ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Server 2008」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Windows Server Insider − @IT
質問!Windows系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows系OS関連の質問をチェック

Microsoft、8月の月例更新プログラムを公開 48件の脆弱性に対処
IE 9〜11とEdge、Windows 7〜10、Windows Server 2008〜2016の各製品に、最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」の脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。(2017/8/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(88):
増殖するOperatingSystemSKU(その2)――Windows Serverのインストールオプションの識別あれこれ
Windows VistaおよびWindows Server 2008以降では、SKU(Stock Keeping Unit)という番号で「エディション」を識別できることをご存じでしょうか。Windows Serverの場合は、インストールオプションでSKUが区別されることもあります。前回は、クライアントOSのSKU番号の謎解きでしたが、今回はWindows ServerのSKU番号の謎解きです。(2017/8/1)

IT担当者不足はクラウドで乗り切る
Windows Server 2008の延長サポート終了はクラウド移行のチャンス
ITへの要求が増す今日、社内でITインフラを構築・管理していくのは大きな負担だ。人員の少ない中小企業ならなおさらだ。そこで考えるべきなのがクラウド移行である。(2017/3/29)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
Hyper-Vを有効化したサーバの導入時間を85%短縮、メリットを生み出す秘訣を探る
Windows Server 2008/2008 R2のメインストリームサポートが終了し、延長サポート期間に入っていることから、サーバ環境の移行が進みつつある。このタイミングで仮想化環境を導入しITインフラを刷新するのであれば、全体的なコストや工数を抑えるための製品選びをしたい。(2016/6/20)

Tech TIPS:
Windows 7 SP1向けパッチの集大成「KB3125574ロールアップ」をインストールする
Windows 7/Windows Server 2008 R2向けに「ロールアップ」と呼ばれるパッチ(更新プログラム)が新たにリリースされた。これは何なのか? どのような状況で役立つのか? どうやって利用すればいいのか?(2016/5/20)

ホワイトペーパー:
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
サーバ仮想化導入時の製品選定に重視すべきポイントは何か。2大仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」をさまざまな角度から比較して、最適な製品を探る。(2016/4/25)

Windowsアップデート、Outlookがクラッシュする問題を修正してWindows 7に再配信
修正版アップデートをWindows 7とWindows Server 2008 R2向けに配信した。(2015/11/12)

Microsoft、セキュリティパッチ「MS14-066」を再リリース
「Schannel」の脆弱性を修正するパッチの適用で一部ユーザーに発生していた問題に対処するため、Windows Server 2008 R2とWindows Server 2012向けの更新プログラムが再リリースされた。(2014/11/19)

Microsoftの更新プログラムにまたまた不具合、配信停止
Windows 7とWindows Server 2008 R2にSHA-2署名および検証機能のサポートを追加する更新プログラムに不具合が見つかった。(2014/10/21)

「いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも」がより身近に:
PR:多様化するワークスタイルは“クラウド版のRDS”が強力に支援
Server-based Computing(SBC)の時代に登場したターミナルサービスの最終進化形が、Windows Server 2008 R2以降に搭載されている「リモートデスクトップサービス」(RDS)。このRDSをWindows AzureのIaaSに載せたのが「RDS on Azure」だ。クラウドサービスなので運用管理は容易で、ネットワークの能力と機能も強力。iOSやAndroid端末でも業務アプリケーションを利用できる。(2014/2/24)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

FFRI、標的型攻撃対策ソフト「FFR yarai」をバージョンアップ
FFR yaraiシリーズの最新版ではDLL Hijackingなどの新たな攻撃手法の検知やWindows Server 2008 x64 Editionへの対応を図った。(2013/7/19)

Tech TIPS:
sysprepで環境複製用のマスターイメージを作成する(Windows 7/8編)
多数のWindows OSの導入を行う場合、sysprepでマスターとなるディスクイメージを作成し、それをコピーして利用すればインストールの手間が軽減できる。Windows 7/8やWindows Server 2008 R2/2012に標準装備のsysprep.exeの基本的な使いこなし方を解説する。(2013/7/12)

Tech TIPS:
Windowsでフォントの「表示」設定を変更して全てのフォントを表示させる
Windows 7やWindows Server 2008 R2以降のOSでは、使用中の言語の設定に基づいて、一部のフォントをリストに表示させないようにする機能が用意されている。これを無効にしてすべてのフォントを表示させる方法を紹介する。(2013/3/8)

