ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LIBERIO 2 WX11K」最新記事一覧

関連キーワード

携帯電話とPHSのMNP、10月1日に開始――SMSの相互接続も
携帯電話とPHSのMNPが10月1日にスタート。SMSの相互接続も始まる。(2014/9/25)

携帯−PHS間の番号ポータビリティ、10月1日スタート SMSも利用可能に
同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。携帯−PHS間でSMSの送受信も可能に。(2014/9/25)

ワイモバイル、幅42ミリの防水/防じんPHS「LIBERIO 401KC」を発表
ストレート型PHS「LIBERIO」の新モデルがワイモバイルから登場。幅42ミリのスリムボディながら防水/防じん/耐衝撃性能を備える。(2014/7/17)

石野純也のMobile Eye(11月11日〜11月22日)その2:
京セラが米国で好調の理由/3万円未満のタブレットで攻めるNEC
今回の「Mobile Eye」2本目では、北米市場でシェアを伸ばしている京セラの戦略と、250グラムの軽量7インチタブレット「LaVie Tab S」を発売したNECのタブレット戦略を取り上げる。(2013/11/24)

ウィルコム、「WX12K」「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売
ウィルコムは、だれとでも定額パスに対応した「WX12K」と軽量でストレートタイプの「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売する。(2013/11/13)

緊急通報と災害用音声お届けサービスにも対応:
ウィルコム、迷惑電話を判別するサービスなどをPHS向けに提供 11月14日から
ウィルコムは、11月14日から迷惑電話からの着信かどうかを判別するサービスをPHS端末向けに提供する。月額210円で利用可能だ。(2013/11/6)

防水防塵にも対応:
Bluetoothでスマートフォン連携を強化、テザリングにも対応する──「WX12K」
ウィルコムは、11月6日に京セラ製のPHS「WX12K」を発表した。WX9K後継の正統派PHSながら、Bluetooth対応でスマートフォン連携機能を大幅に拡張した。(2013/11/6)

スマホ連携で“2台目”に最適な防水・防塵対応PHS「LIBERIO 2 WX11K」
ウィルコムは、京セラ製端末「LIBERIO 2 WX11K」を11月14日に発売する。防水・防塵・耐衝撃性能を備え、Bluetoothでスマートフォンと連携する機能を搭載した。(2013/11/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。