ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W52SA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W52SA」に関する情報が集まったページです。

「W52SA」レビュー:
カスタマイズ心をそそる、細かな設定の数々──「W52SA」を試す
フラットでスリムな回転2軸ボディのワンセグ端末として登場した「W52SA」。細かい部分までカスタマイズできる各種設定が用意され、個々の生活スタイルに合った端末に最適化できる。(2007/9/6)

「W52SA」の“ここ”が知りたい(3):
ワイド液晶を生かした機能は──「W52SA」
「W52SA」については、基本機能の使い勝手に関する質問も寄せられた。時短検索機能の有無やアラーム音のFMラジオ対応、LEDの光り方などをチェックした。(2007/8/30)

「W52SA」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグ機能の実力は──「W52SA」
2.8インチのワイド画面でワンセグを視聴できる三洋電機製の「W52SA」。タイムシフト再生や録画機能への対応、ワンセグ機能の使い勝手などを問う質問が寄せられた。(2007/8/28)

「W52SA」の“ここ”が知りたい(1):
ディスプレイを表にして折りたたんだ状態でどんな操作ができるか──「W52SA」
ワンセグ視聴時の利便性を考慮して回転2軸ボディを採用した「W52SA」。ディスプレイを表にして折りたたんだ状態で、どんな操作ができるのか。(2007/8/23)

回転2軸端末をスマートに見せたい──「W52SA」、インゴットデザインへのこだわり
ともすると似たようなデザインになりがちな、回転2軸携帯。「W52SA」が目指したのは、インゴットをイメージしたフラットでかたまり感のあるデザインだ。スリムな中に機能が密に詰まっていることを、デザインで表現したかったという。(2007/7/26)

ソリッドデザインのワンセグ機「W52SA」、新規は1万円台後半
スリムなソリッドデザインのワンセグ搭載WIN端末、三洋電機製「W52SA」が発売された。都内量販店での新規契約価格は1万9740円(ITmedia調べ、以下同)。(2007/6/8)

もれなく“512MバイトmicroSD”をもらえる──「W52SA」の“予約全プレ”キャンペーン
三洋電機が「W52SA」の予約キャンペーンを実施。ケータイサイトで予約してから端末を購入すると、もれなく512MバイトmicroSDをもらえる。(2007/6/8)

「D904i」「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応
ドコモの夏モデル「D904i」と、auの夏モデル「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応した。(2007/6/6)

IPS液晶搭載のワンセグ携帯「W52SA」、6月7日から順次発売
KDDIが、三洋電機製のワンセグケータイ「W52SA」を6月7日から順次発売する。予約録画やタイムシフト再生に対応。2.8インチのワイド画面でワンセグを楽しめる。(2007/6/6)

写真で解説する、女ワンセグ「W53SA」と男ワンセグ「W52SA」
三洋電機のワンセグ携帯は、女性を意識した防水ワンセグ「W53SA」と、デザインを男性に振ったソリッドな「W52SA」。両者の違いと特徴を見ていこう。(2007/5/25)

スリムな中に重厚感、IPS液晶のワンセグケータイ──「W52SA」
三洋電機製の「W52SA」は、“使いやすいワンセグ携帯”を目指したWIN端末。ワンセグ機能は予約録画やタイムシフト再生、シーンセレクトに対応。2.8インチのワイド画面でワンセグを楽しめる。(2007/5/22)

auの夏モデル、ソニエリ「W52S」などがJATE通過
auの夏商戦向けと思われる端末が続々JATEの認定を受けている。今回、ソニー・エリクソン製の「W52S」と三洋電機製の「W52SA」の存在が明らかになった。(2007/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。