2014年には全出荷数の81.3%に到達
Windows Server 2012への移行は2013年が節目
2015年1月、Windows Server 2008のメインストリームサポートが終了する。Windows Server 2003の延長サポートも2015年7月には打ち切られる。Windows Server 2012への移行も、いよいよ秒読みが始まった。(2012/12/10)

大規模仮想環境下における統合運用管理が強み:
PR:Hyper-Vの大規模システムへの導入を加速する内田洋行
マイクロソフトは、9月に仮想化機能を大幅に強化した新サーバ「Windows Server 2012」をリリースした。今回は、マイクロソフトのパートナーとしてWindows Server 2008 R2に搭載されているHyper-V 2.0を使った仮想化環境構築で多くの実績を持つ内田洋行に話を聞いた。(2012/10/10)

導入事例:
新宿区が全庁規模のプライベートクラウドを構築
新宿区がMicrosoft Windows Server 2008 R2 Hyper-Vを利用してのクラウド環境を構築したという。(2012/10/9)

パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1
VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?
Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。(2012/5/18)

Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ(改訂版):
第2回 Active Directoryおよびワークグループ環境での時刻同期
Windows Server 2008 R2を使ったNTPサーバのセットアップ方法や動作確認、注意点について、Active Directoryドメイン編とワークグループ編に分けて詳しく解説する。(2012/5/17)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のストレージ運用に役立つ3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるストレージ運用を記載した3つのコンテンツを紹介する。(2012/4/25)

私物端末をサーバに接続させる前にチェック
「BYODは危険」を払拭するWindows Server 2008の6大機能
私物端末の業務利用(BYOD)を進める際に忘れてはならないのがサーバ側の対策だ。Windows Server 2008の機能をうまく使えば、BYOD導入を安全に進められる。(2012/2/3)

すぐにはできないWindows Server 8移行
まだまだ使えるWindows Server 2008 R2再チューニング
Windows Server 8がリリースされてもすぐには移行せず、既存のWindows Server 2008 R2を延命したい人も多いだろう。再チューニングを施せば、まだまだ十分に使い続けることができる。(2012/1/27)

Tech TIPS:
WindowsのHyper-Vで仮想マシンのネットワークが遅くなる問題を回避する
Hyper-Vの仮想マシン環境でネットワークを使う場合、トラフィックが激しくなるとエラーになることがある。Windows Server 2008 R2 SP1+Hyper-V 2.0の場合はパッチを適用する。それ以外の環境の場合は、ネットワーク・アダプタの設定でオフロード処理を無効にすると解決することがある。(2012/1/20)

Amazon、EC2での無料枠にWindows Serverを追加
AmazonのIaaS、EC2で、MicrosoftのWindows Server 2008 R2を1カ月当たり750時間、無料で利用できるようになった。(2012/1/17)

Tech TIPS:
システムに自動ログオンする(Windows 7/Windows Server 2008 R2編)
自分しかユーザーがいないPCでは、自動ログオンを有効にしておくと起動後、すぐにPCが使えるようになって便利だ。その設定方法を紹介する。(2011/12/9)

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」にHyper-V構成済みモデルを追加
富士通は、PCサーバ「PRIMERGY」に、Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-Vを組み込んだモデル2種を販売開始する。(2011/10/11)

Server Coreはできないことだらけ?
Server Coreをめぐる4つの誤解
サーバOSにとってGUIは必須ではない。Windows Server 2008から導入された「Server Core」には多くのメリットがあるが、利用をためらう人もいる。その原因を論破する。(2011/9/28)

ホワイトペーパー:
Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド
当ガイドでは、Live Migration環境を構築する手順について記載しています(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/9/28)

Microsoft、「Windows 8」への「Hyper-V」搭載を正式に発表
「Windows Server 2008 R2」に搭載されているハイパーバイザーベースのサーバ仮想化ソフト「Hyper-V」がWindows 8にも搭載され、ゲストOSとして32bit/64bitのOSを稼働できるようになる。(2011/9/8)

Windows Server 2008 R2の真価:
第12回 3DグラフィックスをサポートするHyper-VのRemoteFX
Windows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vでは、仮想マシン環境で3Dグラフィックス機能のDirect3Dが使えるようになった。(2011/4/14)

Windows Server 2008 R2の真価:
第11回 メモリ管理機能が強化されたHyper-VのDynamic Memory
Windows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vではメモリ管理機能が強化され、メモリを効率よく利用できるようになっている。(2011/3/3)

