ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「防水」最新記事一覧

ソフトバンク、タブレット「Lenovo TAB4」「MediaPad M3 Lite s」を2月23日に発売
ソフトバンクは、2月23日にタブレット2機種を発売。約10.1インチの大画面ディスプレイや防水・防塵機能を備えたレノボ製「Lenovo TAB4」、ラウンドフォルムの採用で片手でも操作しやすいファーウェイ製「MediaPad M3 Lite s」を提供する。(2018/2/20)

シリーズ最後のPHS端末「HONEY BEE 5」(懐かしのケータイ)
2台目需要を狙ったシンプル機能とポップなカラーが人気のHONEY BEEシリーズ。HONEY BEE 5では、新たに防水性能や、スマホの子機として利用できる機能などが追加されました。(2018/2/18)

トリニティ、 iPhone 8/X対応の完全防水&衝撃吸収ケースを発売
トリニティは、防水・防塵・耐衝撃性能を兼ね備えた「カタリスト 完全防水ケース」、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の性能を誇る「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売する。対応機種はiPhone 8/8 Plus、iPhone X。(2018/2/15)

ソフトバンクの法人向けスマホ「AQUOS sense basic」、2月16日に発売
ソフトバンクは、2月16日に法人向けスマホ「AQUOS sense basic」を発売。画面に水滴がついても快適に利用できる独自のタッチパネルチューニングを行い、消費電力を抑えるIGZO液晶ディスプレイを搭載。防水・防塵性能を備え、ストレスのないクリアな会話を実現するVoLTE(HD+)に対応する。(2018/2/13)

肩かけ&首かけOK IPX8の防水規格を取得したiPhoneケース
Pleasant.japanは、2月8日にIPX8の防水性能を備えたiPhone向け防水ケースを発売。二重構造とベルクロでしっかりと密封し、長さの調節なストラップで首かけや肩かけでの使用も可能だ。(2018/2/9)

プラネックス、防水防じん対応の法人向けネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズは、PoE受電に対応した法人向けネットワークカメラ計2製品の販売を開始する。(2018/2/7)

Y!mobile、ハイブリッドシールド搭載のAndroid Oneスマホ「S4」2月8日に発売
ソフトバンクは、2月8日にY!mobile向けAndroid Oneスマートフォン「S4」を発売する。京セラ独自の割れにくい高強度ディスプレー「ハイブリッドシールド」を採用し、防水・防塵・耐衝撃性能を備えている。(2018/2/2)

NI FieldDAQ:
iPhone7と同様の防水性能を有したデータ収集デバイス「FieldDAQ」
日本ナショナルインスツルメンツは耐環境性に優れたデータ収集デバイス「FieldDAQ」シリーズを発表した。野外における温度や電圧、歪みなどの収集が可能で、IEEE 802.1 TSNに対応している。(2018/1/23)

FOX、スリムなタフケース「FRE for iPhone X」へ4カラーを追加
FOXは、最高レベルの防水・防塵性能を備えたスリムなタフケース「FRE for iPhone X」へ「DROP IN(グレー)」「WIPEOUT(ライトブルー)」「CHAKRA(パープル)」「BANZAI(ブルー)」を追加。「NIGHT LITE(ブラック)」に加え、全5カラーで展開する。(2018/1/19)

タッチ操作できる防水ケース FOXが「NUUD for iPhone 8/8 Plus」発売
FOXは、米軍用規格「MIL-STD-810G-516.6」の基準をクリアした防水・防塵・防雪・耐衝撃ケース「NUUD for iPhone 8/8 Plus」を発売。本体の液晶画面に直接タッチできるNUUDタイプで、スムーズな操作とクリアな画面を実現する。(2018/1/17)

ソフトバンクブランド初のAndroid One 「S3」を1月下旬以降に発売
ソフトバンクが「S3」を1月下旬以降に発売する。Y!mobileで扱うものと同じ。5型フルHD IGZO液晶や、防水・防塵機能を備える。(2018/1/16)

