ニュース
» 2007年03月27日 11時54分 UPDATE

東芝、ソニエリ、京セラ製の一部au端末に不具合──修正ソフトを公開

KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニエリ製の「W32S」「W41S」「W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。

[園部修,ITmedia]

 KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「W32S」「W41S」「ウォークマンケータイ W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。端末でケータイアップデートを実施することで問題が修正できる。ケータイアップデートにかかる情報料やパケット通信料は無料。

 不具合の内容は機種によって異なるが、詳細は以下の通り。

  1. W51T、W52Tで電源が入らない・電源が切れる場合がある
  2. W52Tでハンズフリー機器とBluetoothで通信した場合、発着信できない場合がある
    (Bluetoothを利用したデータ通信やケーブル接続での発着信やデータ通信では問題はない)
  3. W44T、W44T II、W44T III、W45T、W32S、W41S、W42S、W44Kで、EZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合がある
    (新規や機種変更の場合には発生いしない)
  4. W45Tで、スマートモードでアドレス帳から送信先を選択してEメールを作成すると、本文の入力を確定した時点で操作できなくなり、電源がリセットする場合がある
    (作成中のメールは消えるが、保存されたメールデータやアドレス帳、データフォルダなどに影響はない。[メール]キーでEメールを作成する場合、問題は発生しない)
  5. W32SとW41Sで、メモリースティックDuo内の動画を再生するとキー操作ができなくなり、リセットする場合がある
    (動画をデータフォルダに移動してから再生すれば問題は発生しない)
  6. W44Kで、「長持ちモード」設定時に、操作中に端末を閉じると待受時間が短くなる場合がある
    (待受画面で端末を閉じた場合には問題は発生しない)
メーカー 型番 不具合1 不具合2 不具合3 不具合4 不具合5 不具合6 アップデート所要時間
東芝 W44T/W44T II/W44T III 最大5分
W45T
W51T
W52T
ソニー・エリクソン W32S 最大10分
W41S 最大20分
W42S 最大30分
京セラ W44K 最大5分

 なおW44T III、W41S、W42S、W44Kのユーザーには、ケータイアップデートによるauからのお知らせを送信する。W45Tをスマートモードで利用している場合には、スマートモードを解除してケータイアップデートを行う必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.