。ケータイとして進化したW52Sのポイントを、開発担当者に聞いた。(2007/6/27)

「W52S」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵メモリにATRACデータを保存できるか──「W52S」
1年ぶりに新モデルが登場したウォークマンケータイ「W52S」。初代ウォークマンケータイ「W42S」は内蔵メモリにATRACデータを保存できなかったが、W52Sはどうか。(2007/6/7)

東芝、ソニエリ、京セラ製の一部au端末に不具合──修正ソフトを公開
KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニエリ製の「W32S」「W41S」「W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/27)

「W42S」の音楽機能を試す(2)
魅力も多いが中途半端さも目立つ――ウォークマンケータイ
国内初となるウォークマンブランドの携帯端末「W42S」。2回目のレビューは、そのシンボルともいえるミュージックシャトルの使い勝手と、PCからの音楽データ転送についてチェックしてみよう。(2006/8/1)

「W42S」の音楽機能を試す(1)
“ツボ”はしっかり押さえている――ウォークマンケータイ
ポータブルオーディオプレイヤーの一時代を築いた「ウォークマンブランド」を冠する「W42S」。「ミュージックシャトル」を搭載するなど音楽再生機能にフォーカスした同端末の使い勝手を試した。(2006/7/31)

短期集中ロードテスト ウォークマンケータイ「W42S」:
「au Music Port」で楽曲を準備する
国内では初めて、“ウォークマン”を名乗る携帯電話「W42S」。ポータブルプレーヤーとしての使い勝手はどの程度か、実際に利用しながら確認してみることにした。まずは楽曲の転送からだ。(2006/7/3)

「W42S」専用のHEAD PORTER製ケース──ソニエリが発売
ソニエリが、ウォークマンケータイ「W42S」専用のHEAD PORTER製ケースを販売する。Standard EditionとSpecial Editionの2種類をラインアップ。(2006/6/23)

ウォークマンケータイ「W42S」、新規は2万円前後
直感的再生操作が可能な操作キー「ミュージックシャトル」や1Gバイトの内蔵メモリを搭載する「ウォークマンケータイ W42S」が都内で店頭に並んだ。新規価格は2万円前後。(2006/6/22)

これが“ウォークマンケータイ”のアイデンティティ──開発陣が語る「W42S」
ついに日本市場にお目見えした「ウォークマンケータイ W42S」。音楽ケータイをうたう端末が各種登場する中、“ウォークマンケータイ”のアイデンティティとは何なのか。開発陣に聞いた。(2006/6/22)

ウォークマンケータイ「W42S」、20日から順次発売
ウォークマンブランドの名を冠したauの「W42S」が、20日から順次、店頭に並ぶ。(2006/6/19)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42S」編(2):
ミュージックシャトルは音楽操作以外に使えないのか──「W42S」
「W42S」の注目点は、音楽操作専用に設けられた「ミュージックシャトル」。“本当にほかの操作には使えないのか”という質問が多数寄せられている。(2006/6/2)

夏モデルの“ここ”が知りたい「G'zOne W42CA」編(1):
充電台をUSBクレードルとして使えるか──「G'zOne W42CA」
ウォークマンケータイ「W42S」とともに、コンセプトモデルとして登場したのがタフネスWINの「G'zOne W42CA」。質問で多かったのが“充電台をUSBクレードルとして使えるか”。(2006/5/29)

LifeStyle Weekly Access Top10:
ウォークマンケータイに関するちょっとした妄想
LifeStyleの読者にも注目されたウォークマンケータイ「W42S」。幅広い種類のファイルを扱えるが、ちょっとした注意点もある。(2006/5/26)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W42S」編(1):
どこでもキーロックをかけられるか?──「W42S」
日本初のウォークマンケータイとして注目を集める「W42S」。携帯電話としての使い勝手を問う質問が寄せられた。(2006/5/26)

写真で解説する「W42S」の音楽機能
独自の音楽プレーヤー「シャトルプレイヤー」を備えた「W42S」。ミュージックシャトルの操作性といい、ATRAC3とHE-AACを混在させたプレイリスト環境といい、充実の音楽機能を備える。(2006/5/23)

ウォークマン ケータイはどこまで“ウォークマン”か
KDDIの新モデルの中、ひときわ異彩を放っているのが、ソニー・エリクソンの“ウォークマン ケータイ”「W42S」。どこまで“ウォークマン”なのか、音楽再生機能についてウォークマン「NW-A607」と比較してみた。(2006/5/22)

写真で解説するウォークマンケータイ「W42S」
「ケータイはついに、WALKMANを手に入れた」――夏モデル7機種の中でも異彩を放つ「W42S」を写真で解説する。ミュージックシャトルキーなど、独特の構造になっている。(2006/5/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。