最大48時間再生、防水対応のワイヤレスイヤフォン「Zolo Liberty+」、アンカーから
アンカー・ジャパンは、1月9日にワイヤレスイヤフォンのハイエンドモデル「Zolo Liberty+」を販売開始。長押しするだけでオン/オフを切り替えできる周辺音取り込み機能を備え、最大48時間の音楽再生を可能とする。(2018/1/9)

Spigenが「年末年始感謝祭2018」を開催 公式ストアで買い物をすると抽選で豪華賞品をプレゼント
Spigenが、公式ストアで「年末年始感謝祭2018」を開催。合計5400円(税込)以上を購入したユーザーの中から抽選で50人に防水ポーチ+自撮り棒+ランタンのセットやバイクマウントホルダーなどをプレゼントする(2017/12/26)

トリニティ、iPhone X向け衝撃吸収&Apple Watch Series 2/3向け防水ケースを発売
トリニティは、12月15日に米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を兼ね備えた「カタリスト iPhone X 衝撃吸収ケース」、Apple Watch Series 2/3対応の「カタリスト Apple Watch 完全防水ケース」を発売した。(2017/12/15)

auの折りたたみケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日発売 一括4万円台前半
auのシャープ製折りたたみ型ケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日に発売する。ワンプッシュオープンボタンや1800mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水・防塵・耐衝撃性能も備えている。(2017/12/11)

PR:地デジに耐水! 進化したAVタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」徹底レビュー
コストパフォーマンスが高いエンターテインメント向けタブレットとして人気の「MediaPad M3 Lite 10」の兄弟モデルとして「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」が登場した。8コアCPUの搭載やワンセグ・フルセグチューナーの内蔵、待望の耐水機能など見どころは盛りだくさん。進化ポイントをチェックしていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/12/1)

「iPadに立ち向かえる唯一のAndroidタブレット」――防水仕様・地デジ内蔵の「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」登場
ファーウェイが10.1型Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」を発表。旧機種の特徴を引き継ぎつつ、IP67の防水・防じん機能と地デジチューナーを内蔵した。(2017/11/28)

「Mate 10 lite」も登場:
Huawei、AIチップを搭載した「HUAWEI Mate 10 Pro」を12月1日発売 防水にも対応【更新】
ファーウェイ・ジャパンが、スマートフォンの新モデル「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI Mate 10 lite」を発売する。AIチップを搭載したMate 10 Proは、高速処理やカメラのAI認識が可能に。待望の防水にも対応した。(2017/11/28)

盛り上がりを見せるハイエンドスマートフォン市場
「Huawei Mate 10」「Mate 10 Pro」で分かったユーザーが“最強スマホ”に求めるスペック
Huaweiが発表した「Huawei Mate 10」と「Huawei Mate 10 Pro」は同社史上最も強力なデバイスだ。外観やカメラ、防水、AIとあらゆる機能を高水準で備えた本機を徹底レビューする。(2017/11/18)

防水なのにハイスペック! PRIMEシリーズ初号機「F-01A」(懐かしのケータイ)
薄型の回転2軸ボディーにIPX5・IPX7等級の防水性能を備えた「F-01A」。防水ケータイ初の3.2型のフルワイドVGA液晶やタッチパネルを搭載し、ハイスペックな防水ケータイとして人気を集めました。(2017/10/28)

太陽光:
屋根材と一体化した太陽光パネル、カナディアン・ソーラーが販売
太陽光発電モジュールと金属屋根材を一体化。防水性能を高め、傾斜の低い屋根にも設置可能だという。(2017/10/26)

トリニティ、防水・防塵/耐衝撃性能を備えたiPadケース「Catalyst Case for iPad(9.7インチ)」
トリニティは、10月20日に9.7型iPadケース「Catalyst Case for iPad(9.7インチ)」を発売。防水・防塵の国際規格「IP68」に準拠し、アウトドアやスポーツなどで利用できる耐久性能を備えている。(2017/10/23)

Windows Phone日本初上陸 防水・防塵対応の「IS12T」(懐かしのケータイ)
Microsoftのモバイル向けOS「Windows Mobile」の後継として登場した「Windows Phone」を搭載した「IS12T」。日本初のWindows Phoneスマホであると同時に、世界で初めて「Windows Phone 7.5」搭載スマホでもありました。(2017/10/21)

