ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Server 2012」最新記事一覧

関連キーワード

超入門DNS:
第2回 ドメイン情報を提供するDNSのコンテンツサーバ
DNSサーバには、ドメインの情報(権威情報)を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく。(2017/6/22)

SQL Serverトラブルシューティング(51):
「パラメータースニッフィング」によって、あるタイミングから処理が遅くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「あるタイミングで処理遅延が発生し、それが継続して発生するようになってしまった場合の対処例.2」を解説します。(2017/6/19)

SQL Serverトラブルシューティング(50):
「あるタイミングから」処理が遅くなり、再起動しても再現されてしまう(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「あるタイミングで処理遅延が発生し、それが継続して発生するようになってしまった場合の対処例」を解説します。(2017/6/12)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

各種データサイエンスツール“ほぼ全部入り”の仮想マシンイメージ:
AzureカスタムVMイメージ「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」にWindows Server 2016版が登場
Microsoftが、データサイエンス用途に特化したWindows Server 2016ベースのAzureカスタムVMイメージを公開。データ解析に用いる各種ツールがプリインストールされ、環境構築の工数削減や高速化、環境の統一化を図れる。(2017/6/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(33):
Azure Site Recoveryの注目の新機能、Azure―Azure間で仮想マシンのレプリケーション保護が可能に
オンプレミスの仮想マシンをレプリケーション保護する「Azure Site Recovery」に、クラウドだけで完結する新しい災害復旧(DR)対策シナリオのサポートがパブリックプレビューとして利用可能になりました。(2017/6/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(32):
2016世代のAzure Backup Server v2の提供開始、Azure Backupエージェントに新機能も
「Azure Backup」のオンプレミス向けバックアップサーバの最新版「Microsoft Azure Backup Server v2」がリリースされました。Azure Backup Server v2により、オンプレミスの物理サーバ、オンプレミスやクラウドの仮想マシン、最新のサーバアプリケーションの保護が可能になります。(2017/6/5)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

SQL Serverトラブルシューティング(49):
原因不明の処理遅延が「不定期」に発生する(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は原因の追及が難しい、「不定期に処理遅延が発生する場合の対処例」を解説します。(2017/6/5)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第6回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──操作画面編
体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためには必ずやらなければならないインストール。前回作成したインストールメディアを使って導入作業を進めてみる。(2017/6/1)

1社だけを狙う標的型攻撃にも自動対応:
PR:物理からクラウドまで進化するサーバ環境、一歩先行くセキュリティ対策とは
仮想化技術やクラウドの普及によって、誰でも容易にサーバを構築できるようになった。だが、セキュリティをどのように確保するかという悩みは残ったままだ。インフラ構築のスピードに合わせ、侵入を防ぐだけでなく、侵入されることを前提とした包括的な対策を実現する方法とは。(2017/6/1)

SQL Serverトラブルシューティング(48):
データベース処理が「特定のタイミング」でのみ遅くなる(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「処理が“特定のタイミング”でのみ遅くなってしまう事例とその対処方法」を解説します。(2017/5/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(83):
信じてはいけない? Windows 7/8.1の更新ファイルのダウンロードサイズ
Windows 7/8.1やWindows Serverに対する毎月の更新プログラムの提供方法は、2016年10月から大きく変わりました。その影響により、Windows Updateの実行中に示されるダウンロード合計サイズと実際のサイズにズレが生じ、今後もそのズレ幅は拡大していくことになります。(2017/5/23)

SQL Serverトラブルシューティング(47):
「断片化なし」「不足インデックスなし」にもかかわらず、業務処理が遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「断片化/不足インデックスには問題がないのに、データベース処理がだんだん遅くなっていく事例とその対処方法の続編」を解説します。(2017/5/22)

Tech Basics/Keyword:
Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
Microsoft Azureで提供されるサービスは多岐にわたり、進化も激しいため、その全体像を把握するのは簡単ではない。ここでは、Microsoft Azureを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみよう。(2017/5/19)

セキュリティパッチ適用詳説:
今すぐできるWannaCry対策
猛威を振るうランサムウェア「WannaCry」。必ずしも管理が行き届いていない企業内システムで、Windowsに対策パッチを急いで適用する方法は? 脆弱性の見つかったSMBv1を無効化する方法を追記。(2017/5/23)