Windows 7とWindows Server 2008 R2のSP1が一般公開
あらかじめ予告されていた通り、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)が一般公開された。Windows Update経由で自動更新できる。(2011/2/23)

Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1を一般公開
Microsoftが予定通り「Windows 7」と「Windows Server 2008 R2」のSP1を公開した。(2011/2/23)

「2年以内の移行が必要」
機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由
MicrosoftはWindows 7およびWindows Server 2008 R2用のSP1の提供を順次開始した。Windows 7 SP1に新機能は含まれないが、移行するには重要な理由がある。(2011/2/21)

Windows OS運用:
Windows 7/Windows Server 2008 R2 SP1がリリース
Windows 7とWindows Server 2008 R2向けの最初のService Pack、SP1がリリースされた。Hyper-Vの新機能、RemoteFXやDynamic Memoryも解説。(2011/2/17)

Windows 7 SP1完成 2月22日に一般公開
MicrosoftはWindows 7とWindows Server 2008 R2のSP1を提携メーカーにリリースしており、近く一般ユーザーにも公開する。(2011/2/10)

VMwareの独自技術、メモリオーバーコミット機能
Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(前編)
「Windows Server 2008 R2 SP1」のHyper-Vに追加される新メモリ管理機能「Dynamic Memory」のアプローチは、VMwareの「メモリオーバーコミット」とは全く異なるものだ。(2011/1/24)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

ホワイトペーパー:
Windows VistaおよびWindows Server 2008アプリケーション互換性解説書
Windows VistaおよびWindows Server 2008におけるアプリケーションの非互換性に関する既知の問題の概要を説明する。詳細については、ホワイトペーパーなど開発者向けガイダンスへのリンクを記載(提供:マイクロソフト)。(2010/12/20)

ホワイトペーパー:
Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスタリング
高可用性機能の1つであるフェールオーバー クラスタリング。この機能によって、電子メール、データベース、基幹業務アプリケーションなど、組織の重要なアプリケーションやサービスを必要なときにいつでも確実に使えるようになる(提供:マイクロソフト)。(2010/12/16)

ホワイトペーパー:
System Center Data Protection Manager 2007 SP1を使用したWindows Server 2008のベアメタル回復
Data Protection Manager(DPM) 2007 Service Pack 1(SP1)を使用して、ベアメタル回復(BMR)を作成する手順について説明する(提供:マイクロソフト)。(2010/12/16)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のバックアップ/リカバリ手順を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるバックアップやリカバリ手順などを記載した3つのコンテンツを紹介する。(2010/12/14)

オフラインでPCをドメイン参加させるには?
プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」
本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。(2010/11/26)

Windows Server 2008 R2でのVDI
個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てる方法
Windows Server 2008 R2で仮想デスクトップインフラを展開する方法の1つ、個人用仮想デスクトップの割り当て方を説明する。(2010/11/10)

Microsoft、Windows 7およびWindows Server 2008 R2 SP1のRCを公開
2つの仮想化関連機能を追加したWindows Server 2008 R2とWindows 7のリリース候補版が公開された。正式版は2011年第1四半期になる見通しだ。(2010/10/27)

Microsoft、Hyper-VのOpenStack対応を発表
Microsoftが、Windows Server 2008 R2の仮想化ソフト「Hyper-V」をOpenStackプロジェクトに対応させる。これにより、OpenStackユーザー企業はLinuxベースのハイパーバイザーとHyper-Vをクラウド上で利用できるようになる。(2010/10/25)

ホワイトペーパー:
Windows Server 2008 R2 Hyper-Vをどう生かすか。〜バックアップとリストア編〜
仮想環境でのバックアップ/リストアにおけるCPUやメモリ等のリソース消費という問題を解決。バックアップの効率的な管理と、プロセスの簡素化、自動化を実現するベスト・プラクティスを紹介します(提供:ネットアップ)。(2010/10/4)

Microsoft、Windows 7 SP1のβ版を公開
米Microsoftは7月12日(現地時間)、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)β版を公開した。(2010/7/13)

Microsoft、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1 βを公開
SP1の正式版は2011年前半にリリースする予定。(2010/7/13)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第3回】
Hyper-Vを高度に管理するSystem Center Virtual Machine Manager
Windows Server 2008の標準機能として搭載されたHyper-Vと、Hyper-Vをベースにした仮想化環境を管理するシステム運用管理製品System Center Virtual Machine Managerについて紹介する。(2010/6/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。