5気圧防水のフィットネスバンド「Galaxy Gear Fit2 Pro」、11月1日発売
Samsungは、5気圧防水で水泳時でも使えるフィットネスバンド「Galaxy Gear Fit2 Pro」を発売。移動ルート、距離、心拍数、消費カロリーなどを確認できるほか、最大で500曲の音楽を直接保存可能となっている。(2017/10/19)

4096段階筆圧検知の「arrows Tab」と防水防塵に対応した「dtab」
NTTドコモは、2017年冬モデルのタブレットを発表した。(2017/10/18)

Samsung、子どもやペット、大事なものの移動を追跡できるIoT端末「Connect Tag」
Samsungが、大切なものに付けて位置情報をトラッキングするIoT端末「Connect Tag」を発表した。省電力なLTE仕様「NB-IoT」を採用し、1回の充電で1週間使える。重さは25グラム、IP68の防水防塵仕様だ。(2017/10/17)

カシオのエクストリームスポーツ向けタフカメラ「GZE-1」がヒーローチックでかっこいい
50メートル防水・IP6X準拠の防塵・4メートルの落下耐衝撃・-10度の耐低温を実現。(2017/10/12)

お風呂で漫画読むのに使いたい 「Kindle Oasis」最新モデル、シリーズ初となる防水端末に
ライブラリの漫画を、シリーズごとにまとめてくれる機能も。(2017/10/12)

お風呂で読める「Kindle Oasis」発売 7インチ画面で読みやすく
電子書籍リーダー「Kindle」の最上位機種「Kindle Oasis」新モデルは、シリーズ初の防水機能を搭載。従来より本体サイズを一回り大きくし、7インチディスプレイを備える。(2017/10/11)

一括3万円(税別)のスタンダードスマホ「AQUOS sense」、auから11月上旬に発売
KDDIは、11月上旬にシャープ製スマートフォン「AQUOS sense」を発売。シンプルなデザインに高精細ディスプレイや防水性能、サクサクした操作感など充実の性能を備えている。(2017/10/11)

マツダ「キャロル」も:
スズキ「アルト」など26万台リコール 防水機能に不具合
スズキが「アルト」など約26万5000台をリコール。(2017/9/21)

衣服に貼って利用できる:
洗濯可能な薄型有機太陽電池、理研らが開発
洗濯が可能な超薄型有機太陽電池を理化学研究所(理研)の福田憲二郎研究員らが開発した。伸縮性と耐水性にも優れており、衣服貼り付け型電源として利用することが可能となる。(2017/9/20)

Jaybird、ランナー向け防水仕様の左右独立ワイヤレスイヤフォン「RUN」など2製品
ロジクールは、米Jaybird製の左右独立型Blueoothイヤフォン「RUN TRUE WIRELESS SPORT」など2製品の取り扱いを開始する。(2017/9/15)

パナソニック 2.6mm×1.6mm 縦押しSMDライトタッチスイッチ:
「業界最薄」0.5mmで防水防塵の薄型スイッチ
パナソニックが「業界最薄」(同社)という厚さ0.5mmの薄型押しボタンスイッチを販売開始した。スマートウォッチや補聴器といった機器での採用を見込む。(2017/9/7)

IFA 2017:
Alexaや防水に対応、デュアルカメラ搭載 Motororaの新スマホ「Moto X4」
LenovoがMotororaの新型スマートフォン「Moto X4」を発表。Motororaスマホとして、Amazonの音声アシスタント機能「Alexa」に初めて対応。背面にはデュアルカメラを搭載している。(2017/9/1)

小さくて防水で頑丈なデジカメ、ソニー「RX0」
ソニーは8月31日、「IFA 2017」開幕前日のぷれすカンファレンスで“サイバーショット”「RX」シリーズの新製品となる新コンセプトの小型カメラ「RX0」を発表した。(2017/8/31)