SQL Serverトラブルシューティング(46):
「断片化は発生していない」のに業務処理がだんだん遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース処理がだんだん遅くなっていく事例とその対処方法の続編」を解説します。(2017/5/15)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureとは? まずは仮想マシンを作ってみる
オンプレミス一筋のWindows管理者が一念発起してMicrosoft Azureを初体験! あくまでもオンプレ管理者視点で、大事だと思ったことを記していきます。まずは勝手知ったるWindowsサーバを仮想マシンで立ててみます。(2017/5/11)

新機能のメリットと導入リスクのトレードオフ
「Windows Server 2016」へのアップグレード、決断を後押しする新機能とは
企業は旧バージョンの「Windows Server」から「Windows Server 2016」へのアップグレードを検討し始めている。その場合の重要なポイントは新しいコンテナ機能とアプリケーションの互換性だ。(2017/5/11)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第5回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──準備編
この連載は、体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を実際に試しながら覚えてもらうのが、そもそもの目的だ。しかし、その導入にはちょっとしたコツが要る。(2017/5/10)

SQL Serverトラブルシューティング(45):
業務のデータベース処理が「なぜか」だんだん遅くなっていく(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース処理が、なぜかだんだん遅くなっていく事例とその対処方法」を解説します。(2017/5/8)

Tech TIPS:
OSインストール用のISOイメージに含まれるWindows OSのバージョン/エディション/ビルド番号などの情報を調べる
Windows OSインストール用のイメージはISOファイルとして提供されている。インストールする前に、ISOファイルに含まれているWindows OSのバージョンやエディション、ビルド番号などを知る方法を解説する。(2017/4/19)

SQL Serverトラブルシューティング(44):
プライベートクラウド環境へ移行したら、アプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース刷新でアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法 2」を解説します。(2017/4/17)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第4回】
「サーバコアと違うのだよ」というナノサーバを使う意味と使える場所
Windows Server 2016が導入した「Nano Server」(ナノサーバ)は、構成と機能を最小限に抑えた。そのメリットと必要性、そして、これまでの「Server Core」(サーバコア)と何が違うのかを解説する。(2017/4/13)

SQL Serverトラブルシューティング(43):
老朽化したデータベースを刷新したのに、かえってアプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース刷新でアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法」を解説します。(2017/4/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(29):
Windows 10のデスクトップ環境をDaaSのVDIで利用可能に
Azure Marketplaceで「Citrix XenDesktop Essentials」と「Citrix XenApp Essentials」が利用可能になりました。XenDesktop Essentialsに合わせて、マイクロソフトはサービスプロバイダーがパブリッククラウド上でDaaSを実現できるように、Windows 10 Enterpriseについて制限を緩和する予定です。また、XenApp Essentialsは、2017年8月にサービスが完全に終了するAzure RemoteAppの後継と位置付けられるサービスです。(2017/4/6)

SoRとSoEをどう展開するか
「バイモーダルITモデル」とは? 企業を変える2つの推進力を解説する
コスト削減や効率化を追求するSystems of Record(SoR)と、企業を変えて新しいビジネスチャンスを生み出すSystems of Engagement(SoE)。この2つを推進する「バイモーダルITモデル」とは。(2017/4/5)

SQL Serverトラブルシューティング(42):
M&Aによるシステム統合でアプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「アプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法」を解説します。(2017/4/3)

山市良のうぃんどうず日記(特別編:87):
Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集
2017年2月の「Patch Tuesday」のWindows Updateはマイクロソフト側の問題でスキップされましたが、3月は予定通りに行われました。皆さんのコンピュータは無事に、そして、すんなり更新できたでしょうか。(2017/3/17)

RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行
Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?
「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。(2017/3/17)

Tech TIPS:
暗号化ファイルシステムEFSを読み出すために証明書をエクスポート/インポートする
暗号化ファイルシステムEFSで暗号化したファイルを他のPCで読み出すためには、暗号化に使用した証明書と秘密鍵の情報も必要となる。それらの情報をエクスポート/インポートする方法を紹介する。(2017/3/16)

Tech TIPS:
Windows 10でUSBメモリに書き込んだファイルが読めない場合の原因と対策(FATのEFS暗号化編)
Windows 10でUSBメモリに書き込んだファイルが、持ち出し先のPCで読み出せない!? それは、知らないうちにUSBメモリ内のファイルが暗号化されたせいかもしれない。(2017/3/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(78):
Adobe Flash Playerの緊急のセキュリティ更新をサーバにインストールできない?
Windows Server 2012以降のWindows Serverに「Adobe Flash Playerのセキュリティ更新が来ないのはなぜ?」「手動でもインストールできないのはどうして?」と疑問に思っている管理者の方はいないでしょうか。Adobe Flash Playerが入っていれば更新されるし、入っていなければ当然、更新されません。そして、脆弱性の影響を受けないのだから、入っていないに越したことはありません。(2017/3/8)

進化する画面転送プロトコル
デスクトップ仮想化3大ベンダーの画面転送プロトコル、その違いは?
仮想デスクトップを使用している企業にとって、さまざまなデスクトップ仮想化プラットフォームで用いられている画面転送プロトコルが担う機能を理解することは重要だ。(2017/3/7)

超入門BitLocker:
BitLockerとは
BitLockerの概要を知るための超入門連載(全5回)。今回は、BitLockerとは何か? どんな種類があるのか? 他の機能との違いは? 仕組みは? 使える環境は? といった概要を説明する。(2017/2/28)

Microsoftの更新プログラム、Flash Playerの脆弱性のみ対処
Adobeが14日にリリースしていたFlash Playerの更新版のみWindows向けに配信したが、既に公になっているWindowsの脆弱性は未解決のまま残されている。(2017/2/23)

変わるWindows、変わる情シス:
第18回 ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」導入のポイント
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の導入検討にあたって押さえるべきポイントをまとめてみた。(2017/2/17)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

山市良のうぃんどうず日記(83):
再チェック! ファイル共有プロトコル「SMB」のためのセキュリティ対策
2017年1月、SMBの脆弱性に関するニュースが取り上げられました。そのニュースは、米国のセキュリティ機関の情報を日本語化して伝えているだけのようですが、何だか裏がありそうで、なさそうで……。(2017/1/30)

データセンター設計に欠かせないスキル
仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格
データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。(2017/1/26)

Tech TIPS:
Windowsのdelコマンドを使って、特定のファイル名やパターンに一致するファイルをまとめて削除する
コマンドプロンプト上でファイルを削除するにはdelコマンドを使う。サブフォルダ以下にある特定の名前のファイルを全て削除するには/Sオプションが利用できる。(2017/1/23)

SQL Serverトラブルシューティング(35):
“死のブルースクリーン”が発生したが、自動フェイルオーバーされなかった(フェイルオーバートラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「BSODが発生しても自動フェイルオーバーされなかった場合の対処方法」を解説します。(2017/1/20)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】
Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する
新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。(2017/1/19)

Tech TIPS:
Windows 10で「スタートアップ」にプログラムを登録する
Windows 10で、起動時にプログラムが自動実行されるように、[スタート]メニューの[スタートアップ]フォルダにプログラムのショートカットを登録する方法を紹介する。(2017/1/18)

ベアメタルを利用しない手はない
コンテナを動かすプラットフォーム選択、ベアメタルサーバ vs. 仮想マシン
「Docker」コンテナをベアメタルサーバで動作させれば、移植性と安定性が得られる。だが、コンテナの動作場所として仮想マシンの方が適している場合もある――専門家が説明する。(2017/1/16)

Microsoftの月例セキュリティ情報は4件のみ、うち1件が「緊急」
Flash Playerの更新プログラムが「緊急」、OfficeおよびEdge、LSASSの更新プログラムは「重要」に指定している。(2017/1/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(74):
熟練システム管理者もお手上げ?――Windows 10後のWindows Updateがカオスな件
Windows 10で大幅に変更されたWindows Updateの仕様について、言いたいことがある個人ユーザーは多いと思いますが、企業のシステム管理者はもっと大変な状況です。もし、管理対象にWindows 10の複数のバージョンとWindows 8.1以前のバージョンが混在しているとしたら、適切に運用管理するのは至難の業でしょう。(2017/1/11)

SQL Serverトラブルシューティング(34):
フェイルオーバーポリシー以外で可用性グループがフェイルオーバーした(フェイルオーバートラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「可用性グループでフェイルオーバーが発生した、SQL Server 2016に由来する原因の一例」を解説します。(2017/1/5)

SQL Serverトラブルシューティング(33):
SQL Serverの可用性グループがフェイルオーバーしたが、発生した原因が分からない(フェイルオーバートラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「可用性グループでフェイルオーバーが発生した原因の一例」を解説します。(2016/12/27)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第1回】
Windows Server 2016の導入前に検討したい「エディション」を把握する
新世代サーバOS「Windows Server 2016」が登場した。移行を検討しているIT担当者にとって新機能やその“使い方”の学習はひと苦労だろう。この連載がその苦労を軽くするはず。(2016/12/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。