ファーウェイ、5気圧防水やGPS機能を備えたスポーツリストバンド「HUAWEI Band 2/Band 2 Pro」発売
ファーウェイは、装着したまま泳げる5気圧防水やランニングに便利なGPS機能、心拍数測定などの機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI Band 2/Band 2 Pro」を発売する。(2017/8/31)

iPhoneを振り返る:待望の防水・FeliCaに対応した「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」
2016年に発売された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は、iPhoneとして初めての防塵(じん)・防水に対応しただけではなく、FeliCaや1.5GHz帯のLTEに対応した「日本専用モデル」が初めて登場したことで大きな話題となった。(2017/8/31)

熱を視覚化できるサーマルカメラを搭載したタフネスSIMフリースマホ「CAT S60」が日本上陸 10月下旬発売へ
オンキヨーが、CATブランドのSIMロックフリースマートフォン「S60」を発売する。厳しい環境下でも使用できる「MIL-STD-810G(MIL規格)」や防水・防塵規格「IP68」に準拠し、ディスプレイには強化ガラス「Gorilla Glass 4」を採用している。熱を視覚化できるサーマルイメージングカメラを搭載ししていることも大きな特徴だ。(2017/8/30)

ドンキからフルHD対応の格安アクションカム――防水ケースや自撮り棒が付属して4980円
ドン・キホーテのプライベートブランドから「フルHDカメラ」が登場。IPX8相当の防水ケースや自撮り棒など10点ものアクセサリーが付属して4980円。(2017/8/18)

ドン・キホーテから低価格のHDカメラ発売 防水ケースや自撮り棒など10点付いて4980円
これはSNS写真&動画撮影がはかどる。(2017/8/16)

4980円のフルHDカメラ 防水ケースなどアクセサリ10点を付属
ドン・キホーテのオリジナルブランドから1080p撮影が可能なフルHDカメラが登場。高コスパながらIPX8相当の防水ケースなど多数のアクセサリを付属。(2017/8/14)

水中で30分間の防水性能 容量16750mAhのモバイルバッテリー
IP67対応の防じん・防水性を備えた「D16750」。(2017/8/10)

防水&耐衝撃性を備えた容量1万6750mAhのモバイルバッテリー
エイデータテクノロジージャパンは「IP67」に準拠する防水・防塵性能を備え、頑丈かつ多層構造の金属製素材を採用したモバイルバッテリー「D16750」を発売。バッテリー容量は16750mAhで、最大3.4AのデュアルUSBポートを搭載している。(2017/8/10)

防水対応、LEDライト内蔵モバイルバッテリー オウルテックから
オウルテックは、防水・防塵の保護等級「IP67」に準拠する高い性能を有したモバイルバッテリー「OWL-LIB7801-BKBL」シリーズを発売。容量7800mAhのバッテリーをやLEDライトを内蔵し、接続された機器に最適な電流量で急速充電を行える。(2017/8/10)

恵安、IPX5防水設計のエントリー10.1型Androidタブレット
恵安は、防水筐体を採用した10.1型Androidタブレット「KWP10R」を発表した。(2017/7/26)

arrows M04の兄弟機:
泡ソープで洗えるMILスペックスマホ「TONE m17」が登場 日本仕様も盛り込んで8月1日発売
トーンモバイルが、約2年ぶりとなるTONEスマートフォンの新モデルを発売する。「arrows」で定評のある富士通コネクテッドテクノロジーズ製で、シリーズ初となるおサイフケータイ・ワンセグ搭載と防水・防塵(じん)・耐衝撃対応を果たした。(2017/7/25)

水洗いもできる抗菌シリコンカバーを備えた防水キーボード
サンワサプライは、シリコンカバー一体型の防水防じん筐体を採用したキーボードを発表した。(2017/7/25)

トリニティ、iPhone 7/7 Plus向け「カタリスト 完全防水ケース」の限定カラーを発売
トリニティが取り扱う防水・防塵・耐衝撃性能を兼ね備えたiPhone 7/7 Plus向け「カタリスト 完全防水ケース」に、限定カラー「ブルーリッジサンセット」が登場した。(2017/7/21)

タブレットをラフに使いまわせる防水バッグ
オウルテックは、タブレットを収納したまま使える防水仕様のタブレット用バッグ「OWL-WPCBG01」を発表した。(2017/7/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。